IT製品/サービスの導入・購買を支援する - TechTargetジャパン

過去記事一覧 (2017 年)

5 月

/tt/news/1705/24/news04.jpg
働き方改革が目立った「Japan IT WEEK 2017春」

もはやクラウドは当たり前、「AI技術」搭載製品が一気に拡大した春の展示会

IT業界の最新トレンドが伺える恒例イベント「Japan IT WEEK 2017 春」。各分野で多くのブースが並ぶ中から、特にクラウドコンピューティング、セキュリティ、IoTにフォーカスして業界全体の動向を探ってみよう。

/tt/news/1705/23/news06.jpg
高度な分析への対応はどうなっている?

セルフサービスBIの“落とし穴”、使って分かるその限界と対応策

セルフサービス型のBIツールはビジネスインテリジェンスソフトウェアの主力定番になっている。一方でベンダーは、企業のニーズや高度な分析への対応方法を再考する必要に迫られている。

/tt/news/1705/22/news07.gif
統合的なアプローチを

IoTセキュリティのチェックリスト、“エコシステム”をどう構築する?

本当に安全なIoTを実現するには、IoTテクノロジー全体のセキュリティとバリューチェーンに対して統合的なアプローチを取る必要がある。

/tt/news/1705/17/news02.jpg
【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第4回

IoT時代のビッグデータアナリティクスは今までと何が違うのか?

ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。

/tt/news/1705/17/news06.jpg
「目新しい何か」から「ビジネスに使える何か」の段階に

IoTをめぐる最重要トレンド、これだけは押さえたい5つとは

2016年は、IoTが広く認知された年だった。もはや業界専門家だけが話題にするものトピックでもない。個人ユーザーもコネクテッドデバイスを“普通”に受け入れ始めている。

/tt/news/1705/16/news06.jpg
コンサルティングファームのDeloitteがレポート

深層学習が引き出す非構造化データの“暗黒面”の力とは?

コンサルティング企業のDeloitteが新しく公開したレポートによると、非構造化データとその他のいわゆる「ダークデータ」を分析することで、大きなビジネス価値を得られる可能性があるという。

/tt/news/1705/16/news05.jpg
次は音声認識に注目

「Amazon Echo」に何を話しかける? AIが隣にある生活と仕事

人工知能(AI)アプリケーションは多数のビジネスプロセスに貴重な洞察とサポートをもたらす。だが、今日の使用例は氷山の一角にすぎない。

/tt/news/1705/16/news01.jpg
エグゼクティブインタビュー

ブルームバーグのデータサイエンス担当者が見た機械学習の課題

Bloombergでデータサイエンス(自然言語処理、情報の検索と取得、機械学習)を引きているギデオン・マン氏。2008年から機械学習を手掛けてきた同氏には、機械学習の可能性とともに課題も見えている。

/tt/news/1705/15/news05.jpg
予算皆無で「モノ」をどう売り込む?

IoTベンチャーが飛びつくべき5つの“無料マーケティング戦略”

多くの企業によってチャレンジが続くIoT市場。その中で自社の製品を売り込むには効果的なマーケティング施策が重要だ。無料で取り組むことができる施策を紹介する。

/tt/news/1705/11/news03.jpg
社外の力が新たな価値を生む

Uberの知られざるデータ見える化ツール「deck.gl」、OSS化の本当の狙いとは?

自社開発したデータ視覚化ツールのオープンソース化に踏み切ったUber Technologies。その狙いは、イノベーションを自社に環流させることにある。

/tt/news/1705/10/news04.jpg
医療現場のロボット活用

「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)はどこで使われる? 最新事例を紹介

ロボット技術の既存ITシステムへの統合は、業種によってさまざまな形で行われており、CIOにとって新たな課題となっている。どのように取り組めばよいのだろうか。

/tt/news/1705/09/news01.jpg
システム保護をめざす善意のハッカーが開発?

