TechTargetジャパン

「クラウドはセキュリティが不安」は古い考え
「コネクテッド医療機器」のセキュリティ対策に有効なテクノロジーとは
ネットワーク接続可能な医療機器などの経路から医療機関を狙うサイバー攻撃が増えている。その脅威への対策として、人工知能(AI)とブロックチェーンに注目が集まっている。(2018/5/25)

News
ソフォス 実際の詐欺を再現するフィッシング対策訓練ツール「Sophos Phish Threat」
ソフォスは、フィッシングメール対策訓練ツール「Sophos Phish Threat」を日本で提供開始した。フィッシングメールを模した訓練用メールを従業員に送ることで、一人一人の従業員のセキュリティ意識を啓発、可視化できる。(2018/5/21)

企業版振り込め詐欺「ビジネスメール詐欺」の脅威と対策【第3回】
国内でも高額被害 「ビジネスメール詐欺」(BEC)を食い止めるための対策とは?
国内でも日本航空(JAL)が約3億8000万円の被害を受けた「ビジネスメール詐欺」(BEC)。実害を防ぐために、企業はどのような対策を取ればよいのか。技術面、組織面の両面から探る。(2018/2/13)

AirWatch、XenMobile、MaaS360などを紹介
徹底比較:「エンタープライズモビリティー管理」(EMM)主要6製品の特徴は?
モバイルデバイス管理(MDM)ベンダー各社は、より包括的な「エンタープライズモビリティー管理」(EMM)へと事業をシフトさせている。主要なEMM製品の特徴を把握しておこう。(2018/1/19)

注意すべきはメールだけではない
10万個の業務端末を調べて判明──狙われるのはiPhone? Android?
調査の結果、フィッシング攻撃の手段が多様化していることが明らかになった。もはや、メールに注意しているだけでは防げない。今必要なフィッシング対策とは?(2017/9/28)

クラウド向けセキュリティ「CASB」にも注目
「個人用Gmailの業務利用」はどう考えても危険、それでも使う?
BYOD(私物端末の業務利用)戦略の一環として個人用Gmailアカウントを業務利用するのは企業にとって高いリスクをはらむ。その理由を解説する。(2017/9/13)

3ステップで対策
社員が怪しいリンクを踏んだ、そのときセキュリティチームはどう動くべきか
社員が悪意あるリンクをクリックした場合の対応は、企業がセキュリティを維持する上で重要だ。どんな手を打つべきなのか。(2016/12/15)

マルウェア対策からEDRまで
古くて熱い「クライアント保護/管理ツール」の全て、新旧16機能を一挙紹介
エンドポイント保護/管理ツールの基本機能は多くの製品で共通しているが、最近ではより高度な機能も提供され始めている。(2016/4/1)

特選プレミアムコンテンツガイド
3大セキュリティベンダーが“リーダー”ではなくなる日
特定企業を狙う標的型攻撃の猛威が、企業はもちろん、セキュリティ業界にも異変をもたらしつつある。セキュリティ業界では何が起きているのか。企業が取り得る対策とは。徹底解説する。(2015/8/7)

メール依存の企業には不可欠
“メールを開けたらウイルス感染”を防ぐ「メールセキュリティゲートウェイ」の知っておくべき効果
メールがサイバー攻撃に悪用されることは珍しくない。こうした状況に対処する有力な策が「メールセキュリティゲートウェイ」だ。そのメリットを整理する。(2015/6/10)

名前だけでなく、実在性証明プロセスにも大きな違いが
知らないと恥ずかしい「SSLサーバ証明書」「EV SSL証明書」の違いとは?
フィッシング詐欺などのサイバー攻撃の対策に役立つ「SSLサーバ証明書」と「EV SSL証明書」。名前が違うだけだと捉えているとしたら、それは大きな誤解だ。それぞれの特徴を整理し、「知ってるつもり」から卒業しよう。(2014/1/27)

何事も経験が大事?
一度だまされてみる“フィッシング対策ツール”が登場
従業員がソーシャルエンジニアリング攻撃を見分ける能力を試す、シミュレーション型のフィッシング対策製品が登場した。一度だまされると、2回目のトレーニングでは被害に遭う確率が84%減少したという。(2013/6/5)

専門家が語るゼロデイ脆弱性の脅威と対策
オーロラ攻撃やStuxnetの引き金に――ゼロデイ脆弱性とどう対峙すべきか
セキュリティパッチ未提供の脆弱性であるゼロデイ脆弱性。これを悪用したゼロデイ攻撃の発生件数は少数であっても、被害は想像以上に甚大だとセキュリティ専門家は警告する。(2011/11/8)

NEWS
2011年7月のフィッシング数は過去最高の2万5191件――EMC月例報告
EMCジャパンは、全世界を対象に調査した情報を基にオンライン犯罪に関する月例リポート(2010年7月版)を発表した。(2011/8/30)

フィッシング対策製品一覧
ECサイトやオンラインバンクを悪用し、ユーザーIDやパスワード、銀行口座番号、クレジットカード番号などの個人情報を盗み取るフィッシング攻撃。その対策として各社から提供されている製品を紹介する。(2011/3/16)

Webブラウザのセキュリティ対策講座
Webブラウザの脆弱性悪用攻撃を防ぐには?
インターネット経由の攻撃を防ぐため、Webブラウザにパッチを当てる以外の手段について尋ねる。(2010/9/30)

情報セキュリティ製品一覧
企業を取り巻くセキュリティ脅威は日々進化している。ここでは、UTM、ファイアウォール、フィルタリングなど、各ベンダーから提供されているセキュリティ製品を紹介する。(2011/2/28)

メールセキュリティ製品一覧
スパム対策、フィッシング対策、スパイウェア対策など、電子メールのセキュリティ対策に有効な製品・サービスを対策別に紹介する。(2010/9/22)

