TechTargetジャパン

急速に進むイノベーション
2018年技術トレンド大予測 “秒速”で進化するAI、VR、IoT、ロボットの動向を知る
変化が速い時代において、2018年の予測が信頼できるものであるためには保守的である必要はない。(2017/12/5)

【期間限定】オンラインセミナー
先行企業の事例で知る ブロックチェーンの実務への適用と最新技術動向
製造・流通・金融……先行企業は“実証実験”から実用化フェーズへ(2017/5/9)

“脇役”が進化の主役になる
オープンソースのコンテナ技術動向、「Docker」の優位はどこまで続く?
2017年、コンテナテクノロジーのエコシステムでは、より良いセキュリティソリューションが誕生し、ベンダー間の競争とCaaS導入の増加が見られるようになるだろう。(2017/4/10)

ユーザー企業は「価格重視」志向
調査で分かったバックアップアプライアンス市場動向、「ディスク」「クラウド」に注目
今は大量のデータが急速に生成され、それに伴ってリスクが増加している時代だ。そんな状況におけるバックアップ市場のニーズを満たしているのが、クラウドとディスクベースのストレージアプライアンスだ。(2017/2/21)

TIS株式会社提供Webキャスト
電力小売市場への新規参入を支えるITシステムサービスと市場動向を解説
2016年4月から電力小売市場が完全に自由化された。新市場への参入を検討している事業者も300社を超えるとされており、ビジネスチャンスの拡大が期待されている。そうした中、新規参入企業向けに提供されているITシステムにも注目が集まる。(2016/7/8)

これからは特定の知識だけではいけない
ハイパーコンバージドインフラで失職? 技術動向によって変わるIT担当者の仕事
コンポーネントが全てパッケージ化されているハイパーコンバージドインフラ。IT部門はシステム全体を一括して管理できるため便利そうだが、この技術により別の課題が起こる可能性がある。(2015/9/1)

注目すべき米国の医療ITトレンドを専門家が予測
2018年の医療ITトレンド4選、ブロックチェーンや人工知能はいよいよ実用段階へ
2018年、米国の医療機関はブロックチェーンの応用と人工知能(AI)の活用拡大に備えることになるだろう。電子医療記録(EHR)ベンダーによるデータ分析技術の発展も拡大するかもしれない。(2018/2/21)

人材獲得や職場環境の向上に活用
「人事テクノロジー」が従業員も企業も変える 注目したいトレンド4選
企業が人材を引き付け、理解する手段を求め、従業員の職場環境を向上しようとするに伴い、人事テクノロジーが猛烈な速度で成長している。本稿では、人事テクノロジーのこうした状況を見ていく。(2018/2/19)

市場動向からUC連動のヘッドセットまで
「ユニファイドコミュニケーション」2018年最新動向、成長はまだ続くのか
ビジネスの意思決定スピードを向上させるため、もしくは従業員同士のコラボレーションを促進するためにユニファイドコミュニケーションは欠かせない。最新の市場動向を見てみよう。(2018/2/9)

AI、マイクロサービス、エッジコンピューティング、DevOps
2018年のエンタープライズITトレンド――8賢人はこう語った
本稿では、ハイテク企業の幹部8人が、AI(人工知能)、マイクロサービス、エッジコンピューティング、IoT時代におけるITの基準とカスタマーサービスに関する見解を述べる。(2018/1/17)

2018年はNVMeフラッシュの採用が拡大?
ストレージ市場の中心テーマは「フラッシュ」「HCI」「クラウド」 2018年トレンド予測
ストレージ市場における破壊的イノベーションの動きはまだ当分収まりそうにない。2018年のストレージ市場では、AI分析やクラウド、HCI、企業合併、NVMeフラッシュなどが主要なテーマとなりそうだ。(2017/12/28)

Microsoftの2018年を占う【後編】
Windows Serverの新GUI追加から量子コンピューティングまで、最新技術トレンドを探る
Microsoftのテクノロジーは多くの領域にわたる。後編は、クラウドやコンテナに関心の高いユーザーに向けた情報をお届けする。(2017/12/14)

Forresterが注目
プログラマーの仕事がついになくなる? 2020年を占う「10大テクノロジートレンド」
人工知能(AI)テクノロジーの進化が、ITやビジネスを劇的に変える可能性がある。将来の2020年に向けて注目すべきテクノロジートレンドを見ていこう。(2017/12/12)

2017年 企業向けワイヤレスネットワークトレンド(後編)
端末追跡に「Wi-Fi as a Service」……ワイヤレスネットワーク最新トレンド
ワイヤレスネットワークの進化は、高速化だけではない。今後の技術動向は企業のネットワーク戦略を大きく左右することになる。これから何が登場するのか?(2017/10/23)

