TechTargetジャパン

ICTが可能にするビジネス変革
ビジネス変革をリードするICTとは? 強力タッグが語り合った
激変する市場への柔軟な変化が求められる中、企業はICTをどのように活用していけばよいのだろうか。業界のキーパーソンがICTによるビジネス変革を語り合った。(2017/4/11)

Nutanixに続くことができるか
ハイパーコンバージドインフラ市場、これから要注目の3社とその技術
ハイパーコンバージド市場は新興企業が群雄割拠する場ではなくなった。SimpliVity、Pivot3、Scale Computingのような企業は、Nutanixやサーバ、そしてストレージの大手企業と新たな戦いを繰り広げている。(2016/12/27)

ハイパーコンバージドインフラ比較【前編】
ベンダーに言い負かされないためのハイパーコンバージド選びのコツ
複雑怪奇なハイパーコンバージドインフラの選択作業は険しい道のりになる。ベンダーの膨大なラインアップに圧倒されず自分たちにベストな製品を選ぶために必要な「検討のガイドライン」を紹介しよう。(2016/10/25)

サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関する調査レポート
「バックアップ」と「性能」、主要仮想化技術に潜む根深い課題
TechTargetジャパンは2016年4〜5月に、「サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2016/7/11)

AWS Lambdaによる技術進化
近い将来に消えるかもしれない“IT運用職”、サーバレスの「NoOps」が拡大
自動化と抽象化、クラウドサービスへのアウトソースによって、IT運用の必要性がなくなる――。「NoOps」と呼ばれる、こうした概念は何年も前から存在しているが、技術進化によって現実味が増してきた。(2016/6/7)

Gartnerが勧めるITインフラとは?
自社データセンターとコロケーションを価格だけで選んではいけない
ITコスト削減の要はデータセンターにある。仮想化がその鍵を握るが、VMスプロールがコスト増を招く恐れがある。また、自社でデータセンターを構築するかコロケーションを利用するかを費用だけで選ぶと失敗するという。(2016/1/21)

EMC Forum 2015リポート
“ネガキャン”にも負けない 日通がプライベートからパブリッククラウドへ移行するまで
近年、プライベートクラウドからパブリッククラウドへ移行する企業が出てきている。中でも日本通運はAWSとIIJのマルチ体制を取った点がユニークだ。移行プロセスも緻密に計画。注目プロジェクトを担当者が語った。(2015/11/19)

「次世代」のニーズは満たされるか
大規模クラウド環境のための理想のストレージとは?
クラウド事業者やプライベートクラウドを運用する大規模なエンタープライズユーザーの課題となりがちなのがストレージ。クラウド環境でも緻密な運用管理を行い十分なパフォーマンスを得るための解決策を探る。(2015/6/22)

ガートナーサミット 2015 リポート
自動車業界の大競争時代、デンソーが生き残りを懸けて挑むOSS&クラウド化
自動車業界は大競争時代に突中し、それを支えるITもまた変革を求められている。ホストからいち早くオープン化に踏み切ったデンソーのIT子会社が、プライベートクラウドの取り組みを語った。(2015/5/29)

教育ITニュースフラッシュ
ソフトバンクのロボット「Pepper」を学習塾が活用、その狙いとは?
デスクトップ仮想化で公立学校のPC環境刷新を進める大分県豊後高田市の事例から、岐阜県教育委員会の仮想化によるサーバ統合の取り組みまで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2015/1/9)

「サーバ&ストレージ」ニュースフラッシュ
オラクルがフラッシュストレージに絶対の自信を持つ理由
日本オラクルのオールフラッシュストレージから、パナソニックISが“仮想化しない”リモートデスクトップ環境を構築した事例まで、サーバ、ストレージに関連する最新のニュースをお届けします。(2014/10/31)

パブリッククラウドの選択を見誤るな!
真の“ハイブリッドクラウド”の条件を読み解くための重要ポイント
オンプレミスの基盤にパブリッククラウドを接続すれば、ハイブリッドクラウド環境が実現するわけではない。最も重要なことは、同じアーキテクチャ、同じ運用管理ツール、同じノウハウを相互に生かせるかどうかだ。(2014/5/12)

中堅中小企業が取るべきベストな選択とは?
脱2003 Server座談会:ファイルサーバ移行で+αの価値を得る3つの選択
中堅中小企業のWindows Server 2003移行で大きな課題となるのがファイルサーバだ。だが、サーバOSをただアップグレードするだけではもったいない。この機会に、サーバ統合やクラウド活用などでプラスαのメリットも手に入れよう。(2014/4/16)

サーバ仮想化に関する調査リポート
技術革新の進むサーバ仮想化、残る課題は運用管理
TechTargetジャパンでは2014年1月にサーバ仮想化に関する調査を実施。回答者の3分の2がサーバ仮想化を導入済み・導入予定と回答するなど、すっかり当たり前の技術となったサーバ仮想化。残る課題はやはり運用のようだ。(2014/2/27)

「Windows Server 2003」サポート終了に対応
事例で分かるサーバ仮想化の“ホンネ” Hyper-V採用の理由は?
確実に増えつつある仮想化技術を活用したサーバ統合。成功のための鍵はどこにあるのだろうか。「Hyper-V」サーバ仮想化で大きなメリットを出した事例から成功のポイントを探る。(2014/1/27)

消費電力と設置スペースを大幅に削減
データセンター効率化を実現する超高密度サーバの実力とは?
クラウド化/ビッグデータ対応でサーバリソース増強が不可欠なデータセンターでは、消費電力と設置面積の問題が深刻化。解決策となる「超高密度スケールアウトサーバ」の導入効果を従来環境との比較検証で紹介する。(2013/12/16)

NEWS
仮想化環境特化型ストレージの新シリーズを発表、ティントリジャパン
ティントリジャパンがストレージ新製品群を提供開始。単一システムで最大2000の仮想マシンをサポートできる。同時に統合管理ツールの提供や販売パートナーの拡充を発表した。(2013/10/30)

読者調査から浮かび上がった仮想化運用課題に応える
運用コスト・工数を抑えて、サーバ仮想化のコストメリットを最大化する4つの秘訣
コスト削減策として、多くの企業に浸透したサーバ仮想化。だが、システムの複雑化によって管理コスト・工数がかさみ、仮想化のコストメリットを十分に享受できない例が続出している。この問題を解決する秘訣とは?(2013/8/29)

