TechTargetジャパン

生鮮食品eコマースのIT戦略(後編)
料理人向けeコマースの八面六臂が考える「ビジネスをばくちにさせないIT活用」とは
料理人向けに生鮮食品eコマースサイトを運営する八面六臂は、サービスの要を「決済と物流」だと考えている。アナログ作業による非効率要素を根絶するために、徹底したIT化を追求する同社のIT活用戦略を追う。(2017/12/14)

生鮮食品eコマースのIT戦略(前編)
ITという武器でアナログな食品流通業界に切り込んだベンチャー、八面六臂の「覚悟」
料理人向けに生鮮食品ネット通販サービスを提供する八面六臂。アナログで複雑な商習慣が定着していた食品流通業界を、徹底したIT化という“武器”で切り込んでいった同社の企業努力はどのようなものだったのか。(2017/12/13)

建設業特化の統合システムは不可能ではない
内部統制強化、厳密な原価管理……変革迫られる建設業をシステムから変えるには
営業、見積もり、原価……バラバラに導入されたシステムが業務の改革を阻んでいる。「建設業ではまず無理」と諦められていた「統合システム」を実現する方法とは。(2017/11/8)

今選ぶべきは“フラッシュファースト”ストレージ
SSDだけの「オールフラッシュ」が本当に正解? 再考したい次のストレージ購入
ベンダー各社が推奨するオールフラッシュのストレージアレイを選ぶより、フラッシュに最適化されたシンプルでコスト効率の高い製品で自社のニーズを満たすことを考えた方が良さそうだ。(2017/8/16)

ライセンスや利用条件を比較
実は2つあるWindows Server 2016の中堅向け「Essentials」、違いを比較した
Microsoftの「Windows Server 2016 Essentials」を利用する際、違いが分かりにくい2つの方法がある。だがこの2つには、利用できる環境や条件に大きな違いがある。(2017/8/8)

プライバシーとのバランスも必要だが……
小売業界にIoTがあれば、何が分かるようになる?
物理的な店舗におけるモノのインターネット(IoT)の活用に注目が集まっており、ネットワークにつながる商品も増えつつある。小売業界のIoT活用はどのような方向性に進むのだろうか。(2017/7/5)

ポイントは、クラウド、機械学習、自動化、内製化
デジタル変革を実現する、マイクロソフトのグローバル対応ERPとは?
中堅・中小企業にもグローバル展開やデジタル改革を求める声が多い。実現するためには、適切な製品とベンダーの選択が鍵になる。(2017/4/21)

課題の1つはセキュリティ
企業のドローン利用が急拡大中、IT部門の役割は?
ドローンは限られた業界で活用されてきた。しかし、この新たなテクノロジーは全ての最高情報責任者(CIO)からの注目を集めるべきものなのかもしれない。(2017/4/15)

特選プレミアムコンテンツガイド
病院経営はIoTと自動化で変わる――先行事例に見る「未来の医療業務」
医療業界でのIoT(モノのインターネット)や自動化技術は、在庫管理や人材の適正配置といった業務効率化だけでなく、院内の位置情報把握や生体情報の遠隔モニタリングといった患者満足度向上においても活躍している。米国の先行事例を紹介する。(2017/1/6)

AWSを基盤にしたIoTビジネス
「クラウド+工夫」で等身大のIoTビジネスに挑む3社の事例
IoT活用には大規模なシステムと高度な技術力、多大なコストが掛かると思われがちだ。しかしクラウドを利用して知恵を絞ることで、低コストで本格的な実用に踏み込んでいる企業もある。(2016/12/13)

情報は“可視化”から“活用”へ
情シスのデータ分析負担を軽減、誰でも“かんたん分析”を実現するBIツールとは
「ヒト、モノ、カネ」を管理するためにERPを導入し、経営を見える化したものの、データの活用までは進んでいない企業は少なくない。どのようにすればいいのか。(2016/12/1)

商品管理から売れる陳列、盗難防止まで
導電性インク活用の「スマートシェルフ」が小売店舗のIoTを加速する
導電性インクの適用は、小売業者が商品棚にある商品の管理、販売と商品配置の関連付け、窃盗に対する警告を行うのに役立つ。(2016/8/23)

