IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

過去記事一覧 (2017 年)

11 月

/tt/news/1711/28/news03.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

診療予約システムは「待ち時間ゼロ」の武器、診療所の待ち時間と集患の深い関係

「混雑するほど人気の診療所だから待つのは仕方ない」とはいっても、隣に待ち時間ゼロの診療所が並んでいたら、待ち時間ゼロの方に行きたくなるのが人情。だからこそ診療予約システムは集患の武器になります。

/tt/news/1711/27/news02.jpg
APIでは解決できない、レガシーシステム連携

次世代標準仕様「FHIR」は、システム連携がままならない医療ITを救うか?

医療業界にはレガシーシステムが多く存在し、API活用を阻む障害となっている。この事情から、医療情報の相互運用性を目指した次世代の標準仕様FHIRへの関心が高まっている。

/tt/news/1711/17/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

IoT時代の無線LAN環境 SFのような医療も現実に?

米国医療機関の先行事例から、医療分野のIoT活用に必要なネットワークインフラの要件が見えてくる。IoTが急速に進化すれば、人体に組み込んだIoTデバイスを利用した医療行為も現実になるかもしれない。医療IoTのトレンドを見てみよう。

/tt/news/1711/09/news07.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

人工知能が医療現場で活躍、事例から見えてくる“理想と現実”

多忙な医療現場で働く医師の業務を、人工知能(AI)がサポートする――という状況は既に現実にある。AIを医療ミス回避や高度な診断に役立てている、米国の事例を紹介する。

10 月

/tt/news/1710/27/news04.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

「診療所探しは検索サイトで」な時代の診療所経営に必要なIT

新規開業する診療所にとって重要な課題が「多くの患者に診療所の存在を知ってもらい、来院してもらえること」、つまり「集患」です。診療所経営において、マーケティングにITを活用するポイントとは?

/tt/news/1710/19/news08.jpg
ユーザーの本音と企業の事情

モバイルUCの「スマホでビデオ通話」が普及しない理由はお粗末なアプリ?

モバイル向けユニファイドコミュニケーション(UC)ツールには、音声やテキスト、動画などの機能をシンプルに利用できる製品が求められている。モバイルUCを巡る企業の取り組みを見てみよう。

/tt/news/1710/18/news07.jpg
多少のデメリットを上回るメリット

米国の遠隔医療事情、使いたくなるメリットと“一抹の懸念”

遠隔地に医療サービス提供を可能にする遠隔医療(テレヘルス)のシステムは、患者が24時間いつでもオンデマンドに医療サービスにアクセスできるメリットから、さまざまな医療機関での採用が始まっている。

/tt/news/1710/03/news03.jpg
AIは先進的パートナーだ

ディープラーニング(深層学習)が人から奪う作業、人を超えない作業の違い

人工知能(AI)は既に遠い未来の技術ではなく、徐々に日常生活に浸透して来ている。仕事を奪われるといった否定的な意見も多いようだが、まずAIは何が得意か何を任せられるのかを理解しよう。

9 月

/tt/news/1709/26/news02.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

遠隔診療の診療報酬増額か 普及すればこれだけある、医療機関と患者のメリット

「遠隔診療を2018年の診療報酬改定で評価する」旨の首相発言から、診療報酬増額が実現し、遠隔診療の普及を後押しするのではと期待が集まっています。この動向は医療界にどのような変化をもたらすでしょうか。

8 月

/tt/news/1708/29/news05.jpg
治療に対する満足度を高めるテクノロジー

Amazon元幹部が医療分野に挑戦 「今の医療には “顧客目線”が足りない」

Amazonの元幹部、ティッソン・マシュー氏が医療分野に参入し、Amazon時代に培った経験を医療分野に生かそうとしている。医療のコンシューマライゼーションを実現する方法について、同氏に話を聞いた。

/tt/news/1708/23/news01.jpg
医療ツールとしての仮想現実(第3回)

ゲームから仮想心臓モデリングまで、広がる「仮想現実の医療利用」

仮想現実(VR)は今、医療現場に導入されてさまざまな治療に成果を挙げている。VRの可能性、そして課題とは何だろうか。

/tt/news/1708/21/news02.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

いまさら聞けない「電子お薬手帳」と「電子処方箋」、調剤薬局にどんなメリットが?

