TechTargetジャパン

リストアを待たずに仮想マシンのデータを使える
30分までのダウンタイムが許せるなら「リカバリーインプレース」はいい選択肢か?
新たなデータ保護手法の1つに「リカバリーインプレース」(インスタントリカバリ)という高速リカバリ技術がある。この手法は有用だが、多少の事前計画が必要になる点に留意したい。(2016/5/18)

バックアップおよびリカバリ環境に関する読者調査
回答者の半数が悩むバックアップ/リカバリの課題とは?
TechTargetジャパンは2014年4月、バックアップおよびリカバリ環境に関する読者調査を実施した。調査結果からは企業におけるバックアップ/リカバリの利用状況や課題、製品導入の状況などが分かった。(2014/7/1)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「バックアップ/リカバリ環境」についてお伺いします。(2017/3/6)

大量データも超高速バックアップ
Oracle DB運用の最適化と、失敗のないリカバリを両立させる“ここにしかない”方法
日々増え続ける重要なデータのバックアップ運用は、IT担当者の悩みの種だ。複数のデータベースが乱立する環境であっても、バックアップ処理が楽になり、さらにリカバリの確実なテストもできる方法はないだろうか?(2016/5/25)

バックアップ・リカバリに関する読者調査
6割の回答者が重視するバックアップ・リカバリ環境のポイントとは
TechTargetジャパン会員を対象に、「バックアップ・リカバリ環境に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/4/27)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「バックアップ/リカバリ環境」についてお伺いします。(2016/2/8)

HCIのパフォーマンスを落とさないために
HCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方
IT基盤を簡単かつ安価に利用できることで注目を集めるハイパーコンバージドインフラ(HCI)のメリットを生かすには、バックアップツール選びも重要なポイントだ。(2017/9/8)

企業のバックアップ/リカバリ環境に関する調査レポート
導入意欲が高いクラウドバックアップサービス、その理由と懸念とは
2017年3月に「企業のバックアップ/リカバリ状況に関する読者調査」を実施した。本レポートでは、特にクラウドバックアップの状況についてその概要をまとめた。(2017/6/1)

【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「バックアップ/リカバリ環境」の利用状況についてお伺いします。(2015/8/3)

NEWS
Linux向け高速バックアップ/リカバリ製品、ストレージクラフトが投入
ストレージクラフトがWindowsシステム向けで定評のあるバックアップ/リカバリ製品のLinux版を発表。同時に日本でのビジネス戦略を発表した。(2015/5/20)

仮想化、モバイル、クラウドの登場で旧来の手法はもはや限界
バックアップ/リカバリの「複雑・遅い」を解決する最新手法とは
サーバ仮想化やデータ増大化が企業システムの安全かつ確実な保護を難しくさせている。従来型のバックアップ/リカバリ製品では困難だった優れたパフォーマンスや効率性、使い勝手を実現する最新手法を紹介しよう。(2015/1/23)

中堅・中小企業が抱える課題のトップ6を解決できる統合バックアップ
複雑な環境でもバックアップはシンプル、専任者いらずで簡単に運用する秘訣とは
TechTargetジャパンは2015年8月に「中堅・中小企業向けバックアップ/リカバリ環境に関する読者調査」を実施した。調査結果から見えてきた読者が感じているバックアップ/リカバリの問題点とは。(2015/10/30)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「バックアップ/リカバリ環境」についてお伺いします。(2015/2/9)

似ているようで違う
AWS、Azure、Googleのクラウドストレージを比較、各社の特徴は?
パブリッククラウドの主要プロバイダー各社が提供するストレージについて調べた。比較したのはバックアップ/リカバリ、アーカイブ、ハイブリッドクラウドストレージ、クラウド分析といった機能だ。(2017/4/3)

SMB向けバックアップソフト紹介:デル・ソフトウェア
CDPに近い仕組みで継続的にデータを保護する「Dell AppAssure」
デル・ソフトウェアのバックアップ/リカバリソフトウェア「Dell AppAssure」は、「継続的なデータ保護」「迅速なシステムリストア」「どこにでもリカバリ」の実現を支援する機能を備えている。(2015/5/12)