輸液ポンプのアラームにイライラすることもなくなる
IoTは患者満足度を高め、治療への主体的な参加を促す――経験者が語るこれだけの理由
医療業界でのIoT(モノのインターネット)は、在庫管理用テクノロジーとしての地位を確立しているが、今や患者満足度の向上でも活躍している。院内の位置情報把握や、生体情報の遠隔モニタリングなどだ。(2016/7/26)

クラウドで身近になる機械学習
GoogleやAWSが提供する機械学習サービス、ビジネスにどう活用する?
コンピューティングの新境地ともいえる機械学習が、パブリッククラウドのおかげでかつてなく手頃で使いやすくなった。ただし慌てて飛びつく必要はない。(2016/7/7)

Computer Weekly製品ガイド
マイクロサービス:小さなパーツで大きなメリット
マイクロサービスがITカンファレンスで注目されている。これはコンテナやソフトウェアの移植性というアイデアとも関係が深い。その仕組みと、注目すべき理由について解説する。(2016/6/23)

“割安”か“オーバースペック”か?
とにかく壊れないWindows“タフ”タブレット「TOUGHPAD FZ-G1」、軍事レベルの性能は“買い”か?
「TOUGHPAD FZ-G1」は優れた耐久性とパフォーマンスを兼ね備えたタブレットだ。構成部品がパワーアップした新モデルなら、価格に見合うだけの性能を、長期間使い続けることができるだろう。(2016/5/8)

“アグレッシブな”Eコマース戦略事例
「Eコマースに出遅れた」靴メーカーが挑む店舗とオンラインの融合
「Eコマースに出遅れた」と認めている靴メーカーのECCO。後れを取り戻すため、同社は大胆なEコマース化を進めている。彼らはどのように障害を乗り越えたのか?(2016/4/15)

企業の競争力アップの最後の砦
「紙の使い勝手のままデジタル化」がコツ、意思決定を速めるドキュメントマネジメントとは
クラウド時代といわれる昨今においても、紙の文書は企業全体の業務の中でそこかしこに点在している。だが紙による業務のデジタル化は、企業の意思決定を迅速化し、競争力を強化する上では欠かせない。(2016/3/31)

話題のITベンダーに学ぶIT製品選定のポイント【Sansan編】
「社内メールはほぼゼロ」――Sansanのちょっと不思議なコミュニケーション環境とは
Sansanは「働き方の革新」を実現するために、5種類のWeb会議アプリを使っている。どのように使い分けているのだろうか。(2016/3/22)

デジタル時代のERP再考(3)【後編】
IoTで変わるビジネス、求められる未来のERPの形とは
企業がIoTをビジネスに生かすためには、ERPにも変革が求められる。製造業や農業を例に、ERPの将来像を考える。(2016/1/20)

Computer Weekly製品導入ガイド
Webサイトを超越したデジタルカスタマーエクスペリエンス
組織は単純なWebサイトを超越したオンラインエクスペリエンスを顧客に提供するという課題に直面している。(2015/11/9)

デル株式会社提供Webキャスト
ビジネス・教育・作業現場、3つのシーンから探る、タブレットを選ぶべき理由
コンシューマー向け製品とは異なり、ビジネス利用のタブレット端末にはそれ相応の高い機能性が求められる。ビジネス・教育・作業現場の3つの利用シーンごとにタブレット端末を選択すべき理由を探ってみたい。(2015/9/14)

Computer Weekly製品導入ガイド
小売大手M&S、データ分析で供給態勢を改善
Marks & Spencerはロジスティクスを改善するためのバックエンドプロジェクトを予測分析の革新へと膨らませ、取締役レベルの意思決定の原動力とした。(2015/6/29)

Computer Weekly製品導入ガイド
会社のモバイル戦略に沿ったアプリストアの構築
社内アプリストアは、従業員が必要とするツールを配信できる。同時に誰が何を使うかをコントロールして情報セキュリティを強化することも可能だ。(2014/11/14)

“倉庫番”としてのスマートデバイス
落下、振動、ホコリ――「iPad」は倉庫管理に耐えられるか
タブレットとスマートフォンは、今やフロントオフィスから製造現場まで、企業のあらゆる場所を変革しつつある。そして、これらのデバイスは徐々にではあるが、確実にモバイル倉庫管理の利便性を高めている。(2014/4/9)