ユーザーニーズと統合管理のジレンマ
ファイルサーバ統合再挑戦、できる理由とできない理由
「社内ユーザーを説得できないから、ファイルサーバ統合は無理」と諦めてはいないだろうか。諦めることは許されないし、諦める必要はない。テクノロジは大きく進化してきているのだ。(2013/6/10)

省電力および電力管理対策に関する読者調査リポート
回答者の71.1%が「電力使用量の削減」に期待、読者調査が示す電力対策の現状
ITシステムの省電力および電力管理対策の現状調査を実施。電力使用量や運用コストなどの削減効果を期待する一方、導入に必要な予算や体制の整備などが課題になっていることが分かった。(2013/2/27)

運用自動化製品紹介【第5回】
ユーザーのITリソース入手をセルフサービス化する「CA Automation Suite for Clouds」
国内でシェア上位を占める統合運用管理製品ベンダー7社を取材する本連載。今回はCA Technologiesが提供する運用自動化製品群「CA Automation Suite for Clouds」の中核製品「CA Process Automation」を紹介する。(2013/1/24)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【第3回】
中小企業がサーバ仮想化の投資対効果を最大化するには?
中小企業がサーバ仮想化活用で直面する課題のうち、管理・運用や社内における意思決定など「モノ」以外に関する事項について明らかにし、それらの解決策を探る。(2012/12/6)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【第2回】
サーバ仮想化導入の障壁、ハードウェアコストの課題を解決する
中小企業がサーバ仮想化活用で直面する課題のうち、ハイパーバイザーやストレージなどの「モノ」に関する事項について明らかにした。本稿ではそれらの解決策を探る。(2012/11/14)

あらためて見直す中小企業にとってのサーバ仮想化【第1回】
【導入効果】台数削減だけではないサーバ仮想化のメリット
サーバ仮想化には物理サーバ台数の削減以外にも多くのメリットがある。本稿では、物理サーバを購入する予算や運用管理を担う人材が限られる中小企業が、サーバ仮想化をすべきメリットを解説する。(2012/11/8)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理
【保存版】仮想環境に最適な統合運用管理製品を一挙に紹介
コスト削減をはじめ多くの効果が認められているサーバ仮想化だが、運用管理にはまだ課題が多い。そこで力を借りたいのが統合運用管理製品だ。仮想化の管理で役に立つ統合運用管理製品を紹介する。(2012/9/14)

富士通が提案するプライベートクラウドへの道しるべ
仮想化/クラウド化への“壁”を克服する運用管理ツールとは?
サーバ仮想化の次のステップとして、プライベートクラウドへの展開が積極的に進められている。課題となるのが「インフラ管理の複雑化」だ。クラウドへの円滑な移行を可能にするソリューションが注目を集めている。(2012/9/10)

米TechTarget調査から見える仮想化の最新動向【後編】
アンチ仮想化は劣勢に、サーバ統合だけではない仮想化のメリット
仮想化の最大の目的はサーバ統合だろう。だが、仮想化の目的はそれだけではない。システム管理の改善やディザスタリカバリなどでも効果を発揮する。一方で、仮想化の必要がない企業も存在する。(2012/8/31)

サーバ仮想化に関する読者調査結果リポート
今後導入したいハイパーバイザー、Hyper-Vが伸びXenServerは横ばい
既にサーバ仮想化を導入している企業は6割にも上る。今後のハイパーバイザーの導入意向では、Hyper-Vが大きく伸びている。(2012/7/25)

伊藤忠テクノソリューションズ「cloudage FaaST」
プライベートクラウドの構築を最短ルートで実現する方法
プライベートクラウドが注目されてはいるが、その実現にはさまざまな課題がある。二の足を踏む企業が多い中、仮想化技術を基盤とするプライベートクラウド構築のベストプラクティスに関心が集まっている。(2012/7/24)

ホワイトペーパーレビュー ベスト10
2012年上半期、仮想化で最も読まれたホワイトペーパーは?
仮想化に関するホワイトペーパーの中から、2012年上半期にダウンロード数が多かった上位10コンテンツを発表。全体の傾向と上位3コンテンツを紹介する。(2012/7/6)

処理負荷と管理性、リカバリの柔軟性に注目
災害復旧の切り札、仮想環境のバックアップに潜む「3つの課題」とは?
業務システムの稼働環境への適用が進むサーバ仮想化。ただし、仮想環境でのデータのバックアップには注意すべき点がある。仮想環境のバックアップにおける3つの課題と、その解決策を示す。(2012/6/19)

読者の知りたいにベンダーが答える!
中堅・中小企業の悩みを解決する最適なストレージ構築術
ストレージを効率的に運用したいというニーズは、企業規模を問わない共通課題だ。中堅・中小企業では、少ないIT予算や管理者の不在といったさまざまな制約がある。SMBならではの悩みを解決するポイントを紹介する。(2012/6/1)

ホワイトペーパーレビュー
WAN高速化の導入効果が分かる3つのホワイトペーパー
トラフィック増などによるWANのパフォーマンス低下を防ぐ「WAN最適化製品」。本稿は、WAN高速化製品の導入効果を解説した3つのホワイトペーパーを紹介する。(2012/5/21)

ホワイトペーパーレビュー
Hyper-V環境のストレージ運用に役立つ3つのホワイトペーパー
本稿では、ハイパーバイザーの1つである「Windows Server 2008 Hyper-V」環境におけるストレージ運用を記載した3つのコンテンツを紹介する。(2012/4/25)

9カ国の669企業・組織のCTOに調査
業界別クラウド事例から学ぶ パブリック/プライベートの使い分け
さまざまなパブリッククラウドサービスが登場する一方で、プライベートクラウドの構築に着手する企業も出てきている。長年企業のIT戦略を支援してきた専門家に、日本におけるクラウド化の進展を聞いた。(2012/4/18)

VMware“インフラ管理ツール”を理解する(後編)
vSphereベースのクラウド構築・運用を簡素化 〜ハイブリッドも視野に
VMware vSphere上でIaaS環境を構築・運用する「VMware vCloud Director」。プロバイダーが提供するvCloud DirectorベースのパブリックIaaSと連携し、ハイブリッドクラウドへと発展させる。(2012/4/9)

データセンター環境の物理/仮想リソース管理のコツ(1)
実例で学ぶ、仮想リソース最適化のためのロードバランシング
IT管理者にとってデータセンター環境の適切なリソース管理は必須スキルだ。特に今後重要になるのは、仮想化された物理プラットフォームを考慮したリソースプランニングである。(2012/3/29)

