IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

過去記事一覧 (2017 年)

3 月

/tt/news/1703/23/news07.jpg
東芝のHDDにも動きが

HDD復活の理由とは? Seagateは容量ベースで過去最高を記録

ストレージ分野ではベンダーも評論家も専門メディアも「これからはオールフラッシュ、HDDは滅びる」と力説するが、HDDは意外としぶといようだ。

/tt/news/1703/22/news09.jpg
データ転送ボトルネックの解消が急務

NVMe over Ethernetがこじ開けるネットワーク対応ストレージ主役への扉

2014年にリリースされているにもかかわらず、ネットワーク対応ストレージのパフォーマンスに不安を覚えるユーザーは多い。「NVMe over Fabrics」のイーサネット版が、この状況を変えるかもしれない。

/tt/news/1703/22/news08.jpg
1つのツールで全ての情報にアクセス

「チャットボット」がソフト開発支援、増え続けるツールを“対話”でまとめる

企業で使うツールは増える一方だ。それぞれのツールを1つに統合できれば、業務は効率的になる。それを実現する技術として注目されているのが「チャットボット」技術だ。

/tt/news/1703/21/news11.jpg
頻繁なアップデートも確実に対応

「管理は難しいが役に立つ」、OpenStackを最大限活用するためのツールとヒント

企業は「OpenStack」に自由を感じているものの、管理の難しさに手を焼いている。しかし、ここで紹介するツールとヒントを使えばもっと楽に活用できるはずだ。

/tt/news/1703/21/news05.jpg
東京ダイヤモンド工具製作所「UnitBase」事例

ユーザー企業が向かうべき内製化、ノンプログラミング開発ツールの導入現場を取材

東京ダイヤモンド工具製作所の社員数は約300人、システム担当はたった1人。業務効率化が課題の同社が選んだセルフサービス開発ツールは、kintoneやSalesforceではなくUnitBaseだった。

/tt/news/1703/17/news08.jpg
ユーザー企業はコード開発に集中

IaaS、PaaSとはどう違う? 「サーバレスコンピューティング」の特徴とは

サーバレスコンピューティングによって、開発者はプロビジョニングや管理の作業から解放されるかもしれない。本稿は、サーバレスコンピューティングと、IaaS、PaaSの違いを紹介する。

/tt/news/1703/17/news05.jpg
RAM容量1TBで1000の仮想マシン実行

Windows Server 2016の「Nano Server」、驚異の高密度は何を生み出す?

「Nano Server」は「Windows Server 2016」で登場した新しい機能だ。このミニサイズのサーバがいかにパワフルで安全であるかを解説する。

/tt/news/1703/16/news05.jpg
アメックスからのスピンオフ企業がiPaaSを導入

クラウドファーストの切り札か? 年商2兆円企業もほれ込んだ「iPaaS」の実力

American Expressから分離独立したビジネストラベル会社が、クラウドファースト戦略の推進に当たって「iPaaS」を採用した。そのいきさつや選定の背景を探る。

/tt/news/1703/15/news04.jpg
PwCの調査から

「デジタルIQ」とは? 企業のIT活用度が大幅低下している謎

主要企業の経営幹部やIT担当役員を対象とした、先進情報技術に関する調査によると、企業のIT導入を成功に導く鍵は「ヒューマンエクスペリエンス(HX)の重視」である可能性を示唆している。

/tt/news/1703/14/news04.jpg
ステップアップ方式で習得する

マイクロサービスで構築できる「成功するクラウドWebサービス」

マイクロサービスを使用してクラウドWebサービスを構築すると、拡張性などのメリットを享受できる他、業務アプリケーションから新しい機能やツールにアクセスできる。

/tt/news/1703/13/news07.jpg
その安定した性能に信頼を寄せる企業多数

「コンバージドインフラは滅びぬ。何度でもよみがえるさ」といえる根拠とは

コンバージドインフラを、ハイパーコンバージドインフラとクラウドコンピューティングが取って代ろうとしている。だが、コンバージドインフラは今でも堅牢で有益なプラットフォームだ。

