営業活動の「なぜ?」を解決
新人でも即戦力 AI×テキストマイニングで“売れる理由”を示す「Asales」
ストックマークは2018年11月、営業活動における意思決定プロセスを支援するサービス「Asales」を発表した。営業活動にまつわるテキストデータを分析し、AI技術によって情報を推薦する。(2018/12/6)

医療の「知る権利」と「知らない権利」
Facebookの医療データ共有プロジェクト停止で争点となったプライバシー問題とは
匿名化した患者データをFacebookのユーザープロフィールと照合するという研究目的のプロジェクトに対し、一部の専門家からプライバシー問題を懸念する声が出ている。(2018/4/27)

電子カルテや医師のメモを自然言語処理で分析
米国大学病院の医療用テキストマイニングツール活用事例、導入の苦労や成果は?
ペンシルベニア大学系列の医療グループ「Penn Medicine」は、自然言語処理技術で非構造化データを利用して、分析の質や患者ケアの向上につなげた。導入から活用までのプロセスや課題を紹介する。(2018/4/3)

日本腎臓学会のテキストマイニング事例
医師が論文検索に「TensorFlow」活用、人間なら心が折れる作業も深層学習で効率化
医師が診療ガイドラインを策定するための論文検索に深層学習を活用した。用いたのはGoogleが開発した「TensorFlow」。人間の労力を減らし、人間が見落としていたものを発掘するなどの効果が得られた。(2018/1/11)

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第1回
データ分析がビジネス課題の解決に生かせていない本当の理由
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2016/5/9)

どれを選べばいいか分からない担当者へ
いつか役に立つビッグデータ分析ソフトウェア9選 小さな機能差が大きな違いを生む
どれも同じような特徴や機能を備えていると思われがちなデータ分析ソフトウェア。本稿では9社の主要データ分析ソフトウェアベンダーの製品を比較し、各製品の違いを紹介する。(2015/9/15)

テキストマイニング製品紹介:プラスアルファ・コンサルティング編
顧客の気持ちが絵で分かるテキスト分析SaaS「見える化エンジン」
分析する人にも、分析結果を見る人にも使いやすいテキストマイニング製品を目指す。こうした設計思想に基づいて開発されたのが「見える化エンジン」だ。その特徴を紹介する。(2013/9/18)

資生堂、カタログハウスも活用
事例で納得「テキストマイニングの生かし方」
大量のテキスト情報を分析する「テキストマイニング」の活用の幅が広がっている。テキストマイニングの使いどころとは何か。活用事例を基に探る。(2013/8/30)

ITマネジャーに聞くデータ活用の今
「現場でこそ生きるデータ分析」──大阪ガスの企業文化を支えるデータ分析専門集団
オージス総研の平山社長は、「データばかりあってもうまく活用できるわけではない」と指摘する。情報システム部門内にデータ分析チームを置き、ビジネスの課題解決に当たらせた同氏に話を聞いた。(2013/3/1)

テキストマイニング製品紹介:野村総合研究所編
テキスト分析の精度向上に“人力”を生かす「TRUE TELLER」
テキストマイニングの精度向上には、自動処理だけでは限界がある。そこで、人の判断を支援する仕組みを盛り込み、分析精度の向上を目指すのが、NRIの「TRUE TELLER」である。(2013/1/28)

テキストマイニング製品紹介
日々の業務で数多く発生するテキスト。ソーシャルメディアの普及もあり、テキストを得る手段も多様化している。こうした大量のテキストから知見を得るのに役立つのが、「テキストマイニング製品」だ。主要なテキストマイニング製品を解説する。(2012/11/19)

テキストマイニング製品紹介【第1回】クオリカ編
“間違った日本語”も解析可能、辞書更新不要の「VextMiner」
話し言葉など文法無視の日本語であっても解析したい。形態素解析に利用する辞書更新の手間を省きたい。こうした課題を解決するテキストマイニング製品が「VextMiner」だ。(2012/11/19)

