TechTargetジャパン

デバイスからデータセンターまでを網羅
JavaがIoTアプリケーション開発に最適である8つの理由
企業は近年、事業の質の向上とコスト効率化を両立できる新たな技術を常に探している。Javaベースのソフトウェアやアプリケーションは、企業がこうした価値を実現する上で役に立つ。(2018/3/15)

Javaが消滅? 脇に追いやられる?
Javaを活用すべき新たな領域
Javaの前途は開けている。IBMのドゥイモビッチ氏は、Javaは依然として価値があり、活用すべき分野があると語る。(2018/3/12)

中間層の開発者が対象
IDE「AWS Cloud9」の注目度が高まる、Microsoftの開発者基盤を脅かすか
Amazon Web Services(AWS社)は統合開発環境(IDE)「AWS Cloud9」を携えて、Microsoftが最重点分野として長年支配してきた開発者コミュニティーに挑戦する。(2018/2/27)

iPhoneアプリ開発にはSwift? Objective-C?
モバイルアプリ開発言語をどう選ぶ? ビジネスユーザーも知るべきその違い
モバイルアプリを開発する際には、ビジネス要件と機能要件に基づき、最も適した開発言語を選ぶ。本稿では、ビジネスユーザーも参考になる主要な開発言語の特徴を紹介する。(2018/1/29)

会員が注目した2017年記事ランキング(中堅・中小企業とIT編)
「Excel職人」「神Excel」問題は永久に不滅? 2017年に最も読まれたSMB向け記事は
2017年には「脱Excel」「働き方改革」「セキュリティ対策」に関する記事にTechTargetジャパン会員の関心が集まりました。中堅・中小企業向け記事のランキングからそれぞれの話題について紹介します。(2018/1/4)

Computer Weekly製品導入ガイド
DevOpsツールの選択とコントロール
組織がビジネス機能の継続的な開発とデリバリー、統合のためにDevOpsに目を向ける中で、慎重なコントロールが不可欠とされる。(2017/12/18)

うまく使えばコンプライアンス問題も解決?
「開発しやすい」だけではNG 管理者にこそ知ってほしいモバイル開発環境7基準
モバイルアプリ開発基盤を導入する時、開発しやすさを一番に求めたくなる。だが、モバイルアプリを使ったビジネス展開をどうするかで考慮すべき点は大きく変わる。本稿では7つのポイントに絞り紹介しよう。(2017/11/8)

“脱Excel”か“活Excel”か
なぜ“Excel職人”は、マクロに「ユーザーフォーム」を実装したがるのか?
「Microsoft Excel」のマクロには、ダイアログを表示して入力しやすくする「ユーザーフォーム」があります。ただしこの機能を使う必要が本当にあるのか、マクロが得意な人ほど考えてみる必要がありそうです。(2017/8/14)

ただしApp Store申請にはMacが必要
iOSアプリ開発のMac離れ? Win環境で開発できる「Xamarin Live Player」登場
「Xamarin Live Player」はiOSアプリの開発やテストを高速化でき、Macがなくてもアプリケーションのデバッグができる。(2017/5/24)

定番、売れ筋製品は?
iPhone、Android管理に使いたい「EMM製品」を機能別に整理した
スマートフォン/タブレットの管理やセキュリティ対策などに役立つ「EMM」製品が充実してきた。自社に最適なEMM製品は何か。主要な製品/技術を整理してこう。(2016/12/26)

Azureがベストになる条件とは?
それでもAWSではなくMicrosoft Azureを使うべき理由
AzureはAWSに大きく水をあけられていて、その差が縮む気配はない。あえて業界1位のAWSではなくAzureを選ぶ理由とは何か。Azureならではの優位点を検証する。(2016/8/26)

開発成功に導くチェックポイント
iPhoneアプリ開発で「心が折れない」ために知っておくべきこと
Apple「iOS」用のアプリの開発は、適切なデザインプラットフォームとプログラミング言語の選択から始まり、ユーザーフレンドリーなネイティブアプリの完成に至るまでの多層的なプロセスだ。(2016/8/5)

