IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

過去記事一覧 (2018 年)

4 月

/tt/news/1804/26/news04.jpg
将来的にはマルチクラウド統合も

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)にできて、APIにはできないこととは?

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、定型作業を自動化できる技術として高度化し、現在ではレガシーアプリとクラウドアプリをつなぐ用途でも活用が始まっている。

/tt/news/1804/24/news11.jpg
第17条「消去の権利」の対策を整理

「GDPR」第17条“忘れられる権利”がもたらす問題と技術的対策

「一般データ保護規則」(GDPR)の順守はオプションではない。違反すれば甚大な被害が生じる恐れがある。GDPR対策を進める上で認識しておくべきことを整理する。

/tt/news/1804/23/news02.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は脱Excelに貢献するツールなのか?

「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)があれば、もう「Microsoft Excel」のマクロ機能に頼る必要はないのでしょうか。再び“RPA職人”を生み出さないために、2者の得手不得手を理解しましょう。

/tt/news/1804/22/news03.jpg
SlackやCisco Sparkに差を付けるか

Microsoft Teamsに音声アシスタントのCortana統合、何ができるようになる?

Microsoftは同社の「Cortana」をコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」に統合する予定だ。音声アシスタントが企業に普及する小さな一歩になるだろうか。結論が出るのはまだ先のことだ。

/tt/news/1804/16/news01.jpg
基礎から分かるAPI管理【第1回】

UberやKDDIのAPI活用とは 主要5社のビジネスモデルを解説

API活用には、APIの提供者と利用者の双方にとってメリットがある。APIを活用したビジネスモデルや主要な事例について紹介する。

/tt/news/1804/13/news01.jpg
CW:Windows Phoneの失敗から学べ

2018年、MicrosoftはWindowsとOffice以外で存在感を示せるか?

Microsoftはマインドシェアを高める必要がある。非Windowsユーザーや非PCユーザーとの関わりをもっと増やさねばならない。モバイルの波で失敗した同社が、デジタルアシスタントの波に乗ることはできるだろうか。

/tt/news/1804/12/news08.jpg
「Polly」や「Watson」と真っ向勝負

Googleの音声合成サービス「Cloud Text-to-Speech」のビジネス用途は?

Googleの新しい音声合成サービス「Cloud Text-to-Speech」は、32種類の声と12種類の言語で自然な音声を合成する。開発者はビジネス向けアプリや機器にこのソフトウェアを組み込むことができる。

/tt/news/1804/12/news06.jpg
「プライバシーは基本的人権」とApple

Appleが「GDPR」級のプライバシー保護機能を全ユーザーに iOS 11.3に搭載

EUの「一般データ保護規則」(GDPR)の施行を前に、Appleは特筆すべき決断をした。GDPRの保護対象者だけでなく、全てのエンドユーザーに、GDPRレベルのプライバシー保護を提供するという決断だ。

/tt/news/1804/11/news06.jpg
技術面の解決をする前にすべきこと

AIをビジネスに活用するための5つの難題

人工知能(AI)のビジネスを成功に導く鍵は、最高の採用担当者、信頼を生む組織構造、そして企業倫理への配慮だ。

/tt/news/1804/10/news06.jpg
データ管理者が知っておきたい

GPUディープラーニングのためのインフラ構築とは?

GPUを使ったディープラーニング(深層学習)が一般的になっている。これに伴いデータ管理者は、大量の計算が可能なインフラを構築する必要がある。

/tt/news/1804/10/news01.jpg
CW:音声アシスタント時代の企業戦略(後編)

Alexa対Googleアシスタント、完成度が高いのは?

AlexaとGoogleアシスタントとでは、どちらが優れているのか。実際に使ってみると、両者の違いは明らかだ。いずれにせよ、対応アプリ開発にはあるものが欠けているという。

/tt/news/1804/09/news02.jpg
2018年に起こる変化とは

「ディザスタリカバリー」(DR)の注目トレンド GDPR対策からエージェントレスまで

災害などによる被害からシステムやデータを回復させる「ディザスタリカバリー」(DR)。2018年になってもその重要性は変わらず、引き続き進化を続けている。DRのトレンドをまとめた。

/tt/news/1804/05/news04.jpg
Facebookデータの不正利用

Cambridge Analytica報道が物語るデータ収集の教訓

データ分析企業のCambridge AnalyticaによるFacebookデータの不正利用が明るみに出た。今後は、企業による倫理的配慮に基づくデータ収集がますます重要になるだろう。

/tt/news/1804/04/news04.jpg
DPOの役割と課題を整理

GDPRが求める新職種「データ保護責任者」(DPO)の避けられない課題とは?