NEWS
エフセキュア、ユーザーの声を基に利便性を向上した統合セキュリティソフト
ユーザーインタフェースの利便性をさらに向上し、ブラウザを狙うマルウェア攻撃に対してのセキュリティ機能を強化した。(2010/9/16)

中堅・中小企業に役立つ2つの機能
SmartScreenとInPrivate――IE 8のセキュリティ機能を再検証する
IE 8には、IT専門要員がいない中堅・中小企業にとって役に立つセキュリティ機能が多数組み込まれている。(2010/4/2)

最大のリスクは認識不足
組織内の情報セキュリティ啓発が不可欠な理由
攻撃リスクを回避するためにWebブラウザを切り替えたとしても、また別のリスクにさらされることになる。(2010/3/23)

企業とともに成長する情報セキュリティ対策講座【第3回】
ライセンス管理と情報漏えいの密接な関係――従業員20人の場合
企業を取り巻くさまざまな脅威に対抗するウイルス対策ソフト。あなたの企業はそれをきちんと管理できているだろうか? 従業員数20人の事例から見えてくる課題、その対策を明らかにする。(2009/12/10)

NEWS
エフセキュア、パフォーマンスを大幅に改善した統合セキュリティソフト
メモリ使用量、起動時間、スキャン時間で「軽量化」を図った新バージョンをリリース。ゼロデイ対策やブラウザ保護など、Windows環境の保護機能も強化した。(2009/9/4)

「網羅的メールセキュリティ」で安全・安心な業務を取り戻せ!
企業の“基幹システム”、電子メール。そのセキュリティは既存のスパム/ウイルス対策で果たして万全だろうか? メールを取り巻く脅威も日々進化する。今足りないメールセキュリティを網羅するためのコンテンツをお届けしよう。(2008/10/27)

複数の予防線を張ろう
携帯版のマルウェアを食い止めるには
ソフトの購入予算や携帯端末管理上の障壁を理由に携帯マルウェア対策を怠っていないだろうか。ここでは専用ソフトを使わない対策方法を紹介する。(2008/10/21)

NEWS
mixi、ドコモ、ニフティまで――フィッシング詐欺の手口が多様化
フィッシング対策協議会は、2008年第1四半期のフィッシング詐欺状況に関するリポートを公開。金融以外のさまざまな事業者をかたる手口が見つかった。(2008/6/20)

ここが知りたい! SMBのためのセキュリティ対策【第1回】
「うちのセキュリティは大丈夫なのか」と言われる前に
IT管理者不足が叫ばれる中、さらにヒト・カネの制約がある中堅・中小企業でもウイルス、情報漏えいなど複合的なセキュリティ対策を行わざるを得ない状況だ。限られた予算で十分な対策を施す方法はあるのだろうか。(2008/4/2)

NEWS
住信SBIネット銀行がRSAのフィッシングサイト閉鎖代行サービスを採用 
フィッシング詐欺対策の強化策として、フィッシングサイトを閉鎖してネット犯罪の被害を予防する「RSA FraudAction」を採用した。(2008/3/28)

NEWS
テリロジー、独Astaro社との代理店契約によりUTMの新製品を発売
セキュリティ対策のワンストップアプライアンス(2007/6/12)

Column
Webブラウザのセキュリティ――期待しすぎは禁物
どんなに技術が進歩しても、欠陥のないブラウザの作成は不可能だ。われわれはインターネットにはリスクがつきまとうことを肝に銘じるべきだろう。(2007/6/4)

セキュリティソリューションの投資対効果
スパムメールの現状――誤検知ゼロへの果てなき戦い
日々進化、増大するスパムメールに対応するためには、きめ細かいフィルタリング機能を搭載したソリューションが重要になります。また、ウイルスやフィッシングなどにも1台で対応できる製品なら管理、運用も容易でコストの低減にもつながります。現在、シンプルなゲートウェイセキュリティソリューションが求められているのです。(2007/5/23)

次世代SSL証明書「ベリサイン EV SSL証明書」
【セキュリティ徹底解説】顧客の心をつかむ「見える」セキュリティを作れ!
CA/ブラウザフォーラムが、Webサイトを運営する組織の実在性の確認や検証を厳密に規定した、新しいSSL証明書のガイドラインを策定した。近年急増しているフィッシング対策に大きな効果を発揮するのが、このEV SSL証明書である。(2007/5/22)

NEWS
シーイーシー、米Proofpointのメッセージングセキュリティ製品を販売開始
シーイーシーは、米Proofpoint社と提携しメッセージングセキュリティソリューションの販売を開始した。(2007/4/25)

注目のウイルス・スパム対策ソリューション
ウイルス・スパム対策特集
セキュリティ&生産性の面で企業力を向上してくれるソリューションとは何か。自社の現状に即したソリューションの選択がその答えだ。ここでは、止まらないウイルス・スパムメール対策に有効な各種ソリューションを特集する。(2006/9/11)

ハイパフォーマンスなメールセキュリティ
米国カトリーナ災害が実証したフィッシング対策
電子メールが重要なコミュニケーションツールとなっている一方でメールから派生する被害が拡大しているのが現状です。迷惑メールやウイルスを防ぐ手段にはさまざまな物がありますが、新しいタイプのスパムの出現や日々巧妙化するウイルスに対応するには、IPアドレスに着目する事が解決の大きな糸口になる様です。(2006/9/11)

Column
2006年、ウイルス/ワームをめぐる7つのトレンド、6つの対処法
本記事では、ウイルス作成者たちの今年の動向を知る上で重要な7つのトレンドについて述べるとともに、これらの脅威を回避するための手段を紹介する。(2006/1/31)