TechTargetジャパン

インメモリ処理のバックエンドストレージを考える
「NVDIMM」はなぜインメモリデータベースの“相棒”になり切れないのか?
高速なデータ処理を可能にする「インメモリデータベース」は、電源を切るとデータを保持できないのが一般的だ。そのためバックエンドのストレージシステムが重要になるが、技術選定は容易ではない。(2017/9/25)

デルがお勧めするSQL Server
コストは従来の3分の1、「インメモリ=高い」を覆すDB高速化とは
データベース高速化を実現するインメモリ技術はこれまで、価格の高さが導入のネックになっていた。だが、SQL Server 2014のインメモリ機能とPCIe SSDの新規格「NVMe」によって、インメモリ技術の低価格化が実現した。(2014/12/25)

HDDをSSDに置き換えても意味はない?
ハイパーコンバージドとNVDIMMが効果的、インメモリDBの構成を考える
全てのHDDをSSDに置き換えても、インメモリデータベースにまつわるストレージの問題を解決することにはならない。それよりもハイパーコンバージドとNVDIMMを検討すべきだ。(2017/10/24)

追加コストは不要! 標準機能だけでOLTP、DWH、BIを高速化
データベースの性能課題を解決に導く SQL Server 2014のインメモリ機能に迫る
SQL Serverが本格的なインメモリDBに進化する。インメモリOLTP機能がSQL Server 2014の標準機能として利用できるのだ。アプリケーションを変更せずに平均10倍の高速化を実現する。多くの企業が抱えているDBの課題を解決に導くだろう。(2014/9/29)

デジタル時代のERP再考(2)
インメモリやクラウドが経営を変える ERPの「リアルタイム経営」が生み出す新たな価値
インメモリやクラウドなどの技術の登場により、リアルタイムアナリティクスが可能になりつつある。リアルタイムアナリティクスによって、私たちの仕事や生活はどのように変わるのだろうか。(2015/11/19)

インメモリ技術がもたらすBI高速化
「超高速BI」を実現するインメモリ技術、導入前に確認すべきこと
SAP HANAなどで注目を集めるインメモリアナリティクス。アナリストは、「購入前にインメモリアナリティクスツールの各カテゴリーがどのような目的に最適かを把握すべき」と指摘する。(2012/6/18)

予測分析を実現する「次世代DWH」構築
「高額なデータマート開発費」はもう“化石”、インメモリDBがもたらす見逃せない価値とは
ビジネス環境の変化に瞬時に対応する「リアルタイム経営」を実践するには「次世代データウェアハウス」構築が必須。だが、企業にとってはデータマート開発コストが重荷になっている。どう解決すべきか。(2016/6/28)

従来比「数百倍〜数千倍」は本当? アシストが評価
徹底検証:Oracle Databaseのインメモリ機能は本当に速いのか
「Oracle Database」(DBMS)にインメモリ機能を組み合わせ、データベースを劇的に高速化する「In-Memory」オプションの性能を第三者が検証した。どれほどの高速化が実現できているのか。高速化によってビジネスはどう変わるのか。(2014/12/22)

Computer Weekly製品導入ガイド
データウェアハウスとしてのSAP HANA
企業はインメモリデータマート向けのSAP HANAと、他のデータウェアハウスを統合したSAP Business Warehouseを利用している。(2016/1/13)

Google Cloud Platformのメカニズムに学ぶ
SSDでプライベートクラウドの“迷惑な隣人”問題を解決する方法
共有環境のクラウドではストレージのパフォーマンスが悪化する懸念がある。本稿では、プライベートクラウドでストレージ速度を保つためのノウハウとして、SSDやインメモリ技術などの活用を紹介する。(2016/7/5)

別れるユーザーの判断
SAPユーザーが思い悩む「SAP S/4HANA」への移行時期、リアルタイム処理をいつ手にする?
ユーザーやアナリストの多くは、インメモリデータベースを求めて「SAP S/4HANA」への移行は避けられないと考えている。だが、移行がなかなか進まない企業も少なくない。その理由とは。(2016/4/26)

提供開始は2014年以降か
次期SQL Serverに搭載されるインメモリ機能「Hekaton」の実力は?
大量データの高速処理が求められる企業に向けて、米Microsoftは次期SQL Serverにインメモリデータベース機能「Hekaton」を搭載する。どのくらいの処理速度の向上が見込めるのだろうか。(2012/12/13)

「遅いバッチ処理」を効果的に解決
仮想化とインメモリで実現、高速かつ低コストなデータ処理手法とは?
バッチ処理を高速化したいが、余分な投資は抑えたい。その解決の鍵は、「仮想化」と「インメモリ」という2つの技術の組み合わせにあった。その具体像を探っていこう。(2013/4/23)

SAPユーザーへ提供するユーザーエクスペリエンスとシンプル化
「SAP S/4HANA」で加速する基幹業務の再定義への道
最新鋭のインメモリ技術とリアルタイム機能を搭載する「SAP S/4 HANA」で自社の基幹業務システムを刷新しようという企業が増えている。一方、既存環境からの移行に不安を持つ企業も多い。その解決策を探る。(2015/7/16)