「一般データ保護規則」(GDPR)順守のために、新たに「データ保護責任者」(DPO)を任命する組織は少なくないだろう。組織にとって新たな役割となるDPOは、さまざまな課題に直面することになる。

/tt/news/1804/03/news04.jpg
電子カルテや医師のメモを自然言語処理で分析

米国大学病院の医療用テキストマイニングツール活用事例、導入の苦労や成果は?

ペンシルベニア大学系列の医療グループ「Penn Medicine」は、自然言語処理技術で非構造化データを利用して、分析の質や患者ケアの向上につなげた。導入から活用までのプロセスや課題を紹介する。

/tt/news/1804/02/news02.jpg
作業をしながら賢くなるAI

大手部品メーカーで増加する製造工程でのAI活用

人工知能(AI)が製造システムに導入されるようになっている。その代表例がプリント回路メーカーのJabilだ。同社ではAIを利用して社内の製造工程と製品品質を改善している。

3 月

/tt/news/1803/29/news03.jpg
注意すべきは「データ受信用インフラ」

農業IoT、成功と失敗を分けるのは何?

農業の現場で取得できるデータには、農業業界が必要とする情報、生産効率を上げる方法など、さまざまな情報が含まれている。その中には、モノのインターネット(IoT)市場を築く方法についての情報もある。

/tt/news/1803/28/news06.jpg
想定用途や開発の容易さに違い

「Qlik Sense」と「QlikView」の違いは本当に名前だけなのか?

「Qlik Sense」と「QlikView」にはあまり違いがないように見える。だが導入を検討する企業にとっては、検討すべき重要な考慮事項が幾つかある。

/tt/news/1803/26/news06.jpg
コスト、拡張性で「Amazon Redshift」と比較

リクルートの「Airメイト」に「BigQuery」と「Dataflow」が不可欠だった理由

リクルートは飲食店の経営状態を分析する「Airメイト」に、GCPの「BigQuery」と「Cloud Dataflow」を採用した。大量データ処理に強いGoogleクラウドのメリットを最大限に生かした事例として参考になりそうだ。

/tt/news/1803/23/news02.jpg
CW:音声アシスタント時代の企業戦略(前編)

Alexaスキル開発に失敗しないためのアドバイス

Amazon Echoをはじめとするスマートスピーカーにより、音声による対話で機能する機器の普及が加速した。Alexaスキルの開発も活発化しているが、この流行に乗るにはどうすればいいのか。スキル開発の注意点とは?

/tt/news/1803/16/news05.jpg
Gartnerの評価レポート

機械学習プラットフォームでH2O.aiやKNIMEなど小規模ベンダーが躍進

データサイエンスと機械学習の市場は急速に拡大している。調査会社Gartnerの最新レポートによると、急増する市場の需要に素早く対応できる小規模ベンダーが大手を抑えてリードしているという。

/tt/news/1803/13/news04.jpg
IoTとAIは不人気技術?

2018年IT導入優先度調査:ネットワーク、自動化、クラウドが上位に

「IT Priorities 2018 Survey」(2018年のIT優先度調査)では、2018年にITプロが最優先事項に掲げるのはネットワーク、クラウド、自動化であることが分かった。

/tt/news/1803/09/news11.jpg
ハイパースケールプロバイダー各社が火花

AWS、Microsoft、Google、IBMがのめり込むクラウドAI、勝利の作戦は?

クラウドプロバイダー各社は人工知能(AI)クラウドサービス分野でしのぎを削っており、データサイエンティストや開発者がモデルをトレーニングするための環境として自社のプラットフォームを売り込んでいる。

/tt/news/1803/09/news10.jpg
電源とWi-Fiだけで満足?

誰も使いたがらない会議室を「未来の会議室」に変える先進技術とは

最新鋭のコラボレーションツールを導入しても、従業員に使ってもらえなかったらもったいない。「会議室管理ツール」を併用して従業員の利便性を高めることの重要性に企業は気付きつつある。

/tt/news/1803/08/news04.jpg
セルフサービスBIの2大巨頭

「Tableau」と「Qlik Sense」の違いを比較 両製品がますます似通ってきた?