物理環境とは違った観点が必要
完璧な製品は存在しない、4つの仮想化バックアップ/リカバリ製品を比較
仮想環境では、バックアップ/リカバリの新しいアプローチが必要だ。本稿では、仮想バックアップの機能を備えた製品を紹介する。(2014/10/27)

中堅・中小企業向けバックアップ/リカバリ環境に関する読者調査リポート
重視するのは「運用のしやすさ」、中堅・中小企業ならではのバックアップ環境の悩み
TechTargetジャパンは2015年8月、従業員300人未満の中堅・中小企業の会員を対象に「バックアップ/リカバリ環境に関する読者調査」を実施した。調査結果から製品/サービスの導入・検討状況、業務利用の状況などが明らかになった。(2015/10/30)

【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査(2014年)
本調査は、IT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、バックアップ/リカバリシステムの導入・検討状況、選定ポイント、現在抱える課題などについてお伺いします。(2014/4/2)

クラウドとオンプレミスとの融合策とは?
大切なデータを失わない、AWSへのバックアップ/リカバリ必勝法
普及期に差し掛かっているクラウド。中でもデータの爆発的な増加を背景に利用が急増大しているのがクラウド型ストレージである。果たして、その賢い活用法とは。(2015/10/20)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
複雑化するバックアップ/リカバリ環境の特効薬
物理/仮想化環境が混在するシステムが増えたことで、バックアップ/リカバリ環境では処理性能や運用管理の手間などの課題が浮かび上がっている。そうした課題を解決する最新ソリューションを一挙に紹介する。(2013/8/27)

NEWS
重複排除バックアップ/リカバリ製品群のラインアップを強化、EMC
重複排除バックアップストレージの新機種、重複排除アプライアンス製品、バックアップソフトウェアの新版などをEMCジャパンが発表。各製品の連携機能を強化することで、バックアップ/リカバリ環境の統合を支援する。(2013/8/8)

NEWS
シマンテック、VMware環境アプリケーションのリカバリソフト最新版
シマンテックがVMwareの仮想環境上で稼働するアプリケーションのリカバリソフトウェアの新バーションを発表した。仮想マシンとその上で稼働するアプリケーションのリカバリ・再起動が可能。(2011/6/17)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査(2013年)
本調査は、IT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、バックアップ/リカバリシステムの導入・検討状況、選定ポイント、現在抱える課題などについてお伺いします。(2013/6/24)

NEWS
統合バックアップ・リカバリソフトの新版を発表――Arcserve
仮想環境やアプリケーション向けバックアップ、詳細な単位でのリストアなど、50種以上の機能を拡張した。(2014/11/10)

シマンテック「バックアップ/リカバリに関するアンケート調査」
簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で合計10名様にAmazonギフト券 3000円分をプレゼント。(2014/11/26)

簡単バックアップから本格リカバリまでを網羅
中堅・中小企業向け障害復旧対策を松竹梅コースで解説
バックアップ/リカバリの重要性は広く認知されつつも、システム環境の整備はいまだ十分ではない。この状況を打開するために参考にしたいのが、自社の要件に応じた3種のモデルケースだ。具体的な内容を紹介する。(2015/7/6)

震災から4年、バックアップ環境を見直す
あなたのバックアップ課題を劇的に変える3つの手法、検証結果も公開
バックアップ・リカバリ環境は多くのIT担当者の頭を悩ませている。コストや手間、時間など、さまざまな課題を抱える中、環境の見直しを進めている企業も少なくない。理想のツール像を探る。(2015/5/15)

ホワイトペーパーレビュー
VMware仮想環境のバックアップ/リカバリ対策を紹介した3つのホワイトペーパー
本稿では、VMware仮想化環境におけるバックアップ/リカバリ手順などを解説した3つのコンテンツを紹介する。(2011/2/10)

