TechTargetジャパン

“全員野球”で取り組むデータ活用
Airbnbはこのツールで超高速な意思決定を実現、「データ民主化」とは
民泊サービスのAirbnbは、起業当初からデータの価値を認識していた。同社は、データを「民主化」するツールを構築し、トレーニングを考案した。その結果、従業員はデータサイエンティストへと変貌を遂げた。(2017/11/1)

Facebookデータの不正利用
Cambridge Analytica報道が物語るデータ収集の教訓
データ分析企業のCambridge AnalyticaによるFacebookデータの不正利用が明るみに出た。今後は、企業による倫理的配慮に基づくデータ収集がますます重要になるだろう。(2018/4/5)

攻撃を受けやすそうなデバイスのデータを守る
エンドポイントを守る「NAC」「DLP」入門、重要データを保護する定番ツールとは
企業のエンドポイントでデータが失われないよう、ネットワークアクセス制御(NAC)、データ損失防止(DLP)、データの完全消去の各ツールを使ってデータのセキュリティを確保する方法について考える。(2017/12/6)

慎重な分析、計画、設計を
一般データ保護規則(GDPR)の主な要件を満たすために、どこから手を付ければいい?
EU一般データ保護規則(GDPR)を順守する大きな第一歩は「最も重要な要件を満たす」ことだ。本稿では、GDPRを順守するためにまずどこから手を付けるべきかを概説する。(2018/1/24)

ランサムウェアに特化した機能とは
バックアップデータを狙ったランサムウェア攻撃が発生、データ復旧に使える製品は?
ランサムウェア攻撃は、通常のデータ損失事案とは異なる。データ保護を手掛けるベンダーの中には、それを念頭に、ランサムウェアに特化した機能を製品に搭載するところもある。(2017/12/21)

増えてきたビジネスデータの保護対策
紛失で心配なのはiPhoneではなく、そのデータ――5つのデータ保護術とは
盗まれたモバイルデバイスのコストは、失われたデータの価値に比べれば取るに足らない。モバイルアプリケーションのセキュリティを強化するため、企業はデータをどのように管理するべきなのだろうか。(2016/6/16)

PCデータが全消失……焦らずにいられる方法は
PCデータにはイメージバックアップでなく、データバックアップが効く理由
PCのデータが全て消失した……そんな状況に陥っても焦らず業務を継続できるだろうか? 貴重な業務データをユーザーに負荷なく、過不足なくバックアップする手法がある。(2017/9/12)

データ分析や不正検知が必須に
施行迫るGDPR “72時間ルール”に企業が警戒すべき理由
新たに制定されたEU一般データ保護規則(GDPR)は、個人データの侵害(漏えい)が見つかった企業に、72時間以内の通知を義務化する。違反者に対する罰金は高額だ。企業はGDPRの厳格な罰則を念頭に、コンプライアンス保持のコストを見直す必要がある。(2017/7/19)

コンプライアンス要件を検証
GDPR対象企業の命運を握る「データ保護責任者」というポジション、その任務は?
EUのGDPRは、企業がデータ保護責任者を任命することを求めている。だが、セキュリティのためにデータ保護責任者は本当に必要だろうか。この分野の専門家がコンプライアンス要件を検証する。(2017/12/18)

提供:東日本電信電話株式会社
スポーツ界で進むデータ活用、データサイエンスは“チームワーク”が大切?
スポーツの世界では、データ分析を意思決定プロセスに取り入れる動きが始まっている。実際、プロチームが人材確保に乗り出している。一方で、定義の固まっていないデータサイエンスの領域ではチームワークが大切だ。(2017/2/8)

用語解説
5分で分かる「GDPR」(EU一般データ保護規則)の基本
2018年5月末に発効するEU一般データ保護規則(GDPR)は、EU市民のデータを扱うあらゆる企業に影響を及ぼす。同法の内容と適用対象について解説する。(2017/9/4)

DPOの役割と課題を整理
GDPRが求める新職種「データ保護責任者」(DPO)の避けられない課題とは?
「一般データ保護規則」(GDPR)順守のために、新たに「データ保護責任者」(DPO)を任命する組織は少なくないだろう。組織にとって新たな役割となるDPOは、さまざまな課題に直面することになる。(2018/4/4)