つぶやき分析や大規模テキスト処理が可能に
【製品動向】ソーシャルやビッグデータで変わる「テキストマイニング」
ソーシャルメディアから顧客の声を探りたい。大規模テキストを高速に解析したい。こうした声に応えて、テキストマイニング製品は着実に進化している。最新動向をまとめた。(2012/10/25)

ホワイトペーパーレビュー
ビッグデータの活用方法が分かる3つのホワイトペーパー
日本企業のビッグデータ活用事例が紹介され始めている。先進企業はどのようにビッグデータを活用しているのか。またビッグデータを活用する上でIT部門が考慮すべきことは何か。役立つホワイトペーパーを紹介する。(2012/8/30)

望遠鏡や顕微鏡のようなパラダイムシフト
【技術動向】韓国LGのCTOが語るビッグデータ分析ツールの4つの特徴
ビッグデータという言葉の流行に伴って、分析ツールも目覚ましい進化を遂げている。ビッグデータ時代に求められる分析ツールはかつてのBIやDWHと何が違うのか。韓国LG CNSのCTO、キム・テグ氏が語る。(2012/6/12)

BI製品紹介:日本ユニシス
顧客分析や需要予測に効果を発揮する国産データマイニング「MiningPro21」
大量のデータに潜む相関ルールや頻出パターンを自動的に分類・解析することで、隠れた有用な関係性を抽出するデータマイニング。日本ユニシスは20年以上前からその有効性を訴えてきた。(2012/5/18)

BI製品紹介:DTS
国産BI「データスタジオ@WEB」が現場業務のための機能に特化するわけ
「データスタジオ@WEB」は、「第3世代」といわれる最新BI製品を象徴するように簡単操作・安心運用を開発コンセプトとしている。国内約400サイト、約5万数千人のユーザーが活用するBIツールの中身を見ていこう。(2012/3/1)

ホワイトペーパーレビュー
ビッグデータ時代のデータ活用を学ぶ3つのホワイトペーパー
「ビッグデータ」という言葉の登場は、データ分析の重要性を再認識するきっかけにもなった。自社がどの分野のデータ分析に着手すべきか、そのヒントとなり得るホワイトペーパーを紹介する。(2012/2/16)

活用されない調査は有害無益
リアルタイム顧客調査の効用
リアルタイム顧客調査では、企業は実用的な重要情報をできるだけ早く入手し、調査の効果を高めることができる。(2009/2/3)

顧客から「選ばれる企業」になるために
顧客接点を徹底活用するCRM構築
不況の真っただ中、顧客から選ばれなければ企業は生き残ることができない。SaaS型CRMや最新コンタクトセンター、テキストマイニング活用など、低コストで顧客接点を活用するためのホワイトペーパーを紹介する。(2009/2/2)

NEWS
アンケート回答者の感性まで分析――SPSSがドラッグ&ドロップ操作のテキストマイニングツール
書き手の心情を自動判断できる解析エンジンを採用。アンケートの自由回答に書かれた内容から回答者の態度や行動に関する洞察が得られるという。(2008/11/14)

NEWS
ジャストシステム、ATOKの企業ユーザー向け用語管理ソリューションを発売
社内用語の変換や表記の統一などに役立つ「ABS辞書配信システム」と、専門用語や独自用語の辞書を作成できる「ABS用語管理データベース」の新版を発売(2008/1/23)

Column
BIと検索の融合をめぐる5つの神話
検索とBIの融合を促すビジネス要因が存在するのは明らかだが、まずはこの融合がもたらす可能性、そしてそれにまつわる神話を理解することが大切だ。(2007/2/27)

IT変革力【第12回】
Web2.0、大衆表現社会がもたらす文化変容問題
Web2.0により大衆=市民は特別な技術を知らなくても膨大な量の情報や知識を表現し、蓄積できるようになりました。しかし、知識や情報を大量に蓄え、溜め込むことは社会にとって良いことばかりとは限りません。Web2.0という大衆表現社会は、文化や企業にどのような変化をもたらすのでしょうか。(2006/8/18)