徹底入門:モノのインターネット(IoT)で変わるICTの世界観【第3回】
IoTを支える技術と業界構造を整理する
センサー技術や通信技術、情報処理システムなど、モノのインターネット(IoT)を支える技術は多岐にわたる。今回はIoTに関連する技術や業界がどのような構造になっているかを考察する。(2014/3/31)

<マンガで解説>目からウロコの“超自動化”ネットワークの作り方
え、ネットワークを止めずに増設できるって本当ですか?
昼夜を問わずビジネスが動き続ける今日。サービス停止を伴うシステム変更や増強への社内外からの風当たりは強くなっている。仮想化によりサーバの可用性が高まる中、なぜネットワークは止めなければならないのか?(2014/1/24)

値引き幅とセールの実施タイミングを最適化
35歳以下の顧客をどう魅了する? ファッション系ECサイトの挑戦
オランダ最大手のファッション系ECサイトでは、シーズンごとの在庫品や返品率の高さが悩みの種となっていた。顧客ニーズに応じた体験を提供するため、ビッグデータとアナリティクスを大いに活用しているという。(2013/11/5)

セキュア・コンテナ「DME」の実力
安心してBYODを進めるために必要な3つのこと
BYODを取り入れることでモビリティを高め、業務の効率化や働き方の改革をしたいと思っている人たちへ。ユーザーエクスペリエンスを損なわず、企業にとって重要な情報を守るにはどうしたらよいのか?(2013/8/19)

“むちゃ振り上司”にこういわれたら【第5回】
「在庫の数値が間違いだらけなので何とかして」といわれたら
在庫管理は「モノ」と「データ」を適切に管理するのがポイント。在庫管理をスムーズに進め、正確な在庫データを把握するにはどのようにすべきなのだろうか? 間違えやすい点と改善の方法を解説する。(2013/7/25)

「“むちゃ振り上司”にこういわれたら」連載インデックス
変化の激しい経理、会計分野では常に新しい情報の勉強が必要。本連載では上司から「これ、どうなっているの?」と聞かれた際の回答や情報の探し方を紹介する。(2013/7/22)

アプリケーション監視「ManageEngine Applications Manager」
「moussy」のバロック、サーバ・アプリケーション監視を一元化しコストを5分の1に圧縮
「moussy」「AZUL」「SLY」など有名アパレルブランドを展開するバロックジャパンリミテッド。同社はプラットフォームごとに使い分けていた障害監視ツールを一元化し、製品コストとインシデント数を5分の1にまで圧縮した。(2013/3/13)

なぜ分析の常識を変える超高速BIが必要か【流通業編】
リアルタイム需要予測に必要な圧倒的パフォーマンスを手に入れろ
国内に複数のホームセンターを展開する□△流通株式会社。同社は需要予測の精度に問題を抱えていた。これまで週次で行っていた需要予測をリアルタイムで行うにはどうすればいいか。(2013/2/13)

クラウド×iPadでシステム構築を迅速に
HISがiPadとクラウドで販売管理システムを構築、その効果は?
旅行会社大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は、iPadを利用したPOSシステムを導入した。その目的は何か。具体的な導入効果は。HISの担当者が明らかにする。(2013/1/15)

ホワイトペーパーランキング
2012年、ERP&IFRSで最も読まれたホワイトペーパーはこれだ
TechTargetジャパンに数多く登録されているホワイトペーパーの中から、2012年に多く読まれたERP&IFRSに関するホワイトペーパーのランキングを紹介する。トップ10のリストからはERPの潮流を感じることができる。(2013/1/7)

需給予測機能を強化へ
【製品動向】企業が投資を増やす「SCM製品」の今
製造業を中心に日本企業の間でサプライチェーンを強化する動きが見られる。自然災害などに負けない強固なサプライチェーンマネジメント(SCM)の構築が目的だ。主要なSCM製品、ベンダーの動向を探った。(2012/12/17)

グローバル、クイックソリューションがポイント
【市場動向】企業が今再びSCMに投資している理由
SCM市場の成長が続いている。一度はコスト削減対象となりながらも企業が再度、SCMに投資を始めた理由とは何なのか。グローバル化や事業継続などのキーワードでSCMの現在を考える。(2012/11/21)

