TechTargetジャパン

必要なのは“価値提案の再設計”
「デジタル変革推進派」がきっと聞かれる4つの質問と納得の回答例
ビジネスのデジタル変革のためには多くの課題を解決しなければならない。真の意味でのデジタル変革を実現するために重要な4つのポイントを紹介する。(2017/9/6)

未来の食糧難に耐えられるか
「IoT畜産業」が世界を救う理由
IoTの普及が進む今日、農業や畜産業への導入が注目を集めている。今後増大を見込む食肉需要を背景に、IoTは畜産農家をどう支えられるのか。(2017/9/5)

「OpenStack Days Tokyo 2017」から見えたITインフラの現在と未来
コンテナやPaaSの台頭で問われるOpenStackの価値、有識者座談会を開催
成熟期に入ったOpenStackは、大規模でなくても運用できるのか、小規模でもコストメリットは出るのか。専門家4人が集結し最新動向や活用方法を語った。(2017/8/28)

AWSで起きたことは自分たちにも起こり得る
AWS障害から学ぶ、「はじめてのIT自動化」
組織のIT業務を自動化するに当たっては、1つのことを何度も何度も繰り返す機能を見つけることが出発点になる。だがそれは終着点ではない。自動化には入念なプランニングが必要だ。(2017/7/13)

Software-Definedの実践を設計思想から掘り下げる
ワークロード混在を前提とした戦略的な物理環境整備の手法
クラウドネイティブなアーキテクチャを考えるとき、物理環境を蚊帳の外に置いていては真の統合運用は実現しない。ではクラウドの思想を物理環境に適用する方法とは?(2017/4/28)

その安定した性能に信頼を寄せる企業多数
「コンバージドインフラは滅びぬ。何度でもよみがえるさ」といえる根拠とは
コンバージドインフラを、ハイパーコンバージドインフラとクラウドコンピューティングが取って代ろうとしている。だが、コンバージドインフラは今でも堅牢で有益なプラットフォームだ。(2017/3/13)

Sensuで始めるクラウド時代のシステム監視
今、話題の監視ツール「Sensu」とは?――基本的な構成、監視の仕組みを理解する
新たなクラウド監視ツールとして注目され始めている「Sensu」の活用方法を解説。Sensuの基本的な構成や監視の仕組み、利用するメリットなどを紹介する。(2017/2/24)

提供:東日本電信電話株式会社
必要だけど荷が重い“システム運用管理” 他の企業はどうしている?
システム運用管理は、ITの円滑な運用に欠かせないものである。一方で、業務上の負荷も大きい。他の企業がどのように対処しているのか、TechTargetジャパンによる読者調査から見てみよう。(2017/2/8)

1つの画面でモバイルデバイスとPC管理
「iPhone、Android、Windows 10を一括管理」、IT管理者の夢は実現するか
VMwareのユーザー環境管理ツールに「Windows 10」のライフサイクル管理機能が追加された。これにより、IT管理者が望む統合エンドポイント管理を実現できるかもしれない。(2016/9/9)

2陣営に分かれるEMM市場
成長中のモバイル管理市場を二分、Microsoft&Citrix連合とVMware陣営の戦いが熱い
CitrixとMicrosoftのパートナーシップは、仮想化市場のみならず企業のモバイル管理市場においても顕在だ。Microsoftとの連携が、CitrixのAppConfig Communityへの参加をとどまらせている。(2016/8/25)

注目される統合エンドポイント管理
PCやスマートフォンだけではない、増え続ける端末の管理に悲鳴を上げるIT担当者
企業が利用するデバイスが多様化する中、統合エンドポイント管理(UEM)の必要性が高まっている。現在、BlackBerryやCitrix Systemsなど、さまざまなベンダーがUEMツールを提供している。(2016/6/29)

必要なのは比較ポイントを適切に設定すること
PCやスマートフォンを管理、「エンドポイント管理ツール」の失敗しない選び方
エンドポイント管理ツールに対する機能とコンソールに対する要望はIT部門によって異なる。だが、ユーザーに必要なアクセスを提供するという一点において、全ての部門も全てのツールも重要度は共通している。(2016/4/11)

多様化するエンドポイントの理想的な管理方法
IT管理者が夢見る「iPhone、Mac、Windows 10の同時管理」が難しい理由
モバイルデバイスとクライアントPCを一緒に管理する「統合エンドポイント管理」のニーズを満たす製品は幾つかあるが、いずれも一長一短だ。理想的な統合エンドポイント管理を実現するには、大きな壁がある。(2016/2/18)

