過去記事一覧 (2018 年)

9 月

/tt/news/1809/29/news01.jpg
2018年の注目発表を振り返る

新型Apple Watch Series 4とARに熱視線、プロたちはAppleイベントのどこに注目したか

2018年のAppleイベントで発表された新製品について、アナリストたちは、心電図機能と転倒検知機能を内蔵した「Apple Watch Series 4」と、機能向上した「ARKit 2」にビジネス用途の可能性を見出している。

/tt/news/1809/28/news05.jpg
24時間診療を受けることも可能に

拡大するモバイル医療アプリ、病院ではどのように使われているのか

モバイル医療アプリを活用して遠隔診療を提供する流れは定着しつつあり、専門家は今後も拡大し続けると予測する。病院だけでなく、ドラックストアチェーンなどの参入も進んでいる。

/tt/news/1809/26/news10.jpg
データ分析を治療に生かす

注目の「バリューベースヘルスケア」、実現はアナリティクスが鍵

医療機関はバリューベースヘルスケアを導入し始めている。この考え方を取り入れ、ハイリスク患者を特定したり予防医療を実現したりする上で、アナリティクスは極めて重要な役割を担い得る。

/tt/news/1809/17/news02.jpg
進むMFAの実装

生体認証導入で医療機関でもパスワードはなくなる? そのメリットと課題

医療機関を狙うサイバー脅威は増加している。生体認証はパスワード管理からユーザーを開放する手段だが、セキュリティリスクとソフトウェア要件に関する懸念が伴う。

/tt/news/1809/13/news04.jpg
450万人が利用するMedisafeアプリの事例から

AppleのHealth Records APIで多剤併用問題に切り込む投薬管理アプリベンダーの挑戦

Fast Healthcare Interoperability Resources(FHIR:医療情報の相互運用性のオープンな標準仕様)に基づくAPIが新たに登場している。これによって、モバイルヘルスアプリはさらに進化する可能性がある。

/tt/news/1809/11/news08.jpg
必要なのは上司の理解

医療のデータ分析成功の鍵を握る、経営陣への3つのアドバイス

医療機関幹部の意識を高めることが、データへの投資を拡大し、医療データの分析をさらなる応用につなげることができるというのが専門家の意見だ。

/tt/news/1809/11/news02.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

「医療広告のガイドライン」で病院Webサイトも規制対象に 禁止表現のポイントは?

2018年6月に施行された「医療広告ガイドライン」で、医療機関のWebサイトも医療広告と見なされて規制対象となりました。「広告」と見なされるポイントはどこなのか、何が禁止されたのか、解説します。

/tt/news/1809/06/news04.jpg
医師の54%が仕事をつらいと感じている

電子カルテで疲弊する医師の燃え尽き症候群をいかに減らすか、医療ITベンダーの挑戦

米国の医療業界では、医療の質に関する報告義務、過剰な仕事量、そして「EHR(電子カルテ)疲れ」が、医療従事者の「燃え尽き症候群」の原因になっている、と専門家は考えている。

/tt/news/1809/04/news07.jpg
患者の安全が第一

医療分野におけるAI技術活用、まずガバナンスを固めよう

AIは医療サービス提供者にとって恩恵になり得るが、米国医師会(AMA)のような団体は、患者の個人情報とプライバシーを保護するためのポリシーの策定を推奨している。

8 月

/tt/news/1808/30/news06.jpg
DRaaSという選択肢もある

病院がクラウドベースの災害復旧(DR)を計画する時に気を付けるべき5つのポイント

IT部門/医療情報部門は、法令順守や接続性の強化に取り組み、医療データを確実に保護しなければならない。災害復旧(DR)の目的でクラウドを利用する際に考えるべき5つのポイントを紹介する。

/tt/news/1808/23/news07.jpg
進むカスタマーサポートのAI利用

会話型AIで変わる医療現場のコミュニケーション、その進化とは

医療機関では、検査結果や予約のリマインダー、処方された薬やその服用方法などの情報に24時間365日体制で自動応答するAIメッセージングサービスの提供が進んでいる。

/tt/news/1808/21/news03.jpg
セキュリティと利便性のトレードオフ

病院の情報セキュリティは、ベストプラクティスとユーザーニーズのバランスが難しい

病院のITを担う医療情報部門では、スタッフに不便を感じさせずに患者データのセキュリティを確保する方法を絶えず模索している。課題は、セキュリティとユーザーニーズを満たす妥協点を見つけることだ。

