IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

過去記事一覧 (2017 年)

3 月

/tt/news/1703/27/news06.jpg
進化する医用画像テクノロジー

放射線科医は病院のデータサイエンティストになる

Philips Healthcareの幹部社員であるジェロエン・タス氏は、データサイエンスと進化した画像診断を組み合わせることは、個人に最適化した価値に基づく医療ケアへの移行において重要だと語る。

/tt/news/1703/31/news01.jpg
製薬企業のマーケティングを変えるデータ活用【第1回】

製薬企業のマーケティング調査が「市場規模把握」で終わってしまうのはなぜか

製薬企業が新薬を上市する際、市場調査が「市場規模把握」にとどまってしまい、マーケティング戦略を決め切れなくなるケースが少なくないという。医療用医薬品業界のデジタルマーケティング専門家が解決策を説く。

/tt/news/1703/27/news03.jpg
圧倒的な医師不足との戦い

ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目指す南アフリカの小児科病院

ケープタウンの小児専門病院が、ビデオ会議システムを使って海外の先進医療技術を学ぶとともに、国内の医師に手術映像を公開して技術の普及を図る取り組みを始めた。

/tt/news/1703/26/news01.jpg
医療ITの未来はどうなる

IoTデバイスを体内に組み込む実験が増加、「ミクロの決死圏」は夢物語ではない?

IoTの進化とデバイスの小型化によって、人体にIoTデバイスを取り入れる実験が増えている。便利になる一方、さまざまな問題もある。

/tt/news/1703/15/news02.jpg
ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第4回】

製薬企業のビッグデータ活用、匿名化された患者の臨床現場データがあると何が分かる?

製薬企業はどのような形でビッグデータを利活用しているのだろうか。リアルワールドデータ(RWD)の話題を中心に、さまざまな企業の事例を紹介する。

/tt/news/1703/21/news13.jpg
肉眼だけでは見えない疾患を見つける技術

これからの「個別化医療」は画像診断とウェアラブル技術の組み合わせが鍵に

Philips Healthcareの専門家によると、データ分析、機械学習、人工知能を搭載した画像診断システムは、医療機関が患者に最適な医療サービスを提供する一助になるという。

/tt/news/1703/16/news04.jpg
セキュリティ投資は倍増へ

高度化するデータ侵害に“やられっ放し”の医療現場がやっと対策を本格化

2015年は大規模な医療データの侵害があった。2016年は破壊的なランサムウェア攻撃が目立った。そして2017年、医療現場のサイバーセキュリティは巻き返しを見せるかもしれない。

/tt/news/1703/14/news02.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

医療クラウドと遠隔診療の規制緩和は医療のIT化を後押しするのだろうか?

クラウドとタブレットの普及によって、医療現場のIT活用が浸透しつつあります。診療報酬による評価やさまざまな規制緩和は、このムーブメントに対してどのような効果をもたらすのでしょうか。

/tt/news/1703/13/news06.jpg
病院だけに限らない、代表的な5つの理由

なぜ小規模病院やクリニックはサイバー攻撃に対して無防備なのか?

小規模病院やクリニックはサイバー犯罪の標的になることが多い。セキュリティ対策に慣れていなかったり、規制要件への標準化が遅れていたりと、セキュリティへの対応が弱いためだ。

/tt/news/1703/06/news01.jpg
医療機関がサイバー犯罪者に狙われる

2017年も被害は続く? 病院を狙うランサムウェア攻撃を防ぐ5つのヒント

2016年に最もサイバー攻撃の標的になったのは医療機関だという調査結果がある。2017年もその状況は続くだろう。だがIT担当者が適切な対策を続けることで、攻撃を防ぐことは可能だ。5つのコツを紹介する。

/tt/news/1703/03/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

医療機関へのサイバー攻撃は避けられないリスク、データを確実に守る方法は

米国では医療機関を狙うサイバー攻撃が1日に4000件も発生しているという。もはやサイバー攻撃は避けられないと考えたほうがよさそうだ。重要なデータを保護するために必要な要素を専門家が解説する。

2 月

/tt/news/1702/28/news13.jpg
人工知能、セキュリティ、ブロックチェーンなど

医療IT担当者が2017年に注目する“6つのITトレンド”

医療業界における2016年のITトレンドは、サイバーセキュリティとブロックチェーンに多くの注目が集まった。医療機関のIT管理者は2017年も引き続きこの2つのトレンドから目を離すことはできないだろう。

/tt/news/1702/08/news18.jpg
クラウドで薬剤給付管理システムを最適化

高額医療費問題をどう解決? Apple元CEOジョン・スカリー氏の挑戦

AppleとPepsiCoでCEOを歴任したジョン・スカリー氏は、クラウド技術を活用してスペシャリティドラッグ(専門医薬品)の価格を抑え、医薬品の流通とビジネスサイクルを最適化することを目指しているという。

/tt/news/1702/07/news03.jpg
多剤大量処方の問題が解決する?

Apple元CEOジョン・スカリー氏が提案する、米国の薬剤給付管理システムとは

Appleの元CEOジョン・スカリー氏は、クラウドベースの薬剤共同管理システムを携えて医療ITに参入した。これの導入によって、どのようなメリットが生まれるのだろうか。

/tt/news/1702/06/news02.jpg
ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第3回】

製薬企業にもビッグデータの波、「リアルワールドデータ」活用に必要な技術とは

製薬企業を中心として、「リアルワールドデータ」(RWD)の活用に注目が集まっている。該当するのはどのようなデータなのか。RWDをはじめとするビッグデータを活用するために必要な技術とは何だろうか。

1 月

/tt/news/1701/31/news02.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

電子カルテへの期待と現実のギャップを埋める3つの方法

電子カルテの導入がうまくいかない理由は、紙カルテの業務フローが現場に残っているせいかもしれません。解決のヒントは「紙は残さない」「電子カルテ操作はクラークに任せる」「過去カルテの処分」です。

/tt/news/1612/28/news03.jpg
ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第2回】

製薬企業の営業・マーケ部隊をITで支援する2つの方向性とは?

MR(医薬情報担当者)の多くは、顧客である医師と5分以内の面談時間で情報提供をしているというデータがある。このような制約下で営業・マーケティング部隊の生産性を高めるためにITが貢献できることは何だろうか。

/tt/news/1701/06/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

病院経営はIoTと自動化で変わる――先行事例に見る「未来の医療業務」

医療業界でのIoT(モノのインターネット)や自動化技術は、在庫管理や人材の適正配置といった業務効率化だけでなく、院内の位置情報把握や生体情報の遠隔モニタリングといった患者満足度向上においても活躍している。米国の先行事例を紹介する。

Loading

医療機関向け商品選びはこちら

IT製品選び、まずはこのサイトで

メディプラザウェブでは、医療介護施設向けのIT製品を比較し、一括資料請求できます。

医療機関のためのIT導入事例集

ITを活用して、経営改善につなげている医療機関の事例を多数掲載中です。