理想的なクラウド基盤を構築する方法【最終回】
ハイブリッドクラウドで今すぐ実現できる技術、近未来に実現される技術
理想的なハイブリッドクラウドを構築しようとした場合、現時点では何ができて何ができないのか。サーバ、ハイパーバイザー、ストレージ、ネットワーク、運用といった要素ごとに解説する。(2015/12/21)

理想的なクラウド基盤を構築する方法【第6回】
運用がITの要になる日は近い? クラウド化で変わる情シスの運用業務
クラウド化で一番変わるのは運用担当者の業務かもしれない。ユーザー企業にとって、クラウド環境の運用は悩みの種となる場合が多いのだ。クラウド化に伴う理想的な運用の在り方とは?(2015/11/24)

コスト削減と生産性向上に最良のサイクル?
「PCは2年ごとに買い換えるべき」説を喜ぶ人と不満な人
PCを買い替えるサイクルは従来通り「3〜4年」でいいのか。今日の世界においては、万人に最適な選択肢というものはない。企業によっては、2年ごとの買い替えが得策となる場合もあるかもしれない。(2014/9/18)

30年来のメインフレームをオープン系システムで刷新
40万件のジョブ管理で直面した山崎製パンの課題と解決策
山崎製パンは、日本全国で稼働する工場を支える基幹システムをメインフレームからオープン系システムへ刷新。ジョブ監視システムを「JP1」で自社開発した。その際に直面した課題とその解決方法を同社担当者が語った。(2014/7/31)

データセンター部門に新たなポジション
今後必要とされるITの“花形職種”6選
日進月歩のITはそれに従事する人々の働き方にも常に革新を迫る。次世代のデータセンター部門に待つ新しいキャリアパスと、そこで求められるスキルセットとは何か。(2014/7/23)

中小企業が知っておきたい運用管理/資産管理ツールの選定ポイント【第4回】
サーバ仮想化の活用から次の一歩を踏み出す統合運用管理への道
本連載は、中小企業における運用管理/資産管理ツールの選定ポイントを解説。第1回はその全体像、第2回はサーバ、第3回は動向について述べた。最終回の第4回は、「統合運用管理/資産管理ツール」を取り上げる。(2014/3/20)

Webブラウザでビル設備を管理
モノのインターネット(IoT)が実現する“スマートビルディング”とは
IT企業は、統合型ビルディングオートメーションシステムの導入や、設備管理の分野におけるモノのインターネット(IoT:Internet of Things)の採用が進めば、ビジネスチャンスが拡大すると期待しているようだ。(2014/2/27)

中小企業が知っておきたい運用管理/資産管理ツールの選定ポイント【第3回】
中小企業で求められるPC管理 失敗しないために大切な視点とは
中小企業における運用管理/資産管理ツールの選定ポイントを解説。第1回は運用管理/資産管理ツールの全体像、第2回は注目すべき動向に触れた。第3回はPCを対象とした運用管理/資産管理ツールを取り上げる。(2014/2/18)

中小企業が知っておきたい運用管理/資産管理ツールの選定ポイント【第2回】
ジョブ管理ツールとハードウェア同梱ツールでできる賢いサーバ管理術
本連載では中小企業における運用管理/資産管理ツール選定ポイントについて解説している。第2回となる今回はサーバを対象とする運用管理/資産管理ツールについて見ていこう。(2014/1/15)

システム運用管理に関する読者調査リポート
増大するシステムに人員/スキル不足……、読者調査が示す運用管理の課題
TechTargetジャパンは2013年11、12月にシステム運用管理に関する読者調査を実施した。本稿では調査結果の一部として、システム運用管理業務の状況、システム運用管理ツールの導入・検討状況についてリポートする。(2014/1/9)

サービスの提供効率とガバナンスをどう両立するか?【第3回】
サービスデスク効率化の秘訣は、ITILをいったん忘れること
ITサービスマネジメントのベストプラクティス集であるITILや、その国際認証規格であるISO 20000を意識しすぎるがゆえに、サービスデスクの工数がいたずらに増えてしまっている例が多い。その回避策とは何か?(2013/8/20)

クラウドを真に使いこなす
勝手クラウドが招く“サイロ化の悪夢”を避けるために、今考えるべきこと
クラウドの浸透はリソースの調達を手軽にした。だがその手軽さが、無秩序なクラウド利用というITガバナンスの乱れを招く原因にもなっている。IT環境を破綻させないために、今なすべきこととは何か?(2013/8/1)