合従連衡で専業ベンダーは減少へ
【市場動向】大手7社の動向で考える、タレントマネジメント製品の選び方
国内外で注目されるタレントマネジメント製品。今後はERPベンダーによる買収などで専業ベンダーの減少が予測される。企業は今後、どう判断して製品選定をすべきか。大手7社の動向から探る。(2012/10/30)

一様にシンプルで安価な方向へ
2025年、企業を待ち受けるネットワークの未来はつまらない? 4つのトレンド
2025年、企業や団体にとってネットワークの未来とはどのようなものになるのだろうか。予測できる4つトレンドを紹介する。(2017/7/11)

Gartnerが公表
消えゆくデータセンター、「ITトレンド10選」が示す“明と暗”
コンテナやIoT(モノのインターネット)、エッジコンピューティングなどは、今後も大きな存在感を示すトレンドだ。これらの技術がITプロフェッショナルの役割やスキルセットを導いていくだろう。(2017/6/6)

人工知能、セキュリティ、ブロックチェーンなど
医療IT担当者が2017年に注目する“6つのITトレンド”
医療業界における2016年のITトレンドは、サイバーセキュリティとブロックチェーンに多くの注目が集まった。医療機関のIT管理者は2017年も引き続きこの2つのトレンドから目を離すことはできないだろう。(2017/2/28)

複雑化する市場で価値を確立するために
2017年にはこのビジネスが来る? ディストリビューターが注目する3つの動向
2017年のIT市場でディストリビューターが注目しているトレンドは、トレーニングサービス、プラットフォームの統合、そしてモバイルデバイス管理だ。米国の動向を詳しく解説する。(2017/1/17)

“ハイブリッドクラウド”は消えてなくなる?
「クラウド革命」はどこへ向かう? 3つの市場動向から占う
クラウドは、既存アプリケーションのホスティングオプションではない。アプリケーション開発の新しいアーキテクチャなのである。このクラウド革命は、企業のビジネスをどのように変えるのだろうか。(2014/7/4)

北米放射線学会(RSNA 2016)トピックス
「目指すは診断精度の向上」、放射線医学分野を中心に広がる技術トレンドとは
第102回北米放射線学会(RSNA 2016)では、画像診断における人工知能(AI)と機械学習の導入や、放射線医学分野におけるクラウドや遠隔医療の応用といった技術テーマが注目を集めていた。(2016/12/14)

変化に強いアプリケーション開発の実現方法
API公開したけど収益化はどうする?――アプリ開発で気になる3つの最新トレンド
アプリケーション開発において、APIやマイクロサービス、ハイブリッドクラウドなど多くの新しいトレンドが生まれている。企業が新しいビジネスを創出するために、それらの技術をどのように活用すればいいのだろうか。(2016/12/14)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
フラッシュが変えたストレージ業界、その「2大メガトレンド」とは?
ストレージにフラッシュが使われるようになり、2つの大きなトレンドが生じている。「オールフラッシュ」と「ソフトウェア定義」の流れだ。大手ベンダーはそれぞれに向けた製品ラインアップを提供しているが、果たして今後どのような展開を見せていくのだろうか。(2016/11/14)

IT担当者の働き方すら変える
2020年のITを決定的に変える“もう無視できない10大トレンド”
データセンターとクラウド市場の急速な進化には、ハイブリッドインフラ、モノのインターネット(IoT)、スマート管理など、各種のITトレンドが関係している。こうしたトレンドはIT部門に新たな役割を追加している。(2016/11/1)

統合とクラウドが企業向けモバイル管理でも重要に
iPhone、Android、Windowsをどう管理? 2016年のEMM動向を探る
2015年も企業のモバイル活用は拡大していった。この流れは2016年も変わらない。その波に乗り遅れないために注意すべき技術革新について確認しておこう。(2015/12/24)

デル株式会社提供Webキャスト
データ保護は個別最適化から統合化・サービス化へ、最新動向に学ぶ
企業システムで発生するデータの保護は、以前から重要な課題としてさまざまなアプローチがとられてきた。現在、注目されているのがデータ保護における「統合アプローチ」だ。個別最適のバックアップ手法からの転換のポイントとはどのようなものであろうか。(2015/10/30)

ユーザー企業/組織の読者が選んだ、2015年上半期記事ランキング(データ分析編)
次のトレンドは「セルフサービスBI」? 2015年上半期、データ分析で最も読まれた記事は
ビジネスユーザーがデータを分析・可視化する「セルフサービスBI」が次のトレンド? 2015年上半期に公開した、データ分析の記事ランキングを紹介します。(2015/8/13)

