人事部で機械学習のできることとは
機械学習で変わる従業員教育 DellとIBMはどう活用しているか
企業は、個人に合った従業員教育カリキュラムを用意する必要がある。本稿では、従業員の技術スキルや対人スキルを向上させるための教育、キャリアプランのアドバイスに、機械学習などのAI技術がどのように役立つかを解説する。(2018/7/12)

セキュリティ向上と働き方改革を実現
フジテレビのCisco TrustSec導入から1年 何が変わったのか 「ワークスタイルにも変化が」
フジテレビは基幹ネットワークを刷新し、ユーザーベースでアクセスを制御する「Cisco TrustSec」を導入した。この技術は同社にどのような効果をもたらしたのか。安全な移行のために取った対策とは。(2018/7/13)

コードの共有を促進
Swift開発者が「iOS」アプリをモジュール化する、これだけのメリット
アプリケーションをモジュール化するメリットは、多くの開発者が認識している。かつてはハードルが高かったモジュール化作業も、Appleの新しい取り組みにより、活用機会を広げている。(2018/7/9)

プランニングから運用後のサポートまで
DevOpsに必要なツールとは? 開発と運用の両チームを連携させる方法
近年、それぞれ独立していた開発(Dev)チームと運用(Ops)チームが連携する方法にシフトしている。ライフサイクル全体を通して開発チームと運用チームが連携する、効果的なDevOps管理に必要なツールとは。(2018/7/4)

「GitHub」で2018年2月に一般公開
iOSを起動させる「iBoot」のソースコード流出はなぜ起きた? セキュリティへの影響を解説
iOSデバイスが搭載する「iBoot」のソースコードが2018年2月、「GitHub」で一般公開された。そのいきさつとiOSのセキュリティに及ぼす影響を解説する。(2018/6/23)

最新動向に遅れてはいけない
Wi-Fiについて私たちが学び続けなくてはいけない理由
企業は、社内のエンジニアがワイヤレスネットワークについて適切なトレーニングを受けることに、注意を向ける必要がある。(2018/6/8)

プレビュー版には含まれなかった理由とは
「Windows Server 2019」にリモートデスクトップのRDSH搭載、見えてきた詳細機能
Microsoftは、同社の「リモートデスクトップセッションホスト」(RDSH)を「Windows Server 2019」のプレビュー版と正式版に搭載することを認めた。(2018/4/29)

Windows 10標準Webブラウザの追随は
Microsoft Edge vs. Google Chrome 最新機能でシェアは変わるか
Google Chromeはこの数カ月でセキュリティが大幅に強化された。たとえMicrosoftがWindows 10の変更を通じて対抗しようとしても、Chromeを追い落とす助けにはならないかもしれない。(2018/4/6)

アドレスバーの情報が常に取得される
IEで新たに見つかった“情報流出バグ” Edgeに切り替えるなら今か?
Microsoftのインターネットエクスプローラ(IE)のアップデートにバグがあり、ユーザーがIEブラウザのアドレスバーに入力した情報が攻撃者に露見してしまうことが分かった。(2018/3/22)

デバイスからデータセンターまでを網羅
JavaがIoTアプリケーション開発に最適である8つの理由
企業は近年、事業の質の向上とコスト効率化を両立できる新たな技術を常に探している。Javaベースのソフトウェアやアプリケーションは、企業がこうした価値を実現する上で役に立つ。(2018/3/15)

iPhone旧機種の性能低下問題にも対応
iPhone、iPadのiOSをアップデートしたくない人に朗報、iOS 11.3で更新延期機能を実装
Appleデバイス管理者の悩みの種だった、iOSアップデートの管理機能がついに実装される。古いiPhoneを意図的に遅くした問題も同じタイミングで解消予定だが、もしかしたらそれは「Appleの策略」なのかもしれない。(2018/2/8)

コードから漂うのは悪臭か芳香か
SQLコードの“におい”を分析するSQL開発ツール「SQL Prompt」
Redgate Softwareの「SQL Prompt」最新版では、SQLコードの“におい”(!)を分析し、問題箇所を指摘するという。SQL Promptとはどのようなツールなのか。(2018/2/2)

サーバレス、PaaS製品が再注目される結果に
「Meltdown」と「Spectre」で明らかになったクラウドベンダーの対応能力
CPU脆弱性「Meltdown」「Spectre」は、クラウド利用に甚大な影響を及ぼすことが危惧されていた。クラウドベンダーの対応により、想定よりも影響は小さくなりそうだ。(2018/2/1)