「電子お薬手帳」と「電子処方箋」は、調剤薬局のIT化にとってキーとなる技術トレンドです。これらの普及がもたらすメリットと、普及を阻んでいる壁について解説します。

/tt/news/1708/09/news01.jpg
医療ツールとしての仮想現実(第2回)

機器の低価格で開かれた仮想現実(VR)の医療利用

仮想現実(VR)は今、医療現場に導入されてさまざまな治療に成果を挙げている。VRの可能性、そして課題とは何だろうか。

/tt/news/1708/03/news03.jpg
医療分野にもマーケティングは必要

医療法人がSalesforceを導入 医療マーケティングのメリットとは

既存の患者とのつながりを維持しつつ、新規患者を呼び込むため、ウィスコンシン州の大規模医療法人Auroraは、自社のデジタルマーケティングにSalesforceのMarketing Cloudを導入した。

/tt/news/1708/01/news04.jpg
パブリッククラウドに構築したプライベート環境

仮想プライベートクラウドは、オンプレミスのプライベートクラウドの代わりになるか?

多くの企業はパブリッククラウドのメリットを理解しているが、シングルテナント環境で運用したいと考えているのが実情だ。本稿では、仮想プライベートクラウドがそのニーズをどう満たすかについて説明する。

7 月

/tt/news/1707/31/news01.jpg
医療ツールとしての仮想現実

効果が認められた仮想現実(VR)治療、なぜ導入が進まないのか?

仮想現実(VR)は今、医療現場に導入されてさまざまな治療に成果を挙げている。VRの可能性、そして課題とは何だろうか。

/tt/news/1707/25/news01.jpg
機密性とセキュリティも改善

臨床医も満足、看護師主導で開発されたモバイルアプリ

英国の医療機関では、看護師が開発を主導したモバイルアプリが成果を挙げている。病棟全体の状態を簡単に確認できるようになり、臨床医の診察にも活用されているという。

/tt/news/1707/24/news06.jpg
期待が高まる「医療AI」分野

AIで医療はどう変わる? 専門家が実例を語る

医療サービス提供者や製薬会社などの医療機関は、個人に最適な介護サービスや治療後の処置を提供するために、高度なAIテクノロジーの使用に乗り出している。

/tt/news/1707/24/news03.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

タブレット問診票とウェアラブル血圧計は、医療現場のペーパーレスを後押しする?

問診票や、日々計測した血圧や血糖を記録する手帳は、紙ベースのフォーマットが長年利用されていました。しかし近年ではこれらもデジタル化が進んでいます。

/tt/news/1707/10/news06.jpg
医療機関の事例で考える

ハイパーコンバージドインフラ vs. コンバージドインフラ、注目製品の長所と短所は

注目を集めるハイパーコンバージドインフラとコンバージドインフラ。医療機関の事例をベースに、それぞれの長所と短所を解説する。

/tt/news/1707/10/news04.jpg
定番コラボツールが歩んだ道から学べること

「Slack」や「Microsoft Teams」に学ぶ、これからの遠隔医療システムに必要な機能とは

「Slack」や「Microsoft Teams」のようなコラボレーションツールは、遠隔医療システムを開発するITベンダーにとって、役に立つ教訓を提供するだろう。例えば、リアルタイムなデータアクセスだ。

6 月

/tt/news/1706/23/news01.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

クリニック経営を「見える化」するツール「PMS(Practice Management System)」とは?

診療所経営の見える化を実現するPMS(Practice Management System:病院向け経営支援システム)。登場の背景には「もっと楽に電子カルテやレセコンのデータ分析をしたい」という、医師の切実なニーズがあります。

/tt/news/1706/20/news03.jpg
802.11ac Wave 2アクセスポイントを導入

狙いはモバイルとIoT 米国医療機関がArubaの無線LAN製品を選んだ理由

Medical Center Health System(MCH)はCisco SystemsのWi-Fiネットワークをリプレースし、Aruba NetworksのWi-Fiネットワークに移行した。その目的と導入効果とは?