/tt/news/1703/08/news02.jpg
CTOたちが予測する“混迷”の2017年ストレージ市場(後編)

「Hadoopの時代は終わる」 ビッグデータ解析で主役が入れ替わる“ストレージ的”理由

最高技術責任者(CTO)たちが予測する2017年のエンタープライズストレージ市場。後編ではデータ分析とセキュリティにおけるストレージの影響に言及する。

/tt/news/1703/07/news02.jpg
CTOたちが予測する“混迷”の2017年ストレージ市場(前編)

「顧客は既に気付き始めている」 ハイバーコンバージドの次を考える

エンタープライズストレージベンダーの最高技術責任者(CTO)たちが2017年の技術動向を予測。彼らの見通しでは“幅広い分野”で混乱が広がるという。

/tt/news/1703/07/news03.jpg
進化する画面転送プロトコル

デスクトップ仮想化3大ベンダーの画面転送プロトコル、その違いは?

仮想デスクトップを使用している企業にとって、さまざまなデスクトップ仮想化プラットフォームで用いられている画面転送プロトコルが担う機能を理解することは重要だ。

/tt/news/1703/03/news05.jpg
弱点だったコストもTCOでは優位に

「全てのストレージがフラッシュになる時代は確実に来る」の技術的根拠は?

オールフラッシュアレイストレージのTCOの優位性(電力や冷却に要する費用の少なさ、処理能力の高さなど)は、企業がアクティブワークロードの保存に使用する理由にもなる。

/tt/news/1703/02/news05.jpg
人工知能と機械学習もGPUで進化する

徹底解説:GPUコンピューティングが急成長する理由と減速する懸念

かつてゲームでしか役に立たない技術と評価されていたGPUが企業向けデータセンターに進出し、機械学習や人工知能といった成長著しいプロジェクトに貢献しようとしている。

2 月

/tt/news/1702/27/news07.jpg
専門家の年収は「10万ドル以上」が約6割

DevOps環境構築、成功の鍵は「人を雇いつつ、育てる」

デジタル企業ではいつの間にかDevOpsが最良の手法ということになっているが、最高情報責任者(CIO)はどのようにDevOps環境の構築に取り組むべきか。ヒントは、人材を雇用するだけでは足りないということだ。

/tt/news/1702/27/news06.jpg
Windows 10アプリの配布や管理が容易に

今更聞けない、「ビジネス向けWindowsストア」を使うと何がうれしいのか?

Microsoftの「ビジネス向けWindowsストア」を使えば、「Windows 10」アプリケーションの配布やライセンス管理、エンドユーザー管理を効率化できる。

/tt/news/1702/17/news07.jpg
煩雑なパスワード認証にさよならを

「ウェアラブルデバイス」は“パスワード認証の悪夢”をなくすか

パスワード認証の限界が指摘される中、その代替手段の候補として挙がるのがウェアラブルデバイスの活用だ。認証手段として利用するには、ウェアラブルデバイスにどのような要素が必要になるのか。

/tt/news/1702/16/news05.jpg
初心者にも上級者にも使いやすい

「WordPress」のWebサイト構築が、中小企業だけでなく大企業にも向いている理由

Webコンテンツ管理(WCM)システムの「WordPress」は企業利用に適しているのか。WordPressがWebサイト開発をどのように変え、どのように役立つのか紹介する。

/tt/news/1702/15/news03.jpg
データバックアップに不備

データ消失事故を起こしたGitLab、IT運用戦略を専門家が疑問視

DevOpsの“運用面”はおろそかになっていないか? GitLabで発生したデータ消失事故を教訓に、企業はこの点を問い直すべきだと専門家たちは語る。

/tt/news/1702/13/news10.jpg
仮想知的労働者とは何か

「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)についてCIOが知るべきこと

本稿ではISG Insightsのスタントン・ジョーンズ氏が、さまざまな種類の仮想知的労働者(Digital Labor)について解説する。また、仮想知的労働者の導入を始める方法について最高情報責任者(CIO)にアドバイスを送る。