ホワイトペーパーレビュー
ファイルサーバ運用の課題解決に役立つ3つのホワイトペーパー
ファイルサーバの容量不足に対して、単にサーバを増設する対応ではその運用管理にさまざまな問題が出てくる。本稿では、ファイルサーバの課題解決に役立つ3つのコンテンツを紹介する。(2012/3/9)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理【第4回】
プロセス管理と自動化に優位性 IBM Tivoliの仮想化・クラウド対応機能
Tivoliの仮想化対応機能の中でも特徴的である、プロセス管理とプロビジョニングの自動化を中心にTivoliの製品群を見ていく。日本IBM自身のプライベートクラウドへの取り組みも紹介する。(2012/2/28)

ホワイトペーパーレビュー
ストレージコストの削減事例を紹介した3つのホワイトペーパー
ITコストの抑制が要請される中、多くの企業でストレージ使用率の改善や急激なデータ量の増加などへの対応が求められている。本稿では、ストレージのコスト削減事例を解説した3つのコンテンツを紹介する。(2012/2/17)

NEWS
トーヨデンサン、社内のファイルサーバ統合に「EMC VNXe」を採用
社内に乱立するファイルサーバの統合を目的として、EMCジャパンのユニファイドストレージを導入した。管理負荷の軽減やパフォーマンス改善などを含めてTCOの削減を実現。(2012/2/10)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理【第3回】
物理/仮想の混在環境で、シンプルに視覚的な運用管理を実現するNEC WebSAM
NEC WebSAMの仮想化対応機能、クラウド環境に求められるシステム運用の機能に対応した製品を紹介する。ユーザビリティとアクセシビリティを向上させる使いやすいユーザーインタフェースが特徴だ。(2012/1/12)

Citrixによるプライベートクラウド構築6のステップ【前編】
Citrixのプライベートクラウドを支える3つの技術
仮想化からクラウドまで、技術や製品をフルスタックで提供するCitrix。前編では、ハイパーバイザー、アプリケーションデリバリーコントローラー、アプリケーション配信の3つを紹介する。(2012/1/12)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理【第2回】
自社データセンターで磨かれた技術を仮想化・クラウド環境に 〜NRIのSenju Family V12
野村総合研究所の「Senju Family」は、自社データセンターの管理ノウハウが詰め込まれた、仮想化・クラウド環境における統合運用管理ソフトウェアである。(2011/11/30)

オープンソースPaaS基盤ソフトウェア活用事例
楽天がプライベートPaaSを構築――「Cloud Foundry」を選んだ4つの理由
「世界市場で勝つには技術力も必要」という思想の下、内製主義にこだわる楽天。同社はオープンソースのPaaS基盤ソフト「Cloud Foundry」のカーネルで、自前の“プライベートPaaS”を構築。その取り組みを紹介した。(2011/11/28)

仮想環境のストレージ課題への新しい選択肢
外付けストレージ不要の仮想共有ストレージソフトウェア「StorMagic SvSAN」
サーバ仮想環境に移行するとリソースの効率化やコスト削減などのメリットがある。しかし、ストレージの構成が足かせとなりメリットを十分に享受できない場合もある。(2011/11/10)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理【第1回】
サーバ仮想化計画からクラウド運用までを総合的に支援するJP1 V9.5
仮想化に対応した統合運用管理ツールの代表格ともいえる日立製作所の「JP1」。最新版のV9.5には、仮想化の導入前からクラウド環境の運用に至るまで、幅広い運用管理業務を支援する機能が備わっている。(2011/11/4)

関連分野とのシームレスな連携がカギ
サーバ仮想化と切り離せないストレージ統合
サーバ仮想環境の普及が進み、厳しくなるストレージの要件。コスト削減や災害対策などの幅広い要件を満たす統合型ストレージやバックアップ最適化などに関する最新情報を紹介する。(2011/11/1)

仮想化ライセンス方式に関するFAQまとめ(後編)
クラウドは仮想化技術のライセンス方式をどう変えるか?
仮想化各社のライセンスモデルの違い、仮想環境におけるソフトウェアライセンスをめぐる問題を考察する。また、クラウドの普及で仮想化のライセンス方式が変化する可能性についても論じる。(2011/10/21)

ホワイトペーパーレビュー
ストレージ効率化事例を紹介した3つのホワイトペーパー
ストレージ構成が複雑化することでその運用管理の負荷が増大している。本稿では、ストレージ管理の効率化を実現した事例を掲載したホワイトペーパーを紹介する。(2011/9/22)

仮想化導入、見落としたくない検討ポイント
基幹システムへの仮想化検討、UNIX/IAサーバ製品を徹底比較!
IAサーバの仮想化統合を実施した企業が、今度はより重要なシステムへの仮想化適応を検討している。これまでのプロジェクト以上に信頼性と拡張性が求められる中、選ばれたソリューションとは?(2011/9/16)

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第2回】
サーバ仮想化導入の肝、失敗しないサイジングとP2V
無計画なサーバ仮想化の導入は、後々のリソース不足やオーバースペックによる過剰投資を招く。本稿ではSMBがサーバ仮想化で失敗しないための3つのプロセスから、既存環境の現状分析と移行作業のポイントを解説する。(2011/9/16)

VMware vSphere Tips
VMware ESX/ESXiサーバ構成情報のバックアップとリストア
VMware vSphere 4.1で提供されているVMware ESX/ESXiサーバにおける構成情報のバックアップ/リストア機能と、利用時の注意点について紹介する。(2011/9/8)

Oracle Optimized Solution for Enterprise Cloud Infrastructure製品リポート
実は簡単だったクラウド構築――仮想化技術で低コストに実現するには?
サーバ統合、そしてクラウド構築を試したいという企業は多いが、コストや技術面の課題で尻込みするケースが多い。サーバ統合からクラウド構築にどうスムーズにつなげるか。低コストな解決策を紹介する。(2011/8/31)

従来のネットワークと比較
次世代データセンターネットワークを実現、OpenFlowとは何か?
クラウド時代の新しいネットワーク制御技術として注目を集める「OpenFlow」。本稿では、OpenFlowの仕組みと特徴を紹介する。(2011/8/26)

読者の知りたいにベンダーが答える!
一歩進んだサーバ仮想化管理
コスト削減では一定の効果が認められている仮想化技術だが、運用管理にはまだ課題が多い。サーバ仮想化運用管理における課題の解決策を、仮想化のプロが提案する。(2011/8/22)