中堅・中小企業のための“脱Excel”ロードマップ【第3回】
“神Excel”からデータを抜き出しBIに生かす 「OFFSET関数」の使い方
Microsoft Excelのデータをビジネスインテリジェンス(BI)ツールに簡単に取り込むには「OFFSET関数」が役立ちます。ポイントは、データの蓄積と出力を分離することです。(2017/1/31)

テレメトリー機能が収集する4段階のレベル
「Windows 10」のユーザーデータ収集機能に企業はどう対処すべきか?
Microsoftは「Windows 10」のテレメトリー機能を使ってユーザーデータを収集している。実際どのようなデータが収集され、そして企業はどう備えるべきなのだろうか。(2017/9/29)

バックアップは定期的に
個人データをバックアップするなら? ベストプラクティス3選
あなたのデータは安全だろうか。バックアップのベストプラクティスには、データの定期バックアップや、異なる種類のドライブとメディアの活用などがある。(2018/2/25)

バックアップとアーカイブの違い、分かっていますか?
データマネジメントのプロに学ぶ、肥大化するデータ保護・保管の極意
動画や画像、音声、テキストなどを含む「非構造化データ」が急増している。この膨大なデータをコストや運用の負荷を抑えつつも適切に保護・管理するにはどうすればいいのだろうか。最新のデータ管理手法を紹介する。(2014/8/20)

Tableau Prep発表
「Tableau」のデータ準備作業を容易に、新ツール登場
これまでデータ準備作業を他ベンダー製のソフトウェアに依存せざるを得なかったTableauユーザーに、新しいオプションが登場した。それが「Tableau Prep」だ。(2018/5/11)

従業員エンゲージメントを測定
「人事データアナリティクス」から分かることとは? 変化する人事評価
システム化が進み従業員に関する人事データの量が増大している。このデータを分析して、従業員の生産性向上に役立てる動きが広がっている。(2018/3/20)

テープやHDDとどう併用するか
データ保護にクラウド導入、納得感ある選択へ4つの質問
本稿では、バックアップや災害復旧といったデータ保護戦略に使用するクラウドサービスを決定する際に問うべき質問を紹介する。(2017/6/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
スポーツ界で進むデータ活用、データサイエンスは“チームワーク”が大切?
スポーツの世界では、データ分析を意思決定プロセスに取り入れる動きが始まっている。実際、プロチームが人材確保に乗り出している。一方で、定義の固まっていないデータサイエンスの領域ではチームワークが大切だ。(2015/9/4)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
2400万件の研究データを数時間で分析、AIがもたらす人知を越えたビジネス革新
画像や動画、IoTのセンサーデータなど、これまで活用されてこなかった非構造化データ。今後のビジネスを左右するといわれる膨大な非構造化データの活用を目指す企業が今注目しているのが、人工知能の「IBM Watson」だ。(2016/9/12)

カーネギーメロン大学が報告
「SSD」の寿命を縮め、データを壊すセキュリティの脆弱性とは
SSDは慎重に扱わないと、思わぬリスクを招く恐れがある。データの安全性を確保するために、知っておくべきことを取り上げる。(2018/5/1)

「データ分析信者」が見誤ること
スポーツへのデータ分析の活用が拡大、「行き過ぎ」批判も
スポーツにデータ分析を活用する動きが広がり、行き過ぎではないかとの議論も出ている。データに基づく判断は利益をもたらすが、どんな場合でも正しいとは限らない。(2016/10/20)

GDPRは単なる規制ではなくチャンス
ユナイテッド航空“乗客追い出し騒動”に学ぶ、「一般データ保護規則」順守の心得とは
EUの「一般データ保護規則」(GDPR)を表面的に順守するだけでは、顧客との信頼関係を構築するせっかくのチャンスを逃すことになる。どのように順守の準備を進めればよいのか。(2017/5/18)

「いつか使う」と保管するデータのリスクを減らすために
ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理
企業のデータ量は増加の一途をたどり、その在りかもオンプレミスやクラウドなどさまざまな場所に点在するようになっている。統合的なデータ管理に必要な要素とは。(2017/6/15)

中堅・中小企業のための“脱Excel”ロードマップ【第2回】
データ分析はベテラン従業員の経験を否定するのだろうか?
データ分析や人工知能(AI)が普及すると、人間の仕事が奪われるといわれています。企業の中で経験や技術、知識を蓄えた「ベテラン従業員」すら、居場所を奪われるような日が来るのでしょうか。(2016/12/21)