標準機能、高速処理がポイント
失敗しないERPの選び方:販売管理モジュール編
多くの企業が利用している一方で、カスタマイズされるケースが多い販売管理モジュール。今後の製品選びのポイントになるのは受注処理速度などのパフォーマンスだ。(2012/11/19)

ホワイトペーパーレビュー
SCM構築の最新潮流が分かる3つのホワイトペーパー
製造業企業の競争力に直結するSCM。世界各地に工場や販売拠点を持つ企業が多くなり、SCMの活用は必須だ。生産管理システムやERPとも密接に連携するSCMの最新潮流が分かるホワイトペーパーを紹介する。(2012/10/25)

トレンドはクラウドと2層ERP
失敗しないERPの選び方:生産管理モジュール編
自社開発システムが多かった生産管理システムでもERPパッケージの利用が増えている。ただ多いのはERPと専用パッケージの組み合わせ。生産管理におけるERPの得意分野を見極めることがポイントだ。(2012/10/2)

NEWS:
モノの流れもPDCAで改善を――富士通が物流の新シリーズを発表
サプライチェーンや顧客ニーズの複雑化を背景に、富士通が物流系システムを刷新する。物流コスト、品質の可視化・改善支援を包括的に行える仕組みになるという。(2012/8/24)

クラウドERPを選定する際の考え方は?
失敗しないERPの選び方:会計モジュール編
モジュールごとに導入することが多いERP。本連載ではモジュールごとに製品選定のコツを紹介する。初回の会計モジュールでは財務会計機能と管理会計機能の選び方、クラウドERPを選定する場合の考え方などを解説。(2012/8/22)

クラウドERP製品カタログ【第9回】東洋ビジネスエンジニアリング
Windows Azure対応したグローバル専用ERP「A.S.I.A GP」、その真の実力は
海外拠点での利用を想定して開発された「A.S.I.A GP」はグローバル対応機能を多数搭載する。新たにクラウド基盤「Windows Azure Platform」に対応し、さらなる迅速な海外展開を求める企業のニーズに応える。(2012/6/7)

BI製品紹介:日本ユニシス
顧客分析や需要予測に効果を発揮する国産データマイニング「MiningPro21」
大量のデータに潜む相関ルールや頻出パターンを自動的に分類・解析することで、隠れた有用な関係性を抽出するデータマイニング。日本ユニシスは20年以上前からその有効性を訴えてきた。(2012/5/18)

NEWS
クラウドERPにBI機能を標準実装、NECが機能を拡張
ERPにBI機能を実装する流れがクラウドERPにも波及した。分析機能の強化を求めるユーザーのニーズに応える形でNECは「EXPLANNER for SaaS」にBI製品のライセンスを標準搭載する。(2012/5/8)

9カ国の669企業・組織のCTOに調査
業界別クラウド事例から学ぶ パブリック/プライベートの使い分け
さまざまなパブリッククラウドサービスが登場する一方で、プライベートクラウドの構築に着手する企業も出てきている。長年企業のIT戦略を支援してきた専門家に、日本におけるクラウド化の進展を聞いた。(2012/4/18)

連結決算ソリューション製品紹介【第4回】
真の制管一致を追求する「Oracle Hyperion」の本当の価値
長い歴史を持つ「Oracle Hyperion」が目指すのは単なる制度連結ではない。高度な分析や予測機能、データ基盤を使ったグローバルで利用できる経営管理ソリューションの提供だ。(2012/3/28)

NetSuite導入事例
サントリー、ロイター、ピーチがクラウドERPを選んだ理由
著名企業のクラウドERP採用が相次いでいる。オンプレミスERPと比較して割安な初期投資や運用管理のコストだけでなく、クラウドERPならではのフレキシブルな運用に魅力を感じる企業が増えているようだ。(2012/3/21)

イベントリポート:日本インフォアセミナー
製造業グローバル展開の鍵は「在庫管理」、ITシステムができることは
売り上げの増加が見込めるが在庫リスクも高い――海外展開を目指す製造業向けのセミナーで語られたのは在庫管理の重要性だった。そのために必要なITシステムとは?(2012/3/8)

NEWS:
ロンビックがタブレット端末によるペーパーレスピッキングを採用
ロンビックが倉庫の受け入れ、ピッキング処理をタブレット端末で在庫管理システムと連携する仕組みを構築。ペーパーレスの操作で管理強化を進める。(2012/3/7)