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第1回】
クラウド時代に中堅・中小企業がサーバを仮想化する7つのメリット
クラウド時代といわれる中、企業はITを一足飛びにクラウド化できていないのが現状である。そこでクラウド移行への準備として検討されるのがサーバ仮想化だ。本稿ではSMBのIT事情とサーバ仮想化のメリットを解説する。(2011/8/16)

VMware vSphere Tips
VMware vSphereのログ管理における注意点
VMware vSphereのログ管理における注意点と、VMware vSphereがログ外部出力機能として提供しているSyslog、VMware vSphere Management Assistant(vMA)の機能について紹介する。(2011/8/10)

高コストから低コストまで
サーバ仮想化の統合率を向上させる5つの方法
サーバ仮想化にとってサーバ統合は最大のメリットだ。以下、サーバの統合率を向上させるための5つの戦略を紹介する。(2011/8/8)

注目を集めるネットワーク制御技術「OpenFlow」(後編)
使える? 使えない? OpenFlowをめぐる賛否両論
前編に引き続きネットワーク制御技術「OpenFlow」のメリットを解説するとともに、スケーラビリティに対する懸念、それを解決するための動向を紹介する。(2011/8/2)

ホワイトペーパーレビュー
ITシステムの節電対策に役立つ3つのホワイトペーパー
サーバの省電力化や電力の可視化、クライアントPC管理など企業の省電力対策を掲載しているホワイトペーパーを紹介する。(2011/8/2)

CTCが提案する仮想環境に最適化なストレージ環境
サーバ仮想化の影で先送りされていたストレージ問題
サーバ統合を目的とした仮想化環境の普及が進むにつれて共有ストレージへのI/Oが集中し、その管理や運用が困難になるという問題が表面化してきた。(2011/7/29)

注目を集めるネットワーク制御技術「OpenFlow」(前編)
ソフトウェア定義型ネットワークを構築するOpenFlowで何が変わる?
オープンソースのネットワーク制御技術「OpenFlow」。その特徴は、ネットワーク経路をフローとして定義し、各種の制御を実現することにある。そのメリットを技術的に解説する。(2011/7/28)

VMware vSphere Tips
VMware vSphereで仮想マシンの信頼性を向上させる方法
仮想マシンの信頼性を向上させる機能として、VMware HAやVMware FTの他、MSFC(Microsoft Failover Cluster)におけるクラスタ構成、ロードバランサーを利用した負荷分散などの方式について紹介する。(2011/7/25)

読者の知りたいにベンダーが答える!
電力不足にも対応 押さえておきたい「企業の停電対策」
中長期的な電力不足が懸念される中、多くの企業が停電・節電などに対応する電源対策の見直しを迫られている。調査結果で明らかになった多くの企業が今後導入予定の電源対策について、各項目別に必要なノウハウを紹介する。(2011/7/15)

日本IBM × ヴイエムウェア「仮想化による省エネ&管理ソリューション」
電力制限にも負けない! サーバ統合によるITシステム強化術
いよいよ始まった電力の使用制限。事業活動に多大な影響を与えかねない状況の中、サーバ仮想化と電力の見える化による省電力対策が注目を集めている。(2011/7/11)

VMware vSphere Tips
VMware vSphere 4.1におけるエディション選択の注意点
VMware vSphere 4.1では従来同様、選択するエディションにより利用できる機能が制限される。従って、利用する機能が該当エディションで利用できるかを計画時にチェックすることが必要だ。(2011/6/27)

XenServer Tips
XenServerで仮想環境を設計するためのポイント 〜サーバ統合編
XenServerでサーバ統合を実現する際、設計時に検討すべきポイントを紹介する。システムを構成するCPU、メモリ、ストレージ、ネットワークといった4つのコンポーネントに分けて解説する。(2011/6/20)

識者が語る基幹システムのBCP:アクセンチュア 沼畑幸二氏
節電対策でCIOが仮想化とクラウドに注目すべき理由
企業の基幹システムを破壊した東日本大震災。企業は今後の基幹システムの再構築や運用をどう考えていけばいいのか。アクセンチュアのエグゼクティブ・パートナーである沼畑幸二氏に聞いた。(2011/5/31)

JDSF会員企業座談会(3)
クラウド以後のストレージ未来予想図
新たなストレージ環境として注目されている“クラウドストレージ”。提供側であるベンダー各社はどう考えているのだろうか。ストレージ業界団体であるJDSF会員を対象にした座談会での議論を紹介する。(2011/4/15)

NEWS
EMCジャパン、SMB市場向けストレージのエントリーモデルを販売開始
中堅・中小企業向け製品群のエントリーモデル「VNXeシリーズ」2機種の提供を開始。4社の販売パートナーと共に同市場におけるマーケットシェアの拡大を目指す。(2011/4/11)

ファイル仮想化ソフトウェア3製品比較
Windowsファイルサーバのスプロール対策で使えるファイル仮想化ソフトウェア
ファイル仮想化をWindowsファイルサーバのスプロール(無秩序な増殖)対策として利用する手法を紹介する。(2011/3/24)

ブレードサーバシステム紹介
搭載技術の進歩によって、ブレードサーバシステムの用途は広がりを見せている。本連載では、主要なベンダーが提供するブレードサーバ製品を紹介する。(2011/3/4)

ブレードサーバシステム紹介:デル
運用負荷を低コストで軽減するブレードサーバ「Dell PowerEdge Mシリーズ」
サーバ統合を目的として導入が進むブレードサーバシステム。主要なベンダー製品を紹介する連載の1回目は、デルの「Dell PowerEdge Mシリーズ」を取り上げる。(2011/3/2)

サーバ仮想化導入に関するアンケート調査リポート
普及期に近づくも運用管理ノウハウに課題が残るサーバ仮想化
TechTargetジャパン会員を対象に、サーバ仮想化技術/ツールの利用状況に関する調査を実施。試験導入を含めると6割近い回答者がサーバ仮想化を導入しているものの、運用管理では依然として課題が残る。(2011/3/1)

プライベートクラウドソリューション最前線【第6回】
“日立クラウド”の実績で提供 〜プライベートクラウドを3週間で構築するレディーメード型パッケージ
自社事例のノウハウを基にクラウドソリューションを体系化した日立は、必要なハードウェア/ソフトウェアがあらかじめ設定された、レディーメード型のプライベートクラウドパッケージソリューションを提供する。(2011/1/21)