/tt/news/1706/27/news01.jpg
「FileMaker」ベースの電子カルテ

相武台脳神経外科が構築した電子カルテ 「開発しながら運用」がもたらす満足度とは

相武台脳神経外科は2014年に、開院当初に利用していた電子カルテから、新しいシステムとして「FileMaker」ベースの電子カルテ「ANNYYS_Developer版」へ移行した。その選定理由とは。クリニック院長に聞いた。

/tt/news/1706/19/news02.jpg
事務所や病院の環境を改善するIoT

IoTで職場環境をスマート化 小さな実験から始める5ステップ

従業員が求めていることを1日中自動で予測して、それに応える職場環境を想像してみてほしい。仕事の生産性と効率はどれほど上がるだろうか。

/tt/news/1706/16/news04.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

Apple元CEOが挑戦するクラウドシステム 米国の高額医療費問題は解決できるか

かつてAppleとPepsiCoのCEOを歴任したジョン・スカリー氏は、クラウドベースの薬剤管理システムベンダーを設立した。米国の医療制度にまつわる高額医療費問題を、スカリー氏はITでどのように解決しようとしているのか。

5 月

/tt/news/1705/22/news03.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

診療予約システムに見る、医療とITの良い関係 ポイントは「患者の来院管理」

「集患」と「待ち時間」という、クリニック経営の代表的な課題を、ITはどのように解決するのでしょうか。

/tt/news/1705/19/news02.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

ランサムウェアに身代金を支払ってしまった病院、対策に“正解”はあるのか?

医療機関が身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」の被害を受けた場合、システムの停止は患者の生命に直結する。病院は「ランサムウェアには身代金を支払わない」という理想論が通用しない局面を想定して、対策する必要がある。

4 月

/tt/news/1704/17/news03.jpg
ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第5回】

製薬企業にITの新風を吹き込む、次世代のCIOがやるべき4つのこと

製薬企業のIT部門に求められる役割は大きく変わりつつある。ビッグデータ、人工知能(AI)、デジタルデバイスといった新技術をビジネス戦略に取り入れるCIO(最高情報責任者)の役割も見直す必要がある。

/tt/news/1704/24/news02.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

医療ITが普及する5つの条件とは? 遠隔診療を例に考える

ビデオ通話のシステムを利用し、患者が来院せずに診療を受けられる「遠隔診療」の登場は、医療ITに新しい価値を示しました。遠隔診療をヒントに「医療ITが普及するための条件」を考えます。

/tt/news/1704/17/news05.jpg
医療におけるIT活用の“一歩先”とは

医療IT事例2選――「多職種協働」を踏まえたクラウド利用、セキュリティ対策

医療機関におけるクラウドインフラや情報セキュリティ対策、そして医療の質向上に貢献する電子カルテ活用といった先進的な取り組みをしている医療機関の事例を紹介する。

/tt/news/1704/17/news04.jpg
将来は遠隔診療への取り組みも視野に

「待合環境を快適にするにはスマホが必須」とアイさくらクリニックが考える理由

混雑する待合室を少しでも快適に――そう考えて「iPhone」「iPad」などのモバイル端末活用を中心としたIT環境を構築したアイさくらクリニック。どのような観点でシステムを選んだのか院長に聞いた。

/tt/news/1704/17/news01.jpg
製薬企業のマーケティングを変えるデータ活用【第4回】

医薬品マーケターが利益に貢献したプロモーションを見抜く“すごいデータ分析”とは

製薬企業のマーケティング担当者が活用しやすく、「次のプロモーション施策では何が最適な打ち手となるのか」を考えるのに有効な、データ分析の代表的手法を解説します。

/tt/news/1704/10/news03.jpg
製薬企業のマーケティングを変えるデータ活用【第3回】

医療従事者向け情報提供ツールの膨大な選択肢から効果的な手段を選ぶコツ

eディテーリング(電子的な情報提供活動)ツールやメルマガ、オウンドメディアなど、MR(医薬情報担当者)から医療従事者に向けた情報提供ツールは多くの種類があります。目的に応じた効果的な選び方を紹介します。

