TechTargetジャパン

「EPYC」で復活を目指すAMD(前編)
低コスト、ハイスペックを打ち出すAMD EPYCはIntel Xeonキラーか?
Xeonによってサーバ市場から駆逐されたAMDが、EPYCで復活しようとしている。EPYCが注目されるのはなぜか。Skylake世代のXeonと戦えるのか。(2017/8/17)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第3回】
Windows Server 2016で大幅拡張した対応CPUとシステムメモリ要件を把握する
最新世代のOSが登場したとき、IT担当者としては実用的な処理能力を発揮できるハードウェア構成に注意する必要がある。今回はWindows Server 2016で大幅に拡張したCPUとシステムメモリをチェックする。(2017/2/1)

連載「最新のOpen Compute Projectで何が変わった」第2回
Server Design “Ver.1”で「Facebookが望んだサーバ」の条件を考える
Facebookは“自分のため”に用意したサーバ関連規格を2011年に公開しているが、その策定作業はそれ以前から行っていた。そのため、多くのベンダーとユーザーが支持するとともに多くの不満も判明することになる。(2016/11/9)

Computer Weekly製品導入ガイド
次世代データセンターのためのプロセッサ選定
次にデータセンターを刷新する際は、代替チップアーキテクチャを取り入れる必要がある。その理由について解説する。(2015/3/27)

省電力サーバの未来
HP Moonshotサーバは電力コスト問題の福音となるか?
迫り来るエネルギー問題への取り組みとして新しいサーバが開発されている。このサーバは、データセンターのハードウェアよりもノートPCとの共通点を多く備えている。(2014/2/14)

仮想マシンの集約率をいかに最適化するか【前編】
仮想マシンの過密集約に注意、vSphere新ライセンスの意味
仮想マシンの集約率の策定は極めて難しい 。利益のために集約率を高め過ぎれば不具合の原因になる。では、多くのITマネジャーはどのような集約率を採用しているのだろうか。(2012/7/2)

最新ハードウェアの真価を引き出すHyper-V 3.0
新世代CPUが支援するHyper-V 3.0のスケーラビリティ
最新のサーバ製品は、コア数やメモリ、ストレージにおいて性能が大幅に向上している。Windows Server 8に付属するHyper-V 3.0のスケーラビリティは、こうしたハードウェア性能を引き出すことができる。(2012/5/31)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第8回】
システム管理者に優しいIaaS「ニフティクラウド」
AWSと比較されることの多いニフティクラウド。本稿では、ニフティクラウドの価格や機能について、AWSとの比較を交えて紹介する。(2012/4/5)

NEWS
日本HP、Hadoop処理を最適化するサーバ3製品と導入支援サービスを提供
スケールアウト型サーバ製品群に3つの新機種を追加、オープンソースソフトウェアのコンサルティングサービスのメニューも拡充し、Hadoop活用の促進を図る。(2011/4/4)

NEWS
レッドハット、最新プロセッサをサポートしたLinux OSの最新版を販売開始
最新プロセッサのサポートによりサーバのパフォーマンスや集約度を向上させた。レッドハットの仮想化・クラウドコンピューティング戦略の基盤となる製品。(2010/4/1)

Amazon EC2に真っ向勝負
動き出した日本のパブリッククラウドサービスはサポートで差別化
長年の仮想化サービスのノウハウと日本のデータセンターを活用する、米Amazon EC2対抗のパブリッククラウドサービスが登場。最大の売りは、国内の安心感とEC2にないサポートだという。その中身とは?(2009/11/25)

組み込み向け半導体最新動向:x86プロセッサ(3)
やっぱりAtom? それとも……ポストNetbook時代の覇権争い
Netbookの勢いが止まらない。その要因には「Intel Atom」などの低消費電力/低価格なCPUの存在がある。Intelとx86互換ベンダーとの組み込み分野での攻防は、今後どうなるのだろうか?(2009/5/25)

組み込み向け半導体最新動向:x86プロセッサ(1)
組み込み機器にも意外と「入ってる!」 PCプラットフォーム
x86といえばPCを連想する読者が多いだろうし、その認識は間違っていない。しかし、組み込み分野でも多く活用されていることをご存じだろうか。活用事例とほかのプロセッサとの差別化要因を解説する。(2009/1/28)

NEWS
日本HP、5万円を切るタワー型ProLiantサーバ新機種を販売開始
タワー型エントリーサーバの新製品2機種「HP ProLiant ML115 G5」および「HP ProLiant ML150 G5」を発売。7月4日より出荷を開始する(2008/6/27)

NEWS
日本IBM、従来性能比1.6倍のクアッドコアOpteron搭載x86サーバ
AMDのクアッドコアOpteron 8000 Seriesを搭載する「IBM System x 3755」を出荷開始。従来のデュアルコアと比べ、約1.6倍の処理能力を持つという。(2008/6/25)

NEWS
デル、仮想化ソフトをSDカードに搭載した新PowerEdgeサーバ2機種を発表
デルは、サーバ仮想化に対応した新PowerEdgeサーバ2機種を発表。VMware ESXi 3.5またはCitrix XenServer 4.1をSDメモリーカードに組み込み出荷する。(2008/5/13)

NEWS
ラドウェアが高性能Web高速化スイッチ、段階的拡張をサポート
マルチコアプロセッサを採用することで高いスループット/トランザクション性能を実現。ソフトライセンスを購入すればセキュリティ機能も追加できる。(2008/5/13)

サーバ統合のためのサーバの要件を探る【高効率化編】
CPUの最適化がサーバ全体の効率性を決める!
サーバのパフォーマンスを向上させるためには、CPU単体の高性能化だけではなく、システム全体での高効率化が必要だ。今回はAMD社のOpteron搭載サーバに焦点を当て、IBMによるサーバの高効率化への取り組みを見ていく。(2007/3/7)

IBMが考えるサーバ統合までのプロセス
サーバ仮想化/統合の成功の鍵は既存環境の把握とプロセスが重要
複雑になる一方のシステムを効率よく運用するために、サーバの仮想化/統合は避けて通れない道だ。IBMが考える「サーバ統合」により最短距離での統合を果たす!(2007/3/1)

特集サイト
システム運用管理
サーバ運用の効率化や統合は、今や運用管理者にとって外せない大テーマだ。ここでは、「高効率化編」「管理編」「可用性編」「プロセス」の4テーマについて解説する。(2007/3/1)

Case Study
仮想化導入でSANや高性能サーバを購入するITマネジャーたち
仮想化のメリットを最大限に生かすためには、高性能なハードウェアを新たに購入する必要があるという認識を持つITマネジャーが増えている。(2006/9/27)