メリットとデメリットを見極めて適材適所を
コンテナ技術の取り込みで期待集まる「OpenStack」、大躍進の陰に残る課題とは
「OpenStack」では最近、コンテナ技術を取り入れた運用が推進している。だが、OpenStackの企業導入が拡大するためには、解決すべき多くの課題がある。問題点を整理してみよう。(2016/7/1)

なぜ日本の学校にITが必要なのか【中編】
小学校の「プログラミング教育必修化」が必要なこれだけの理由
小学校での必修化の検討が進む「プログラミング教育」。なぜ必修化が必要なのか。世界の動向も含めてプログラミング教育を取り巻く状況を整理し、その理由を探る。(2016/6/23)

セキュリティ研究者が警告
iPhone安全神話崩壊か、悪質極まる「SandJacking」攻撃の手口とは
「SandJacking」という攻撃手口が出現した。これは攻撃者が「iOS」端末に物理的にアクセスし、悪質なアプリをインストールすることを可能にするというものだ。(2016/6/16)

マクロで捉える OpenStackソリューション選定【最終回】
OpenStackに深入りする前に読んでおきたい3つの論点
クラウド構築ソフトウェア「OpenStack」の活用を検討するときに押さえておきたい論点を、「技術」「市場」「人材」という3つの切り口でまとめた。(2016/3/8)

「Xcode」の使い方からAppStoreでの配布まで
ざっくり分かる「社内向けiOSアプリ」開発ガイド
iOSデバイス向けにアプリケーションを開発するのは簡単ではない。各種の手順を踏まなければならず、アプリケーションを配布する方法もさまざまだ。(2016/2/25)

Computer Weekly製品導入ガイド
Windows 10をめぐるPC論争はMicrosoftの勝利
Microsoftは自動更新によって管理負担を軽減し、エンタープライズPCに同OSを普及させるチャンスを手にした。だがモバイルはそれより難しいかもしれない。(2015/12/29)

10億台のサポート業務も楽になるか
「Windows 10」が動くPC、Surface、スマホで同じアプリを使う――UWP活用の仕方
あらゆるWindows 10の共通プラットフォーム上で動く「ユニバーサルアプリ」の普及は、IT管理者に恩恵をもたらす。開発者、管理者の観点から、ユニバーサルWindowsプラットフォームの可能性を探ってみよう。(2015/11/11)

データサイエンティストが太鼓判
「R」だけじゃない、使えるオープンソースのデータ可視化ツール
オープンソースのデータ可視化技術が成熟化し、ユーザーは、「現在入手可能なツールは多様な可視化ワークロードに対応できる」と歓迎している。(2015/10/5)

アプリの開発を迅速化する一方で制約も
iPhone、Androidに対応したけれど……、社内スマホアプリ開発の “意外な盲点”
「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)」は、アプリ構築を容易にする再利用可能なコードとクロスプラットフォーム機能を提供する。ベンダーロックインやOS標準による制限といったマイナス面もある。(2015/8/12)

検証、「HTML5で業務アプリができる」は本当か【後編】
もうネイティブアプリはいらない? 「HTML5」で業務アプリはここまでできる
HTML5を利用したスマートデバイス向け業務アプリケーションは、どこまで実用に耐えるのか。9種の実例から、その可能性を探る。(2015/4/28)

Computer Weekly製品導入ガイド
従来型テストではアジャイル開発に勝てない理由
従来のような方式のテストでは、大規模なテストを集中化して最適化することが可能だ。だがアジャイル開発のような速いペースの配信に対応するのは難しい。(2014/9/16)

データベース選定の“常識”を疑う
Oracle DBやSQL Serverを使い続けるのは本当に正しい選択なのか?
データベース市場で高いシェアを誇る、Oracle DatabaseとMicrosoft SQL Server。この2製品は確かに優れた製品ではあるが、用途やニーズによっては、他の選択肢を選ぶ方が賢明だ。(2014/1/31)

余裕か、焦りか
iOS/Androidアプリ開発者を応援するMicrosoftの本心は
スマートデバイス向けOSのツートップである、Appleの「iOS」とGoogleの「Android」。これら2大OSの開発者の目を「Windows Phone」へ向けさせるため、Microsoftが取った秘策とは?(2013/11/28)