/tt/news/1808/16/news04.jpg
人とロボットが同じ空間で働く未来

AI搭載の協働ロボット(Cobot)がいれば「理想の職場」になるのか? 夢と現実を探る

ロボットに人工知能(AI)を搭載することで、人間とロボットが同じ空間で安全に働けるようになり、人間の労働はもっと効率的になるかもしれない。しかし、課題は残る。

/tt/news/1808/09/news09.jpg
EHRからCHRへ

多種多様になる一方の電子健康記録(EHR) 医療システムはどう変わるのか

医療機関は、遺伝子データや患者データ、学問に関するデータなど、多岐にわたる関連データを統合して一元管理できる機能をEHRに求め始めている。

/tt/news/1808/06/news01.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

レセコンや電子カルテも対象になる「IT導入補助金」、利用時に注意すべきポイント

近年注目を集めている、経済産業省の「IT導入補助金」制度を、医療機関が活用する方法について解説します。

7 月

/tt/news/1807/23/news06.jpg
国際モダンホスピタルショウ展示から3製品を紹介

SaaS型電子カルテ、各社の特徴は バックアップ機能や操作性で差別化

保健、医療、福祉分野の製品・サービスに関する総合展示会「国際モダンホスピタルショウ2018」。本稿では、SaaS型電子カルテに関する注目の展示をピックアップして紹介する。

/tt/news/1807/10/news06.jpg
医療用アプリケーションは増加傾向

臨床の現場でスマートフォン向けアプリケーションの利用は進んでいるのか?

IQVIAソリューションズ ジャパンは、スマートウォッチや血糖値測定器などのコネクテッドデバイスおよびスマートフォン向けのヘルスケアアプリケーションに関する調査結果を発表した。

/tt/news/1807/05/news03.jpg
相互運用性の問題を解決する第一歩

Apple「Health Records API」公開へ ヘルスケアアプリ開発の現場に変化は?

Appleは「Health Records API」を公開すると2018年6月に発表した。このおかげで優れたヘルスケアアプリが年内に登場するかもしれない。だがセキュリティや相互運用性に関する懸念は残る、と専門家は指摘する。

NEWS

フィリップス・ジャパン、東北大学内に研究開発拠点を設立 医療ITサービス創出を目指す

フィリップス・ジャパンは東北大学と共同研究についての包括的提携を結び、大学内に研究拠点を設立した。現場のニーズを探り、デジタルヘルスサービスのイノベーションにつなげるのが狙いだという。

NEWS

「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」公開 医療のクラウド利用は加速するか

キヤノンITソリューションズ、NECなど、医療情報システムベンダー4社が共同で「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」を作成し、2018年7月をめどに提供開始する。医療業界のクラウド活用の追い風となるか。

/tt/news/1806/29/news02.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

人工知能(AI)の普及で、医師が「本来やるべき業務」に集中できる、これだけの理由

医療従事者が事務作業の負担によって本来やるべき医療に専念できない――という課題は、長きにわたり問題視されてきました。人工知能(AI)技術の普及は、こうした課題も解決するかもしれません。

6 月

/tt/news/1806/25/news06.jpg
患者データを守る

AI技術で全トラフィックを監視 医療データのセキュリティ確保を目指す病院

機械学習などのAI技術を利用したソフトウェアを使って、医療システムのネットワークを監視・可視化し、患者データのセキュリティ強化を実現している医療機関がある。ソフトウェアの利点と、導入の際の困難とは。

/tt/news/1806/01/news01.jpg
新薬開発を加速するテクノロジー

ビッグデータから生まれた「合成対照群」のインパクト 新薬開発の歴史を変え得る理由

新薬開発で多くの製薬企業が直面している課題の1つが治験参加者の確保だ。過去に実施された治験のデータ再利用がその解決策となり得る。過去の治験データ活用が臨床開発現場にもたらすインパクトとは。

/tt/news/1806/19/news06.jpg
レガシーな情報システムと決別するために

ワイヤレスネットワークが後押しする医療機関のIT刷新

ある長期ケア企業がワイヤレスネットワークテクノロジーと「Microsoft Active Directory」に注目している。ITモダナイゼーション計画を立ち上げ、自社の成長を促すためだ。

/tt/news/1806/08/news04.jpg
技術が人に与える影響を掘り下げる

医療ITのスタートアップ企業が医療業界に参入する余地はあるか?