ストレージ仮想化の導入状況に関する読者調査結果リポート
ストレージ仮想化の導入は「2割」程度、その障壁は?
2010年11月、TechTargetジャパン会員を対象に「ストレージ仮想化に関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、その導入状況や期待する効果、導入への懸念点などが明らかになった。(2010/12/27)

XenServer Tips
XenServerの使い方に関して、ユーザーから多く寄せられた問い合わせを1つずつ取り上げ、専門家が解説する。(2010/12/17)

ホワイトペーパーレビュー
Hyper-V環境のバックアップ/リカバリ手順を紹介した3つのホワイトペーパー
本稿では、ハイパーバイザーの1つである「Windows Server 2008 Hyper-V」環境におけるバックアップやリカバリ手順などを記載した3つのコンテンツを紹介する。(2010/12/14)

ホワイトペーパーレビュー
ITインフラの最適化事例を紹介した3つのホワイトペーパー
市場の変化や顧客ニーズに対応するため、より柔軟で効率的なITインフラの構築・運用が求められる。本稿では、システム環境の最適化に取り組んだ事例を掲載したコンテンツを紹介する。(2010/11/10)

サポート/ライセンスコストの無駄を省く
古いサーバの電源を切り、仮想化のメリットを最大限に
仮想化によって不要となったシステムを居座らせておいては、エネルギー効率の改善にならないばかりでなく、ライセンス管理という面で重大なリスクとなりかねない。(2010/11/8)

Oracle Databaseのライセンスコストで悩む中堅企業ユーザーへ
サーバ性能を維持しながらOracleライセンスコストを削減する方法
仮想化やサーバ統合などでITコスト削減を進める企業。だが、CPUコア単位のライセンス体系を採用するデータベースなどはコスト削減が難しい。ここにも、Oracle Databaseのコストで悩む中堅企業の姿があった。(2010/11/12)

ホワイトペーパーレビュー
Hyper-Vの概要と特徴が分かる3つのホワイトペーパー
マイクロソフトのハイパーバイザー製品であるHyper-Vに関する概要や主要機能、インストール手順を解説したホワイトペーパー3つをピックアップ。(2010/9/27)

中堅企業の多様な経営課題のために
利益をあげる中堅企業向けITソリューション
中堅企業のIT活用を支援する、日本アイ・ビー・エムとそのパートナー企業が結集。幅広いソリューションにより、あらゆる角度から中堅企業の業務課題を解決する。(2011/10/13)

高信頼と拡張性で基幹システムの仮想化も現実に
クラウドの発展を支えるVMware vSphere 4とインテル® Xeon® プロセッサー 7500番台の強力タッグ
仮想化技術の導入が加速して いる。1つの方向性は大規模仮想環境を活用したERPパッケージなど基幹システムでの利用だ。最新の仮想化ソフトウェアと、最新プロセッサーの強力なタッグがそのIT基盤を支える。(2010/8/19)

BI製品紹介:マイクロソフト
「Microsoft SQL Server 2008 R2」+「Excel 2010」が目指すセルフサービスBI
マイクロソフトはSQL ServerとExcelの組み合わせでBI環境を提供してきた。そしてOffice 2010により、同社のBIはエンドユーザー自ら分析環境を構築できる「セルフサービスBI」へと進化した。(2010/7/30)

完全エージェントレスの検疫ソリューション「CounterACT」
サーバ統合の波で注目される「センター集約型検疫システム」とは
クラウドの台頭によるサーバ統合の波で、検疫システムにもセンター集約型を求める声が高まっている。端末にエージェントを導入したくないという現場ニーズに応えつつ、集約型を実現する検疫システムとは何か。(2010/7/12)

Acronis Backup & Recovery 10
「仮想でも物理でも簡単に」これからの統合バックアップ
管理対象のマシンが増えても、仮想・物理環境が混在していても、バックアップ作業を円滑に。そして災害が起きた際は誰でも簡単に復旧できるようにしたい。そのためには統合バックアップシステムの確立が不可欠だ。(2010/7/1)

ライセンス管理、クライアント管理、そしてコストを最適化する
先進企業が始めている「IT資産の見える化」とは
先進企業が注目する「IT資産管理」。ソフトウェアやクライアントPCの利用状況を管理し、無駄なコストを削減。セキュリティの向上も期待できる。IT資産の見える化を実現する最新ソリューションを紹介する。(2010/6/28)

ネットワーク認証と検疫で今すぐ取り組める端末セキュリティ
クラウド化で変わるセキュリティ、変わらないセキュリティ
クラウドは従来のコンピューティングリソースの利用を根本から変えたが、ネットワークセキュリティはどうか。クライアントアクセスの仕組みと保護の視点から、クラウド時代のセキュリティのあるべきアプローチを探る。(2010/6/28)

TechTarget会員限定の座談会を開催!
サーバ仮想化の「次」を考える
TechTargetジャパンでは6月24日(木)に会員限定の座談会を開催します。サーバ仮想化の次のステップを検討しているIT管理者の方にお集まりいただき、仮想化導入における課題の最適解を見いだします。ぜひご応募ください。(2010/5/31)

仮想化リーダー企業に聞く2010年の戦略【第3回:ヴイエムウェア】
全方位戦略で仮想化市場拡大を推進、クラウドでもリーディングベンダーへ
仮想化のリーディングカンパニーとしてまい進し続けるヴイエムウェア。2010年はサーバ仮想化の先にある新たな市場でも主導権を握るべく、4つの重点施策を掲げる。(2010/5/28)

エンタープライズ向けデータ保護ソリューション「Symantec NetBackup 7」
ここまできた、最新次世代バックアップの利用メリット
急増するデータのバックアップに関する悩みは尽きない。ストレージコストを抑えながら効率的にバックアップを行っていく方法はあるのだろうか。新しい技術の導入にためらいは要らない。最新情報を紹介しよう。(2010/5/17)

仮想化リーダー企業に聞く2010年の戦略:第1回 マイクロソフト
MS、サーバ、デスクトップともに仮想化市場拡大へ本格攻勢
マイクロソフトは、2010年の仮想化戦略として、サーバ仮想化とデスクトップ仮想化の両市場において本格的に攻勢を掛ける方針を打ち出している。(2010/5/14)

運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品【第1回】
まず押さえておきたいサーバ仮想化導入のポイント
サーバ仮想化の運用管理方法について検討する前に、押さえておきたいサーバ仮想化のポイントを解説する。(2010/5/17)

デスクトップ仮想化って何?(前編)
デスクトップ仮想化がもたらす柔軟で堅固なIT基盤
2010年が元年といわれるほど注目されているデスクトップ仮想化。かつて期待されたシンクライアントやサーバベースコンピューティングとは何が異なるのか。(2010/5/12)