NEWS
既存のWindowsフォーム資産をタッチ対応アプリにリメイク、グレープシティ
Windows XP/Windows 7用のWindowsフォームアプリでも、タッチ操作で画面のズームや拡大鏡を表示できるUIに変換するコンポーネントを発表した。(2013/7/31)

NEWS
HTML5対応Webアプリを、Windowsフォームアプリ感覚で作れるツールが登場
これまでの.NET Frameworkベースの開発手法を用いて、CSSやJavaScriptなどを記述することなく、HTML5対応のWebアプリやマルチデバイス向けアプリなどの開発が可能なツールが登場した。(2013/5/15)

業務用モバイルアプリ開発の最新事情
iPhone用アプリとAndroid用アプリがもし一度で開発できるなら
スマートデバイスのビジネス利用が増えてきた中、大きな課題として持ち上がってきたのが業務用モバイルアプリケーションのマルチプラットフォーム対応だ。今、この課題に対応する製品が次々と登場してきている。(2013/3/14)

Red HatとZendが提携
OpenShiftとZend Serverの統合は開発者に何をもたらすか
オープンソースのPaaS「OpenShift」を有するRed Hatと、PHPアプリケーションサーバ「Zend Server」のZendが提携した。中〜大規模企業をターゲットに、モバイルアプリケーション開発市場の拡大を狙う。(2012/11/27)

BI製品紹介:アクチュエイトジャパン
コマーシャルOSSのBI「ActuateOne」はリポート表現力で現場のデータ活用を支援
Eclipseファンデーションの中でトッププロジェクトの1つに位置付けられているリポーティングツールの「Eclipse BIRT」。その商用版である「ActuateOne」を紹介する。(2012/9/6)

PaaS事業者を3つに分類
特定の言語に縛られたPaaSは時代遅れ、注目はハイブリッド型PaaS
今後、企業システムは複数のクラウドと連携し複雑化することが予想される。柔軟なクラウド基盤を構築するためには、適切なPaaSモデルを選ぶことが重要だ。ハイブリッド型PaaSは有力な選択肢となるだろう。(2012/6/27)

ERP利用でIT統制上のリスクも
サポート切れ業務アプリ、「取りあえず使用」の問題は
「取りあえず」という意識で使い続けてしまうこともあるサポート切れのソフトウェア。しかし、セキュリティや業務効率の低下のリスクがある。加えて考えたいのはIT統制に対する問題だ。(2012/4/10)

NEWS
JavaScript対応機能を強化したPHP統合開発ツール「Zend Studio 8 日本語版」
ゼンド・ジャパンがPHP統合開発環境ツール「Zend Studio 8 日本語版」を発表。クライアントサイドの開発効率を上げるためにJavaScript対応機能を強化した。(2011/8/26)

NEWS:
ALMツール「PTC Integrity」、リリースはいつごろ?
PTCがついにソフトウェア開発プロジェクト管理ツールも提供へ。MKS買収後の記者発表会では、今後の製品の方向性などに注目が集まった。(2011/7/20)

「Microsoft Dynamics AX」パートナー座談会
営業現場で語られる本音、本当に強いERPとは?
企業のIT投資が横ばいの中、急成長するERPがある。何がエンドユーザーを引きつけるのか。プリセールスの現場を担う営業担当者が本音を話した。(2011/6/10)

ワークフロー製品一覧
稟議書、交通費の精算、出張申請など、これまで社内の各部門やメンバー間を巡回していた書類を電子データ化し、効率的に処理できるワークフローシステムを紹介する。(2010/12/24)

NEWS
テクマトリックス、ALMソリューションを提供開始
各種開発ツールから情報を収集し、可視化するコンポーネントを提供開始した。(2010/7/2)

NEWS
日本TI、医療用画像機器向けソフトウェア開発キットを発表
超音波診断やOCT検査などの画像処理性能の向上を支援するソフトウェア開発ツールを発表した。(2010/6/11)