今注目のイメージバックアップ「ShadowProtect」でダウンタイム削減
テラバイト級のデータ復旧がわずか数分! 遠隔DRを40万円以下で実現する高速リカバリソフト
データの急増によりバックアップ時間が長期化し、万一のデータリカバリにも支障が出るようになってきた。そんな中、イメージバックアップ方式でシステムとデータを丸ごと保護する「ShadowProtect」が注目されている。(2012/6/28)

DRツールは特効薬にあらず
復旧プランで異なる 仮想ディザスタリカバリツールの選択基準
以前はコスト面で難しかったディザスタリカバリ(DR)だが、仮想DRツールを利用することで実装しやすくなった。しかし、ツールの特性とDRプランのニーズを把握して導入する必要がある。(2012/4/18)

仮想化で軽視されがちなハードウェアだが
大切な仮想環境、ハードウェアが故障したら何が起こる?
アプリケーションの可用性向上に役立つソフトウェア機能が普及する中、IT担当者は、全てのハードウェア障害が防げるわけではないことを忘れがちだ。これではリカバリ計画もおろそかになってしまう。(2014/10/20)

“つぎはぎ”ではない、単一プラットフォームで実現
バックアップ/リストアの概念を一新する、データ管理手法とは?
企業が保有するデータ量は急激に増加し、仮想化/クラウド技術、BYODなどの普及によって、バックアップ/リカバリ環境をはじめとする企業のデータ管理の課題は尽きることはない。そうした悩みが解決できる方法を探る。(2014/6/17)

バックアップ関連市場の最新トピックを紹介
SSDに重複排除ソフト──2011年下半期注目のバックアップ/リカバリ技術
2011年上半期のバックアップ/リカバリ分野ベンダーの動向を振り返り、これから特に注目すべき市場のトピックを探ってみよう。(2011/6/13)

バックアップ/リカバリ環境に関する読者調査リポート
仮想環境の対策に不安、読者調査が示すバックアップ環境の現状
TechTargetジャパンが実施したバックアップ/リカバリ環境に関する調査では、仮想環境が普及している中でも、物理環境のバックアップ手法に依存している企業が多いことが分かった。(2013/7/31)

脚光を浴びる重複排除、存在感を示し続けるテープ
バックアップ/リカバリ技術の2011年を展望する
バックアップ/リカバリの専門家が、VMware、重複排除技術、テープなど、幾つかのキーワードに絡めて2010年を振り返り、2011年を展望した。(2011/1/18)

バックアップ/リカバリの課題を一気に解消!
間違ったバックアップ運用が企業システムの破綻を招く
現在、企業のバックアップ/リカバリ環境の多くが、データ量の急激な増加や仮想化環境への対応などに追い付かずリスクを抱えながら稼働している。その解決策として注目を集めている製品を紹介する。(2013/8/27)

仮想化事業継続ソリューション「PlateSpin Forge」
災害対策としてバックアップ、二重化、ディザスタリカバリを1台で実現
PlateSpin Forgeは、仮想化技術を応用して複数のサーバをバックアップし、迅速にリカバリできるアプライアンスである。その活用方法を、企業ユーザーへの導入事例4件を題材として見ていこう。(2011/4/25)

重複排除技術と統合管理機能を融合
実効性の高いバックアップ/リカバリ運用を実現するには?
バックアップに課題を抱える企業が多い中、実効性の高いバックアップ運用を可能にするソリューションが注目を集めている。重複排除機能を搭載したストレージと統合管理ツールの連携により得られるメリットとは?(2012/12/27)

ホワイトペーパーレビュー
Hyper-V環境のバックアップ/リカバリ手順を紹介した3つのホワイトペーパー
本稿では、ハイパーバイザーの1つである「Windows Server 2008 Hyper-V」環境におけるバックアップやリカバリ手順などを記載した3つのコンテンツを紹介する。(2010/12/14)