ネットワーク統合にも有効なCEE/FCoE対応10GbEスイッチ「Brocade 8000」
信頼できるデータセンタースイッチを見極めるための5つの要素
仮想化によるサーバ統合が進むデータセンターにおいて、ネットワークにはこれまでにない新たな役割が求められている。では、仮想化環境に最適化されたデータセンター向けスイッチに必要な条件とは何だろう?(2010/4/26)

NEWS
レッドハット、最新プロセッサをサポートしたLinux OSの最新版を販売開始
最新プロセッサのサポートによりサーバのパフォーマンスや集約度を向上させた。レッドハットの仮想化・クラウドコンピューティング戦略の基盤となる製品。(2010/4/1)

複合機における“質の変化”を見逃すな
複合機の使い方を変える「サーバ化」と「クラウド連携」
コスト削減活動の余波で設置台数や利用機会が縮小している複合機。コピー・FAXといった従来機能にとどまらない、今の複合機の質的な変化を積極的に取り込めば、一層のコスト効果を得られるかもしれない。(2010/3/31)

Egenera BladeFrame導入事例
【事例】「仮想化システムを3週間で完成せよ」――スピード構築成功のウラ側
不正アクセスによるサービス停止を経験したゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)は、3週間で新システムを構築した。スピード構築こそがリスク軽減につながるというその発想はどのようなものなのか。(2010/3/26)

統合型ストレージ「IBM XIV」
もうストレージ管理で悩まない。クラウド時代の新発想ストレージ
クラウドコンピューティングの利用が活発化すると企業の情報システムが扱うデータ量はますます増加することが予想される。そうした時代の変化に、大胆な発想で対応するエンタープライズストレージシステムが生まれた。(2010/2/26)

実践! 中堅・中小企業のための賢いIT投資【第3回】
知らないと損? 中小企業が税制・ベンダー両面でフル活用したい支援制度
中小企業が限られた予算をITに振り向ける上でぜひ検討したいのが、IT関連優遇税制やベンダーが実施する支援制度。初期投資の負担を減らせるだけでなく、運用後の状況変化に伴う投資も軽減することができる。(2010/1/21)

国内市場動向から読み解く仮想化
【導入効果】コスト削減以外の仮想化導入メリットを見いだすには?
サーバ、ストレージだけでなくデスクトップ領域まで仮想化の取り組みは広がっている。しかしそこで留意しなくてはならないのが仮想化そのもののクオリティだ。それがコスト削減以外の仮想化導入メリットだといえる。(2010/1/14)

IBMの次世代ネットワークストレージ「IBM System Storage Nシリーズ」
仮想化によるサーバ統合が招く意外な落とし穴
仮想化技術を活用したサーバ統合を推進する企業が増えている。仮想化による統合で得られるメリットはさまざまあるが、サーバ仮想化環境を実現した際に新たな問題が発生することはあまり知られていない。(2009/12/15)

IT担当者が価値ある仕事に没頭できる環境を実現
運用管理にもう振り回されない “ITインフラ最適化”必勝法
障害対応やパッチ適用などで一日が終わり、ビジネスに貢献するITの企画などIT部門本来の価値ある仕事に戻れず忙殺されていないだろうか。日々の煩わしい作業を軽減し、本来の業務に専念できる改善策を紹介する。(2009/12/15)

企業がサーバ統合・仮想化を成功させるためのベストプラクティス
仮想化の導入を成功させるために活用したいベストプラクティス2点と事例の合計3点の最新資料をまとめて紹介。TechTarget会員限定で資料をダウンロードできます。「同意して閲覧する」をクリックし、アンケートに答えて資料をダウンロードしてください。(2009/12/7)

国内市場動向から読み解く仮想化
中堅・中小企業が実感するコスト削減以外の仮想化メリットとは
サーバやストレージの仮想化について、中堅・中小企業の中にも導入を検討する企業が増加しつつある。単純にサーバを集約することによるメリットを追うのではなく、自社システムをトータルに効率運用するためだ。(2009/11/2)

PC管理とサーバ統合で情報漏えい対策を徹底せよ
「手付かず」では済まされない、中小企業のPC管理
情報漏えい事故が相次ぐ昨今、中小企業においても情報セキュリティの強化は避けられない。顧客情報の入ったPCやサーバから情報が流出するリスクを抑えたい。そのためにまず何をすべきかのヒントがここにある。(2009/10/19)

PC総合管理ソリューション「PC運用上手」
待ったなし! PC管理とサーバ統合で始める中小企業の情報セキュリティ
中小企業にとって情報セキュリティ対策は喫緊の課題。大手企業は情報漏えいの危険性を抱える企業とは取引しなくなっている。今、取り組むならば、効果の出やすいPC管理とサーバ統合から始めてはどうだろうか。(2009/10/19)

ホワイトペーパーレビュー
「仮想化」をさまざまな観点から学べる4つのホワイトペーパー
オープンプラットフォーム上の仮想化技術は、単なるITトレンドの段階を過ぎ、今や本格導入フェーズに入ろうとしている。本稿では、この仮想化技術をさまざまな切り口から取り上げたホワイトペーパーを紹介する。(2009/9/29)

NEWS
北弘電社、VMware Infrastructure 3で12台の物理サーバを2台に統合
北弘電社がVMware Infrastructure 3の導入でネットワーク系/業務系サーバ12台を2台に統合し、本格稼働を開始した。今後30〜40%の運用コスト削減を見込んでいるという。(2009/6/19)

プロビジョニング自動化とツール統合が鍵
仮想インフラ管理の新アプローチ──目指すは複雑さの解消
サーバ仮想化の導入によりサーバ統合を果たす一方で、ITインフラ管理の複雑化という新たな課題に直面する企業も多いという。具体的に何が問題となっており、どのような解決策が存在するのだろうか?(2009/6/2)

メインフレームやハイエンドRISCサーバにもLinuxを
データセンター統合の基盤としてLinuxを活用する
データセンター統合の最も優れたアプローチの1つは、Linuxを中心に据えることだ。包括的なIT戦略計画の一環としてLinuxによるOS統合を行えば、ROIの向上とTCOの削減を実現できるだろう。(2009/4/28)

実用期に入った次世代IT基盤
今すぐ検討したい普及期の仮想化技術
仮想化技術は今、基幹システムへの適用すらも現実的なレベルに熟成された。仮想化により、企業内の各システムは再構成され、IT基盤を一変させる。その導入の参考になるコンテンツを集めた。(2009/5/27)