タスク管理機能「Mylyn」を搭載
チーム開発機能を強化したPHP統合開発環境「Zend Studio 7」
ゼンド・ジャパンが2010年4月に発表したPHP統合開発環境の最新版「Zend Studio 7 日本語版」。最新のPHPバージョン5.3に対応し、新たにタスク管理機能などが搭載された。本稿では、その主要な機能を紹介する。(2010/5/12)

NEWS
アドビ、Creative Suiteのデザインを反映したRIA開発ツール発表
アドビシステムズはRIA開発ツール「Flash Builder 4」、ColdFusionアプリケーション用IDE「ColdFusion Builder」を発売した。(2010/3/25)

UMLモデリングツール紹介:AmaterasUML編
必要最低限の機能を提供するシンプルなUMLプラグイン「AmaterasUML」
開発環境に追加機能を提供するプラグイン。豊富な機能を提供するが故に動作が重くなる場合もある。今回は、EclipseのUMLモデリングプラグインの1つである「AmaterasUML」を紹介する。(2010/2/12)

第5回 MKS Integrity
要件変更の影響追跡が強みのALM「MKS Integrity」
アプリケーション要件が変更された場合、開発者はその影響範囲を追跡する必要がある。しかし、設計書やソースコード、テストケースなどチェックすべき項目が多いのが悩みの種だ。(2010/2/5)

UMLツール紹介:Microsoft Visual Studio編
モデリング機能を強化した「Visual Studio 2010」の実力とは?
マイクロソフトは2009年11月、UML機能を強化した統合開発環境の次期製品「Microsoft Visual Studio 2010 β2日本語版」を発表した。今回はそのモデリング機能の特徴を紹介する。(2010/1/13)

UMLツール紹介:IBM Rational Software Modeler編
EclipseベースのUMLツール「IBM Rational Software Modeler」の導入メリットとは?
モデル駆動型開発を推進する上では、モデリング環境と開発環境との高い親和性が求められる。今回はEclipseベースのモデリングツール「IBM Rational Software Modeler」の特徴的な機能を紹介する。(2009/12/16)

RIA開発ツールの本命となれるか?
WPF/Silverlight向けUI設計ツール「Expression Blend 3」の新機能とは
マイクロソフトが2009年10月に発表したUI設計ツール「Microsoft Expression Blend 3 日本語版」。SilverlightによってRIA市場に攻勢をかける同社が発表した新製品の主要機能を紹介する。(2009/11/5)

UMLモデリングツール製品紹介
オブジェクト指向によるモデリングを行う際に用いられる表記方式であるUML(統一モデル記述言語)はソフトウェアの設計だけでなく、業務分析やビジネス設計にも利用されている。本連載では、UMLモデリングを支援する主要なツールを紹介していく。(2009/9/24)

エンタープライズRIA開発の最新動向 第4回
アンケートに見る「RIAの認知度と導入状況」
「RIA」という言葉は、利用者にどれくらい認識されているのだろうか。今回は、RIAコンソーシアムのアンケート調査の結果から読み取れる「RIA開発の現状」について、調査を取りまとめた担当者に話を聞いた。(2009/8/21)

ALMベンダーの動向を探る
“ビジネスとITの融合”といわれる時代において、ALMソリューションの導入による開発の効率化がもたらすメリットとは一体何だろうか? 本連載ではALMソリューション提供ベンダー各社を取材し、同市場の現状と今後の動向を探る。(2009/8/7)

開発支援ツールレビュー
システム開発を効率化するために活用できる、さまざまな開発支援ツール。自社に最適な製品はどれだろうか? ここでは、ツールを実際に使用し、その機能や操作性を検証したコンテンツを紹介する。(2009/6/8)

Zend Frameworkの複数のバージョンにも対応
JavaScriptサポートが強化されたPHP用IDE「Zend Studio for Eclipse 6.1」
ゼンド・ジャパンが2009年4月に発表した、PHP統合開発環境の最新版「Zend Studio for Eclipse 6.1 日本語版」。マイナーバージョンアップながら、重要な機能の追加や強化が行われた。幾つかの主要な機能を紹介する。(2009/5/18)