その名は「Hajime」、IoTマルウェア「Mirai」と戦う“善玉ワーム”が出現

“善玉”の可能性があるワーム「Hajime」が拡散している。IoTボットネットのマルウェア「Mirai」に似ているが、悪質性が低く、ステルス性能が高いワームだという。

/tt/news/1705/08/news03.jpg
IDCのアナリストが指摘

そこが知りたい「ブロックチェーン」、データ管理に役立つのはなぜ?

仮想通貨「ビットコイン」の中核技術として知られる「ブロックチェーン」。IDCのアナリストは、このブロックチェーンが、データマネジメントの新しい道筋を示す可能性があると説明する。

/tt/news/1705/02/news04.jpg
見過ごされがちな「自動化」の効果

灼熱オフィス解消だけではない、スマートビルがもたらす「自動化」の実力

センサーデータを基に建物内の電力や施設を統合管理する「スマートビルシステム」。電力管理による省エネルギー化への期待が先行するが、メリットはそれだけではない。

4 月

NEWS

TIS、チャットボットを簡単に作成・運用できるSaaSプラットフォームを提供開始

TISはSaaSの業務チャットボットプラットフォーム「DialogPlay(ダイアログ・プレイ)」のβ版を2017年5月中旬から無償提供する。ユーザーが簡単な操作と手順でチャットボットを作成し運用できる点が特徴だ。

/tt/news/1704/27/news03.jpg
3大製品の長所と短所

徹底比較:セルフサービスBI、「Tableau」「Power BI」「Qlik Sense」の違いとは?

主要なセルフサービスビジネスインテリジェンス(BI)ツールである「Tableau」「Power BI」「Qlik Sense」の長所と短所とは。機能やクラウド対応状況、価格、サブスクリプション制限といったポイントで比較した。

/tt/news/1704/17/news03.jpg
ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第5回】

製薬企業にITの新風を吹き込む、次世代のCIOがやるべき4つのこと

製薬企業のIT部門に求められる役割は大きく変わりつつある。ビッグデータ、人工知能(AI)、デジタルデバイスといった新技術をビジネス戦略に取り入れるCIO(最高情報責任者)の役割も見直す必要がある。

/tt/news/1704/24/news04.jpg
第二の収入源か

デジタルデータを“金のなる木”に変えるためにCIOがすべきことは?

最高情報責任者(CIO)は情報資産管理を怠りがちだ。だが、他部門はビジネス決定を左右する質の高いデータに関心を寄せている。

/tt/news/1704/24/news03.jpg
Alexaの可能性を拡大

「Amazon Lex」は“スマートスピーカー”Amazon Echoの「Alexa」と何が違うのか?

「Amazon Echo」で利用されている音声アシスタント「Alexa」。この可能性をより広い用途に広げるのが「Amazon Lex」だ。その仕組みを見ていこう。

/tt/news/1704/24/news01.jpg
オープンデータ活用事例

スウェーデンがMinecraftで都市計画、先行してMinecraftを導入したデンマークは……

スウェーデンの国土測量庁は、スウェーデンの地図をMinecraft用に変換して公開した。このMinecraft用の地図データはさまざまな形で活用されている。

/tt/news/1704/21/news05.jpg
個人への最適化が教育現場にもたらすものとは

“究極の個別指導”「アダプティブラーニング」は学校に役立つのか? 教育者が議論

一人一人に合わせた学習を実現する「アダプティブラーニング」は、教育機関にどのようなメリットをもたらすのか。先駆的なIT活用を進める教育関係者の議論から、その答えを探る。

/tt/news/1704/19/news06.jpg
予測型の食品安全管理を目指す

Domino's Pizzaのフランチャイズ店がIoT導入へ、レストランの温度管理に活用

Domino's Pizzaのフランチャイズ店は、IoTの導入によって手動プロセスの自動化、コストの削減、予測型の機器メンテナンスに取り組み、ピザ作りにまい進しようとしている。