サーバ仮想化に関するアンケート結果リポート
サーバ仮想化で物理サーバ統合進むも「運用管理コストは……」
2009年2月、TechTargetジャパン会員を対象に「サーバ仮想化技術/ツールの利用状況に関するアンケート調査」を実施した。サーバ仮想化は着実に普及しつつあるが、同時に課題も幾つか見えてきたようだ。(2009/3/26)

Efficient ITを実現する情報インフラの全体最適化
コストを削減しながらビジネスに貢献する戦略的ITを実現する、情報を中心としたEfficient IT。それを実現するのが情報インフラストラクチャの全体最適化だ。企業は今、何をすべきか? そのヒントになるホワイトペーパーを集めた。(2009/3/11)

クライアントPC管理 最前線リポート【前編】
PC管理コスト削減の切り札となるか「アプリケーション仮想化」と「vPro」
企業が費やすITコストの約8割は、既存ITリソースの運用・保守費用が占める。その中でも、特にクライアントPC管理のコストは年々増しているという。しかし近年、この削減を可能にする新しい技術が登場してきた。(2009/2/19)

NEWS
IBM、Windows Server 2008 Datacenterを搭載したハイエンドx86サーバをリリース
日本IBMが、Windows Server 2008 Datacenterを搭載したx86サーバをリリース。高性能サーバと、仮想化環境下におけるゲストOS数に制限のないOSの組み合わせで、大規模企業でのサーバ統合ニーズに応える。(2009/2/12)

NEWS
大塚商会、NEC、MSの3社、仮想化が即利用可能な中小企業向けPCサーバを発表
大塚商会、NEC、マイクロソフトの3社が共同で、PCサーバにあらかじめHyper-Vをセットアップした製品「1台2役サーバパック」を発表。サーバ仮想化によるコスト削減メリットをSMB市場にも訴求していく。(2009/1/29)

NEWS
慶応大学、VMware Infrastructure 3導入で100台のサーバを12台に統合
慶応大学がVMware Infrastructure 3を導入し、ITインフラを仮想化環境で統一。100台あった物理サーバを12台まで削減し、新規ITサービスの導入時間も大幅に削減した。(2008/11/13)

NEWS
佐倉市がVMware Infrastructureによる仮想化環境導入、約50台のサーバを8台に集約
千葉県佐倉市がVMware Infrastructure 3を導入。庁内のサーバを大幅に集約化し、本格稼働を開始した。今後5年間で約4000万円のIT関連コストの削減が見込まれるという。(2008/10/24)

何ができる? ストレージ仮想化【第1回】
ストレージを仮想化する仕組みとメリットを知る
昨今、サーバ仮想化技術が大きな注目を集めているが、一方でストレージ仮想化となるとまだ耳慣れない感が否めない。そもそもストレージの仮想化とは何をどうするもので、どのようなメリットがあるのだろう?(2008/10/10)

TechTarget読者調査結果リポート
TechTargetジャパンでは、各チャンネルで会員/読者を対象にさまざまなアンケート調査を実施している。その結果リポートをまとめて紹介する。(2008/9/4)

NEWS
CTC、日本HP、MSがHyper-Vを活用した仮想化ソリューションを共同検証
CTCの技術検証センター「TSC」内で、日本HP製のサーバおよびストレージとマイクロソフトの「Microsoft Hyper-V」および「Microsoft Virtual Machine Manager 2008」を組み合わせ、ソリューション検証を共同実施する。(2008/8/27)

負荷分散だけじゃない、Web高速化装置の魅力【後編】
SaaS時代のアプリケーションスイッチはこう選ぶ
製品の登場から10年、アプリケーションスイッチの機能・性能はもはや成熟期にあり、単純に価格や性能だけで比較や選択はできない。それなら、「どう使いこなすか」で選択しよう。(2008/8/8)

実は意外と高くつく
仮想マシンの隠れたコストに要注意
仮想マシン管理ソフトウェアベンダーの米Emboticsによると、150台の仮想マシンを運用するIT部門は、余分な仮想マシンのために5万〜15万ドルを支出しているという。(2008/7/24)

スケーラブルな運用が可能に
64ビットWindowsは仮想化にうってつけ
仮想化がホットなトピックとなっている最大の理由は、仮想化をサポートするインフラが整備できるようになったことだろう。そうしたインフラの要素として64ビットWindowsがある。(2008/7/10)

基礎から学べる仮想化技術
選択肢が広がった仮想化技術。自社に最適なのはどれだろうか? ここでは、仮想化技術の基礎から各製品の概要まで、仮想化に関するコンテンツを集めてみた。(2008/7/7)

RAC対応と管理機能強化は2008年中
担当者に聞くOracle VMの機能強化計画
Oracle VMは、製品単体では特に目新しさがないかもしれない。しかし、OSからアプリケーションまでそろうOracleソフトウェア、Oracle RACを中核とする同社のグリッド技術と融合したとき、従来にない可能性を秘める。(2008/7/3)

WAN高速化の現実解【前編】
WAN高速化装置の導入効果が得られる条件とは?
WANの帯域を広げても体感速度が上がらない。それを解消するのがWAN高速化装置だ。通信を最適化し、LANとWANの実効速度の違いを吸収できるが、決して「万能」なソリューションではない。(2008/6/25)

NEWS
FBMS、VMwareによる基幹システム刷新で移行コストを40%削減
フランスベッドメディカルサービスは仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure 3」とブレードサーバを活用し、13台あった既存サーバを4台に統合。サーバはTISのデータセンターで運用している。(2008/6/24)

支社にも本社同等のネットワークを
WAN最適化とアプリケーション高速化──データセンター統合成功の決め手
支社のローカルサーバをデータセンターに統合することは、コスト削減やより安全な環境の実現、保守の簡易化につながる。だが、それによってユーザー環境が悪くなるようでは本末転倒だ。(2008/6/23)

NEWS
千葉興業銀行がブレードサーバとVMwareを導入、76台のサーバを5台に集約
OKIのブレードサーバ「if Server BL460c」と仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure 3 Enterprise」をベースに新システムを構築。各営業店にあった76台のサーバをデータセンター内の5台に集約した。(2008/5/21)