「セルフサービスBI」の主要2ツール「Tableau」と「Qlik Sense」は、互いに似たものになりつつある。高度な視覚化機能と大規模データ分析に対するニーズの高まりが、その背景にある。

/tt/news/1803/06/news04.jpg
インダストリー4.0が本格化

IoTが製造業界にもたらす5つの変革

製造業における古い生産モデルは、新たに出現したインダストリー4.0やスマートマニュファクチャリングなどのアプローチに姿を変えている。本稿では、製造業のビジネスに起こる変革を5つ紹介する。

/tt/news/1803/06/news02.jpg
主要な9大用途を紹介

いまさら聞けない、「ビッグデータ分析」と“普通の分析”との違いとは

ビッグデータ分析ソフトウェアはさまざま機能を搭載し、用途も多様だ。本稿では主要なユースケースを基に、その実力を探る。

/tt/news/1803/05/news04.jpg
「MR」(複合現実)との組み合わせも鍵に

「モバイルAI(人工知能)」が実現する“SF超え”の生産性

「人工知能」(AI)テクノロジーは、モバイルデバイスの利便性や安全性を大いに向上させる力を秘めている。その可能性を評価し、どのように活用できるかを判断することが重要だ。

2 月

/tt/news/1802/26/news02.jpg
AIは人間の感情を理解するのか

家族よりも分かってくれる!? 感情分析を強化する音声アシスタント技術

Gartnerは、数年後にはパーソナル端末がユーザーの感情を分析できるようになると主張している。

/tt/news/1802/22/news06.jpg
加入者の安全運転を支援

機械学習はUberやAirbnbのようなイノベーションを自動車保険業界にもたらすか

機械学習ツールを活用できる分野はデジタルマーケティングだけではない。自動車保険会社のHiRoad Assuranceは、保険加入者の安全運転に機械学習ツールを役立てている。

/tt/news/1802/21/news11.jpg
注目すべき米国の医療ITトレンドを専門家が予測

2018年の医療ITトレンド4選、ブロックチェーンや人工知能はいよいよ実用段階へ

2018年、米国の医療機関はブロックチェーンの応用と人工知能(AI)の活用拡大に備えることになるだろう。電子医療記録(EHR)ベンダーによるデータ分析技術の発展も拡大するかもしれない。

/tt/news/1802/20/news07.jpg
従業員の健康管理は重要な経営課題

次に来そうな健康増進テクノロジー7選 チャットbotやIoTは「健康経営」に効果あり

少子高齢化の時代、従業員の健康管理は企業の重要課題といえよう。チャットbotやウェアラブルデバイス、DNA検査キットなど、テクノロジー主導の健康増進プログラムについて、次に来そうなトレンドを紹介する。

/tt/news/1802/20/news05.jpg
今からでも間に合う「GDPR」対策【第3回】

丸分かり「GDPR対策」 “制裁金2000万ユーロ”回避に役立つIT面での対策とは?

「GDPR」順守のための態勢作りを確実かつ効率的に進めるには、セキュリティ製品をはじめとするシステムの導入が有効です。GDPR対策に役立つ製品分野を紹介します。

/tt/news/1802/16/news11.jpg
機械学習には必須な有効性の検証機能など

群雄割拠の機械学習基盤 専門家が比較するポイントは?

機械学習市場にはここ数年で多くのベンダーが参入してきた。数あるベンダーの中から最適なベンダーを選ぶのは難しいが、専門家はどう見るのか。選定のポイントを聞いた。

/tt/news/1802/14/news02.jpg
ディセプション技術で犯罪者をだませ(後編)

ディセプション技術の未来はセキュリティ攻撃用人工知能(AI)をだます防御AI

ディセプション技術によってさまざまなことが判明し、有効な対策が生まれている。攻撃者の行動を監視する手法や資格情報の新しい防御方法、そして攻撃用AIと戦う防御用AIについて解説する。

/tt/news/1802/09/news03.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

どうしてもExcelを使い続けたいなら覚えておきたい「3つの限界」

Excelは便利だから使い続けたいが、Excelでは限界を感じる局面もある――こうした迷いを持つ人は、「Excelの限界」を知っておくと、「脱Excel」に踏み切るべきか否かの判断に役立ちます。

/tt/news/1802/08/news04.jpg
われわれの向かう未来

AI(人工知能)の意思決定はブラックボックス、それでも機械を信じる?