/tt/news/1704/06/news03.jpg
音声認識で医師のオーダーを確認

電子カルテの入力ミスが3割減、AIアシスタントは医師をどう支えているのか

医師は多くの業務に追われ、必要なオーダーを出し忘れることがある。こうした状況を改善すべく、人工知能(AI)を導入し、医療ミスの回避に役立てている米国の長期急性期病院の事例を紹介する。

/tt/news/1704/03/news01.jpg
製薬企業のマーケティングを変えるデータ活用【第2回】

製薬企業のMRが、ITツールを使いたがらない“残念な”理由

製薬企業のMR活動のIT化が進んでいます。Webサイトやメールなど多角的な情報提供ができるようになってきたものの、現場のMR(医薬情報担当者)がツールを積極的に使いたがらないのはなぜでしょうか。

3 月

/tt/news/1703/27/news06.jpg
進化する医用画像テクノロジー

放射線科医は病院のデータサイエンティストになる

Philips Healthcareの幹部社員であるジェロエン・タス氏は、データサイエンスと進化した画像診断を組み合わせることは、個人に最適化した価値に基づく医療ケアへの移行において重要だと語る。

/tt/news/1703/31/news01.jpg
製薬企業のマーケティングを変えるデータ活用【第1回】

製薬企業のマーケティング調査が「市場規模把握」で終わってしまうのはなぜか

製薬企業が新薬を上市する際、市場調査が「市場規模把握」にとどまってしまい、マーケティング戦略を決め切れなくなるケースが少なくないという。医療用医薬品業界のデジタルマーケティング専門家が解決策を説く。

/tt/news/1703/27/news03.jpg
圧倒的な医師不足との戦い

ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目指す南アフリカの小児科病院

ケープタウンの小児専門病院が、ビデオ会議システムを使って海外の先進医療技術を学ぶとともに、国内の医師に手術映像を公開して技術の普及を図る取り組みを始めた。

/tt/news/1703/26/news01.jpg
医療ITの未来はどうなる

IoTデバイスを体内に組み込む実験が増加、「ミクロの決死圏」は夢物語ではない?

IoTの進化とデバイスの小型化によって、人体にIoTデバイスを取り入れる実験が増えている。便利になる一方、さまざまな問題もある。

/tt/news/1703/15/news02.jpg
ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第4回】

製薬企業のビッグデータ活用、匿名化された患者の臨床現場データがあると何が分かる?

製薬企業はどのような形でビッグデータを利活用しているのだろうか。リアルワールドデータ(RWD)の話題を中心に、さまざまな企業の事例を紹介する。

/tt/news/1703/21/news13.jpg
肉眼だけでは見えない疾患を見つける技術

これからの「個別化医療」は画像診断とウェアラブル技術の組み合わせが鍵に

Philips Healthcareの専門家によると、データ分析、機械学習、人工知能を搭載した画像診断システムは、医療機関が患者に最適な医療サービスを提供する一助になるという。

/tt/news/1703/16/news04.jpg
セキュリティ投資は倍増へ

高度化するデータ侵害に“やられっ放し”の医療現場がやっと対策を本格化

2015年は大規模な医療データの侵害があった。2016年は破壊的なランサムウェア攻撃が目立った。そして2017年、医療現場のサイバーセキュリティは巻き返しを見せるかもしれない。

/tt/news/1703/14/news02.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

医療クラウドと遠隔診療の規制緩和は医療のIT化を後押しするのだろうか?

クラウドとタブレットの普及によって、医療現場のIT活用が浸透しつつあります。診療報酬による評価やさまざまな規制緩和は、このムーブメントに対してどのような効果をもたらすのでしょうか。

/tt/news/1703/13/news06.jpg
病院だけに限らない、代表的な5つの理由

なぜ小規模病院やクリニックはサイバー攻撃に対して無防備なのか?

