TechTargetジャパン

備えがあり過ぎても困る
ディザスタリカバリ環境の構築、複数サイト方式とクラウド利用方式を比較する
適切なディザスタリカバリ(DR)の選択には、コスト、目標復旧時間(RTO)、専門知識の有無が重要だ。慎重に分析した結果、クラウドが最適と考える企業もあるだろう。(2017/4/5)

バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【最終回】
どれを買う? クラウドを活用したバックアップ/DRに役立つ製品を一挙紹介
オンプレミスのデータやシステムをクラウドへバックアップ/DRする場合、どのような製品を利用すればいいのだろうか。バックアップ/DR方式別に、製品の組み合わせを解説する。(2018/5/21)

バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【第3回】
バックアップ/DRで「システムの切り替え先にクラウドを使用する」8つの方式
オンプレミスからクラウドへ「サイト間のシステム切り替え」をしたい場合に用いる8つの方式を解説する。クラウドを使ったバックアップ/DRのための製品を比較選定する際に役に立つはずだ。(2018/2/22)

2018年に起こる変化とは
「ディザスタリカバリー」(DR)の注目トレンド GDPR対策からエージェントレスまで
災害などによる被害からシステムやデータを回復させる「ディザスタリカバリー」(DR)。2018年になってもその重要性は変わらず、引き続き進化を続けている。DRのトレンドをまとめた。(2018/4/9)

バックアップ/災害対策にクラウドを使いこなす【第1回】
クラウドをバックアップ/DRに活用するには? 目的別に要件を固める
「クラウドにバックアップデータを保存したい」「クラウドを災害対策(DR)に活用したい」場合に、幾つかの確認事項がある。クラウドを活用したバックアップ/DRについて目的や要件を整理する。(2017/8/31)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第1回】
いまさら聞けない、バックアップ技術の学習で欠かせない3つの基礎
バックアップ技術を学習する上で必要になる前提知識として、リストア、必要な資源、サービスレベルの3点について解説する。(2017/2/27)

クラウドは管理不能という現実
痛い思いをしてAmazon S3障害から得た教訓、「クラウド利用時のDRは大丈夫?」
Amazon Web Services(AWS)のようなクラウドサービスを利用している企業は、障害発生に備えて災害対策(DR)計画を策定しておく必要がある。(2017/4/28)

製品選定のための「データ管理/保護」コラム【第1回】
「フルバックアップが終わらない」を解決する2つの方法
バックアップ容量が増え続ける中、手動運用でカバーするには無理がある。そこで検討したいのがフルバックアップを不要にする2つのバックアップ方法だ。データ種類別のバックアップ方法のベストプラクティスも紹介。(2017/6/28)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第2回】
基礎から分かる、企業システムに求められるバックアップ5カ条
企業システムで求められるバックアップ要件を基に、バックアップの種類や手法、格納先、そして仮想環境のバックアップ方法について解説する。(2017/3/22)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第3回】
基礎から分かるバックアップ、「重複排除」「レプリケーション」「DR」を解説
バックアップツールを用いれば、重複排除やレプリケーション、災害対策(DR)が可能だ。今後は、バックアップデータをビジネスに活用するためのデータの可視化が注目を集める。(2017/3/23)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【最終回】
バックアップがデータ活用の中心へ、そのために必要な運用自動化の話
「データを生かす企業が生き残る」といわれる昨今、バックアップデータは単なる保険から、宝の山へと見方が変わってきている。バックアップ製品の進化を考察する。(2017/3/30)

最新のバックアップ手法を一気に解説
消えかけていたバックアップ技術がにわかに脚光を浴び始めた理由
サーバ仮想化の増加により、データバックアップテクノロジーが進化している。その進化には、継続的データ保護(CDP)インスタントリカバリー、フラットバックアップ、バックアップアプライアンスが貢献している。(2016/11/28)

「エージェント方式」「VADP方式」の弱点を克服せよ
ソフトウェアCDPで可能になる新時代の「仮想マシン単位」バックアップとは
仮想環境の導入は今や当たり前となった。そこで問題なのが仮想マシンのバックアップだ。複数の方法があるがどれもメリットとデメリットがある。双方を一緒に解決できないものだろうか?(2016/8/29)

アンケートから見たバックアップ課題
こういうのが欲しかった、仮想環境でバックアップとDRを劇的にシンプルにする方法
仮想環境やプライベートクラウド環境を運用する際、複雑になりがちなバックアップやDR(災害対策)。これらを劇的にシンプルにする手段を紹介する。(2015/12/4)

仮想環境の“データ保護”製品選定【DR編】
災害対策、迷ったらこれを選ぶ 〜3つのDR方式を徹底解説
障害や災害に備え、企業はどの程度のシステムの災害対策(DR)を行うべきなのだろうか。DRには大きく分けて3つの方式がある。それぞれの目的や実装パターンとは。(2015/5/22)

