TechTargetジャパン

IT部門の管理が不要で成功した例もある
RPAソフトウェア導入を成功させる「3つのアプローチ」とは
RPA(ロボティックプロセスオートメーション)導入におけるIT部門の役割は、プロジェクトの範囲や企業のビジネスモデルに応じて変わる。本稿では、さまざまな企業のRPA導入事例を紹介する。(2018/5/29)

現役システムの5割以上にメインフレームが関与
レガシーなはずの「メインフレーム」がいまだに使われ続ける“納得の理由”
企業は最新技術や新しいシステムを導入する一方で、古くからあるメインフレームもいまだに現役だ。IT部門にとって、新旧のシステムを包括的に管理できる手法の必要性が高まっている。(2016/7/26)

データベース運用管理の「4つの悩み」に迫る
「性能アップ、コストダウン」というOracle DBへの“わがまま”をかなえる方法
データベースのパフォーマンス低下は企業活動の機会損失につながりかねない。性能の向上と運用管理の効率化を、コストパフォーマンスを高めて実現する方法はないだろうか?(2016/6/1)

VMware環境を生かし切るHAクラスタの条件
vMotionが使えない? アプリ障害が見えない? VMwareの可用性確保「意外な盲点」
仮想環境の計画外停止の30%以上は、サーバではなくアプリ障害が原因との指摘がある。一方、仮想環境のアプリ障害対策製品の多くは、「vMotion」などの重要機能を無効化させる。仮想環境の可用性確保の盲点と対策を示す。(2014/6/30)

「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛だが
OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?
米OracleがSolaris 11.2のβ版をリリースし、ダウンロード可能になった。「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛する同社だが、SolarisとSPARCへの投資を継続するのだろうか?(2014/6/26)

クラウド技術の最前線!
クラウドの価値を向上させる、SPARC/Solarisの進化とは?
近年、企業経営を支援するITの進化が著しく、クラウドの活用が進んでいる。そのクラウド基盤にSPARC/Solarisを採用するケースが増えてきたという。その背景には、どのような理由があるのだろうか。(2014/3/10)

高信頼と高性能を実現する技術とは【第2回】
輝きを増す「Oracle Solaris」、今後の機能強化は?
長い歴史と抜群の実績を誇る「Oracle Solaris」が進化を続けている。ハードウェアとの連携をはじめ、Oracle Databaseなどソフトウェアとの連携も強化。さらにその先にはクラウドや仮想化対応、運用管理のさらなる効率化などを見込む。(2013/11/25)

17のベンチマークで世界最速を記録
三井住友海上あいおい生命が採用、世界最速サーバの技術革新とは
今、17のベンチマークで世界最速を樹立したサーバ製品が注目されている。大手保険会社の三井住友海上あいおい生命がいち早く採用。同社の導入事例とともに高性能がもたらすメリットを探る。(2013/8/28)

TCO30%削減を達成、浮いたお金で災害対策も
【事例】日通のカルチャーを変えた、クラウドを支える仮想化共通基盤
日本通運が2009年から取り組むプライベートクラウド導入プロジェクト。このプロジェクトの鍵になるのが共通の仮想化基盤だ。懸念されたUNIXサーバ(SPARC機)の移行やTCO削減効果などをリポートする。(2013/4/16)

代表的ツールを紹介
組み込みOSをさまざまなハードで実行、エミュレーションツールとは?
デスクトップ仮想化の主な使い方の1つは、1台のマシンで複数のOSを実行することだ。だが、組み込みOSの場合、サポートされていないハードウェアで実行するにはハードウェアエミュレーションツールが必要になる。(2013/4/12)

「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」注目リポート
ビッグデータ、クラウド戦略を加速させるシステム、その最前線は
企業が対応を迫られるビッグデータとクラウド環境。効率的、低コストに対応するためにはITプラットフォームの再検討が必要だ。「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」の注目セッションからそのヒントを探る。(2012/5/14)

「Netra SPARC T4」製品リポート
高信頼のUNIXサーバが152万円で買える衝撃
高い信頼性とパフォーマンスを誇るUNIXサーバを身近にするモデルが登場した。通信業界で鍛えられた高い信頼性や大量の同時処理要求に対応する性能を、リーズナブルな価格で一般企業のビジネスに生かせる時代の到来だ。(2012/5/25)