コンプライアンス、セキュリティへの危機意識が増大
【市場動向】“システムの可視化”と分かりやすさがIT資産管理ツールの鍵に
無駄なコストの削減が主目的だったIT資産管理も、仮想化、クラウドの浸透によってその意義が変化している。IDCジャパンのアナリスト 入谷光浩氏の話から、IT資産管理ツールに対する企業の期待を探る。(2013/2/8)

アナリストに聞くデスクトップ仮想化動向
【技術動向】続く技術進化とデバイス多様化で、着実に増えるデスクトップ仮想化導入
取り立てて新しい分野というわけではないデスクトップ仮想化。だが、市場は着実に伸びているという。ベンダーによる地道な技術革新と業務端末の多様化が後押しする。(2013/2/4)

知らないとちょっと恥ずかしい
AWS? Azure? 次のクラウド選びに欠かせない“注目トレンド 5選”
クラウド市場は進化を続け、さまざまな変化や発達を遂げている。2015年も後半に入ったところで、上半期のトレンドから今後に役立ちそうな注目の5テーマを振り返る。(2015/7/22)

2015国際医用画像総合展リポート
ITEM2015で見た、医療クラウドの最新動向
パシフィコ横浜にて2015年4月17日から19日まで開催された「2015国際医用画像総合展」(ITEM)。その展示内容から医用画像などを外部のデータセンターに保管するクラウドサービスの一部を紹介する。(2015/6/5)

OpenFlow/SDN、誤解の構造【第5回】
【技術動向】結局、SDNに求められるものとは何か
本連載では、OpenFlowとSoftware Defined Networking(SDN)に関する誤解と建設的な理解について解説してきた。最終回の今回は、SDNの本質に迫る。(2012/12/26)

オープンクラウドの潮流【第2回】
【技術動向】主要PaaSの動きが一気に分かる、林 雅之のOpen PaaSリポート
IaaSのコモディティー化が進み、PaaS市場が活況を帯び始めている。今後、Windows Azureに代表される「Proprietary PaaS」に加え、「Open PaaS」の流れが進むだろう。(2013/1/8)

アナリストに聞く PaaS市場動向
【市場動向】2012年はPaaS元年にならず、市場拡大は2014年以降か?
「2012年はPaaS元年」という見方があった。実際の2012年の市場はどの程度拡大したのか。ITの調査会社であるIDC Japanに市場動向を訊いた。(2012/12/18)

OpenFlow/SDN、誤解の構造【第4回】
【技術動向】SDNで何を議論すべきなのか
前回はSDNという言葉を「利用者が、やりたいことを実現するために最短距離の方法で、ネットワークの構成や機能の活用ができること」と説明した。今回は、これをさらに掘り下げる。(2012/12/14)

ITを利用して次世代型医療の実現を目指す
【市場動向】医療イノベーション5カ年戦略の実現を支える医療IT
政府が進める各種政策は、医療のIT化に強い影響力がある。現在の政策や実証事業の内容を基に今後の医療ITを考える。(2012/12/12)

総点検: SMBのためのBI活用【第2回】
【市場動向】中堅・中小企業が支持するBI製品はどれだ?
中堅・中小企業は、どういったBI製品を支持しているのだろうか。各製品が支持されるポイントとは何か。ノークリサーチの調査結果を基に、こうした疑問を解き明かす。(2012/12/12)

OpenFlow/SDN、誤解の構造【第3回】
【技術動向】SDNはなぜ誤解されるのか
「Software Defined Networking(SDN)」という言葉の意味はあまりにも多様化し、議論がかみ合わなくなってしまっている。議論が深まるような、この言葉のより建設的な定義とはどういったものなのかを探る。(2012/12/7)

持続可能型医療ケアシステムの構築へ
【市場動向】地域医療の再生の鍵を握る医療ITの理想像とは?
経済・社会的な状況や医療政策などに影響を受ける医療のIT化。有識者の見解を基に、さまざまな問題を抱える地域医療の再生を支援するITシステムの理想像を考察する。(2012/12/5)

開発に必要な物が全てそろう
モバイル開発を簡易化するMBaaS(Mobile Backend as a Service)最新動向
モバイルアプリのバックエンド機能をまとめて提供するMBaaSを活用することで、開発や管理の負担が大幅に低減する。本記事では、MBaaS主要プロバイダーの最新動向をまとめた。(2015/5/18)

グローバル、クイックソリューションがポイント
【市場動向】企業が今再びSCMに投資している理由
SCM市場の成長が続いている。一度はコスト削減対象となりながらも企業が再度、SCMに投資を始めた理由とは何なのか。グローバル化や事業継続などのキーワードでSCMの現在を考える。(2012/11/21)