数ある人工知能(AI)の中でも、機械学習は特に進化の可能性が大きい。われわれは、どこまで機械を信頼できるか、試されることになる。

/tt/news/1802/07/news07.jpg
テクノロジーが可能にすること

建設業界を変えるIoTとVR/AR、具体的なメリットは?

モノのインターネット(IoT)とセンサーベースのテクノロジーは、作業員の安全やコストの削減、予知保全といった面で、建設現場に大きなメリットをもたらす可能性がある。

/tt/news/1802/06/news07.jpg
AMI(高度メーターインフラ)を活用

スマートグリッド実現の鍵は無線通信、「IEEE 802.11s」が示す可能性

送電網のスマートグリッド化を実現するにはネットワークが鍵となる。注目されるのが、IEEE 802.11sを活用したワイヤレスメッシュネットワークだ。

/tt/news/1802/06/news06.jpg
AWSを追撃するGoogle

Googleクラウドが投入した3機能をAWSと比較、次の戦略が見えてきた

Googleは2017年、市場のリーダーであるAWSとのギャップを埋めようとして幾つかの対抗措置を講じた。しかし、その努力は新規顧客を獲得するのに十分なのだろうか。

/tt/news/1802/01/news10.jpg
AIは使うほど磨かれていく

人工知能(AI)が顧客満足度を高める Microsoft、IBM、GoogleのAPIが組み込まれた世界はどんな姿?

顧客満足度を高めるために人工知能(AI)を活用する企業は少なくない。主要なAIはAPIを用意しており、「Siri」「Alexa」「Google Assistant」などのパーソナルアシスタントなどと連携して活躍の場を広げている。

1 月

/tt/news/1801/31/news07.jpg
顔認証テクノロジーの可能性

「感情分析で人事部に本音が筒抜け」、未来の職場はちょっと不気味?

深層学習(ディープラーニング)システムでは、人間の目で判別できない顔の不随意反応を分析できる。人事部の担当者はその結果を利用し、あなたが社風に合うかどうかを見極めることが可能になる。

/tt/news/1801/31/news05.jpg
ARは「IoTからの贈り物」

「ARって仕事に役立つの?」に対する3つのさえた答え

臨時職員に短期間で一人前のスキルを習得させるのは容易ではないが、仮想現実(AR)があれば話は別だ。初心者からベテランまであらゆる従業員が、ARを使うと業務効率化につながる3つの理由を解説する。

/tt/news/1801/30/news06.jpg
よく聞かれる3つの質問

クラウドで使えるGPUインスタンス、プロバイダーごとの特徴は?

GPUインスタンスは、演算負荷の高いアプリケーションで必要とされる処理をこなすことができる。とはいえ、どんな場合でもワークロードや予算の面で有効とは限らない。

/tt/news/1801/22/news02.jpg
AWSとクラウドの将来

AWSのジャシーCEOが語った、大企業がマルチクラウドに取り組まない理由

AWS社のCEO、アンディ・ジャシー氏が、ブロックチェーンやAI、マルチクラウドといった話題のテクノロジーについてAWSの取り組みと今後の展望を語った。

/tt/news/1801/19/news04.jpg
ブームは去っても重要なインフラに変わりはない

Hadoop 3.0が“控え目”にデビュー、クラウドとGPU対応を強化

今はポストHadoopの時代なのか。支持者に言わせれば、ビッグデータフレームワークの最新版「Apache Hadoop 3.0」は機械学習アプリケーションとクラウドシステムで成功を収めており、まだその時代は終わっていない。

/tt/news/1801/19/news03.jpg
リスクを明らかにする努力は足りているか

モバイルアプリの脆弱性:組織で対策すべき5つのリスクとは

モバイルアプリに関わるリスクには最優先で取り組む必要がある。安全性が確認されていないモバイルアプリの危険性について、専門家が解説する。

/tt/news/1801/18/news04.jpg
「投資すべきか否か」から「どの分野で活用すべきか」へ

「AIは超人を生み出す」、2018年にCIOが注目するAIプロジェクトは

第一線のIT幹部へのインタビューによると、2018年もAI(人工知能)プロジェクトへの大掛かりな投資は継続し、企業全体のAI戦略を構築する上でCIOは重要な役割を果たすことになりそうだ。

