TechTargetジャパン

開発者必須のツールとなるか
Googleがファジングを自動実行する脆弱性検知ツール「OSS-Fuzz」を公開
Googleがファジングテストを行うツールを発表。GitHubでβ版が公開されている。ファジングテストとは何か。OSS-Fuzzを利用することで何が得られるのか。(2017/2/3)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
IEの後継ブラウザが登場も――実は私、ネスケ派でした
米Microsoftが次期OS「Windows 10」で搭載予定の新ブラウザ「Microsoft Edge」に高い関心が。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/5/29)

膨大なテストを行う新潮流
モバイルアプリ成否の決め手はユーザーエクスペリエンスのテスト
顧客サービスとしてモバイルアプリを提供する企業が増えている。このモバイルアプリの成否ひいてはビジネスの成否の鍵を握っているのは、ユーザーエクスペリエンスだ。今、このテストの重要度が高まっている。(2014/12/12)

Facebook、Googleなどが相次ぎ開始
「バグを見つけてお金をもらえる?」、各社が始める報奨金施策の狙いとは
サービスやソフトウェアに含まれる脆弱性の報告を外部から求める「バグ報奨金プログラム」を導入する企業が増えている。どのようなプログラムで、どのように実施されているのか?(2014/7/8)

IE 10の「遅い」「動かない」を解決
Internet Explorerの調子が悪くなったら試すべき8つの対処法
表示が遅い、正常に動作しない――。Internet Explorerの使用時に直面するこうしたトラブルは、ちょっとした工夫で解消できる可能性がある。その方法を紹介しよう。(2014/1/7)

ソフトウェアテストの自動化をめぐる論争
モバイルアプリ開発は“よちよち歩き”の成熟度でしかない
ソフトウェア開発のテストサイクルを短縮できる自動化ツール。Webアプリケーションやデスクトップアプリケーションと比べて成熟度が低いともいわれるモバイルアプリへの適用には、意見が大きく分かれるようだ。(2013/7/4)

TechTargetジャパン電子ブックレット
TechTargetジャパンのコンテンツをスマートデバイスでの表示に最適化したEPUB形式とKindle用のMOBI形式で提供しています。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。(2012/12/10)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第4回】
【徹底比較】サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品 導入コスト比較! 〜本番環境における試算
VMware vSphere、Hyper-V、Citrix XenServer、RHEV for Server。サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品の導入コストを比較。サーバ仮想化を本番環境で導入したケースを想定しコストを試算した。(2011/2/22)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第3回】
【徹底比較】サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品 導入コスト比較! 〜技術検証用途における試算
VMware vSphere、Hyper-V、Citrix XenServer、RHEV for Server。サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品の導入コストを比較。サーバ仮想化を技術検証用途で導入したケースを想定しコストを試算した。(2011/2/15)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第2回】
サーバ仮想化の導入形態で見る、仮想化ソフトウェアの機能とライセンス
各仮想化ソフトウェアの機能を明確化し、ライセンスとコストを考える上でのポイントを整理する。(2010/12/24)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第1回】
サーバ仮想化導入の前に検討すべきこと 〜複雑化するライセンスを理解する
サーバ仮想化導入の前に明確化しておくべき観点を整理するとともに、仮想化ソフトウェアの概要を紹介する。(2010/11/22)

NEWS
マイクロフォーカス、負荷テストツール「SilkPerformer 2010」をリリース
Adobe FlexやAjaxにおけるシミュレーション機能やクラウドエージェントを利用した負荷テストなどを実現する。(2010/7/30)

クライアント環境の変化に対応するために
モバイルおよびWeb向けアプリのQAテストのコツ
顧客は、いつどのような環境を選んでも、システムが確実に動くという便利さと安心感を求めている。(2010/5/13)

あるプロジェクトマネジャーの“つぶやき”【第2回】
プロジェクトマネジャーは「プロジェクトのクレーム処理係」なのか?
プロジェクトマネジャーには、複数部門の異なる立場にあるステークホルダーの意見をまとめ、プロジェクトを成功に導く使命がある。今回は失敗談を基に“プロジェクトマネジャーの役割”を考えてみる。(2009/10/7)

関数や変数の依存関係もグラフィカルに表示
解析ツール「Understand 2.0日本語版」のコード可視化機能を試してみた
テクマトリックスが2009年7月に発表した、ソースコード解析ツールの最新版「Understand 2.0日本語版」。GUIやマニュアルの日本語化以外に、機能の追加や強化が施されている。実際にコード解析機能を検証してみた。(2009/8/4)

ホワイトペーパーレビュー
「品質向上に役立つテスト手法」が分かる3つのホワイトペーパー
短期間でのシステム開発が求められる昨今だが、その品質を低下させることはできない。開発の終盤に控えるテストは、その品質保証の最後のとりでともいえる。本稿では、テスト手法を掲載した3つのホワイトペーパーを紹介する。(2009/7/14)

NEWS
テクマトリックス、ソースコード解析/保守支援ツールの日本語版を発表
C、C++/C#、Javaなどの言語に対応したソースコード解析を行い、その構造や依存関係などの情報をグラフやチャートといった形式で可視化することで、開発作業の効率化を支援する。(2009/7/3)

まずは受け入れテストの見直しから
ベンダー依存のシステム開発から脱却する“7つのポイント”
「ベンダー任せのシステム開発からの脱却」は難しい。だが、情報システム部門の組織力を段階的に向上させることで、その実現が可能になる。H社が実施した改善策は、まず「受け入れテスト」の主導権を握ることだった。(2009/6/4)

NEWS
コベリティ、ビルド生成時にバグを排除できる解析ツールを発表
ソフトウェアの実行ファイル生成時の不具合を解析するツールを発表し、既存の解析ツールの3製品とバンドルした統合製品として提供を開始した。(2009/4/16)

NEWS
ボーランド、ソフトウェアテスト管理ツールの最新版を発売
テスト管理に不可欠な機能を統合したWebベースのテスト管理ツール「Borland SilkCentral TestManager 2007日本語版」を発売。ボーランド製品との機能連携によりソフトウェア開発におけるテスト工程の適切な管理を実現(2007/11/27)

NEWS
Excelのインタフェースで社内情報資産の共有・管理を実現
テプコシステムズ、日本HP、マイクロソフトがオールインワンソリューションを発売(2007/7/10)

JUnitを超える単体テストツールの存在
Javaシステム開発における単体テストを効率化せよ
情報システム部門に求められているのは、品質の高いソフトウェアを低コストで開発することだ。これは今も昔も変わりない。それどころか最近では、急激に変化する経営環境に対応できるよう、迅速にソフトウェア開発を行うことが求められている。この問題に対応する方策の1つが「単体テストの効率化」だ。(2006/6/29)