/tt/news/1702/13/news03.jpg
機械学習なくしてCESにもSXSWにも出るべからず

ハードウェアを飲み込んだソフトウェアが機械学習に飲み込まれる

数年前、テクノロジー業界を席巻したのはソフトウェアだった。そのソフトウェアの中で主役の座に躍り出ようとしているのが機械学習アルゴリズムだ。こうした傾向には相応の理由がある。

/tt/news/1702/08/news20.jpg
何が最善か見極めるのは困難

モバイルアプリ開発と配信、多数の選択肢から選べない人に薦める5つのアプローチ

モバイルアプリ開発と配信の選択肢は豊富にある。本稿では5つのアプローチについて検討し、ユーザーのニーズにどう応えられるかを検証する。

/tt/news/1702/07/news05.jpg
高速開発ツールが後押し

“ノーコード/ローコード”のソフト開発が浮上、問われるのは開発者の思考に

企業のアプリケーション開発が変化しつつある。「開発者」の定義が変化し、業務部門のメンバーによる市民開発者の存在が主流になりつつある。これを後押しするのがノーコード/ローコードのアプリケーション開発ツールだ。

/tt/news/1702/06/news05.jpg
攻撃者が狙う顔認証システムの抜け穴とは

「顔認証」をユーザーの「VRモデル」でパス? なりすましをどう防ぐか

3次元の仮想現実(VR)モデルを使うことで、顔認証システムをすり抜けられることが明らかになった。どのような仕組みなのか。防ぐにはどうすべきなのか。

/tt/news/1702/05/news01.jpg
柔軟性の高いディスプレイを採用

開くとタブレットサイズになる“折り畳み式スマートフォン”が登場?

次に購入するタブレットは折り畳み式のディスプレイを搭載したスマートフォンになるかもしれない。早ければ2017年には製品を手にすることができるだろう。

/tt/news/1702/03/news03.jpg
動き始めた「ラーニングアナリティクス」【第3回】

九州大学でも実践中、「ラーニングアナリティクス」が“空論”ではないこれだけの根拠

学習履歴や行動履歴を生かす「ラーニングアナリティクス」は研究段階ではなく既に実用段階にあり、具体的なメリットを生み出し始めている。先駆的な事例や製品動向を示す。

/tt/news/1702/03/news01.jpg
開発者必須のツールとなるか

Googleがファジングを自動実行する脆弱性検知ツール「OSS-Fuzz」を公開

Googleがファジングテストを行うツールを発表。GitHubでβ版が公開されている。ファジングテストとは何か。OSS-Fuzzを利用することで何が得られるのか。

/tt/news/1702/01/news14.jpg
シチズンデベロッパーを支援

「RMAD」ツールが“モバイルアプリ開発に専門家はいらない”論を加速する

基本業務にモバイルアプリを使いたくても、IT部門や開発者に開発を依頼するとコストと時間がかかってしまう。そこで、「RMAD」ツールを使ってモバイルアプリを自作しようと考える人たちが増えている。

/tt/news/1702/01/news07.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第3回】

Windows Server 2016で大幅拡張した対応CPUとシステムメモリ要件を把握する

最新世代のOSが登場したとき、IT担当者としては実用的な処理能力を発揮できるハードウェア構成に注意する必要がある。今回はWindows Server 2016で大幅に拡張したCPUとシステムメモリをチェックする。

1 月

/tt/news/1701/30/news10.jpg
MADPとBaaSで構築

「iPhone、Androidアプリ」で仕事が4倍速くなった会社は何をしたのか?