/tt/news/1801/12/news05.jpg
医療機関やDellの事例から学ぶ

「予測分析にはビッグデータが不可欠」という“常識”を疑え

データ量が多いからといって、必ずしも予測分析の精度が上げるわけではない。データを予測モデルに適用する前に、データを吟味して理解することが肝要だ。

/tt/news/1801/11/news01.jpg
既に始まっているコンピュータによる意思決定(後編)

ニューラルネットが導き出した「とんでもない結論」

機械学習やAIによる「自動意思決定」に期待がかかるが、そこには人間による偏り(バイアス)が入り込む余地があることに注意する必要がある。あるニューラルネットは、学習の結果驚くべき結論を導き出してしまった。

/tt/news/1801/11/news03.jpg
日本腎臓学会のテキストマイニング事例

医師が論文検索に「TensorFlow」活用、人間なら心が折れる作業も深層学習で効率化

医師が診療ガイドラインを策定するための論文検索に深層学習を活用した。用いたのはGoogleが開発した「TensorFlow」。人間の労力を減らし、人間が見落としていたものを発掘するなどの効果が得られた。

/tt/news/1801/10/news04.jpg
クラウドだけではなくオンプレミスでも

Tableauに学ぶソフトウェアサブスクリプションモデルの有用性

Tableau Softwareが同社の製品にサブスクリプションモデルを全面的に取り入れたことにより、クラウドを連想させるサブスクリプションベースのソフトウェアの価格は、オンプレミスの導入でも役に立つことが示された。

/tt/news/1801/10/news02.jpg
北米放射線学会(RSNA 2017)トピックス

「価値に基づく画像診断」にはAIを使いこなす放射線科医が不可欠 AIへの熱狂と現実

第103回北米放射線学会(RSNA 2017)では、人工知能(AI)と深層学習(ディープラーニング)が注目を集めていた。PACS(医用画像管理システム)やVNA(Vendor Neutral Archive)も相変わらず関心の高い話題だった。

/tt/news/1801/10/news01.jpg
“脱Excel”か“活Excel”か

“Excel職人”が“神Excel”を生み出す 「職人かたぎ」と上手に付き合うヒント

研究熱心なExcel職人はなぜ生まれるのか。彼ら彼女らの熱意はなぜ加速するのか。その理由を考察しつつ、ビジネスでExcel職人にそのスキルを存分に振ってもらうためのヒントを探ります。

/tt/news/1801/05/news01.jpg
AIの誇大宣伝に混乱する企業たち(後編)

AI導入成功企業の共通点は「AIかどうかを選定理由にしない」こと

AIを導入した企業はどのような課題を抱え、解決したのか。本稿で紹介する2つの事例の共通点は、導入製品がAIであるかどうかを全く重要視していないことだ。彼らが重視したことは何だったのか。

/tt/news/1801/05/news02.jpg
会員が注目した2017年記事ランキング(クラウド編)

AWS、Azure、GCP機能比較よりも、読者が気になったクラウドの“事件”とは

クラウドコンピューティングに関する話題の中で、TechTargetジャパン会員が最も関心を寄せたものとは。2017年のアクセスランキングから読み解きます。

/tt/news/1801/04/news02.jpg
「件数増加で総額減少」の意味とは

IoT関連の買った会社と買われた会社、M&Aで振り返る2017年

2017年に締結されたIoT分野のM&A(合併と買収)契約数は前年同期比でわずかに増加している。だが、ドル総額で見ると大幅に減少した。そこから見えてくることとは?

/tt/news/1801/03/news01.jpg
建設、農業、石油についても考察

ドローンは物流ビジネスでも使える? 「ラスト1マイル」への挑戦

ビジネスでのドローンの利用が広がっている。だがユースケースが拡大するにつれて、各業界でのドローンの価値は大きく変わるだろう。

/tt/news/1801/02/news01.jpg
2018年企業はどう取り組むべきか

IoTが直面する5つの大変化、LPWANやセキュリティ脅威増加の影響は?

IoTは急速にITインフラの一部になりつつある。2018年、IoTは、あると便利なものから不可欠な資産へと変わるだろう。企業で今後IoT導入を検討する際に確認したい5つのトレンドを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...