TechTargetジャパン

大きさよりも独立性
マイクロサービスは小さく作ろうとすると失敗する
デジタルビジネスに取り組む企業が「マイクロサービス」に注目し始めている。マイクロサービスとは何か。ガートナーの飯島公彦氏が開発のポイントを語った。(2017/3/28)

Computer Weekly製品ガイド
マイクロサービス:小さなパーツで大きなメリット
マイクロサービスがITカンファレンスで注目されている。これはコンテナやソフトウェアの移植性というアイデアとも関係が深い。その仕組みと、注目すべき理由について解説する。(2016/6/23)

Computer Weekly製品ガイド
ソフトウェアアーキテクチャの分裂と征服
個別に導入できるモジュールで構成されたアプリケーションには、柔軟性の高いソリューション開発の未来がある。(2016/6/20)

Computer Weekly製品ガイド
コンテナ&マイクロサービスとは何か
個別にデプロイできるモジュールは、アジャイルアプリケーション開発にどう活用できるのか。この業界の主なサプライヤーも紹介する。(2016/6/17)

技術者の次世代スキルセットとは
もはやケーブルは触らない、API連係で自動化が進むデータセンターの今
システムはハードウェア中心のものからソフトウェアに焦点を絞ったものへと変化している。IT担当者は、物理的な配線からAPI経由のソフトウェアの接続へと焦点を移すべきである。(2015/12/2)

なぜ今、マイクロサービスなのか
次世代クラウドアプリを担う、話題の「マイクロサービス」とは
90年代から、アプリケーションのコンポーネント化の試みが続けられてきた。そしてクラウド時代の今、新たに登場したのが「マイクロサービス」だ。(2015/2/27)

Microsoft、Salesforce.comの強敵出現
うわさされる「Facebook at Work」(仮)の中身、仕事でも「今どんな気持ち?」
米Facebook は「Facebook at Work」で企業向けソーシャルコラボレーションに新たなてこ入れを狙っているといわれる。(2014/12/5)

老舗ベンダーとクラウド世代ベンダーを比較
iPaaSベンダー新旧対決、主要6サービスの好評と不評
ソフトウェアテスターの筆者が主要iPaaSベンダーをレビューし、老舗企業とクラウド世代の新興企業のどちらを選ぶべきかについてアドバイスする。(2014/10/23)

Computer Weekly製品導入ガイド
ビジネスプロセス自動化を成功させる組織変革
ビジネスプロセス自動化をフルに活用するためには、組織やIT部門のやり方を変える必要がある。(2014/10/23)

Computer Weekly製品導入ガイド
従来型SaaS統合アプローチの限界と打開策
時間と予算の制約のため、多くの組織が統合戦略の再考と、バランスの取れたソリューションの模索を強いられている。(2014/5/20)

Computer Weekly製品導入ガイド
SaaSとオンプレミスシステムの統合が直面する課題とは?
クラウドが発展を続ける中で、CIOはクラウドベース製品とオンプレミスシステムとの親和性に目を向ける必要がある。(2014/5/15)

ITは必要悪だった
ファッションブランドPaul Smithはなぜクラウドを目指すのか?
米Microsoftとの長期契約を活用し、IT導入を進めてきた英Paul Smith。同社は次の展開としてプライベートクラウドの構築に着手した。同社CIOのビンガム氏にIT戦略を聞いた。(2014/5/13)

航空会社のビッグデータ活用法
「航空会社というより小売業者的になっている」British Airwaysのビッグデータ戦略
英British AirwaysでITアーキテクチャの統括責任者を務めるマイク・クラウチャー氏に、他航空会社との合併やオンラインサイトによる小売業的なセールスアプローチについて話を聞いた。(2013/8/12)

クラウドガバナンス現在進行形【IaaS比較編・2013年版】
「62のIaaSランキング」から見える、今後のクラウド比較で気を付けたいこと
IaaS上位サービスにおけるNIST定義満足度とガバナンス成熟度は完成の域に達し、PaaS層への進化や、IaaS同士の相互接続も始まりつつある。これにより、IaaS層のエコシステムやサービス手順の自動化はさらなる加速を示すだろう。(2013/7/31)

