TechTargetジャパン

フレックスジャパンが挑んだプラットフォーム移行
事例:大手ワイシャツメーカーがこだわった“メインフレーム級”の信頼性、最新ストレージはどう応えたか
企業の競争力を生み出す業務アプリケーションの信頼性を高めるにはどうすればいいのか。フレックスジャパンが推進した“メインフレーム級”の信頼性を誇るストレージ製品の導入を紹介する。(2015/3/20)

手作業による運用管理からの解放
DevOpsでビジネスにスピードと信頼性を、運用自動化のベストプラクティスは
ビジネスのスピードを上げるには、開発と運用が連携してシステム開発を進める「DevOps」の実践が大きな鍵となる。その実現には運用自動化ツールが欠かせない。(2017/2/22)

日本では2020年度後半以降に終了
企業はISDNサービス終了に備えよ、IoT時代へ向けた8つのステップ
ISDNは近い将来にサービスが終了することが明らかだ。企業は適切な代替技術を見つけ、IoT時代に向けて通信の信頼性と安全性を確保する必要がある。(2017/2/3)

なぜ、経営層は上がってきた数字に対して嘆き続けるのか
データの信頼性と連携性を高めるための“計画系システムの統合”の進め方
“数字に基づく経営”が身近なものとなりつつある中、「数字が上がってくるのが遅い」「上がってくる数字が信用できない」といった不満を抱く経営層が増えている。どうすれば解決できるか。(2016/9/26)

デル株式会社提供Webキャスト
用途や目的に応じビジネスに機動性をもたらす、法人向けノートPCの優位性とは?
ビジネス向けのノートPCは、低コスト性はもちろん、長期間ライフサイクルを実現する信頼性の高さが重要視される。信頼性の高い設計で最高レベルの耐久性やライフサイクルを実現するデルの法人向けノートPCの優位性を紹介しよう。(2015/7/23)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
中小規模企業でもできる、Windows NASによるデータ一元管理と自動バックアップ
製造業にとって作業データの管理は生産性に直結する。それは中小規模事業所でも同様だ。扱いが容易なWindows NASを活用して、高い信頼性を確保しつつ、データを一元管理と自動バックアップを実現するための方法を紹介する。(2017/4/19)

DevOps環境に適応
Googleのプログラミング言語「Go」のメリット、その今後
プログラミング言語「Go」や「サイト信頼性エンジニア」(SRE)という新しい職種など、Googleは着々とDevOps文化への貢献を果たしている。ただし、まだ道のりは長い。(2017/4/27)

デル株式会社提供Webキャスト
信頼・メンテナンス・セキュリティ、法人向け用途に適うデスクトップPCとは?
ITコスト削減が求められる中で、法人向けデスクトップPCにも、長期間ライフサイクルや信頼性といった低コスト性が重視される。堅牢な設計思想と高い信頼性、メンテナンス性やセキュリティ性を備えた、デルの法人向けデスクトップPCを紹介しよう。(2015/7/23)

国産メインフレームをリプレースしセキュリティと信頼性を向上
アプラス事例:Linuxと高信頼ハードの“いいとこ取り”が作る信販サービスの未来
アプラスはメインフレームのリプレースを決断し、高信頼ハードとLinuxによる新プラットフォームを採用した。社会インフラとしてセキュリティと信頼性を最優先に考えたシステム導入のいきさつをIT部門の責任者に聞いた。(2017/2/20)

次世代モバイル通信の構成要素は?
5Gの中心はIoT通信、「標準」をどう作るか
第5世代移動通信(5G)に求められるのは高速性と高信頼性、機械間通信の3つだ。「セルラーIoT(C-IoT)」はこれら全てのシナリオで使用されるだろう。そして、その接続の大半は機械間通信になるはずだ。(2016/12/12)

「価格で決めればいいじゃない」は失敗する
「セキュアIoT」と「クラウド対応」に強いネットワークインフラベンダーを探せ
「使えて当然」になりつつある企業ネットワーク。信頼性確保のために、ネットワークインフラベンダーとの連係は必須だ。しかし、その「違い」はどこで分かるだろうか。(2016/12/12)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
どのベンダーで買っても同じか? キーマンが語るx86サーバの今と未来
もはやx86サーバはコモディティ製品だと見られがちだが、必ずしもそうではない。機能性や信頼性、サポート体制、そして限りなく生まれるニーズに応える新技術の開発など、x86サーバのキーマンによる対談から明らかにする。(2016/12/7)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 ストレージ編【第1回】
初めてのフラッシュデバイス、HDDとの違いは?
高性能が魅力のフラッシュデバイスは、今後ますます市場拡大が見込まれる技術分野だ。そもそもフラッシュデバイスはどのような仕組みで稼働し、HDDと比べて性能、コスト、信頼性でどう優位性があるのか。(2016/11/8)

“キャリアクラス”ベンダーだから可能なこと
高価なシャーシ型スイッチの信頼性を安価なボックス型で可能にする
可用性が重要な企業の基幹ネットワーク機器では稼働し続けるために冗長化を進めている。しかし、ハードウェアの二重化はデバイスのコストアップに直結する。コストを抑えつつ冗長性を高める意外な方法とは?(2016/2/1)

APIの積極的かつ迅速な公開が鍵に
「SoE」「SoR」の“決定的な違い”とは? 両方を生かす方法は?
新しいアイデアをすぐに形にすることが求められる「SoE」と、信頼性を重視した従来型の「SoR」。相反する2つの速度感に対処するにはどうすべきか。(2016/10/6)