SAP HANAとの違いは?
50倍の処理速度を叩き出すSQL Server 2014のポテンシャル
2013年末にリリース予定の「SQL Server 2014」にはオンライントランザクション処理用のインメモリ機能が搭載される。テーブルレベルの設定が可能で、他のインメモリデータベースのように高価なハードウェアを必要としない。(2013/8/8)

NEWS
日本医療データセンター、レセプトデータ分析環境を構築――SASを活用
インメモリ型の分析エンジンを用いて、レセプトデータ分析などの医療統計データサービスにおける大量データからタイムリーな検証が可能な環境を構築した。(2014/10/16)

予測分析製品紹介: SAPジャパン編
インメモリDBも「R」も使える予測分析製品「SAP Predictive Analysis」
ビジネスの現場では、過去に起こったことを見るよりも、今後起こり得ることを予見することが重要になった。「SAP Predictive Analysis」を提供開始したSAPジャパンの意志もそこにある。(2013/7/19)

長年のボトルネック「HDD」を解消するインメモリ
【技術解説】Oracle TimesTenのインメモリデータベーステクノロジーをひも解く
「Oracle TimesTen」は全てのデータをメモリに格納してアプリケーション層で動作するよう設計されたRDBMSだ。その高速化を実現するテクノロジーやメモリ構造、適した利用分野を解説する。(2012/6/11)

米Microsoftのアーキテクトが解説
SQL Serverが「2012 R2」ではなく「2014」になる理由
米Microsoftのアーキテクトに、インメモリ技術を導入したMicrosoft SQL Server 2014の目玉機能と、SQL Server 2012よりも前のバージョンから2014に移行する場合の検討ポイントを聞いた。(2013/8/14)

SAPジャパン×日立製作所「日立インメモリDBアプライアンス for SAP HANA」
SAPと日立に聞く「ビッグデータ時代の真のリアルタイムシステム」
インメモリデータベース「SAP HANA」を実装した「日立インメモリDBアプライアンス for SAP HANA」は、「不可能を可能にする製品」だと両社は言う。両社にビッグデータ対応とリアルタイムシステムのコンセプトを聞いた。(2012/1/19)

データ分析に活用するための3つの条件
SAP HANAは“何でもExcel”を終わらせることができるか
データの分析に関わる課題は、インメモリ技術を搭載し、高いパフォーマンスを実現するSAP HANAの登場で解決できるのか。HANAがデータ分析で機能するための条件や、考えられる影響を挙げてみよう。(2013/1/17)

インメモリDBを動かすためのシステムインフラ設計
SAPユーザーが知っておくべきHANA導入時の落とし穴
インメモリ技術の全面採用で高速データ処理を可能にするSAP HANA。その先進性はシステムインフラにおいてもふさわしい性能を要求する。システムインフラを設計するに当たり、見逃すことのできないポイントを解説する。(2012/10/15)

SMBにも超高速分析を
SAPが準備中の「中堅・中小企業向けSAP HANA」は受け入れられるか
SAPはインメモリデータベース「SAP HANA」を「SAP Business One」ユーザー企業の中堅・中小企業(SMB)向けに提供予定だ。その狙いは何か、そしてSMBにニーズはあるのか?(2012/4/3)

日立インメモリDBアプライアンス for SAP HANA
SAP HANAのパフォーマンスを最大限発揮するための日立の回答
SAPがビッグデータ時代に送り込んだインメモリデータベース「SAP HANA」。これまでのデータベースのパフォーマンスを1万倍高速化するというSAP HANAをアプライアンス提供するために、日立が導き出した回答とは?(2012/1/27)

インメモリデータベース導入事例
「Exadataより速かった」──中国大手飲料メーカーがSAP HANAを採用したわけ
中国で大きなシェアを持つ飲料メーカーの農夫山泉。インメモリデータベース「SAP HANA」を中心に据えた分析システム構築とモバイル活用により、システムのボトルネック解消と販売高向上を実現した。(2012/5/8)

インメモリ技術が過熱するデータベース市場
【市場動向】SAP HANAはデータベース市場でOracleを追い抜けるか?
SAP HANAでデータベース市場への本格参入を宣言したSAP。OracleもOracle TimesTen In-Memory Databaseなどインメモリ技術を積極的に投入している。SAPはデータベース市場におけるOracleの脅威になり得るだろうか。(2012/6/14)

BI製品紹介:SAPジャパン
インメモリ型DBやiPhone対応で「誰でも使えるBI」を目指した「SAP BusinessObjects BI 4.0」
SAPによる買収以来、初のメジャーバージョンアップとなる「SAP BusinessObjects BI 4.0」は、全ての情報を全てのユーザーが統合されたプラットフォームで利用できるBIに強化されている。(2011/4/7)

BI製品紹介:クリックテック・ジャパン
独自の連想技術でインメモリ処理を実現する超高速BI「QlikView」
一般的なBIツールは、膨大なデータをDWHで一度整理してからデータマートやOLAPキューブを構成する集計処理が必要だ。人工知能でも用いられる連想技術を使い、集計処理なしに高速分析を可能にするBIツールを紹介する。(2010/12/22)

NEWS
日本IBM、従来比50%の処理速度向上を実現するインメモリ型DBMS
スレッド単位で複数のトラザクションを並列処理できるように改良して、処理性能を向上させた。(2008/12/22)