F1チームCIOが語るIT活用
「ビッグデータという言葉は好きではない」ロータスF1チーム、ハックランドCIO
マシンの設計やレースシミュレーション、テレメトリーシステムのリアルタイム分析など、あらゆる分野でITを駆使するF1チーム。ロータスF1チームはどのようなシステムを使っているのか、ハックランドCIOのインタビュー。(2013/7/2)

クラウドガバナンス現在進行形【IaaS比較まとめ編・2013年版】
「62のIaaSランキング」を徹底解説! 日本におけるCloud-washingの実態
ガバナンス成熟度とNISTクラウド定義満足度に基づくIaaS比較調査「【徹底比較】安心・満足なクラウドはどれだ? 62のIaaSランキング」の結果を受け、IaaS全体に共通した特徴を解説する。(2013/6/20)

TCO30%削減を達成、浮いたお金で災害対策も
【事例】日通のカルチャーを変えた、クラウドを支える仮想化共通基盤
日本通運が2009年から取り組むプライベートクラウド導入プロジェクト。このプロジェクトの鍵になるのが共通の仮想化基盤だ。懸念されたUNIXサーバ(SPARC機)の移行やTCO削減効果などをリポートする。(2013/4/16)

システム統合プラットフォーム「InterSystems Ensemble」
名古屋市立大学病院は「変化に強い医療システム連携基盤」をどう構築したか
名古屋市立大学病院では現在、電子カルテシステムを中心としたHISと部門システムとの高度な連携を進めている。ここで重要な役割を果たしている要素とは何か?(2013/4/15)

クラウドガバナンス現在進行形 第2章【第4回】
【技術解説】オバマ再選に学ぶ、巨大なシステムをクラウドで運用するには?
クラウドというスケールするインフラでビッグデータを運用すると、把握すべきオブジェクト(=ノードの数)とその関係(=リンク)が爆発的に増える。人間に管理可能な粒度に情報量を減らし、迅速に運用するには?(2013/1/10)

資産を所有せずサービスとしてERPを利用する「クラウドERP」導入のコツ
「クラウドERP」導入完全ガイド
サーバなどのハードウェアが不要で運用管理の手間も少ないクラウドERPを検討する企業が増えている。その最新トレンドや製品の選び方、製品の比較などをお届けする。(2012/12/5)

単一ベンダー製品でシステムを統合
混在環境はもうリセット、Electronic Artsが取り組む「標準化ゲーム」とは
業務にマッチしなくなったERPをリセットするため、ゲーム会社のElectronic Artsがアプリケーションやミドルウェアなどの環境を単一ベンダーの製品に統合した。それはどのようなゲームだったのだろうか?(2012/11/5)

求められる操作性と表現力
【技術動向】HTML5に注目、変遷してきたERPクライアント技術の今後とは
クライアント/サーバ型からWeb型へと変遷してきたERPのクライアント環境。今注目されているのはベンダー技術に依存しないHTML5だ。スマートデバイスへの対応も必須になる中で、ERPのクライアント環境の今後を考える。(2012/11/2)

ホワイトペーパーレビュー
SCM構築の最新潮流が分かる3つのホワイトペーパー
製造業企業の競争力に直結するSCM。世界各地に工場や販売拠点を持つ企業が多くなり、SCMの活用は必須だ。生産管理システムやERPとも密接に連携するSCMの最新潮流が分かるホワイトペーパーを紹介する。(2012/10/25)

クラウドがソフトウェア開発にもたらすリスク【後編】
セキュリティと財務基盤は別物? 新興PaaSベンダーにまつわる不安
PaaSベンダーとの契約では、企業としての安定性と財務基盤をめぐる懸念が妨げになる可能性がある。優れたソリューションを提供していても、新興ベンダーという理由で契約を断念する企業もあるようだ。(2012/10/19)

大企業向けERPのコスト構成比を示す
【コスト分析】SAP、Oracleの見積もり事例から分かる最適導入コスト
大企業向けERPの代表であるSAP ERPとOracle。両製品の導入コストを構成するライセンス、ハードウェア、サービスはどのような割合になっているのか。実際の事例から探る。(2012/10/16)

