TechTargetジャパン

「標的型攻撃対策」の現実解【第4回】
丸分かり「標的型攻撃対策」:“ファイアウォール万能論”は危険、「出口対策」基礎の基礎
標的型攻撃対策における“最後の砦”となるのが、社内LAN/WANとインターネットとの間のセキュリティ対策である「出口対策」だ。その具体的な手法を説明する。(2015/12/21)

Enterprise Cloud活用におけるシャドーIT対策とは?
シャドーITの可視化から必要とされる出口対策と入り口対策
エンドユーザーの行動が変わったいま、セキュリティ対策は旧態依然の発想のままでいいのだろうか。クラウドを前提に業務効率とセキュリティを高める新時代の手法を取材した。(2017/12/28)

標的型サイバー攻撃の芽を摘む「出口対策」
なぜファイアウォールやURLフィルタだけでは十分な「出口対策」にならないのか
標的型サイバー攻撃から企業を守るために有効といわれる出口対策。ただし、既存のセキュリティ製品だけでは、十分な出口対策にはならない可能性がある。その理由とは何か? 理想的な対策とは?(2013/10/29)

実害を防ぐには“非日常”の発見が鍵
「セキュリティ対策は入口/出口対策だけで十分」が間違いである理由
入口対策や出口対策といった境界線に焦点を当てたセキュリティ対策は、サイバー攻撃の進化を前に陳腐化しつつある。最新の脅威を前に、被害を確実に最小化する方法とは?(2013/5/13)

変わらないエンドユーザーの使い勝手
マルウェアに感染しても食い止める、セキュアブラウザで実現する標的型攻撃対策
入口対策と出口対策を十分にしても完全に防ぐことが困難な標的型攻撃。そこで、攻撃を受ける前提のセキュリティ対策として注目されるのが“Web分離”である。本稿では、そのWeb分離の在り方について紹介する。(2015/8/31)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
サイバー攻撃やうっかりミスの実害を食い止める「出口対策」「暗号化」
標的型攻撃やうっかりミスの発生を防ぐのは不可能だ。目を向けるべきは、これらの発生を前提とした情報漏えい対策である。現状の情報漏えい対策の課題と、その解決策として注目を集める「出口対策」「暗号化」の最新像を示す。(2012/4/25)

横断的なログ分析でマルウェアの「怪しい動き」を検出
情報を流出させる「標的型攻撃」にどう対応? 「出口」を守る注目技術
「標的型攻撃」が高度化していく中で、企業は社内ネットワークへの「入口」を完璧に守ることが難しくなりつつある。その中で注目されるのが情報を流出させない「出口対策」だ。注目技術を紹介する。(2014/11/19)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】情報漏えい対策(出口対策・暗号化)に関する読者アンケート
本調査では、IT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、情報漏えい対策(出口対策・暗号化)の状況をお伺いいたします。(2012/2/20)

簡単導入&運用負荷軽減 〜IronPort Web Security Appliance(Sシリーズ)
入口も出口も1台で対策! 全ポート監視を可能にするWebセキュリティアプライアンス
危険なサイトへの接続を制御するWebプロキシとしての機能はもちろん、内部から外部への不正な通信を遮断する出口対策機能も実装され、1台で包括的な多層防御を実現する。(2012/5/18)

クライアントPCログ監査製品「Client Log+」
情報漏えいを確実に阻止、「出口対策」を効率化する手段とは?
ここ最近、標的型攻撃などのサイバー攻撃のニュースが連日報じられている。情報漏えい事故に対する関心が高まる中、リスクを回避するにはどのような対策が有効なのだろうか。(2011/12/12)

標的型攻撃対策に関する読者調査リポート
標的型攻撃に72.9%が危機感、出口対策に高い関心
特定の企業を狙い撃ちにした標的型攻撃が次々と明るみに出た2011年。同年12月に実施した読者調査から、標的型攻撃対策の実態や課題を探る。(2012/1/10)