TechTargetジャパン

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第11回】
Windows Server 2016の新機能をチェックする──Active Directory管理編
ユーザー管理を確実かつ容易に行うActive Directoryはサーバにとって不可欠な機能だ。Windows Server 2016ではその機能を強化した。今回は、その強化ポイントについて解説する。(2017/9/8)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第9回】
Windows Server 2016評価版をインストールする──Active DirectoryでDNSの設定編
体験版=評価版のWindows Server 2016で「サーバーマネージャー」から「Active Directory」を設定する。今回はDNSの設定まで覚えてみよう。(2017/7/21)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第8回】
Windows Server 2016評価版をインストールする──Active Directory設定編
体験版=評価版を使ってWindows Server 2016の新機能を試すためにサーバーマネージャーの使い方を覚えたら、次はActive Directoryの設定だ。(2017/7/12)

AzureのID/アクセス管理サービス
クラウドセキュリティの問題を解決、「Azure Active Directory」のプレミアムさとは
米Microsoftのパブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」では、ID/アクセス管理サービス「Azure Active Directory」の拡張機能が提供されている。ただし、有料だ。(2014/9/4)

“Windows 8タブレット”は企業利用に耐えるか【前編】
コスト削減効果は数万ドル? Active DirectoryによるWindows 8タブレット管理
Windows 8はタブレット向け機能を数多く搭載する。だがWindows 8タブレットは本当に企業利用に耐えるのだろうか。前編はWindows 8の機能面からその可能性を考察する。(2011/12/12)

オブジェクト復元の手間を軽減
Active Directoryごみ箱機能の使いこなし勘所
Active Directoryの管理者にとって、削除したドメインの復元は厄介な作業だ。ごみ箱(ADRB)を使えば、この手間を軽減してくれる。(2011/8/3)

中堅・中小企業のためのIT投資羅針盤【第4回】
Active Directoryで今すぐ始められるクライアントPC管理
Windows 7のリリースを機に、中堅・中小企業でもPCの刷新を始めている。そこで考えたいのが、クライアントPCの管理だ。OSの機能を使うだけで「ヒト」にひも付いた管理ができるようになる。(2010/10/19)

中堅企業向けActive Directory運用のススメ
Active Directoryのバックアップと復旧のポイント
Active Directoryは、ほかのアプリケーションとは別にバックアップしておく必要がある。障害が起きる前に、シミュレーションして計画を検証しよう。(2010/4/15)

NEWS
NetIQ、詳細な権限管理が可能なActive Directory管理ツールの最新版をリリース
Active DirectoryとExchange Serverの管理に必要な権限を細分化し、それぞれを個別に付与する管理ツールの最新版がリリースされた。(2010/2/19)

異種マシン混在環境を管理するコツ
Active Directoryを使ってWindows環境でMacを管理する
一般ユーザーへのMacの普及が進むにつれ、企業システムのクライアント環境もWindowsとMacの混在環境が増えてきた。そこで、Active Directoryの機能を活用してこうした混在環境を効率よく管理するコツを解説する。(2009/7/29)

パスワード1つでも大きなリスクに
Active Directoryで見過ごされがちなセキュリティの問題
Active DirectoryはWindowsコンポーネントの中でも過小評価されがちだが、確実に手を打っておきたいセキュリティ問題も存在する。(2009/6/3)

情報漏えい対策【最終回】
Active Directoryドメイン統合のポイント
最近では、アイデンティティ(以下、ID)管理システムが、個人情報保護法対策や日本版SOX法の施行を見据えた内部統制強化のために、システム内で最初に整備しておくべき重要な要素としてフォーカスを浴びています。今回は、ポピュラーなID管理ツールの1つであるActive Directoryを利用して、全社で統一されたWindowsドメイン環境へ統合するための移行のポイントについて紹介します。(2006/8/18)