クラウドガバナンス現在進行形 第2章【第3回】
利用者がIaaSの信頼度を計算するには?
IaaSは今、高可用性を実現する途上にあり、PaaSの時代はその実現を待って幕開けとなる。IaaSの成熟なくしてPaaSの時代は到来しない。本稿ではNIST定義を基にIaaSの現状を確認し、利用者がIaaSの信頼度を計算する方法を解説する。(2012/10/12)

現場ニーズに応えながら開発のリスクを下げる
【技術動向】パッケージと自社開発の利点を生かすSOA型ERPの魅力
開発のリスク要因となるアドオン開発を少なくしながら、現場のニーズに応えるにはどうすればいいのか。その答えの1つがSOAに対応したERPパッケージの利用だ。(2012/9/28)

クラウドガバナンス現在進行形【比較編・2012年夏】
【徹底比較】安心・安全なクラウドはどれだ? 35のIaaSを比較
クラウドの本質的特徴とガバナンス要求を基に、35のIaaSを比較した。第三者認証の対応状況や約款掲示の有無、そしてハイブリッドクラウド化をしてリスク分散が可能な事業者とは。比較表はダウンロードできる。(2012/8/10)

クラウドガバナンス現在進行形 第2章【第2回】
ビッグデータは世の中を変えるか?
ビッグデータとはインフラストラクチャ、つまり公共財として整備されるべきオープンなものであるべきだ。ビッグデータ活用を推し進める上で乗り越えるべき課題とは何か。ビッグデータの定義と事例、今後の課題を解説する。(2012/7/18)

ホワイトペーパーレビュー
BPMツール選びに役立つ3つのホワイトペーパー
ビジネスプロセスを自動化、効率化し、企業の俊敏性を高める。BPMツールにはそのような期待がある。しかし多機能な製品だけにBPMツールの選択は簡単ではない。BPMツール選びに役立つホワイトペーパーを紹介しよう。(2012/6/26)

クラウドガバナンス現在進行形【番外編2】
【市場動向】着実に姿を現しつつあるクラウド化したIT市場
オープンで相互に接続されたクラウドの実現に向けて、IT市場では何が起きているのか。単一世界政府が存在しない以上、クラウドにおけるエコシステムの形成は共同規制に寄らざるを得ない。(2012/6/19)

クラウドガバナンス現在進行形 第2章【第1回】
クラウドの資源量で考える、単一IaaS事業者への依存リスク
クラウドであれば無制限に計算資源が使えるかのような誤解はいまだ存在する。単一IaaS事業者に依存する限り、資源量に基づく制約も課せられる。クラウドが現時点で保有している資源量を簡単に試算した。(2012/6/5)

クラウドガバナンス現在進行形【番外編1】
エンドユーザーによるクラウド設備実査要求は百害あって一利なし
クラウドキャリアに要求されるディペンダブル設計、クラウドブローカーに適したロバスト設計、今後普及が期待されるレジリエンス設計を解説するとともに、クラウドにおける本質的な安全確保の方法を再考する。(2012/5/8)

クラウド移行候補の選定
クラウドに向く/向かないサービスを見極める5つのチェック項目
企業のIT環境にクラウドを導入する上での最適な方法とは何か。プライベートクラウドに移行するサービスを見極めるために役立つ5つのチェック項目を紹介する。(2012/4/11)

NEWS
格安航空のピーチが先行採用、「Oracle Fusion Apps」の国内提供開始
日本オラクルは業務アプリケーション群「Oracle Fusion Applications」の国内提供を発表。格安航空会社のPeach Aviationが先行導入したという。(2012/3/29)

クラウドガバナンス現在進行形【最終回】
クラウドのベンダーロックインを回避するための処方せん
クラウドガバナンス現在進行形の最終回。今回は企業のIT戦略の観点からベンダーロックインに焦点を当て、クラウド事業者選定に当たって留意すべきポイントを解説する。(2012/3/30)

仮想化vs.クラウド
クラウド移行とサービスモデルを選択する3つの基準
無秩序に増えたサーバを仮想化して統合するか、クラウドへ移行するかは悩みどころだ。本稿では、クラウドに移行する場合の判断基準や、クラウドサービスモデルの選択について解説する。(2012/3/12)