ホワイトハットハッカーを有効活用
失効したユーザーでもログイン可能、Slackも影響を受けたSAMLの脆弱性とは?
失効したログイン認証情報を使用してシステムの利用許可権限が与えられてしまうSAMLに関する重大な脆弱(ぜいじゃく)性の問題がSlackにおいて発見された。「Confused Deputy」と名付けられた問題の解決方法とは?(2018/1/30)

歯科医自身が「FileMaker」で構築
「全くの初心者だった」 歯科医が開発した補綴治療計画ツールに込める思い
恵愛歯科クリニックが「FileMaker Pro」で独自開発したソフトウェア「Owlview(アウルビュー)」。なぜ歯科用ソフトウェアを院長自身が開発したのか。工程や費用はどうだったのか。院長の杉原 新氏に聞いた。(2018/1/24)

大手UCベンダーは、オンプレミス向けサービスを終了?
通話もファイル共有もチームチャットに統合 2018年コラボツール動向を予測する
2018年は、チームコラボレーションツールが主要なユーザーインタフェースとなることに注目だ。また、あるUCベンダーがオンプレミス環境でのサービス提供を終了する可能性がある。(2018/1/11)

Android端末は特に注意を
Bluetoothがペアリングなしで乗っ取られる危険、「BlueBorne」からスマホをどう守る
Bluetoothデバイスに対してリモート接続を可能にする脆弱(ぜいじゃく)性「BlueBorne」とは何か。どのような対応が必要か、専門家が解説する。(2017/12/25)

初代iPhone発売10周年記念モデル
「iPhone X」徹底レビュー、Appleが全力を尽くしたきら星のごとき新機能に冷静さを失う
10周年を記念するAppleの「iPhone X」には、多くの特徴がある。大画面、ホームボタンの廃止、顔認証「Face ID」、ワイヤレス充電など、きら星のごとき新機能を備えた本機を徹底レビューする。(2017/11/25)

企業の事例で集まった“使える”知見
「Windows 10」移行、担当者の背筋が凍った5つの出来事
誰にでも怖いものはある。高い所、飛行機、ヘビやコウモリなど人によってさまざまだが、多くのIT管理者にとっては「Windows 10」への移行が最も怖いものかもしれない。(2017/11/24)

「Mobile Pwn2Own 2017」レポート
「iPhone」を無線LANにつなぐだけでデータ流出の恐れ――脆弱性発見コンテストで判明
脆弱性発見コンテストの「Mobile Pwn2Own 2017」では、セキュリティ研究者がコードの実行と賞金の獲得を目指して腕を競った。中でも注目すべきは、「iOS 11」の脆弱性を突いたハッキングが成功したことだ。(2017/11/17)

Androidでは深刻な影響
「無線LANはもう安全に使えない」は誤解? WPA2脆弱性「KRACK」を正しく恐れる
無線LANのセキュリティプロトコルに見つかった脆弱性「KRACK」は、潜在的な影響の広さから動揺が広がった。だが専門家によれば、KRACKを巡る初期の報道は「リスクを誇張している」という。(2017/10/26)

インストールして問題ないかも検証
iPadがよりMacっぽくなる 「iOS 11」新機能が目を引く訳
Appleの「iOS」は、2017年のアップグレードでは「iPad」が重視されている。しかも、変更の範囲はかつてないほど広範囲に及ぶ。(2017/10/21)

Googleのセキュリティ研究員が主張
Windows 7継続利用派の心が折れる“Windows 10パッチ優先問題”とは
まだまだWindows 7のシェアは高いと思われるが、Googleのセキュリティ研究員によるとMicrosoftが推進している自動パッチ適用によりWindows 7の継続利用に赤信号がつくようだ。(2017/10/20)

「Siri」やコントロールセンターを強化
iPhone Xだけではない 新旧iPhoneの利便性を向上させる「iOS 11」注目機能
Appleの「iOS 11」では「Siri」が強化された他、コントロールセンターの設計が見直されている。また「運転中の通知を停止」設定も追加された。本稿ではiOS 11の変更点を詳しく解説する。(2017/10/14)