サービスの提供効率とガバナンスをどう両立するか?【第2回】
ITIL導入、最大の失敗理由とサービスデスク改善の秘訣
ITIL支援製品を導入しても成果が得られない理由とは何か? サービスデスク業務の勘所を開発コンセプトに盛り込んだ「Senju Service Manager 2013」に、ユーザー満足度を効率的に高めるためのポイントを探る。(2013/7/12)

「ひとり情シス」課題別解決マニュアル【第2回】
ひとり情シスに贈る、頼れる販社/SIerの見分け方
頼れる人が少ない、あるいはいない“ひとり情シス”にとって、パートナーとなる販社/SIerは日々の負荷を左右する重要な存在だ。頼れる販社/SIerを探すにはどうすればいいのだろうか? 簡単・確実な選び方を紹介する。(2013/7/10)

サービスの提供効率とガバナンスをどう両立するか?【第1回】
ANAグループも採用、統制力とROIを高めるサービスデスクの作り方
仮想化、クラウドによってITリソースの調達が手軽になった今、情報システム部門には社外サービスに負けないサービス提供と確実なガバナンス担保が求められている。その実践のポイントを考える。(2013/6/26)

「ひとり情シス」課題別解決マニュアル【第1回】
誰も当てにできない「ひとり情シス」の本当の苦悩とは?
1人、あるいはそれに限りなく近い人数の情報システム部門を、孤独感を文字に込めて「ひとり情シス」と呼ぶ向きが多い。本連載では中堅・中小企業に多い「ひとり情シス」の問題に注目し、課題解決法を探る。(2013/6/11)

IT資産管理製品紹介【第4回】
変化するインフラの構成/資産情報を一元管理できるNEC「WebSAM AssetSuite」
国内シェア上位のIT資産管理製品ベンダーを取材する本連載。今回はシステム運用管理の観点からIT資産管理の機能向上を追求したNEC「WebSAM AssetSuite」を紹介する。(2013/5/17)

基幹DBも含めて社内システムを全面仮想化へ
【事例】NTTデータがSIerの威信をかけて構築した先進クラウド基盤
NTTデータは2013年5月に足がけ4年に及ぶ長期プロジェクトを完了させ、社内システムを全面的にプライベートクラウド上に移行する。SIerらしく顧客に向けたソリューションモデルともなる効率的な基盤だ。(2013/5/17)

従来型の運用管理はもう限界
情シスがクラウド、自動化を味方に付ける3つの方法
パブリッククラウドの登場により、コスト、スピードを社外のサービスと比較されている情報システム部門。今後どうすれば存在意義を発揮できるのか? 3つの着眼点を紹介する。(2013/5/8)

運用自動化製品カタログ
統合運用管理製品ベンダーがラインアップしている運用自動化製品群。その中から国内シェア上位7社の製品を紹介する。(2013/2/27)

運用自動化製品紹介【第7回】
可視化、自動化、標準化でITILに沿った運用を支援する「Senju Family 2013」
運用自動化機能にフォーカスし、統合運用管理製品ベンダー7社を取材する本連載。今回は野村総合研究所の「Senju Family 2013」を紹介する。(2013/2/15)

コンプライアンス、セキュリティへの危機意識が増大
【市場動向】“システムの可視化”と分かりやすさがIT資産管理ツールの鍵に
無駄なコストの削減が主目的だったIT資産管理も、仮想化、クラウドの浸透によってその意義が変化している。IDCジャパンのアナリスト 入谷光浩氏の話から、IT資産管理ツールに対する企業の期待を探る。(2013/2/8)

運用自動化製品紹介【第6回】
ITILに準拠した運用管理作業を自動化する「IBM SmarterCloud Foundation」
国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材する本連載。今回は日本アイ・ビー・エムの運用自動化製品群「IBM SmarterCloud Foundation」を紹介する。(2013/1/31)

運用自動化製品紹介【第5回】
ユーザーのITリソース入手をセルフサービス化する「CA Automation Suite for Clouds」
国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材する本連載。今回はCA Technologiesが提供する運用自動化製品群「CA Automation Suite for Clouds」の中核製品「CA Process Automation」を紹介する。(2013/1/24)

運用自動化製品紹介【第4回】
全体最適に向けた自動化を実現する「HP Operations Orchestration software」
本連載では国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材。今回は日本HPの運用自動化製品群「HP Business Service Automation」の中核となる「HP Operations Orchestration software」を紹介する。(2013/1/18)

