TechTargetジャパン

被害を未然に防ぐデータサイエンティストの資質
膨大な詐欺行為と戦うPayPal、決め手はオープンソースと“好奇心”
PayPalは、高度な予測データ分析を使用してユーザーを不正行為から保護し、PayPalのブランドを維持している。常に進化することがPayPal成功の鍵を握っている。(2016/2/12)

PayPalに聞く、ビッグデータ分析の今後
大量な取引データを日々処理する、米電子決済サービス大手のPayPal。PayPalは、こうしたビッグデータをどう活用しているのか。ビッグデータ活用を阻む課題とは何か。次世代のデータ分析像である「Analyst 3.0」とは。同社主席データサイエンティストであるモック・オー氏が、こうした疑問を解き明かす。(2012/11/26)

大解剖、PayPalの開発現場【後編】
4000人がアジャイル開発を始めたPayPal、技術者が考えたこととは
米PayPalが実施したアジャイル手法への全面的移行では、4000人のITスタッフと製品担当者の仕事のやり方が変わった。この改革はどのように達成されたのだろうか。(2014/10/29)

大解剖、PayPalの開発現場【前編】
やり手副社長が主導したPayPalのアジャイル開発移行、その凄腕を見る
PayPalがアジャイル開発で目指したのは、プロトタイプ作成の迅速化、継続的改善、そして具体的な製品の提供だ。改革をリードした副社長が語る。(2014/10/28)

商用ディストリビューションの価値とは
なかなか盛り上がらないOpenStackの企業導入、廃業するベンダーも
企業がOpenStackを導入する場合、ベンダーのディストリビューションやマネージドサービスを選ぶことが多い。PayPalなどの大手企業のように、コードを自ら構築する例はあまりない。(2017/1/24)

「ポリモーフィック型マルウェア」の技法を活用
PayPalも注目、ウイルスの“悪知恵”から生まれたセキュリティ技術のすごさ
感染のたびに異なる形式で自らを暗号化し、セキュリティ製品による検知を免れる「ポリモーフィック型マルウェア」。その技法をセキュリティ製品側でも生かそうとする動きがある。現状に迫る。(2015/6/1)

PayPalに聞く、ビッグデータ分析の今後【第4回】
PayPalが明かす、非構造化データ活用に必要な3つの要素
米PayPalが抱えるデータの99.9%は、テキストや画像などの非構造化データだという。同社の主席データサイエンティストが、非構造化データ活用の際に重要になる要素を示す。(2012/11/26)

PayPalに聞く、ビッグデータ分析の今後【第3回】
PayPalも活用、消費を伸ばす「トランザクションデータ」
取引情報が詰まったトランザクションデータこそが、コンシューマーの購買行動を予想する上での「最強のシグナル」となる。米PayPalの主席サイエンティストは、こう主張する。(2012/11/8)

PayPalに聞く、ビッグデータ分析の今後【第2回】
PayPalも苦慮、ビッグデータツールはなぜ使えないのか
ビッグデータを活用しようと思っても、適切なツールが見つからない。米PayPalの主席データサイエンティストは、データ活用ニーズの多様化がその背景にあると指摘する。(2012/11/1)

PayPalに聞く、ビッグデータ分析の今後【第1回】
PayPalも苦戦? ビッグデータ活用で解くべき2大課題
ビッグデータ活用に当たり、企業のCIOは「かなり苦戦する」。大量の取引データを顧客分析に生かす、米PayPalの主席データサイエンティストはこう語る。その理由とは?(2012/10/26)

PayPalのインキュベータープログラム参加者が語る
起業家が語るベンチャー苦闘物語、成長のきっかけはどこにある?
新興企業は、事務所の確保から優秀な人員の採用までさまざまな課題に直面する。米PayPalのインキュベータープログラム(事業育成制度)「Start Tank」ではどのようにこれらの課題を解決するのか。(2014/10/7)

OpenStack Orchestrationの進化はいかに
PayPalが語るOpenStack新版「Havana」の導入効果
OpenStackで大規模環境を運用する企業が集まったパネルディスカッションでは、新版「Havana」を多くの企業が称賛した。その一方で、2014年の「Icehouse」に向けて、欲しい機能がたくさんあるとも語った。(2013/12/2)

パスワードは「インターネットの発展を阻害」
数年でパスワードのない世界に――PayPal幹部が認証変革
ID/パスワードは認証手段として機能していないどころか、インターネットの発展を阻害しているのではないか――。こうした考えの下、ID/パスワードの一掃に乗り出した非営利団体がある。(2013/6/10)