「不確実性」に備えることが成功の鍵
「コンピュータは絶対正しい」という“勘違い”がAI活用を失敗させる
人工知能(AI)技術に関する誇大広告が世にあふれている。AI技術の真の可能性を生かしたいのなら、できること、できないことを正しく理解することが大切だ。(2017/8/29)

求められるのは3つの役割
企業の管理は不要? 「コミュニケーションAPI」との関わり方
企業はAPIの管理に大きく関わる必要はないが、社内に「コミュニケーションAPI」を導入する際に明らかになる3つの重要な役割には注意すべきだ。(2017/8/21)

Black Hat 2017講演レポート
セキュリティ業界の未来に喝 Faceook幹部が語る
情報セキュリティが世界情勢を揺るがすようになった今日、セキュリティ業界は方向性を見直す時期に来た。Facebookの最高セキュリティ責任者(CSO)が業界の問題点や多様性について語った。(2017/8/2)

プライバシー問題の暴露と根絶
Windows 10の問題トップ5 Wi-Fi接続障害、しつこい広告表示への対処法は?
Windows 10にはいまだ解決されていない幾つかの不具合が存在する。Wi-Fi接続はすぐに切断することがあり、OSの至るところで広告が表示され、Microsoftはあらゆる場所でユーザーデータを抽出している。(2017/7/24)

セキュリティ上のリスクが増大
AppleはなぜiOSアプリの「ホットパッチング」を禁止したのか
Appleは、モバイルアプリ開発者によるホットパッチングの利用を禁止した。この技術は、審査済みのアプリの挙動を変更できるからだ。(2017/6/2)

大事なのは「多くの技術者をその気にさせる」こと
「Slack」がセキュリティホールをわずか5時間で修正、その秘策とは?
ユーザーの認証トークンを危険にさらし、ハッカーに個人データへのアクセスを許すセキュリティホールが「Slack」で見つかった。この問題点と攻撃の手法について説明する。(2017/5/24)

SFTPとFTPSの長所と短所
ファイル転送サービスの使用で気を付けたいセキュリティポイント
無料のFTPツールは、企業のファイルをマネージドファイル転送サービスに送るのに役立つだろう。ただしセキュリティ要素については考慮が必要だ。セキュリティの専門家がそうした考慮すべき要素について解説する。(2017/5/14)

「ハッカー視点のセキュリティレポート」の気になる中身【前編】
ハッカーが評価する「脆弱性攻撃ツール」の種類とは? 独自調査で判明
侵入テスト実施者やハッカーを対象とした調査結果をまとめたセキュリティレポートが公開された。IT担当者やベンダーを対象とした一般的な調査からは見えにくかった“真実”とは。(2017/4/25)

アプリで電話番号URLをタップしただけでトラブルに?
Apple「WebKit」の脆弱性を悪用してスマホから勝手に電話、その手口は
Appleの「WebKit」フレームワークの脆弱(ぜいじゃく)性を悪用すると、被害者のスマートフォンアプリから電話を発信させることが可能になる。この攻撃の仕組みを、専門家が解説する。(2017/4/17)

巨人を脅かすか
SnapRoute、NGINXなどの注目オープンソースネットワークソフトを紹介
ネットワーク分野におけるオープンソースの受け入れと展開の機は熟していると関係者は語る。SnapRoute、NGINXなど注目のオープンソースソフトウェアを紹介する。(2017/4/10)

「壊れていないものは修理しない」皆さんへ
Windows 10移行“見送り派”ユーザーがWindows 7を安心して使い続けるには?
「Windows 10」にアップグレードせずに「Windows 7」を生き永らえさせたいなら、ディスク領域のクリーンアップやセキュリティ更新などのベストプラクティスを実施しよう。(2017/3/9)

悪質コードのばらまきに悪用される恐れも
「Internet Explorer」の“非常に危険な”脆弱性をGoogleが発見、「Edge」にも影響か
「Microsoft Edge」と「Internet Explorer」に新たな脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。Googleのセキュリティ調査チームが発見した、この脆弱性が及ぼす影響とは。(2017/3/8)

防塵/防水があれば完璧だった
徹底レビュー:ダブルレンズカメラ搭載の頑丈スマホ「HUAWEI Mate 9」
「HUAWEI Mate 9」には革新的な実装はないものの、2017年のスマートフォンを代表する3つの機能が搭載されている。「極薄のベゼル」「人工知能(AI)」「ダブルレンズカメラ」だ。(2017/2/26)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Windows 7/8.1」の更新方法“大幅変更”で右往左往する人々
Microsoftの月例アップデート「Patch Tuesday」が2016年10月に大きく変わった。新しい方式によって、更新作業は簡素になるのか、かえって面倒になるのか。専門家の意見は分かれる。(2017/2/24)