2018年の医療情報管理システム学会(HIMSS)にて、医学博士のインドゥ・サベイヤ氏が、デジタルトランスフォーメーションや、医療向けテクノロジーと一般消費者向けテクノロジーとの関わりについて見解を語った。

News

昭和大学病院がeICUを導入、ICUの患者情報を遠隔地で一括管理

昭和大学病院と昭和大学江東豊洲病院が、フィリップスと研究開発した「遠隔集中治療患者管理プログラム(eICU)」を運用開始した。患者情報を遠隔地の支援センターに集約し、集中治療をサポートする。

5 月

/tt/news/1805/30/news04.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

紙の問診票をタブレット問診やWeb問診ツールに置き換える5つのメリット

Webサイトやタブレットから入力できる「問診システム」が登場しましたが、いまだに紙の問診票を使い続けている診療所も少なくありません。問診システムに置き換えるメリットについて解説します。

/tt/news/1805/25/news08.jpg
「クラウドはセキュリティが不安」は古い考え

「コネクテッド医療機器」のセキュリティ対策に有効なテクノロジーとは

ネットワーク接続可能な医療機器などの経路から医療機関を狙うサイバー攻撃が増えている。その脅威への対策として、人工知能(AI)とブロックチェーンに注目が集まっている。

/tt/news/1805/24/news06.jpg
患者の満足度向上に貢献

「Alexa」は入院生活も変える

Alexaはまだ、医療分野での広範な普及には至っていないものの、患者とエンドユーザーの両方のエクスペリエンス改善に役立つ有望な用途が幾つかある。

/tt/news/1805/23/news05.jpg
患者データを保護するために

医療機関に求められるサイバーセキュリティ5訓

医療機関の最高情報責任者(CIO)は、機関の環境を保護する役割を担う。そのため、多要素認証やAIベースの監視などを導入して、データの侵害を防ぐ必要がある。

/tt/news/1805/21/news04.jpg
医療ITイベントHLTH:The Future of Healthcareのトピックス

Googleが医療分野に本格参入の兆し、Fitbitとの提携で医療AIは爆発的普及するか

GoogleがFitbitと提携し、医療分野に敏速に進出して人工知能(AI)関連サービスを中小の医療ITベンダーに提供している。Fitbitも医療分野に事業を拡大している。

NEWS

アスカコーポレーション、AIを用いた医薬関連文書の翻訳サービスを開始

アスカコーポレーションは、医療関連文書の翻訳に人工知能(AI)を用いた新しい翻訳サービスを提供する。

4 月

/tt/news/1804/27/news09.jpg
医療の「知る権利」と「知らない権利」

Facebookの医療データ共有プロジェクト停止で争点となったプライバシー問題とは

匿名化した患者データをFacebookのユーザープロフィールと照合するという研究目的のプロジェクトに対し、一部の専門家からプライバシー問題を懸念する声が出ている。

/tt/news/1804/25/news03.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

病院だけでなくクリニックの受付も完全自動化する日は近い?

近年、受付に自動再来受付機や自動精算機を導入している大病院は珍しくなくなりました。レセプト業務も自動化が進み、医療機関の受け付け業務はコンピュータに置き換わりつつあります。

/tt/news/1804/20/news06.jpg
VDI環境下のシンクライアントとして脚光

病院が院内PCを「Raspberry Pi」に置き換えたくなる理由

本体のサイズが小さくコストも抑えられる「Raspberry Pi」は、病院のクライアント環境を一変させる可能性がある。

/tt/news/1804/04/news03.jpg
セキュリティと可用性を守りたいなら

SaaSアプリが医療現場のセキュリティリスクを軽減する4つの理由

医療機関はSaaS(Software as a Service)を利用すれば、ハッカーからの攻撃のリスクを減らすことができる。他のアプリケーションが攻撃を受けても、SaaSアプリケーションは稼働状態を維持できるからだ。

/tt/news/1804/09/news01.jpg
新薬開発を加速するテクノロジー

治験を支える「EDC」(電子的データ収集)の進歩は、なぜ新薬開発を加速するのか

新薬開発における症例報告データ収集に使う「EDC」(電子的データ収集)システム。近年はクラウドで動くEDCシステムが登場し、新薬開発プロセスの効率化に貢献している。

/tt/news/1804/03/news04.jpg
電子カルテや医師のメモを自然言語処理で分析

米国大学病院の医療用テキストマイニングツール活用事例、導入の苦労や成果は?

ペンシルベニア大学系列の医療グループ「Penn Medicine」は、自然言語処理技術で非構造化データを利用して、分析の質や患者ケアの向上につなげた。導入から活用までのプロセスや課題を紹介する。

3 月

/tt/news/1803/22/news01.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

2018年度診療報酬改定における医療現場の「働き方変革」、医師の勤務体制が柔軟に

2018年度診療報酬改定では、医師の勤務体制を改善する取り組みが強化されます。「対面」を算定要件にしていた一部の診療報酬も要件が緩和され、IT活用の範囲が広がります。

/tt/news/1803/02/news02.jpg
「不機嫌な職場」よりも「ご機嫌な職場」で

社員のストレスを軽減するユニークな福利厚生7選 電子メールや会議の廃止も

多くの人はストレスにさいなまれている。その主な理由は仕事への不安だ。従業員が幸せを感じて働き、転職しないようにするために、雇用者側が実施している福利厚生の対策を紹介する。