課題解決ナビ
遅いシステムの原因を特定したい
「急にシステムが遅くなった」「想定した性能が出ない」。システムの運用後に必ずといっていいほど発生するのが、性能に関する課題だ。その解決に役立つ具体策を解説する。(2013/1/7)

「Azureユーザー以外には、早期導入を決断させる魅力がない」
「クラウドOS」になれないWindows Server 2012とMicrosoftの焦り
Windows Server 2012には新機能が豊富に搭載されている。中でもWindows Azureとの連携は重要な機能の1つだが、MicrosoftがWindows Server 2012に込める思いはユーザー企業にうまく伝わっていないようだ。(2012/12/25)

運用自動化製品紹介【第3回】
プライベートクラウドの実現を視野に入れた「WebSAM vDC Automation」
運用管理の煩雑化に伴いニーズが高まっている運用自動化製品。本連載では国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材。今回はNECの運用自動化製品「WebSAM vDC Automation」を紹介する。(2012/12/21)

複雑化したシステムのパフォーマンスをどう守るか【第3回】
失敗しないアプリケーションパフォーマンス管理製品の選び方
複数のベンダーから提供されているAPMツールは、当然ながら監視方式や搭載機能がそれぞれ異なっている。自社のニーズに最適な製品を選ぶためには、どのようなポイントに留意すればよいのだろうか?(2012/12/19)

運用自動化製品紹介【第2回】
構成情報に基づいて自動運用を最適化する「Systemwalker Runbook Automation」
本連載では、ニーズが高まっている運用自動化機能にフォーカスし、国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材。今回は富士通の運用自動化製品「Systemwalker Runbook Automation」を紹介する。(2012/12/13)

運用自動化製品紹介【第1回】
“日立の運用ノウハウ”を簡単に導入・活用できる「JP1 Automatic Operation」
仮想化、クラウドの浸透によりシステム基盤が複雑化する一方、IT部門の人材は年々減らされている。リソース、ノウハウ不足に悩む運用管理現場に、統合運用管理製品ベンダーはどのような解を用意しているのか。(2012/12/6)

複雑化したシステムのパフォーマンスをどう守るか【第1回】
【導入効果】仮想化・クラウド時代のシステム障害対策「アプリケーションパフォーマンス管理製品」
仮想化、クラウドによりITシステムが複雑化している今、運用管理には「業務部門のスタッフやeコマースなどを利用する消費者にとって、システムは快適に使えているか」というエンドユーザーの視点が不可欠となる。(2012/11/9)

運用管理の負荷増と情シスのスキル低下が背景
【市場動向】“ハード/ソフト統合システム”に、ユーザー企業の期待大
システム導入・運用管理を効率化できるとして、ハードウェアとソフトウェアを統合した垂直統合型製品が注目を集めている。IDCジャパンの福冨里志氏の話を基に、その市場動向とユーザーの期待を俯瞰した。(2012/11/1)

運用自動化、障害の原因特定、一元管理へのニーズが増大
【市場動向】要員削減を受け、統合運用管理ツールは簡単・シンプルが鍵に
統合運用管理製品のトレンドを掘り下げると、現場が抱える課題と対策の傾向が見えてくる。IDCジャパン シニアマーケットアナリストの入谷光浩氏の話から、運用管理に対するユーザーの期待と投資の方向性を俯瞰した。(2012/10/26)

企業のシステム運用管理に関する読者調査結果リポート
増大するシステムに悩む現場、読者が考える運用管理の課題とは
TechTargetジャパンは9月から10月にかけて企業のシステム運用管理についての読者調査を実施した。調査結果からは運用管理の課題や利用している運用管理ソフト、今後の投資動向などが分かった。(2012/10/24)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理
【保存版】仮想環境に最適な統合運用管理製品を一挙に紹介
コスト削減をはじめ多くの効果が認められているサーバ仮想化だが、運用管理にはまだ課題が多い。そこで力を借りたいのが統合運用管理製品だ。仮想化の管理で役に立つ統合運用管理製品を紹介する。(2012/9/14)

サーバ仮想化からプライベートクラウドへの道(2)
プライベートクラウド実装の鍵はサポート付きOSSクラウド管理ソフト
プライベートクラウドに不可欠なクラウド管理ソフトウェア。だが多くのIT部門にとって、OSSはよくてもスクラッチ開発はハードルが高い。OSSでありながらサポートが受けられる低コストな製品が望まれる。(2012/7/11)

Loading