TechTargetジャパン

治療に対する満足度を高めるテクノロジー
Amazon元幹部が医療分野に挑戦 「今の医療には “顧客目線”が足りない」
Amazonの元幹部、ティッソン・マシュー氏が医療分野に参入し、Amazon時代に培った経験を医療分野に生かそうとしている。医療のコンシューマライゼーションを実現する方法について、同氏に話を聞いた。(2017/8/29)

「for BUSINESS」のススメ
成功するコンシューマライゼーションの鍵、“おなじみアプリ”のビジネス版7選
使い慣れた「Dropbox」や「Evernote」を業務で利用してみよう。エンドユーザーが満足しIT部門が安心できるおなじみアプリの「for Business」版について実力を徹底チェック。(2015/3/3)

腕にはめたデバイスを使うのが適切な状況?
注目の“Apple Watchの業務利用”、スマートウオッチが必要な場面とは?
Apple Watchによってスマートウオッチ市場が本格的に始動した。コンシューマライゼーションはこのデバイスでも発生するのか? 業務利用が必要なシナリオとは?(2015/4/16)

重視したのはセキュリティ
「ファイル同期/共有」サービスはDropboxだけではない 3社の決断は?
コンシューマライゼーションの時代において、IT部門は、自社のデータがどこにあるか心配する必要はない。だが、そのセキュリティを心配しないで済むようにするための万能なアプローチは残念ながら存在しない。(2014/11/25)

Apple製品導入の課題
企業導入が進むApple製品だが、「AppleはITサポートの提供を恐れている」
コンシューマライゼーションの高まりを背景に、Apple製品の企業導入が進んでいる。だがAppleは企業ITのサポートに消極的であり、課題も多い。(2014/9/10)

デバイス間連携も必要
HealthKitにFitbit――モバイル型ヘルスケア製品の次の進化はクラウド化
これからのヘルスケアを後押しするのは、モバイルテクノロジーの導入や、臨床環境におけるデータ分析とコラボレーションの強化によるコンシューマライゼーションだ。(2014/8/7)

許可サービス/不許可サービスの選別方法
「社員に怪しいクラウドサービスを使わせない」、IT部門の戦いは終わらない
ITのコンシューマライゼーションが進む中、従業員が無許可のクラウドサービスを利用することによるセキュリティリスクが高まっている。こうしたクラウドサービスの企業利用について適切な戦略を立てることが必要だ。(2014/8/15)

管理すべきは人ではなく「仕事量」
Dellのコンシューマライゼーションを指揮する「偶然の」CIO
看護学校の学費を稼ぐため、一時的に開発の仕事をするつもりだったキャロル・フォーセット氏。今では、米DellのBYOD計画の策定に勤しんでいる。(2013/5/15)

購入せず開発へ
「ソフトウェアスイート」の購入は時代遅れなのか?
ITのコンシューマライゼーションにより、企業はアプリケーション戦略の再考を余儀なくされている。求められるのは、ユーザビリティが高く、変化に対応しやすいアプリケーションだ。(2014/1/24)

代替え手段の提供も必要
BYOD時代のデータ管理方法
私物端末の業務利用(BYOD)とITのコンシューマライゼーションは、ユーザーの働き方を変えている。それが事業運営にもたらす影響を甘く見てはならない。(2013/12/9)

コンシューマー技術が業務をどう変える?
NASAがIT改革 iPhone、3Dプリンタで“大気圏脱出”
独自技術にこだわるNASAのような組織でも3DプリンタやiPhoneなどコンシューマー技術の採用を検討しだした。このコンシューマライゼーションは、“大気”のようにどの企業にもあるIT部門の業務をどう変えるのだろうか。(2013/8/15)

セキュリティベンダーが語るモバイル戦略:マカフィー編
私物スマートフォンの業務利用はモバイル端末管理が鍵に?
スマートフォン狙いのマルウェアはまだ少ない。そんな今が一歩先んじた対策を整える絶好のチャンスだ。コンシューマライゼーションを成功へと導くモバイル端末管理について、その考えや将来像をマカフィーに聞いた。(2011/8/15)