SoRにSoEに追随するスピードを
品質を犠牲にしないアプリ&サーバ“爆速配備”の具体策とは?
従来、信頼性や安定性を重視してきた業務システムにもクラウド的なスピード感を求めたい。蓄積された構築や運用のノウハウを生かしつつスピード向上を図る手段はあるのか。(2016/9/30)

3社提供ホワイトペーパー
SAP S/4HANA環境をクラウドで構築、選べる運用形態は?
ミッションクリティカルなシステムをクラウド移行する際に最も重視されるのがベンダーの信頼性だ。そこで、信頼できるベンダーに基幹系システムだけでなく情報系システムを含めたクラウド化を任せる企業が増えつつある。(2016/6/30)

今年こそ来た、「PKI元年」到来に現実味
メールの信頼性をビジネスで安心して使える基準にする秘訣とは
ビジネスに欠かせないメールはなりすましが容易なことから、標的型攻撃やフィッシング詐欺で悪用されやすい。そこで低コストでなりすましを防ぎ、メールのみで安心して取引を完結できる方法を紹介する。(2015/9/11)

3社提供ホワイトペーパー
SAPシステムのクラウド移行、必ず確認すべき品質基準とは?
SAP ERPなどのミッションクリティカルな情報システムのクラウド化では、サービスの信頼性を慎重に検討する必要がある。SAPシステムのクラウド移行であれば、品質基準の認定をクリアしているかどうかなどがサービス選びの重要ポイントとなる。(2016/6/30)

質の高いパートナー連携が可能にする
HDDをオールフラッシュ相当に、「旧式ストレージをSDSで再生する方法」とは
調達しやすいサーバを使って仮想化運用するSDS(Software Defined Storage)では、信頼性の高いサーバベンダーと技術力の高いソフトウェアベンダーの連携でHDDでもオールフラッシュ相当の性能を発揮するという。(2016/6/15)

データベース&オールフラッシュの組み合わせは“必須アイテム”に
「Yahoo! JAPAN」、200の重要DBに超高速で高信頼なオールフラッシュストレージ採用
高性能に加えて安定性や信頼性が求められる。日本最大のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」のサービスを支えるフラッシュストレージの導入では厳しい要件が並んだ。積極的に新しいチャレンジをするヤフーが選んだ製品とは?(2016/5/12)

今やフラッシュアレイは企業のスタンダード
「SSDはHDDよりも割高」は過去の話――SSD中心のストレージ選びで外せない4要件とは
SSDがHDDに比べて割高というのは過去の話だ。今後企業ではSSD中心のストレージ構成が主流となる。だが、長年使用してきたHDDと等しく信頼性などの要件は満たせるのか。企業利用に適したフラッシュアレイの要件とは。(2016/4/27)

単純移行からS/4 HANA化まで“コストと開発期間”の適正化
SAPユーザーが注目するクラウド移行、成功の鍵は「影響分析」と「テスト」
クラウドの信頼性向上で注目される“SAP ERP on クラウド”。特に既存Windows環境と親和性が高い「Microsoft Azure」は移行先の有力候補だ。だが、一般的にSAP ERPの移行やアップグレードは高リスク。プロはこの課題をどう解決しているのか。(2016/3/30)

3D CAD、4Kクオリティの映像制作に対応
これぞワークステーション、専門業務を支える高性能と信頼性を実現するPCとは?
設計、試作の3D化や映像制作の高クオリティ化によって現場で求められる作業用コンピュータの要件も変化している。必要なのは高性能と高信頼を誇るワークステーションだ。(2015/4/30)

クラウド業界のキーパーソンが対談
Microsoft AzureでもHAクラスタを──クラウドで可用性を高めるための確実な選択肢とは
企業におけるクラウドの利用が拡大している。今や高い信頼性が求められるシステムをクラウドで動かすケースも多い。止まることが許されない環境をクラウドでどう構築するか? キーパーソンが語り合った。(2015/12/1)

ITインフラは無停止が常識に
2020年には“オフライン”が死語になる――IoT時代を予測する
あらゆる電子機器がインターネットにつながるIoTの時代。「データセンターには、発電所と同じぐらいの信頼性が要求されるようになる」と未来学者は予測する。それが現実的な要求となる日は、間もなく到来する。(2015/11/6)

新人IT担当者のためのネットワーク機器入門【第6回】
即時性か信頼性か、レイヤー4のプロトコル「TCP」と「UDP」
ネットワークと関連機器に関する「今更聞けない」基礎知識をこっそりおさらいしようというこの連載。今回はレイヤー4の技術である「TCP」と「UDP」について学びます。(2015/2/13)

「信頼性をテストすべき」か「稼働を優先すべき」か
“落ちないコンピュータ”をどうテストするか? 専門家でも意見は真っ二つ
本番環境におけるサーバの高可用性(HA)を確実にしたい場合、混乱を招くリスクを冒してでもサーバの高可用性をテストした方が良いのか、それともシステムの信頼性を信じた方が良いのだろうか。(2015/10/6)

あなたは知っていますか?
生体認証が企業システムのスタンダードになるこれだけの理由
認証精度や信頼性などに対して懐疑的な見方もある生体認証。しかし技術革新によって「使えない」という常識は過去のものになりつつある。特に注目される「手のひら静脈認証」の最新技術を紹介する。(2015/10/13)

日本オラクル×伊藤忠テクノソリューションズ
IAサーバとは桁違いの信頼性と性能を低コストで UNIXサーバがやっぱりスゴイ
ミッションクリティカルなシステムにIAサーバは不安。そんな企業の間で注目されているのが最新技術を搭載し、コストも大幅に抑えたUNIXサーバだ。UNIXサーバのこれまでの常識を覆す新しい潮流を紹介しよう。(2014/8/27)