TechTargetジャパン

デジタル時代のマルチクラウド構成にも最適
Amazon S3とAPI互換でハイブリッドに構成できるIBM Cloud Object Storageとは?
NASでは不得手な大容量データの格納先として注目を集める「オブジェクトストレージ」。企業で利用する場合は何を選択すべきなのだろうか。(2017/3/27)

クラウドは管理不能という現実
痛い思いをしてAmazon S3障害から得た教訓、「クラウド利用時のDRは大丈夫?」
Amazon Web Services(AWS)のようなクラウドサービスを利用している企業は、障害発生に備えて災害対策(DR)計画を策定しておく必要がある。(2017/4/28)

徹底解説! 初めてでも分かるAmazon Web Services【第3回】
AWSのストレージサービス「Amazon S3」と、その周辺のサービス
AWSのストレージである「Amazon S3」とその周辺のサービスである「Amazon Glacier」「Amazon Elastic Block Store(Snapshot)」「AWS Storage Gateway」「Amazon CloudFront」を解説する。(2013/11/20)

個人情報のうっかり流出を防ぐには
Amazon S3の悪用ツールに学ぶ個人情報漏えい対策
Amazon S3の設定ミスを悪用するツールの存在や、企業がAmazon S3のセキュリティ対策を固めて不注意による情報流出を防ぐために何をすべきかを検証する。(2011/9/16)

いまさら聞けないハイブリッドクラウド【第4回】
クラウドストレージを賢く選ぶための、ハイブリッドクラウド利用ガイド
Amazon S3に代表されるクラウドストレージの特性とハイブリッド利用について解説する。オンプレミスやプライベートとうまく連係することで、データの保管や利用コストを最適化できる。(2015/4/23)

オブジェクトストレージのメリット
AWSの台頭で変わったデータベース/ストレージ選定の新常識
「Amazon Web Services」(AWS)で利用できる各種データベースのメリットを解説する。また、「Amazon S3(Simple Storage Service)」などのオブジェクトストレージを使うメリットについても説明する。(2014/12/11)

Amazon S3のセキュリティ問題
ユーザーのうっかりでデータ露出、Amazon S3の意外な落とし穴
クラウド事業者がデータとリソースの安全を守るため、どのような対策を講じているかを知ることは重要だ。その上で、IT部門も必要なセキュリティ対策を施す必要がある。(2013/6/28)

クラウド向け暗号化製品紹介:CipherCloud編
Salesforceの添付ファイルを暗号化してAWSに保管できる「CipherCloud」
複数のクラウドサービスのデータ暗号化機能を持つ「CipherCloud」。Salesforce CRMやChatterの添付ファイルを暗号化してAmazon S3へ保管することも可能だ。製品の特徴を紹介する。(2013/10/30)

クラウドストレージ大規模活用事例
NASDAQ、Amazon S3で株式市場データをクラウドに移行
NASDAQ証券取引所の「NASDAQ Data-On-Demand」は、Amazon S3に10分間隔で保存する膨大な公開市場データをユーザーが利用できるようにするクラウドサービスだ。(2010/11/29)

NEWS
ニフティクラウドストレージが採用したパッケージ製品 Gemini
ニフティが9月に正式公開した「ニフティクラウドストレージ」は、Amazon S3準拠のAPIをベースにしたマルチテナント型クラウドストレージを採用している。(2011/12/6)

Loading