/tt/news/1704/17/news05.jpg
医療におけるIT活用の“一歩先”とは

医療IT事例2選――「多職種協働」を踏まえたクラウド利用、セキュリティ対策

医療機関におけるクラウドインフラや情報セキュリティ対策、そして医療の質向上に貢献する電子カルテ活用といった先進的な取り組みをしている医療機関の事例を紹介する。

/tt/news/1704/17/news01.jpg
製薬企業のマーケティングを変えるデータ活用【第4回】

医薬品マーケターが利益に貢献したプロモーションを見抜く“すごいデータ分析”とは

製薬企業のマーケティング担当者が活用しやすく、「次のプロモーション施策では何が最適な打ち手となるのか」を考えるのに有効な、データ分析の代表的手法を解説します。

/tt/news/1704/12/news01.jpg
分散ディープラーニングを実現

Yahoo!がSpark/Hadoop環境で使える「TensorFlowOnSpark」をリリース

Yahoo!の機械学習チームが、分散ディープラーニングに対応したTensorFlowである「TensorFlowOnSpark」を公開した。TensorFlowOnSparkが必要な背景を解説する。

/tt/news/1704/10/news03.jpg
製薬企業のマーケティングを変えるデータ活用【第3回】

医療従事者向け情報提供ツールの膨大な選択肢から効果的な手段を選ぶコツ

eディテーリング(電子的な情報提供活動)ツールやメルマガ、オウンドメディアなど、MR(医薬情報担当者)から医療従事者に向けた情報提供ツールは多くの種類があります。目的に応じた効果的な選び方を紹介します。

/tt/news/1704/06/news03.jpg
音声認識で医師のオーダーを確認

電子カルテの入力ミスが3割減、AIアシスタントは医師をどう支えているのか

医師は多くの業務に追われ、必要なオーダーを出し忘れることがある。こうした状況を改善すべく、人工知能(AI)を導入し、医療ミスの回避に役立てている米国の長期急性期病院の事例を紹介する。

/tt/news/1704/03/news01.jpg
製薬企業のマーケティングを変えるデータ活用【第2回】

製薬企業のMRが、ITツールを使いたがらない“残念な”理由

製薬企業のMR活動のIT化が進んでいます。Webサイトやメールなど多角的な情報提供ができるようになってきたものの、現場のMR(医薬情報担当者)がツールを積極的に使いたがらないのはなぜでしょうか。

3 月

/tt/news/1703/29/news06.jpg
ユーザーの使いやすさが一番

「セルフサービスBI」ツール選択、高度な機能とニーズのズレを埋めるには?

強力で先進的なBI(ビジネスインテリジェンス)ツールを選ぶ際にはさまざまな側面の検討が必要になる。だが経験者は「Tableau」などのセルフサービスBIの選択に際して、何よりも使いやすさを重視したと語る。

/tt/news/1703/31/news03.jpg
中堅・中小企業のための“脱Excel”ロードマップ【第5回】

Excelへの未練を断ち切り“脱Excel”を成功させるBIツール選びの4カ条

“脱Excel”を目指してBIツールに乗り換えようと、いざ検討を始めたものの、「Excelならではの便利な機能」をついBIツールに求めてしまう――こんな悩みを解決するには、どうすればいいのでしょうか。

/tt/news/1703/29/news05.jpg
「モバイルファースト」だけでは時代遅れ

iPhone発売から10年でアプリはどう変わった? 見逃せない4つのトレンド

企業で今後モバイルファーストの戦略を考える場合、4つの事柄を認識して取り入れる必要がある。

/tt/news/1703/27/news06.jpg
進化する医用画像テクノロジー

放射線科医は病院のデータサイエンティストになる

Philips Healthcareの幹部社員であるジェロエン・タス氏は、データサイエンスと進化した画像診断を組み合わせることは、個人に最適化した価値に基づく医療ケアへの移行において重要だと語る。

/tt/news/1703/31/news01.jpg
製薬企業のマーケティングを変えるデータ活用【第1回】

製薬企業のマーケティング調査が「市場規模把握」で終わってしまうのはなぜか

製薬企業が新薬を上市する際、市場調査が「市場規模把握」にとどまってしまい、マーケティング戦略を決め切れなくなるケースが少なくないという。医療用医薬品業界のデジタルマーケティング専門家が解決策を説く。

/tt/news/1703/27/news04.jpg
ファンの心をつかみ続けるには

ダンキンドーナツのデジタル戦略、顧客増を成功させた要素とは

Dunkin' Brandsは自社のデジタル戦略が経営に大きく貢献していると自認している。B2C企業がビジネスのデジタル化を実現する上で重要な要素について、専門家が解説する。

/tt/news/1703/26/news01.jpg
医療ITの未来はどうなる

IoTデバイスを体内に組み込む実験が増加、「ミクロの決死圏」は夢物語ではない?