2 月

/tt/news/1802/22/news04.jpg
次世代標準仕様「FHIR」は何を変えるか

「iOS 11.3」が病院の患者情報と直結、iPhoneとモバイルヘルスの未来予想図

「iOS 11.3」に搭載する機能の1つとして、Appleはヘルスケアアプリを刷新する予定だ。これによって米国のiPhoneユーザーは自分の健康記録にアクセスできるようになる。他の企業もこの流れに追随する可能性がある。

/tt/news/1802/21/news11.jpg
注目すべき米国の医療ITトレンドを専門家が予測

2018年の医療ITトレンド4選、ブロックチェーンや人工知能はいよいよ実用段階へ

2018年、米国の医療機関はブロックチェーンの応用と人工知能(AI)の活用拡大に備えることになるだろう。電子医療記録(EHR)ベンダーによるデータ分析技術の発展も拡大するかもしれない。

/tt/news/1802/20/news01.jpg
VR導入事例

HoloLensで遠隔地の医師も参加した外科手術成功

Microsoftの「HoloLens」による仮想現実を使って海外の医師がサポートする手術が行われた。

/tt/news/1802/20/news07.jpg
従業員の健康管理は重要な経営課題

次に来そうな健康増進テクノロジー7選 チャットbotやIoTは「健康経営」に効果あり

少子高齢化の時代、従業員の健康管理は企業の重要課題といえよう。チャットbotやウェアラブルデバイス、DNA検査キットなど、テクノロジー主導の健康増進プログラムについて、次に来そうなトレンドを紹介する。

/tt/news/1802/14/news04.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

医療現場の「働き方変革」を加速する2018年度診療報酬改定 鍵は「医療クラーク」か

2018年度の診療報酬改定の基本方針に「働き方改革」のテーマが盛り込まれています。これを機に医師事務作業補助者(医療クラーク)の配置、活用が期待されています。

/tt/news/1802/13/news05.jpg
医療用コネクテッドデバイス市場も拡大

医療現場のIoT活用が医療の質も病院経営も改善する、5つのメリットとは

医療現場でIoT(モノのインターネット)を利用するメリットは、患者の生体情報を遠隔モニタリングしたり、院内の医療機器の場所を追跡したりと、さまざまだ。特筆すべき5つのメリットについて解説する。

1 月

/tt/news/1801/26/news02.jpg
歯科医自身が「FileMaker」で構築

「全くの初心者だった」 歯科医が開発した補綴治療計画ツールに込める思い

恵愛歯科クリニックが「FileMaker Pro」で独自開発したソフトウェア「Owlview(アウルビュー)」。なぜ歯科用ソフトウェアを院長自身が開発したのか。工程や費用はどうだったのか。院長の杉原 新氏に聞いた。

/tt/news/1801/12/news05.jpg
医療機関やDellの事例から学ぶ

「予測分析にはビッグデータが不可欠」という“常識”を疑え

データ量が多いからといって、必ずしも予測分析の精度が上げるわけではない。データを予測モデルに適用する前に、データを吟味して理解することが肝要だ。

/tt/news/1801/11/news03.jpg
日本腎臓学会のテキストマイニング事例

医師が論文検索に「TensorFlow」活用、人間なら心が折れる作業も深層学習で効率化

医師が診療ガイドラインを策定するための論文検索に深層学習を活用した。用いたのはGoogleが開発した「TensorFlow」。人間の労力を減らし、人間が見落としていたものを発掘するなどの効果が得られた。

/tt/news/1801/09/news02.jpg
新薬開発を加速するテクノロジー

モバイルヘルス(mHealth)とは? ウェアラブルデバイスの進歩が新薬開発を加速

新薬開発の分野においても、スマートフォンやウェアラブルデバイスは重要なツールだ。これらを活用して治験参加者の負担を減らし、治験に参加しやすい環境を提供する取り組みが進んでいる。

/tt/news/1801/10/news02.jpg
北米放射線学会(RSNA 2017)トピックス

「価値に基づく画像診断」にはAIを使いこなす放射線科医が不可欠 AIへの熱狂と現実

第103回北米放射線学会(RSNA 2017)では、人工知能(AI)と深層学習(ディープラーニング)が注目を集めていた。PACS(医用画像管理システム)やVNA(Vendor Neutral Archive)も相変わらず関心の高い話題だった。

/tt/news/1801/09/news03.jpg
0.5歩先の未来を作る医療IT

2018年診療報酬改定に向けて議論進む「遠隔診療」が集患にも“効果あり”な理由

2018年の診療報酬改定では、遠隔診療で医学管理料が算定できるようになるかどうかが注目されています。遠隔診療関連で新設となる点数の要点を解説します。併せて遠隔診療が集患にも効果を発揮する理由を考察します。