NEWS
シマンテックが中小企業向けに情報保護製品の新ラインアップ 「バックアップ/リカバリでITの改善を」
メール/エンドポイントセキュリティ、バックアップ/リカバリ機能を備える情報保護スイート製品に、新ラインアップを追加。従来製品の一部価格を半額とした。(2010/7/1)

災害対策ソリューション「IBM SmarterCloud Virtualized Server Recovery」
IAサーバのクラウド型災害対策は「切り替え、リカバリの確実性」で選ぶ
IAサーバは既に多くの企業で基幹を担うプラットフォームとなった。ではその災害対策はどうしているだろうか。昨今クラウド型の災害対策が注目されているが、いざというときに確実に復旧できるサービスを選びたい。(2012/8/6)

仮想化のメリットはROIだけではない
データセンターのディザスタリカバリで仮想化が果たす役割
仮想化技術が、データセンターのディザスタリカバリに大きな効果を発揮する可能性があることと、同技術の限界について解説する。(2008/7/30)

ホワイトペーパーレビュー
ディザスタリカバリ対策を再点検する際に役立つ3つのホワイトペーパー
本稿では、TechTargetジャパンのホワイトペーパーダウンロードセンターに登録されているホワイトペーパーの中から、事業継続性を確保するためにIT管理者が対応すべき手順を解説したコンテンツを紹介する。(2011/3/18)

SMB向けバックアップソフト紹介:シマンテック
3クリックでバックアップジョブを作成できる「Symantec Backup Exec 2012」
シマンテックの中堅・中小企業向けデータ保護ソフトウェア「Symantec Backup Exec 2012」は、直感的なUIや3種類の重複排除方式、仮想環境での細かいリカバリ設定でバックアップの効率化を支援する。(2012/7/12)

企業の災害復旧計画に必要なものと不要なもの(後編)
ディザスタリカバリ計画のカギは「自動化」にあり
ITコンポーネントの高機能化が進んだことで、復旧プロセスの多くの要素を自動化できるようになった。その場合、設定の詳細や復旧手順などを文書化することはさほど重要ではなくなる。(2011/4/8)

NEWS
仮想環境のリカバリ対応を強化したデータ保護ソフトの最新版、日本HP
日本HPが仮想化環境への対応や管理機能を強化したデータ保護ソフトウェアを発表した 。また、ライセンス体系の見直しや販売パートナーの拡大などの施策も実施。(2011/4/6)

専用アプライアンスで「隠れたコスト」を削減
1万台のPCをWindows 7へ一括導入、イメージ展開製品が実現する俊敏なIT
クライアントPC管理にかかわる大部分の作業を自動化し、IT管理者を煩雑な業務から解放する。それによって、PC管理の「隠れたコスト」を削減するとともに、迅速なリカバリを実現することでビジネスに貢献する。(2012/5/29)

中小企業のための災害復旧/事業継続計画
わずかなダウンタイムでシステム丸ごと復旧 〜中小企業に最適なお手軽リカバリツール
データをバックアップしているだけでは、数時間・数分単位のRTOを達成することは難しい。シマンテックが提供する「Symantec System Recovery 2011」なら、バックアップしたシステムを素早く戻せる。(2011/6/10)

地震やテロだけがディザスタではない
ディザスタリカバリプランの予算確保のための7つのステップ
経営幹部に対し、ディザスタリカバリとは「ディザスタ」に対処するだけでなく、ダウンタイムを引き起こす可能性があるすべての原因に対処することだと理解させる必要がある。(2009/2/13)

リカバリ対策ソフト「CA ARCserve Replication/High Availability」
業界初、真のCDP機能搭載で柔軟なリカバリを実現するソフトウェア
日本CAは、レプリケーション/高可用性を実現するソフトウェア2本を「ARCserve」シリーズへ追加する。これらは単にデータやアプリケーションを保護するだけでなく、過去の正常な状態へデータをリカバリするCDP(継続的データ保護)機能を実装するなど、リカバリ対策の実効性を大幅に向上してくれるソフトウェアとなっている。(2007/10/29)