Computer Weekly製品導入ガイド
仮想化時代のバックアップと災害復旧
仮想化を利用するメリットの1つに、バックアップ対応の充実が挙げられる。新旧のサプライヤーが提供する製品を紹介する。(2015/2/17)

震災から4年、バックアップ環境を見直す
あなたのバックアップ課題を劇的に変える3つの手法、検証結果も公開
バックアップ・リカバリ環境は多くのIT担当者の頭を悩ませている。コストや手間、時間など、さまざまな課題を抱える中、環境の見直しを進めている企業も少なくない。理想のツール像を探る。(2015/5/15)

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【最終回】
【徹底比較】VMware環境でシンプルなDRを実現するには? 主要製品の違いを見る
VMware環境でDR(災害対策)を実現するための最適な推奨構成とは。主要各社のバックアップソフト、重複排除ストレージ、統合バックアップアプライアンスの「機能」を徹底比較した。(2014/12/18)

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【第2回】
VMware環境に最適なDR製品の選び方 〜バックアップデータの遠隔地保管編
DR方式は3つに分類でき、各方式を構成するデータレプリケーションとグローバルクラスタにも複数の実装パターンがある。「バックアップデータの遠隔地保管」の実装パターン、製品選定のポイントについて解説する。(2014/9/9)

ディザスタリカバリ計画のファンダメンタルズ:テストの基礎的要件
災害復旧計画を策定する前に、RTOとRPOを決定せよ
策定した災害復旧計画の妥当性を確認するために必要不可欠な要素。それは、災害復旧のプロセス全体を包括するテストだ。(2011/5/30)

NEWS
ラネクシー、RTO短縮化に注力したイメージバックアップソフトを販売
ラネクシーが米StorageCraftと国内総代理店契約を締結し、バックアップ/リカバリソフトウェア「ShadowProtect」シリーズの販売を開始した。(2011/6/9)

中小企業のための災害復旧/事業継続計画
わずかなダウンタイムでシステム丸ごと復旧 〜中小企業に最適なお手軽リカバリツール
データをバックアップしているだけでは、数時間・数分単位のRTOを達成することは難しい。シマンテックが提供する「Symantec System Recovery 2011」なら、バックアップしたシステムを素早く戻せる。(2011/6/10)

クラウドベースのアーカイビング導入検討のポイント【前編】
クラウドベースのアーカイビングで気を付けるべき8つの要素
クラウドベースのアーカイビングを導入・運用する上で、サービスレベル管理は極めて重要な要素だ。クラウドアーカイビングベンダーの選定に当たって検討すべきサービスレベルについて解説する。(2012/9/26)

VMware vs. サードパーティー
【Q&A】VMware環境で災害復旧計画を立てるには?
VMware環境で災害復旧(DR)計画を立案するために効果的なツールとは。用途や目的に応じてVMware Site Recovery Manager(SRM)かサードパーティーのDRツールを選択すべきだ。(2012/6/4)

今注目のイメージバックアップ「ShadowProtect」でダウンタイム削減
テラバイト級のデータ復旧がわずか数分! 遠隔DRを40万円以下で実現する高速リカバリソフト
データの急増によりバックアップ時間が長期化し、万一のデータリカバリにも支障が出るようになってきた。そんな中、イメージバックアップ方式でシステムとデータを丸ごと保護する「ShadowProtect」が注目されている。(2012/6/28)

SMB向けストレージ製品紹介:日立製作所
ファイル仮想化を推進するSMB向けプラットフォーム「Hitachi Virtual File Platform 50」
日立製作所が2011年9月に発表した仮想ファイルプラットフォームのエントリーモデル「Hitachi Virtual File Platform 50」。同社の製品の特徴であるファイル仮想化機能をSMB向けに提供する。(2011/10/6)

ホワイトペーパーレビュー
ストレージ効率化事例を紹介した3つのホワイトペーパー
ストレージ構成が複雑化することでその運用管理の負荷が増大している。本稿では、ストレージ管理の効率化を実現した事例を掲載したホワイトペーパーを紹介する。(2011/9/22)

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第1回】
クラウド時代に中堅・中小企業がサーバを仮想化する7つのメリット
クラウド時代といわれる中、企業はITを一足飛びにクラウド化できていないのが現状である。そこでクラウド移行への準備として検討されるのがサーバ仮想化だ。本稿ではSMBのIT事情とサーバ仮想化のメリットを解説する。(2011/8/16)

違いが分かりにくい復旧サイトのオプションを解説
災害復旧におけるホット、ウォーム、コールドサイトの違い
災害復旧関連の用語として、ホットサイトやウォームサイト、コールドサイトといった言葉が用いられる。それらの中から、どうすれば自社に最適なオプションを選択できるのだろうか?(2011/5/20)