IoTの進化とデバイスの小型化によって、人体にIoTデバイスを取り入れる実験が増えている。便利になる一方、さまざまな問題もある。

/tt/news/1703/25/news01.jpg
モビリティの将来を握るARとVR

IoTと交わるモビリティの未来――5Gネットワーク、コネクテッドカーの動向は

2020年ごろまでには、5Gネットワーク、コネクテッドカー、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)がモノのインターネット(IoT)と交わることになるだろう。モビリティの今後について専門家が意見交換をした。

/tt/news/1703/24/news11.jpg
Mobile World Congress 2017

「ヒアラブル」って? モバイル業界で人気の話題トップ10

2017年の「Mobile World Congress(MWC)で話題となったトピックを10位から順に紹介する。ロボットや仮想現実(VR)といった旬なキーワードも登場する。最も話題のトピックは何だったのか。

/tt/news/1703/23/news09.jpg
次のブルーオーシャンはどこか

創造的破壊が起きつつある5つの市場 次の「Airbnb」「Uber」はどこで生まれる?

近年、民泊サービスの「Airbnb」、タクシー配車サービスの「Uber」、不動産取引の金融サービス「HomeAdvisor」などのサービスが勢いを増している。次はどの市場にシェアリングエコノミーが参入するだろうか。

/tt/news/1703/15/news02.jpg
ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第4回】

製薬企業のビッグデータ活用、匿名化された患者の臨床現場データがあると何が分かる?

製薬企業はどのような形でビッグデータを利活用しているのだろうか。リアルワールドデータ(RWD)の話題を中心に、さまざまな企業の事例を紹介する。

/tt/news/1703/21/news13.jpg
肉眼だけでは見えない疾患を見つける技術

これからの「個別化医療」は画像診断とウェアラブル技術の組み合わせが鍵に

Philips Healthcareの専門家によると、データ分析、機械学習、人工知能を搭載した画像診断システムは、医療機関が患者に最適な医療サービスを提供する一助になるという。

/tt/news/1703/21/news12.jpg
熱戦の場は「WBC」だけではない

“つながる野球場”は金になる? 米球団が「無線LAN」強化に躍起な理由

次世代のスポーツ会場では、チームの本拠地スタジアムのネットワークが戦略的リソースの役割を果たし、ファンの関わりを促して収益を押し上げる。

/tt/news/1703/20/news01.gif
課題は意思決定のスピードと精度

人工知能と機械学習はセキュリティも変えるのか?

機械学習と人工知能(AI)技術を推進する企業が増える中、企業の情報セキュリティ最高責任者(CISO)がこのブームに対処するには幾つかの問題点を明確にする必要がある。

/tt/news/1703/16/news01.jpg
それでもAIの恩恵は大きい

導入企業の90%がAIのメリットを活用できず、さらに懸念を抱えている現実

調査の結果、AI導入企業の90%はAIのメリットを引き出せていないという。さらに、彼らは多くの懸念を抱えていた。AIを活用するために解決しなければならない課題とは何か。

/tt/news/1703/14/news03.jpg
コストとセキュリティはトレードオフの関係

IoTの未来を台無しにするセキュリティ問題、なぜリスクが増大するのか

IoT分野は成長の一途をたどっている。しかし、成長すればするほどセキュリティ問題も増えていく。今後どのようにIoTセキュリティを考えていけばいいのだろうか。

/tt/news/1703/10/news01.jpg
Couchbase導入事例

NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由

配送サービス業を営むDoddleは、データ接続性が不安定な店舗や約600人のサービスマンが持つモバイル端末とデータを送受信する必要があった。同社がMicrosoft SQL ServerからCouchbaseに移行した理由とは?