モバイルアプリの導入で勤怠関連の業務を効率化した通信会社のTelstra。その開発のいきさつや具体的な効果を紹介する。

/tt/news/1701/27/news07.jpg
NoSQLデータベース「Couchbase Mobile」を活用

GEの産業用IoTプラットフォーム「Predix」がオフライン対応、その仕組みとは

General ElectricがNoSQLデータベース「Couchbase」を採用。GEの産業向けIoTプラットフォーム「Predix」にオフライン機能を追加した。

/tt/news/1701/27/news06.jpg
5つの理由を明示

IoTが可能にする“SF的世界”、実現の近道はオープンソース活用

オープンソースによって、IoTの普及が加速する可能性がある。その理由を5つの要因から考える。

/tt/news/1701/25/news04.jpg
「聞いたことはあるがよく知らない」が必須の技術に

「無視すれば脱落」──ネットワーク技術者の意向を超えて拡大するAPI

APIは現代のネットワーク技術において必須の存在になっている。だがAPIの普及と拡大によってベンダーは、デバイス設定や管理について再考を迫られる。

/tt/news/1701/25/news03.jpg
産業利用で発生するニーズとは

「IoT」を爆発的に普及させるキラーアプリ 3つの候補

「IoT」はホットなトレンドだが、普及率に関する数年前の当初予測を振り返ると、やや期待外れの感がある。それはなぜなのだろうか。今のIoTに足りないことは何なのか?

/tt/news/1701/24/news03.jpg
IVS CTO Night&Dayレポート

CTOという将来のキャリアに向けて、今エンジニアがすべきこと

ユーザー企業で経営と技術の両戦略を担うCTO(最高技術責任者)。彼らはどんな情報を必要としているのか。CTO向けイベントに潜入した記者が考察した。

/tt/news/1701/23/news05.jpg
ストレージテクノロジーの2017年話題のトレンド【後編】

NVMe対応で復活するファイバーチャネル、SDSはハードの「価格下落」が追い風に

本稿では、データストレージテクノロジーのトレンドの中から、2017年に盛り上がりそうなものを取り上げる。後編ではNVMe、SDS、超高速ファイバーチャネルがテーマだ。

/tt/news/1701/23/news07.jpg
米投資銀行の調査レポート

「オンプレミス vs.クラウド」論争が再燃――データの「ブーメラン現象」も

クラウドコンピューティングは期待していたほど費用対効果が高くないと感じているITベンダーや大企業が増えており、一部のアプリケーションをオンプレミスに戻した企業もある。

/tt/news/1701/19/news05.jpg
実用化事例が続々登場

「Pokemon GO」は序章にすぎなかった、AR市場の急拡大に開発者はどう対応する?

「Pokemon GO」よりも大きな規模の話だ。拡張現実(AR)は、仮想現実(VR)が作り出す架空の世界を現実世界に融合し、便利でインタラクティブな体験をもたらす。開発者はすぐにも作業に取り掛かるといい。

/tt/news/1701/19/news02.jpg
体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第2回】

Windows Server 2016で登場した難解「コアライセンス」を把握する

新サーバOS「Windows Server 2016」への移行を検討しているIT担当者にとって、新機能やその使い方以上に重要かつ苦労するのが「ライセンス」の扱いだ。微妙に変わってかえって間違いやすいこの問題をチェックする。

/tt/news/1701/12/news04.jpg
高コストアプリケーションを見分ける

2017年版:クラウドコストを削減する5つのヒント

クラウドコンピューティングのコストは、リソースが無秩序に増加したり調整が不十分だったりすると、必要以上に高額になりやすい。そのようなコスト増を防ぐためのヒントを紹介する。

/tt/news/1701/11/news03.jpg
コンテナの検討課題をピックアップ

コンテナ vs. 仮想化、クラウドでアプリケーションを構築するならどっち?

メモリ効率、アプリケーションのテナント化、ネットワーク接続など、要件に応じてコンテナで構築できるクラウドアプリケーションは変わってくる。

/tt/news/1701/10/news05.jpg
やはり目指すべきは“保護”より“解放”

SQL Server on Linuxプレビュー版公開で探るMicorosoft“オープン化”の本気度

MicrosoftはSQL Serverの導入を促そうと、「SQL Server Enterprise Edition」機能を幾つか「Standard Edition」にも広げ、「SQL Server on Linux」を投入する。

Loading