NEWS
日本IBM、新サーバプラットフォームおよび対応モデル4製品を発表
Powerアーキテクチャを採用している従来のミッドレンジサーバ「IBM System i」とUNIXサーバ「IBM System p」を統合した「IBM Power Systems」を発表。そのほかPower Systemsラインアップとして4つの新製品を発表した。(2008/4/9)

NEWS
ネットワールドがSolaris/SPARCアプリをIA環境に移行できるソリューションを販売
Solaris/SPARCアプリケーションに変更を加えずにIAベースのシステムに移行させる米Transitiveのエミュレータソフトの国内販売を開始した。(2008/4/4)

統合型NAS「EMC Celerra NS20」
中堅・中小企業向けNASの効果的な活用法を伝授
EMCジャパンの「Celerra NS20」は、ファイルサーバの集約に役立つ統合型NAS。SAN環境を混載できるほか、クラスタ機能も持つ。中堅・中小企業に最適な価格性能比の高いソリューションである。(2008/2/15)

NEWS
日本IBM、POWER6搭載UNIXサーバ「System p」エントリーモデルと仮想化ソフトウェア「PowerVM Express」を発表
64ビットプロセッサ「POWER6」を搭載したUNIXサーバのエントリーモデル「IBM System p 520」および「IBM System p 550」を発表、2月8日より順次出荷開始。(2008/1/30)

NEWS
デル、ブレード筐体「PowerEdge M1000e」、サーバブレード「M600」「M605」を発表
1Uラックサーバに比べて1.6倍、2Uラックサーバに比べて3.2倍の高密度化を実現したブレード筐体「PowerEdge M1000e」、サーバブレード「M600(インテル製プロセッサ)」「M605(AMD製プロセッサ)」を2月下旬より販売(2008/1/22)

コスト削減にグリーンITに
2008年の仮想化動向を読む──競争激化と製品拡充でさらなる活性化へ
2008年、データセンターを占うキーワードは仮想化だろう。MicrosoftのHyper-VやXenSourceを買収したCitrixの動きなど、仮想化の動向に注目だ。(2008/1/7)

コンプライアンス対策に
デスクトップ変革──仮想クライアント、PCブレード、ゼロクライアント
VMwareの仮想デスクトップインフラストラクチャ、HPやClearCubeのPCブレード、そしてシンクライアントならぬゼロクライアントで注目されるPano Logicの製品を紹介する。(2007/11/28)

サーバ需要に立ちふさがる熱問題を解決せよ!
サーバのさらなる高集積化を実現する新・冷却ソリューション
Webサイトの運用からサーバ統合まで、多くの企業がブレードサーバを活用している。処理にかかる負荷の増大に応じて柔軟に拡張できるのが魅力だが、高集積なことから「熱問題」が深刻化している。加速するサーバ需要に立ちふさがる熱問題をどう解決すべきか。(2007/8/27)

NEWS
NEC、1Uラックで3Tバイト容量のNAS製品「iStorage NS250」を発売
最大容量従来比1.5倍の3TバイトHDDを搭載、容量単価約30%の価格低減を実現(2007/8/22)

NEWS
クラスキャット、ホスティング事業者向け仮想化統合スターターキットを発売
インテル VTとXenテクノロジーを利用したサーバ統合ソリューションを提供(2007/6/26)

Step by Step
仮想化導入ガイドPart6 誇大宣伝に要注意【前編】――サーバとOS
マーケティング関係者が仮想化という言葉を誤用して人々に誤解を与えている。ここでは「サーバの仮想化」と「OSレベルの仮想化」という2つの言葉とその技術について見ていく。(2007/3/29)

サーバ統合のためのサーバの要件を探る【高効率化編】
CPUの最適化がサーバ全体の効率性を決める!
サーバのパフォーマンスを向上させるためには、CPU単体の高性能化だけではなく、システム全体での高効率化が必要だ。今回はAMD社のOpteron搭載サーバに焦点を当て、IBMによるサーバの高効率化への取り組みを見ていく。(2007/3/7)

サーバ統合のためのサーバの要件を探る【管理編】
「予知」と「可視化」がサーバ統合成功の秘訣!
サーバを安定的に運用するには「管理」の方法が鍵となる。ここでは、障害を事前に予知したり、障害後すぐに原因を目視で特定したりすることができる便利なツール群を紹介する。(2007/3/6)

サーバ統合のためのサーバの要件を探る【可用性編】
サーバ統合前に必読!――可用性を実現する最新サーバの裏側
昨今、仮想化に関するセミナーやイベントは大盛況だ。その裏には、効率よく安定性の高いサーバ運用を目指したいというユーザー企業の意思が見え隠れしている。この仮想化を実現するために必要ステップの1つにサーバ統合があるが、今回はこのサーバ統合の際にぜひ考慮したい、最新サーバの可用性について解説していく。(2007/3/5)

IBMが考えるサーバ統合までのプロセス
サーバ仮想化/統合の成功の鍵は既存環境の把握とプロセスが重要
複雑になる一方のシステムを効率よく運用するために、サーバの仮想化/統合は避けて通れない道だ。IBMが考える「サーバ統合」により最短距離での統合を果たす!(2007/3/1)

特集サイト
システム運用管理
サーバ運用の効率化や統合は、今や運用管理者にとって外せない大テーマだ。ここでは、「高効率化編」「管理編」「可用性編」「プロセス」の4テーマについて解説する。(2007/3/1)

Column
準仮想化製品のビジネスチャンス
ゼンソースの製品などで注目の「準仮想化」について、リセラー向けにその潜在顧客や提供手段について解説する。(2007/2/9)

Column
UNIXからLinuxへの移行を判断するポイントとは?
「Linuxは無料と聞いたから」「家でLinux PCを愛用しているから」「技術担当者がLinuxを気に入っているから」――そんな弱い根拠で移行を決めたりしていないだろうか。(2006/11/27)

キーワードから見るITシステムに求められる要件【最終回】
仮想化技術でITシステムはどう変わる?
ブロードバンド環境が広がり、ボーダーレスのビジネスが進行する中、ITシステムに求められるのは変化に対する強さである。この変化に強いITシステムを構築する上で、最近キーワードとなっている「仮想化」が、実際のITシステムへどのように活用できるかを検証する。(2006/8/7)

キーワードから見るITシステムの要件【第1回】
サーバ統合の実態―最近のサーバ統合案件から―
近年サーバ統合のキーワードを元に、x86サーバの導入が進んでいる。今回は、サーバ統合によるメリット、サーバ統合の3つのパターン、サーバ統合に最適なサーバとは、の3つのセクションに分けてお伝えする。(2006/5/29)