/tt/news/1703/09/news05.jpg
Oracle幹部が語る

「チャットボット」の課題は標準化、乱立するフレームワークはどこに向かう?

チャットボットの人気を背景に、競合するアプリケーションフレームワークが相次いで登場している。Oracleは業界標準への準拠が、断片化や非互換問題の防止につながると考えている。

/tt/news/1703/07/news01.jpg
契約条項の大幅な見直しが必要か

世界で激変する個人情報保護ルール、2017年の法規制で影響を受けるのは?

データアナリティクスやブロックチェーン、アジャイル開発などの最新ITを進める中で、テクノロジーに関する企業同士の契約状況を大幅に見直す必要が出てくる。どのように見直せばいいか本稿で紹介する。

/tt/news/1703/06/news03.jpg
300社超の調査で判明

データサイエンティストのスキル不足は大問題、「技術についていけない」の声も

多くの企業は、今日のビッグデータとデータサイエンスがもたらすチャンスを認識しているが、一方でそのエコシステムの複雑さに手を焼いている。

/tt/news/1703/02/news05.jpg
人工知能と機械学習もGPUで進化する

徹底解説:GPUコンピューティングが急成長する理由と減速する懸念

かつてゲームでしか役に立たない技術と評価されていたGPUが企業向けデータセンターに進出し、機械学習や人工知能といった成長著しいプロジェクトに貢献しようとしている。

2 月

/tt/news/1702/28/news13.jpg
人工知能、セキュリティ、ブロックチェーンなど

医療IT担当者が2017年に注目する“6つのITトレンド”

医療業界における2016年のITトレンドは、サイバーセキュリティとブロックチェーンに多くの注目が集まった。医療機関のIT管理者は2017年も引き続きこの2つのトレンドから目を離すことはできないだろう。

/tt/news/1702/28/news03.gif
欲しいのは「AI」ではなく、何ができるか

「AI」が可能にする自動売り上げ予測――次の業務システムが向かう先とは

「人工知能」技術がさまざまなサービスで活用されるようになってきた。企業の業務において、AI技術はどのような可能性を持つのだろうか。ERPの視点から考えてみた。

/tt/news/1702/28/news04.jpg
NoSQL活用事例

MongoDB導入で航空券発行サービスから総合旅行支援サイトへ進化

複数の航空会社のオンライン航空券発行サービスを提供していたAmadeusは、NoSQLの「MongoDB」を導入したことにより柔軟な検索が可能になり、複雑な条件検索が可能な総合旅行支援サイトに生まれ変わった。

/tt/news/1702/28/news08.jpg
中堅・中小企業のための“脱Excel”ロードマップ【第4回】

中堅・中小企業がデータ分析プロジェクトで失敗してしまう理由、回避策は?

中堅・中小企業にはさまざまなリソースの制約がある一方で、小回りが利き意思決定が速いという強みもあります。この特徴を踏まえ、データ分析プロジェクトを成功させる秘策を探ります。

/tt/news/1702/24/news05.jpg
スマートホーム分野で大ヒット

「Amazon Echo」の成功を裏付けたIoT UXデザイン、3つの特徴

IoT(モノのインターネット)デバイスの成功には、優れたユーザーエクスペリエンス(UX)が不可欠だ。プロダクトデザイナーは「Amazon Echo」から3つの重要な教訓を学べる。

/tt/news/1702/18/news01.jpg
「トランプ米大統領はいつツイートするのか」も予測可能

ゴールドマン・サックスが利用する市場分析サービス「Kensho」の“すごい答え”

ゴールドマン・サックスは、顧客に高度なサービスを提供するため多くのIT企業と連携をしている。その1社であるKensho Technologiesと連携することでどのようなサービスを提供しているのだろうか。

/tt/news/1702/17/news05.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

Facebookの企業向けSNS「Workplace」の実力とは

Facebookは2016年10月10日、企業向けコラボレーションツール「Workplace」を正式リリースした。Workplaceはβ時から同種のツールの中でも注目を集めていたが、その使い勝手はどうなのだろうか。