POSデータと現場の声、業務データを横ぐしで分析
メガネ業界で快進撃を続けるJINS、データ活用基盤で経営は“視界良好”
メガネ専門店「JINS」を展開するジェイアイエヌは、POSデータと現場の声、業務データをひも付けるデータ分析システムを2014年4月に構築した。機能性メガネなどで急成長を遂げる同社のデータ活用体制や分析基盤とは。(2014/5/22)

今からでも間に合う「GDPR」対策【第2回】
「GDPR」条文解説、“罰金2000万ユーロ”を科されないためにやるべきことは?
EU一般データ保護規則「GDPR」の適用対象となるのは、どのような企業なのか。場合によっては2000万ユーロにもなる制裁金を科されないようにするには、何をすべきなのか。条文の内容を基に確認します。(2017/11/28)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
アデランスが頭皮形状の型取りを3Dデータ化、“激重データ”をグリグリ運用できるわけ
アデランスではオーダーメイドウィッグを作製する際、これまで特殊樹脂を使って顧客の頭皮形状を型取りしていた。この作製工程の日数およびコスト削減のために、同社は3D型取りシステムを導入する。3Dデータという巨大データを現場で問題なく運用するために同社が選んだデバイスとは?(2015/4/6)

予測分析をビジネスに生かすには
「データサイエンティストが足りない」の大問題をどう乗り越える?
あらゆる業務において経験や勘だけでなく、データに基づいた意思決定を実現したい。ただ、データサイエンティストは今でも手いっぱい。うまい解決手段はないだろうか。(2016/12/19)

事前に綿密な計画を
AWS vs. Azure vs. Google、クラウドへのオフラインデータ転送サービス比較
データをクラウドへ移す際にストレージディスクを送る方法は、古臭いようで実は広く利用されている。AWS、Azure、Googleのサービスを比較してみよう。(2017/3/1)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
中小規模企業でもできる、Windows NASによるデータ一元管理と自動バックアップ
製造業にとって作業データの管理は生産性に直結する。それは中小規模事業所でも同様だ。扱いが容易なWindows NASを活用して、高い信頼性を確保しつつ、データを一元管理と自動バックアップを実現するための方法を紹介する。(2017/4/19)

「iOS」のセキュリティ機能はどこまで使える?
「iPhone」と「iPad」のデータどう守る? IT担当者が知るべき8つの方法
企業におけるAppleデバイスの需要が高まり、データ保護の必要性は、かつてないほど高まっている。IT担当者には、iOSデバイスの安全性を維持する複数の選択肢がある。(2016/7/19)

理想的なクラウド基盤を構築する方法【第3回】
ハイブリッドクラウドのためのストレージ/データ保護製品を一挙に比較
プライベートクラウド基盤を構築するためのデータ保護製品の選び方、データ保護方式、代表的な製品を比較表とともに紹介する。(2015/10/13)

専門家がアドバイス:
企業のデータサイエンスチームに“完璧な人材”が不要である理由
企業がデータサイエンスチームを形成するときには、希少価値の高い人材を求めるよりも、さまざまなバックグラウンドを持った人材を確保すべきだ。 (2016/5/30)

ファイルサーバ運用の最適解を探る
VDIよりも安心・安全・快適、「データレスPC」が導くセキュアなデータ活用
モバイル端末の活用が進むビジネスの現場では、機密情報の漏えいや紛失などのリスク対策は必要不可欠だ。VDIよりも安心・安全・快適なデータ管理の運用方法を紹介する。(2015/11/11)

リリースは2018年夏ごろを予定
「Android P」のセキュリティ機能、認証とデータのプライバシー保護を強化
Androidの次期バージョン「Android P」のセキュリティ機能が2018年5月の「Google I/O」で紹介された。データプライバシーや暗号化の強化、スパイアプリの遮断などが向上する。(2018/5/27)

順守期限まで1年未満
EUの「一般データ保護規則」(GDPR)、Microsoftが対応支援に乗り出す
EUの「一般データ保護規則」(GDPR)の施行まで1年を切り、Microsoftは、自社のクラウドの顧客が進める同規則への対応の支援に乗り出している。(2017/6/9)