小規模病院やクリニックはサイバー犯罪の標的になることが多い。セキュリティ対策に慣れていなかったり、規制要件への標準化が遅れていたりと、セキュリティへの対応が弱いためだ。

/tt/news/1703/06/news01.jpg
医療機関がサイバー犯罪者に狙われる

2017年も被害は続く? 病院を狙うランサムウェア攻撃を防ぐ5つのヒント

2016年に最もサイバー攻撃の標的になったのは医療機関だという調査結果がある。2017年もその状況は続くだろう。だがIT担当者が適切な対策を続けることで、攻撃を防ぐことは可能だ。5つのコツを紹介する。

/tt/news/1703/03/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

医療機関へのサイバー攻撃は避けられないリスク、データを確実に守る方法は

米国では医療機関を狙うサイバー攻撃が1日に4000件も発生しているという。もはやサイバー攻撃は避けられないと考えたほうがよさそうだ。重要なデータを保護するために必要な要素を専門家が解説する。

2 月

/tt/news/1702/28/news13.jpg
人工知能、セキュリティ、ブロックチェーンなど

医療IT担当者が2017年に注目する“6つのITトレンド”

医療業界における2016年のITトレンドは、サイバーセキュリティとブロックチェーンに多くの注目が集まった。医療機関のIT管理者は2017年も引き続きこの2つのトレンドから目を離すことはできないだろう。

/tt/news/1702/08/news18.jpg
クラウドで薬剤給付管理システムを最適化

高額医療費問題をどう解決? Apple元CEOジョン・スカリー氏の挑戦

AppleとPepsiCoでCEOを歴任したジョン・スカリー氏は、クラウド技術を活用してスペシャリティドラッグ(専門医薬品)の価格を抑え、医薬品の流通とビジネスサイクルを最適化することを目指しているという。

/tt/news/1702/07/news03.jpg
多剤大量処方の問題が解決する?

Apple元CEOジョン・スカリー氏が提案する、米国の薬剤給付管理システムとは

Appleの元CEOジョン・スカリー氏は、クラウドベースの薬剤共同管理システムを携えて医療ITに参入した。これの導入によって、どのようなメリットが生まれるのだろうか。

/tt/news/1702/06/news02.jpg
ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第3回】

製薬企業にもビッグデータの波、「リアルワールドデータ」活用に必要な技術とは

製薬企業を中心として、「リアルワールドデータ」(RWD)の活用に注目が集まっている。該当するのはどのようなデータなのか。RWDをはじめとするビッグデータを活用するために必要な技術とは何だろうか。

1 月

/tt/news/1701/31/news02.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

電子カルテへの期待と現実のギャップを埋める3つの方法

電子カルテの導入がうまくいかない理由は、紙カルテの業務フローが現場に残っているせいかもしれません。解決のヒントは「紙は残さない」「電子カルテ操作はクラークに任せる」「過去カルテの処分」です。

/tt/news/1612/28/news03.jpg
ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第2回】

製薬企業の営業・マーケ部隊をITで支援する2つの方向性とは?

MR(医薬情報担当者)の多くは、顧客である医師と5分以内の面談時間で情報提供をしているというデータがある。このような制約下で営業・マーケティング部隊の生産性を高めるためにITが貢献できることは何だろうか。

/tt/news/1701/06/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

病院経営はIoTと自動化で変わる――先行事例に見る「未来の医療業務」

医療業界でのIoT(モノのインターネット)や自動化技術は、在庫管理や人材の適正配置といった業務効率化だけでなく、院内の位置情報把握や生体情報の遠隔モニタリングといった患者満足度向上においても活躍している。米国の先行事例を紹介する。

医療機関向け商品選びはこちら

IT製品選び、まずはこのサイトで

メディプラザウェブでは、医療介護施設向けのIT製品を比較し、一括資料請求できます。

医療機関のためのIT導入事例集

ITを活用して、経営改善につなげている医療機関の事例を多数掲載中です。