/tt/news/1702/15/news01.jpg
OSSと積極的に連携

R言語ベースのデータ分析プラットフォーム「Microsoft R Server」リリース

Microsoftが、「Microsoft R Server」(旧称Revolution R)を公開した。HadoopやSparkなどとも連携する統合プラットフォームになっている。

/tt/news/1702/13/news03.jpg
機械学習なくしてCESにもSXSWにも出るべからず

ハードウェアを飲み込んだソフトウェアが機械学習に飲み込まれる

数年前、テクノロジー業界を席巻したのはソフトウェアだった。そのソフトウェアの中で主役の座に躍り出ようとしているのが機械学習アルゴリズムだ。こうした傾向には相応の理由がある。

/tt/news/1702/13/news09.jpg
企業の注目は「IoTがもたらすビジネス価値」

IoTブームが去り「コネクテッド」へ、CES 2017に見るトレンドの行方

1月に開催された「CES 2017」では、多くの新旧企業がIoTに関する展示をしていた。その展示から見えたトレンドを紹介する。

/tt/news/1702/13/news01.jpg
自動車で実現する新機能

自動車+Watson=? BMWとIBMがパーソナライズドドライバーシステムを共同開発

BMW GroupとIBMが、自動車の操作にWatsonを応用する研究を行っている。自動車にWatsonが組み込まれることにより、何が実現するのだろうか。

/tt/news/1702/07/news04.jpg
“IoT×ブロックチェーン”を考える

“ブロックチェーン”は万能薬ではない、IoTでの使用が適さない理由とは

IoTでブロックチェーンの使用を提案する出版物や記事も少なくない。しかし、必ずしも使うのが良いというわけではない。本稿ではその理由を紹介する。

/tt/news/1702/06/news07.jpg
調査で浮かび上がった懸念事項

急成長のIoT市場、野心的なベンダーがはまりそうな5つの落とし穴

IoT関連市場は、2020年までに4500億ドルを超える規模になると見込まれている。本稿ではIoTベンダーとIoT導入を検討する企業の調査から、今後の問題点を探った。

/tt/news/1702/06/news02.jpg
ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第3回】

製薬企業にもビッグデータの波、「リアルワールドデータ」活用に必要な技術とは

製薬企業を中心として、「リアルワールドデータ」(RWD)の活用に注目が集まっている。該当するのはどのようなデータなのか。RWDをはじめとするビッグデータを活用するために必要な技術とは何だろうか。

/tt/news/1702/03/news06.jpg
日本では2020年度後半以降に終了

企業はISDNサービス終了に備えよ、IoT時代へ向けた8つのステップ

ISDNは近い将来にサービスが終了することが明らかだ。企業は適切な代替技術を見つけ、IoT時代に向けて通信の信頼性と安全性を確保する必要がある。

/tt/news/1702/03/news03.jpg
動き始めた「ラーニングアナリティクス」【第3回】

九州大学でも実践中、「ラーニングアナリティクス」が“空論”ではないこれだけの根拠

学習履歴や行動履歴を生かす「ラーニングアナリティクス」は研究段階ではなく既に実用段階にあり、具体的なメリットを生み出し始めている。先駆的な事例や製品動向を示す。

/tt/news/1702/02/news05.jpg
クラウド、IoTの他は?

乗り遅れると致命的、2017年の企業ITを左右する5つの主要技術を示す

クラウドコンピューティングはここ数年で大いに進化した。ただし先はまだ長い。今後はビッグデータやコンテナ、IoTといった技術が大きな役割を担うことになる。

1 月

/tt/news/1701/31/news03.jpg
中堅・中小企業のための“脱Excel”ロードマップ【第3回】

“神Excel”からデータを抜き出しBIに生かす 「OFFSET関数」の使い方

Microsoft Excelのデータをビジネスインテリジェンス(BI)ツールに簡単に取り込むには「OFFSET関数」が役立ちます。ポイントは、データの蓄積と出力を分離することです。