データ管理は効率化から活用、そして変革の時代へ
企業を“プラットフォーム縛り”から解放する、次世代のデータ管理の在り方とは
オンプレミスでもクラウドでも、プラットフォームに縛られず、データを自由に移動し活用したい――そんなニーズをかなえる新しいデータ管理手法を紹介する。(2016/9/9)

1社当たりの損失額は約2億1900万円
意識調査に見た、日本企業のデータ保護への厳しい自己評価
EMCジャパンが発表したデータ保護に関する意識調査結果からは、日本企業のデータ保護意識の低さや、システム停止・データ損失の国内企業1社当たり損失額が約2億1900万円に上ることなどが明らかになった。(2015/2/3)

原本性の保持と長期保存
捨ててはダメ、改ざんされるのもダメ、「コールドデータ」の管理をどうする?
アクセス頻度は少ないが捨てられない「コールドデータ」。それらはただ保管されていればよいものではなく、原本性の保証も必要だ。二重の課題をどう解決するか。(2018/3/28)

クラウドバーストのメリットをフル活用するには
ハイブリッドクラウドにおけるStorage as a Serviceの役割とは
ハイブリッドクラウドでは、データを保存する場所がパフォーマンスに大きな影響を及ぼす。データ管理とレイテンシ問題を解決するのが「Storage as a Service」だ。(2017/6/8)

Microsoftに続きAWSも
「EU一般データ保護規則」(GDPR)、AWSが施行日までの準拠を約束
欧州連合(EU)における個人情報保護の新しい枠組み「一般データ保護規則」(GDPR)について、AWSは2018年5月の施行日までに全サービスを準拠させると発表した。顧客のGDPR対応を支援するためのサービスも提供する。(2017/5/17)

「EMM」でモバイルデバイスのデータを守る
iPhone紛失時に「データ完全消去」をしたくない人に贈るセキュリティ対策4選
モバイルセキュリティに関する企業の関心がデバイス保護からデータ/アプリ保護に向かう中、対策を支援する「エンタープライズモバイル管理」(EMM)ツールも進化している。企業はEMMツールをどう役立てるべきなのか。(2016/6/9)

NEWS
気象情報など外部データと自社データを統合分析できるマーケター向けツール
ウイングアーク1stは、マーケティング担当者向けクラウドBIダッシュボードサービス「MotionBoard Cloud for DMP」を6月2日に提供開始する。自社データを気象情報や人口統計情報などの外部データと統合して分析することができる。(2014/6/2)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第10回】
ランサムウェア被害で中小企業が倒産? 絵空事ではない事態に備える「バックアップ」
ランサムウェア「WannaCry」が世界中にもたらした混乱を考えると、中小企業がサイバー攻撃によって倒産するような事態はいずれ本当に起こるかもしれません。まずはデータのバックアップを検討しましょう。(2017/7/10)

全従業員に分析の力を
データで動く組織の作り方、その第一歩は全社で使えるツール選定が肝に
効率的な意思決定には欠かせないBIツール。だが組織にデータドリブンの文化が根付いていなければ定着は難しい。誰もがツールを使いこなし、スマートに意思決定をするには。(2018/5/23)

高給なデータサイエンティストはいらない
「専門家はいません」でもサクサク進む簡単データ分析術
業務実績や経済動向の指標データをリアルタイムで解析し将来動向を予測する動きが多くの企業で進んでいる。高精度の予測には高度なスキルを持ったデータサイエンティストの存在が不可欠というわけでもない。(2016/8/1)

バックアップ/リカバリソフトウェア製品紹介:CommVault
バックアップデータの積極活用でシャドーITも防げる「CommVault Simpana」
統合データ管理ソフトウェア「CommVault Simpana」は、バックアップデータの積極的活用や仮想マシンの階層型管理などの機能を備え、データ保護プラットフォームの新たな可能性を示している。(2015/2/17)

「Node.js」「Apache Spark」「Docker」で攻めのITを実践
迅速な経営判断はリアルタイムなデータ分析から――ビジネスにOSSをどう活用する?
日々発生するデータをリアルタイムで分析しビジネスの意思決定につなげるためには、大量データを高速処理できる分析や開発の基盤が欠かせない。実現の鍵は、オープンソースソフトウェア(OSS)が提供する先進技術だ。(2016/6/29)