標準ツールでは足りない!? サーバ仮想化の運用管理【第1回】
サーバ仮想化計画からクラウド運用までを総合的に支援するJP1 V9.5
仮想化に対応した統合運用管理ツールの代表格ともいえる日立製作所の「JP1」。最新版のV9.5には、仮想化の導入前からクラウド環境の運用に至るまで、幅広い運用管理業務を支援する機能が備わっている。(2011/11/4)

クラウドガバナンス現在進行形【第2回】
クラウドは本当にコストダウンになるのか
オンプレミスシステムと比較してクラウドは本当にコストダウンになるのか。両者を単位能力当たりの費用で比較した。(2011/10/20)

識者が語る「ERP製品選択の目」:ガートナー ジャパン 本好宏次氏
クラウドERPの普及はいつ? ガートナーが示す次世代ERPの浸透時期
ERPのトレンドに挙げられるクラウド対応やBPM/SOA対応。企業はこのような新しい技術をいつ採用するのだろうか。ガートナー ジャパンのアナリストが示す次世代ERPの普及時期を紹介する。(2011/10/13)

自社システムのAzure適性チェック
Windows Azure導入前に確認すべき3つの項目
Microsoft製品を広く採用している企業にとっては魅力的に映る「Windows Azure」だが、自社システムの運用状況によっては導入しない方がよい場合もある。Azure導入前に確認すべき3つのチェック項目を紹介する。(2011/7/5)

NEWS
ニクサン、10GbE対応のネットワーク監視アプライアンス
ネットワークの全トラフィックを常時監視・記録し、必要に応じてアラートを発したり、監視状況を専用GUIにリアルタイムに反映するNetDatector Alpineを発表した。(2011/6/7)

導入手法、カスタマイズはどうする?
読めば分かる! ERP導入の基本
多数の人が関係し、その予算も比較的に多いERPの導入プロジェクト。さまざまな導入方法が語られているがその基本とは? ユーザー企業の悩みの種となることがあるカスタマイズと併せて解説する。(2011/1/20)

ERPベンダーに聞く小売業のベストプラクティス:SAPジャパン編
日本小売独自の商習慣に対応するシステム選びを
言わずと知れた世界最大のERPパッケージベンダー、SAP。グローバル展開やM&Aに伴うシステム統合といった小売業が抱える課題解決を、同社はどう考えているのか。(2010/11/30)

NEWS
キヤノンソフト、キヤノンMJの基幹システム構築で開発されたSOAフレームワークを提供
キヤノンMJが基幹システム構築で開発したアプリケーションフレームワークを基に、キヤノンソフトウェアがSOAフレームワークを提供。基幹業務システムの開発、連携基盤の構築、運用支援まで一貫したサービスを提供する。(2010/11/29)

ITRアナリストに聞いたストレージ市場の現状
ゼタバイト時代の企業ストレージ環境とは
世界中でデジタルデータは増え続けている。企業は「積極的なデータ活用を」という前に、ペタ、ゼタバイト級のデータ量に押しつぶされてしまう危険を回避しなくてはならない。(2010/11/25)

エンタープライズクラウドを定義する【最終回】
ハイブリッドクラウドの実現に向けて
パブリッククラウドとプライベートクラウドのそれぞれの良さを生かし、利便性や柔軟性の高い環境を整備するためにはハイブリッドクラウドへの対応を視野に入れる必要がある。(2010/11/24)

NEWS
日本オラクル、地域医療連携ソリューション市場に参入
日本オラクルが医療分野における国内事業戦略を発表した。自社のソリューションとパートナーとの協業で医療情報連携基盤の構築を支援する。(2010/10/27)

AWS エバンジェリスト ジェフ・バー氏インタビュー
オンプレミスからクラウド、過渡期における課題の解決
クラウドに関してセキュリティや既存システムとの連携など多くの課題が指摘されている。その解決策としてAWSはどのようなソリューションを提供しているのか? AWSのエバンジェリスト ジェフ・バー氏に話を聞いた。(2010/9/10)

ホワイトペーパーレビュー
IFRS適用のメリットが分かる3つのホワイトペーパー
コストが掛かると指摘されるIFRS適用。しかし、適切に導入すれば、コストを上回るメリットを得ることができる。現場、経営層共に納得できるIFRS適用のメリットを3つのホワイトペーパーから読み取る。(2010/6/14)

Loading