/tt/news/1701/30/news11.jpg
過剰な警告にかえって危機感がマヒ

「またパスワード変更?」、IoTでも“セキュリティ疲れ”が深刻化する理由

モノのインターネット(IoT)が浸透する中、セキュリティ強化を叫ぶ声はますます大きくなっている。しかし、やるべきことが多過ぎてユーザーはかえってセキュリティアップデートに無頓着になっている。

/tt/news/1701/27/news06.jpg
5つの理由を明示

IoTが可能にする“SF的世界”、実現の近道はオープンソース活用

オープンソースによって、IoTの普及が加速する可能性がある。その理由を5つの要因から考える。

/tt/news/1701/26/news04.jpg
機密情報を保護するFPEに着目

モノのセキュリティ、IoT隆盛の時代はデータ保護を最優先に

IoTは、新ビジネスの創出、ビッグデータを活用したスマートな意思決定の実現で大きな可能性を秘める。だがIoTを進める際は、セキュリティを最優先事項に据え、デバイスが得た機密情報を保護するよう徹底すべきだ。

/tt/news/1701/25/news03.jpg
産業利用で発生するニーズとは

「IoT」を爆発的に普及させるキラーアプリ 3つの候補

「IoT」はホットなトレンドだが、普及率に関する数年前の当初予測を振り返ると、やや期待外れの感がある。それはなぜなのだろうか。今のIoTに足りないことは何なのか?

/tt/news/1701/24/news05.jpg
2020年までに経営幹部クラスに

Gartnerレポートが明かす、「最高データ責任者(CDO)」台頭の予兆

最高データ責任者(CDO)の企業における影響力が増している。Gartnerは、CDOが人員配置、予算、固有の権限を備えた存在になりつつあることを明らかにした。

/tt/news/1701/23/news01.jpg
サーバ仮想化はターゲット外

アナリティクス&ビッグデータに最適な新世代フラッシュストレージ

フラッシュ市場の成熟とともに、アナリティクスやビッグデータ用途に最適なフラッシュストレージが登場してきた。従来製品との違いと各社の新世代製品の特徴を紹介する。

/tt/news/1701/20/news09.jpg
IoTセキュリティが国家安全保障の議題になる

「Mirai」より凶悪な攻撃が起きる――IoTセキュリティが2017年に進むべき方向は

2016年は、マルウェア「Mirai」によりIoTセキュリティが悲惨な状態にあることが分かった。今後、IoTを使った攻撃が増える見通しだが、セキュリティ対策はどのようにすればいいのだろうか。

/tt/news/1701/19/news05.jpg
実用化事例が続々登場

「Pokemon GO」は序章にすぎなかった、AR市場の急拡大に開発者はどう対応する?

「Pokemon GO」よりも大きな規模の話だ。拡張現実(AR)は、仮想現実(VR)が作り出す架空の世界を現実世界に融合し、便利でインタラクティブな体験をもたらす。開発者はすぐにも作業に取り掛かるといい。

/tt/news/1701/18/news07.jpg
業界のトレンドを読む

2017年のUCは「AI」と「メッセージング」に注目せよ

2017年はどのようなトレンドが企業に影響を与えるのか。ユニファイドコミュニケーション(UC)業界のアナリストらによると、AI(人工知能)やメッセージング、クラウドインフラなどに注目する必要がありそうだ。

/tt/news/1701/18/news01.jpg
インテリジェントなIoTハブの必要性

コンシューマー向けIoTセキュリティはビジネスチャンス

コンシューマー向けIoTデバイスの悪用が問題になっている。IoTデバイスのデータが犯罪者に漏れると何が起きるのか? この状況はベンダーにとってチャンスでもある。

/tt/news/1701/16/news01.jpg
各社が注力するスマート技術

魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能

スマートフォン市場の成長率はさらに鈍化し、「iPhone 7」も売り上げ増に寄与していない。この傾向を打破するのは、AIを応用したスマートアシスタント機能かもしれない。

/tt/news/1701/15/news01.jpg
乱立するIoTプラットフォームの今後は

2017年、IoTはきっとこうなる――5つの大胆予測

2016年は大企業、中小企業共にモノのインターネット(IoT)に対して多くの投資を行った。IoTは今後どうなっていくのだろうか。2017年で起きるであろう5つの事象を予測する。

