Product 360、IICSはどのような効果があったのか
三越伊勢丹、クックパッド 効率的なデータ管理のための基盤づくりを語る
インフォマティカのデータ管理システムを使ったデータの連携や統合について、三越伊勢丹グループ、クックパッドの事例を紹介する。(2018/9/21)

Computer Weekly製品ガイド
異なるデータセット間のパターンを引き出すグラフデータベース
データセット間の関係性を表現することを可能にするグラフデータベースは、データ分析の洞察に革新をもたらす。(2016/9/14)

ユーザー企業/組織の読者が選んだ、2015年上半期記事ランキング(データ分析編)
次のトレンドは「セルフサービスBI」? 2015年上半期、データ分析で最も読まれた記事は
ビジネスユーザーがデータを分析・可視化する「セルフサービスBI」が次のトレンド? 2015年上半期に公開した、データ分析の記事ランキングを紹介します。(2015/8/13)

知りたいのは「特定分野において影響力を持つ人」
ソーシャルメディア分析ツールに期待される「その道のインフルエンサー」を見分ける力
ソーシャルメディアリスニングは標準的な慣行になりつつあるが、Webで交わされる特定の会話の重要性を判断するための指標となる基準はまだ確立の途上にある。(2015/8/6)

情報ガバナンスをめぐる5つの俗説を検証する【前編】
「Googleがあればどんな情報でも探せる」という俗説をいまだに信じる人
21世紀の情報ガバナンスに関する5つの根強い俗説について専門家が検証する。データ管理プロセスをデジタル時代に合わせて適応させることはそれほど難しくない。(2014/10/21)

Webサイトのない企業も検索可能
Googleを超える企業検索サービスはいかにして生まれたのか
カナダのYellow Pagesは、印刷ベースの電話帳を編集していたころに収集したデータを再利用して、カナダで最も正確な業務用検索エンジンを構築しようとしている。(2014/2/25)

関連企業とのWin-Winの関係作りが重要
徹底入門:小売業で大切なバリューチェーン最適化 そのポイントとは?
小売業を支えるバリューチェーン。そこでは、顧客情報や商品情報などさまざまなデータが日々蓄積されている。そうしたデータを適切に管理、活用することで、バリューチェーンの効率化と利益の増大へとつながる。(2014/1/20)

データ活用の要、MDM実践事例
【事例】累計28億円のコスト削減効果、協和発酵キリンのマスターデータ管理
ビッグデータをキーワードにDWHやBIに注目が集まっているが、肝心の「データ」を企業はどのように管理すればいいのか。協和発酵キリンが実践し、累計28億円のコスト削減を実現したMDM手法を紹介する。(2012/5/25)

連結決算ソリューション製品紹介【第4回】
真の制管一致を追求する「Oracle Hyperion」の本当の価値
長い歴史を持つ「Oracle Hyperion」が目指すのは単なる制度連結ではない。高度な分析や予測機能、データ基盤を使ったグローバルで利用できる経営管理ソリューションの提供だ。(2012/3/28)

MDMのリーディングベンダーが提言
ビッグデータ時代に再考する「マスターデータマネジメント」
「企業におけるデータ活用」が議論されるたびに重要性が叫ばれ続けてきたマスターデータマネジメント(MDM)。MDMのエキスパートに、ビッグデータ時代のデータマネジメントを聞いた。(2012/3/26)

BI導入に関するアンケート調査リポート
BI導入の課題は「導入効果の明確化」、中堅企業では「データ整備」も
TechTargetジャパン会員を対象に行ったBI導入に関するアンケートを基に、本稿では特に「BI導入の目的」「BI導入に関する課題」「BIで行いたいと考えている分析・管理」について、調査結果を報告したい。(2010/11/1)

「Informatica 9」登場へ
仮想化技術が促すマスターデータ管理のパラダイムシフト
重要性は多くの企業で認められながらも利用がそれほど広がっていないマスターデータ管理(MDM)。複雑性や高コストなどMDMの課題を解決するソリューションが登場した。鍵は仮想化技術だ。(2010/9/21)

NEWS
インフォテリア、マスターデータ統合管理ソフトの最新版「ASTERIA MDM One MI 1.2」を発表
大規模利用やITガバナンス適用において要望が高かったディレクトリサーバとの連携・認証機能を搭載し、各種仮想化プラットフォームなどにも対応した。(2010/3/18)

CRMでできること
ERP CRM早分かりガイド
ERP CRMソフトウェアは、顧客のトランザクションを把握できるだけでなく、顧客データ統合も可能だ。(2009/12/21)

PLMの有効活用には基幹システムとの連携が不可欠
PLMの普及で重要性が高まる「PLM・ERP間連携」
PLMを活用して業務効率を改善するには、ERPをはじめとしたほかの基幹業務システムとの連携が不可欠だ。こうしたシステム連携は、単にデータを受け渡しするだけでなく、プロセスの連携まで考慮に入れる必要がある。(2009/10/26)

高価なBIツールを宝の持ち腐れにしないために
【Q&A】ビジネスインテリジェンスの要件収集のコツとは
BIツール採用に当たり、組織内で要件収集をスムーズに進め、ベンダーから必要な情報を得て適切な選定を行うにはどうすればよいだろうか。(2009/7/28)

対策済みの個人は3人に1人
予算内でスマートフォンのセキュリティを高める3つの対策
SMBもスマートフォンのセキュリティ問題を無視することはもはやできない。最小限のコストで最大限の効果を挙げるにはどうしたらいいのか。(2009/5/19)

NEWS
インフォテリア、「マスタデータ管理の仮想化」を実現するMDMソフト
Webブラウザベースの管理画面上から、仮想的に統合されたマスタデータの登録や変更、削除作業を一括で実施する。(2009/1/21)

MDMの不手際が及ぼす被害
現代のデータ管理に求められる水準とは
古き良き時代ならデータ管理に無頓着でいられた。しかし技術が進歩し競争が激化する市場にあって、顧客の期待は制御不能になっている。(2008/9/3)

経営陣こそ利用すべし
ビジネスにBIを持ち込むBusiness Objects
Business ObjectsのCEOは、BIが重役になかなか受け入れられないことを認めながら、経営陣がBIを取り入れる時が来たと語った。(2008/7/3)

Column
マスタデータ管理に向けた6つのステップ
マスタデータ管理(MDM)とは、複数のシステムで共有する重要なデータを統一的に記述・表現するための戦略と技術を組み合わせたもの。包括的な戦略を通じて異なるグループの情報を一元化する必要のある今日の企業に欠かせないツールだ。(2006/8/28)

Column
顧客データ統合プロジェクトが失敗する7つの理由
顧客データ統合(CDI)プロジェクトでは、人とプロセスと技術を変革させる必要がある。そのうちどれか1つを失敗しただけで、プロジェクト全体が失敗の危機にさらされる。プロジェクトが失敗する7つの理由を紹介しよう。(2006/3/30)

Column
CRMからCDIへ――急成長が見込まれる顧客データ統合ソフト市場
個人情報に関するコンプライアンスやCRMの代替策に対するニーズの高まりにより、顧客データ統合ソフト市場が大きく成長する見込みだ。(2006/3/23)

Column
マスタデータ管理予算の獲得手順教えます
マスタデータ管理(MDM)とは、異なるシステムに散在するマスタデータを統合し、管理する手法。MDMの予算を獲得するには、ビジネス部門にMDM構想の必要性を認めさせる必要がある。そのための手順を紹介しよう。(2006/1/24)