エンタープライズディスクストレージ製品紹介:デル
データ管理を自動最適化するストレージ「Dell Compellent」
ストレージにおけるデータ階層化が注目を集めている。その背景には、近年多くの企業が抱えるデータ管理の課題がある。そうした課題を解決するストレージとして、デルが2011年に提供開始した製品を紹介する。(2011/7/13)

見直し迫られる企業の事業継続【第3回】
ディザスタリカバリ対策、最初の一歩 〜具体的アプローチを示す
対策が求められるITシステムのディザスタリカバリ(DR)対策。どのような範囲や想定で計画すればいいのか。DR対策を行うための具体的なアプローチを紹介する。(2011/7/11)

CTCSP災害対策ソリューション「Double-Take」
データ損失とダウンタイムを最小化 事業継続に効くレプリケーションツール
事業継続を支援するソリューションは数多くあるが、コスト面から実際の導入に踏み切れない企業も多い。そんな中、データ損失やダウンタイムの最小化を手軽に実現するツールが注目されている。(2011/6/20)

SMB市場ではDR対策はぜいたくなもの?
災害復旧テストを実施してこなかった企業の本音
事前に策定した災害復旧計画のテストを定期的に実施している企業は多い。しかし、その実施状況や関心の度合いは企業規模によって異なる。(2011/6/10)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
ビジネスを止めないBCP(事業継続計画)作成の手引き
未曾有の事態に備えて企業が策定しておくべき事項として、システムのバックアップ/ディザスタリカバリ、在宅勤務の導入など、各項目別に成功のためのノウハウを紹介する。(2011/7/19)

災害復旧計画の8つのTips(後編)
災害時に混乱しない災害復旧計画のポイント
IT管理者は災害復旧に関する戦略的な意思決定が可能となるよう、手元の問題を強く認識し、それらを解決する方法を学ばなければならない。(2011/5/17)

災害復旧計画の8つのTips(前編)
災害復旧において最も陥りやすい失敗
災害復旧は偶然うまくいくものではない──これが失敗しない秘策だ。信頼できる災害復旧計画を立案するために役立つTipsを紹介しよう。(2011/5/9)

企業の災害復旧計画に必要なものと不要なもの(前編)
ディザスタリカバリ計画の最優先事項は「ネットワークの復旧」
各社がディザスタリカバリ(DR)計画に文書化しておくべき優先事項と、余計な保守作業や混乱をもたらすために含むべきではない項目を紹介する。(2011/4/4)

ホワイトペーパーレビュー
ディザスタリカバリ対策を再点検する際に役立つ3つのホワイトペーパー
本稿では、TechTargetジャパンのホワイトペーパーダウンロードセンターに登録されているホワイトペーパーの中から、事業継続性を確保するためにIT管理者が対応すべき手順を解説したコンテンツを紹介する。(2011/3/18)

ホワイトペーパーレビュー
VMware仮想環境のバックアップ/リカバリ対策を紹介した3つのホワイトペーパー
本稿では、VMware仮想化環境におけるバックアップ/リカバリ手順などを解説した3つのコンテンツを紹介する。(2011/2/10)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
バックアップの課題解決に役立つツール導入ガイド
データ増加や仮想化対応が進む自社のシステム環境を効率的かつ確実にバックアップする手法とは何か? 読者調査から明らかになったバックアップ環境の構築・運用における課題の解決に役立つベンダー各社の提案を一挙に紹介する。(2011/2/1)

ホワイトペーパーレビュー
Hyper-V環境のバックアップ/リカバリ手順を紹介した3つのホワイトペーパー
本稿では、ハイパーバイザーの1つである「Windows Server 2008 Hyper-V」環境におけるバックアップやリカバリ手順などを記載した3つのコンテンツを紹介する。(2010/12/14)

新方式のバックアップストレージ「EMC Data Domain」
重複を高速判定――独自の重複除外技術でデータ量削減と高速バックアップを実現
バックアップシステムを統合し重複除外を高速化するEMC Data Domainと、バックアップ時間とネットワーク回線への負荷を低減するEMC Avamar。丸紅情報システムズは両製品でバックアップ方法の見直しを提案する。(2010/9/1)

ディザスタリカバリ対策経費を削減
事業継続計画の資金工面に役立つ5つの手段
事業継続プログラムを導入するための戦略の1つが、ディザスタリカバリ対策の経費を節減し、その分をBCPの費用の一部に割り当てることだ。(2009/3/17)

非技術的要素も考慮しているか
ディザスタリカバリ計画の注意点
リカバリが行われる際、非技術的な要素のせいで難航してしまう場合が極めて多い。幾つかの具体的なケースを挙げながら、DR計画の注意点を紹介しよう。(2008/6/2)