/tt/news/1701/13/news05.jpg
アプリケーション開発に変化も

GPUがけん引する“ハード黄金時代”、ディープラーニングやAI処理で需要高まる

GPU技術はかつて主にゲーマーが関心を持つ分野だったが、今では新型GPUがシステムに搭載され、ディープラーニングやAIアプリケーションの実行に使用されるようになっている。

/tt/news/1701/12/news01.gif
MicrosoftがAIの成果をデモ

AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?

Office 365のコラボレーション機能強化とAI研究に注力するMicrosoft。英ロンドンで開催されたイベントで、最新の成果が発表された。Office 365とAIが融合したとき、何が実現するのだろうか?

/tt/news/1701/10/news08.jpg
変わるIT部門が必要なスキル

CIOが頭を悩ますIT人材不足、解決の鍵は「人事部門」

IT人材が不足している中、最高情報責任者(CIO)は人事部門と強固な関係を築く必要がある。「どのように関係を築けばいいのか」「なぜ協力が必要なのか」を紹介する。

/tt/news/1701/10/news06.jpg
作業員をすぐさま“熟練工”に変える

「拡張現実」と「IoT」さえあれば専門知識はもういらないのか?

インターネットに接続するデバイスから得たデータと、拡張現実(AR)を使った可視化技術の組み合わせによって、工場などで働く現場作業員の働き方が変わる可能性がある。

/tt/news/1701/07/news01.jpg
「ネットワークが重くて」は言い訳にできない

「クラウドでOK」と主張するIoTを信頼してはいけない理由

全ての機器をIoTによって制御する時代が来るという。素晴らしい未来が実現と思っているかもしれない。しかし、非常事態が起きたとき、それら全てが「机上の空論」となる可能性もあるという。

/tt/news/1701/06/news03.jpg
特選プレミアムコンテンツガイド

病院経営はIoTと自動化で変わる――先行事例に見る「未来の医療業務」

医療業界でのIoT(モノのインターネット)や自動化技術は、在庫管理や人材の適正配置といった業務効率化だけでなく、院内の位置情報把握や生体情報の遠隔モニタリングといった患者満足度向上においても活躍している。米国の先行事例を紹介する。

/tt/news/1701/06/news04.jpg
今後はハードウェアとソフトウェアが別売りに

Teslaが実践するハードウェアに縛られない新しいビジネスとは

日常で使う製品が、IoTによって大きく変わり始めている。Tesla Motorsが取り組みを参考に、今後のデバイスの在り方を紹介する。

/tt/news/1701/04/news02.jpg
会員が注目した2016年記事ランキング(データ分析編)

「脱Excel」「機械学習」「IoT」、データ分析関連で読者が注目したのはどんな話題?

2016年、データ分析関連の記事で最も読まれたのはどんなテーマだったのか。TechTargetジャパンの関連記事ランキングから探ります。

/tt/news/1701/02/news02.jpg
ARのビジネス活用の本格化はあと2〜3年後か

「Pokemon GO」が証明したARの魅力、ビジネス活用に躍起な人が次に考えるべきことは?

拡張現実(AR)は娯楽やゲームのためのものとは限らない。ARは、私たちを取り巻く世界との関わり方を変える可能性を秘めている。そして、ARが次に目指すのはビジネスの世界だ。

Loading

ITmedia マーケティング新着記事

news024.png

Twitter、新広告フォーマット「ダイレクトメッセージカード」を発表
Twitter Japanは、一部の広告主向けに新しい広告フォーマット「ダイレクトメッセージカー...

news003.gif

「AbemaTV」に学ぶ、前例のない取り組みにおけるKPI設定の考え方
より原点に近いところからPDCAの考え方を深める本連載。今回は、Webサイト改善の実例につ...

news125.jpg

集英社がインフルエンサーマーケティング事業に参入
集英社はインフルエンサーマーケティング事業に参入すると発表した。出版社ならではの強...