「Windows 7」の延長サポート終了が迫る
「Windows 10」が救世主に? ゼロデイ攻撃に対応するセキュリティ機能とは
「Windows 10」のセキュリティ機能はパッチ未適用のゼロデイ脆弱(ぜいじゃく)性にも対処するとMicrosoftは宣伝する。一方で「Windows 7」のセキュリティ問題については警鐘を鳴らしている。(2017/2/1)

サーバの優劣は管理機能が決める
x86サーバ単体の統合的な管理を提供するDell EMC PowerEdge iDRAC(アイドラック)
サーバの使い勝手を左右するのは、性能だけではない。今後のサーバを導入する指針としては、単なるスペックではなく、どれだけ管理性能が優れているかが重要な要素になる。(2017/1/30)

5つの理由を明示
IoTが可能にする“SF的世界”、実現の近道はオープンソース活用
オープンソースによって、IoTの普及が加速する可能性がある。その理由を5つの要因から考える。(2017/1/27)

特選プレミアムコンテンツガイド
Windows 10 Anniversary EditionでIT部門が悲鳴を上げる理由
リリースから1年がたち、安定稼働までこぎつけた「Windows 10」。2016年8月2日にリリースされた「Windows 10 Anniversary Edition」ではWindows 10にあったバグの多くを改善した一方で、別の問題があった。(2017/1/20)

コストを掛けずにトラブルに強いシステムを構築する
新しいハードウェアいらずのITシステム“回復力”増進法
新しいアプリケーションアーキテクチャ、スナップショット、コンテナ化といったテクノロジーによって、サーバの台数を変えずに復旧しやすいITシステムを実現できる。(2017/1/11)

「Windows 7」を使い続けるメリットはあるか
「Windows 10」移行が“最善の答え”とならない人々
OSをアップグレードする機会が来れば、アップグレードしたくなるものだ。だが、「Windows 10」への移行は誰にとってもベストであるとは限らない。(2016/12/28)

定番、売れ筋製品は?
iPhone、Android管理に使いたい「EMM製品」を機能別に整理した
スマートフォン/タブレットの管理やセキュリティ対策などに役立つ「EMM」製品が充実してきた。自社に最適なEMM製品は何か。主要な製品/技術を整理してこう。(2016/12/26)

「ダークWeb市場」掃討に挑む世界の法執行機関
匿名通信「Tor」ユーザーの身元は“ほぼ確実”にばれる――専門家が忠告
違法商品の売買のためにインターネットで闇取引をしたとみられる利用者が、世界各地の法執行機関によって逮捕され、取り調べを受けている。その背景には何があるのか。(2016/12/5)

利便性とセキュリティの両立を図るには
iPhone/Androidの“危ないWebアプリ作者”にならないための「5つのやることリスト」
モバイルデバイス向けアプリケーションをWebアプリケーションとして開発することの支持が広がりつつある。一方でモバイルWebアプリケーションの採用に当たり、IT部門が考慮すべきことは少なくない。(2016/11/22)

もう「危険なAndroid」とはいわせない
期待の“Androidビジネススマホ”実現か、最新版「Nougat」のセキュリティ機能を解剖する
Googleの「Android」搭載デバイスのサポートには気乗りしないIT管理者も、「Android 7.0 Nougat」なら考えが変わるかもしれない。(2016/11/20)

「ソフトウェアセキュリティを諦めない」チームを作る
ソフトウェア脆弱性のビジネスリスクを劇的に下げる手段はあるのか
セキュリティインシデントの92%はソフトウェアの脆弱性が起因だ。しかし解決策となる開発工程のセキュリティ対策を諦める企業も少なくない。この状況を大きく変える解決策はないのだろうか。(2016/11/15)

タッチスクリーンには対応している?
仮想デスクトップソフトをアップグレードすべき決定的な「5つの兆候」
お使いのVDIソフトウェアが最新のハードウェアをサポートしていないか、拡張できない場合は、アップグレードの時期が来ているかもしれない。アップグレードの決め手となる兆候を紹介する。(2016/11/14)