Oracle VMが活路を開く可能性はあるのか
新バージョンOracle VM 3.0に向けられるユーザーの猜疑の目
Oracle VM 3.0は、VMware vSphere 5の4倍に相当する128基の仮想CPUと、1Tバイトのメモリをサポートするなど大幅な機能拡張を図った。だが、同製品へのユーザーの猜疑心は強い。今後シェアを広げる可能性あるのか。(2011/9/30)

「Microsoft以外なら何でも」の二の舞?
仮想化市場のVMware優位を揺るがす同盟軍が急成長
KVMの普及を促すOpen Virtualization Alliance(OVA)が急成長している。その視野に仮想化大手のVMwareが入っていることは明らかだ。(2011/8/3)

UNIXサーバ市場の激変
10年後も競争力を支えるサーバを選ぶ
高信頼性が求められる重要システムに選択する機会の多いUNIXサーバ。しかし市場の変化やベンダー動向に不安を感じているユーザー企業は少なくないだろう。UNIXサーバ選びのポイントを示すコンテンツを集めた。 (2011/5/31)

市場動向からひも解くサーバ選びの注意点
激変するサーバ市場、10年後も信頼できるサーバはどれだ?
この10年間でサーバ市場に大きな変化が起こっている。現在自社で採用しているサーバベンダーが提供する情報だけをうのみにしていては、今後のIT戦略が立ち行かなくなる恐れがある。(2011/5/31)

TechTargetジャパン電子ブックレット
TechTargetジャパンのコンテンツをスマートデバイスでの表示に最適化したEPUB形式とKindle用のMOBI形式で提供しています。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。(2012/12/10)

NEWS
日本オラクル、旧サンの技術・製品を継承したストレージ製品群「Sun ZFS Storage Appliance」などを発表
日本オラクルがサーバ/ストレージ事業などの国内製品戦略を発表した。旧サン・マイクロシステムズの技術や製品を統合した新製品を順次提供する。(2010/10/20)

中堅企業の多様な経営課題のために
利益をあげる中堅企業向けITソリューション
中堅企業のIT活用を支援する、日本アイ・ビー・エムとそのパートナー企業が結集。幅広いソリューションにより、あらゆる角度から中堅企業の業務課題を解決する。(2011/10/13)

NEWS
富士通とサン、「SPARC Enterprise M3000」の性能を23%向上した新モデル
富士通と米サン・マイクロシステムズはミッションクリティカルシステム向けサーバ「SPARC Enterprise M3000」に動作周波数2.75GHzの新プロセッサを搭載。従来比23%の性能向上、13%の省電力化を実現した。(2010/1/14)

社内クラウドに適しているケースと適さないケース
プライベートクラウドの計画段階で注意すべきこと
社外のクラウドサービスを利用するべきか? あるいは社内にプライベートクラウドを構築した方がいいのか? この難しい判断を行う際に留意すべき幾つかのポイントを解説する。(2009/4/9)

NEWS
日立ソフトがIAM「SRシリーズ」を強化 ID管理の監査機能に対応
日立ソフトはIT統合管理製品を強化。一時ユーザーIDのWeb申請や、IDの管理情報を監査用ログとして取得できる機能などを追加した。(2009/3/30)

NEWS
テクマトリックス、プログラムの制御や構造を可視化するソースコード解析ツール
米Scientific Toolworksと国内総販売代理店契約を締結し、C、C++、C#、Javaに対応したソースコード解析ツール「Understand 2.0」を販売。アーキテクチャ分析ツール「Lattix」との連携も可能だ。(2008/8/4)

NEWS
ネットワールドがSolaris/SPARCアプリをIA環境に移行できるソリューションを販売
Solaris/SPARCアプリケーションに変更を加えずにIAベースのシステムに移行させる米Transitiveのエミュレータソフトの国内販売を開始した。(2008/4/4)

NEWS
サイオステクノロジー、Solaris/SPARC上のソフトをLinuxへ移行するサービスを開始
サイオステクノロジーは、Solaris/SPARCサーバ上のアプリケーションソフトウェアをLinuxサーバへ移行するサービス「Virtual LSS Solaris 2 Linux」を開始した。(2007/3/12)