ICTが変える在宅医療・介護の今後
【市場動向】2020年の在宅医療・介護関連システム市場は約260億円、多職種連携がけん引
政府が掲げる成長戦略の重点分野である「在宅医療・介護」。それを支えるICTの動向について、市場調査を実施した担当者に話を聞いた。(2012/11/20)

オープンクラウドの潮流【第1回】
【技術動向】中立性を保つOpenStackと商用実績のCloudStack
オープンソースの2大クラウド基盤である「OpenStack」と「CloudStack」。その変遷と最新動向を振り返るとともに、それぞれの戦略と指針を確認する。(2012/11/20)

OpenFlow/SDN、誤解の構造【第2回】
【技術動向】OpenFlowに対する4つの誤解を検証する
さまざまに誤解されているOpenFlow。今回は主な誤解の中身を紹介するとともに、この技術のより適切な位置付けを考える。(2012/11/26)

2014年4月、Windows XPのサポート終了目前
【市場動向】 XPユーザーのための「Windows 8導入を見送るべき理由」
OSの移行先としてほぼ唯一の選択肢だったWindows 7だが、2012年10月26日にWindows 8が登場した。企業はこの新しいOSをどのように受け止めればよいのだろうか。(2012/11/16)

OpenFlow/SDN、誤解の構造【第1回】
【技術動向】OpenFlowはなぜ誤解されるのか
「OpenFlow」は2012年のIT業界において最も注目されるキーワードの1つになった。だが、その注目が、等身大の理解に基づいているとは言いづらい側面がある。OpenFlowに対する誤解の背景を説明する。(2012/11/26)

病院・診療所のクラウドサービス導入意向調査リポート
【市場動向】医療クラウドの導入意欲とサービスのギャップ
シード・プランニングは2012年3月、医療機関のクラウド活用に関するアンケート/ヒアリング調査を実施した。本稿では、調査担当者が現場の医師に聞いた、医療クラウドへの評価や導入意欲を紹介する。(2012/11/6)

求められる操作性と表現力
【技術動向】HTML5に注目、変遷してきたERPクライアント技術の今後とは
クライアント/サーバ型からWeb型へと変遷してきたERPのクライアント環境。今注目されているのはベンダー技術に依存しないHTML5だ。スマートデバイスへの対応も必須になる中で、ERPのクライアント環境の今後を考える。(2012/11/2)

運用管理の負荷増と情シスのスキル低下が背景
【市場動向】“ハード/ソフト統合システム”に、ユーザー企業の期待大
システム導入・運用管理を効率化できるとして、ハードウェアとソフトウェアを統合した垂直統合型製品が注目を集めている。IDCジャパンの福冨里志氏の話を基に、その市場動向とユーザーの期待を俯瞰した。(2012/11/1)

運用自動化、障害の原因特定、一元管理へのニーズが増大
【市場動向】要員削減を受け、統合運用管理ツールは簡単・シンプルが鍵に
統合運用管理製品のトレンドを掘り下げると、現場が抱える課題と対策の傾向が見えてくる。IDCジャパン シニアマーケットアナリストの入谷光浩氏の話から、運用管理に対するユーザーの期待と投資の方向性を俯瞰した。(2012/10/26)

単機能から多機能へとニーズがシフト
【市場動向】2012年、ゲートウェイセキュリティのトップベンダーは?
多機能製品への移行や脆弱性の対処でゲートウェイセキュリティに脚光。製品ラインの充実度や導入実績がシェアを左右――。国内セキュリティ製品市場の現状をITR舘野氏に聞いた。(2012/10/19)

上流工程の支援と付加価値提供がポイント
【市場動向】8割の中堅・中小企業がクラウド基幹アプリにそっぽを向く理由
基幹業務のクラウドサービスに不満を持つ中堅・中小企業。その理由はクラウドサービスが運用管理コスト削減以外の価値を提供できていないからだ。ノークリサーチのアナリストが解説する。(2012/10/19)

現場ニーズに応えながら開発のリスクを下げる
【技術動向】パッケージと自社開発の利点を生かすSOA型ERPの魅力
開発のリスク要因となるアドオン開発を少なくしながら、現場のニーズに応えるにはどうすればいいのか。その答えの1つがSOAに対応したERPパッケージの利用だ。(2012/9/28)

OpenFlowに本気な国産、様子見の外資
【市場動向】「OpenFlow=SDN」ではない? ベンダー各社のSDN戦略
ネットワークベンダーは、SDNにどう取り組んでいるのか。現状を見ると、有力技術とされるOpenFlowを推進するベンダーばかりではない。SDNに対する各社の姿勢を整理する。(2012/9/27)

レガシーマイグレーションの新潮流
【市場動向】メインフレーム、オフコンをクラウドに移行、その利点とは
メインフレームやオフコンなど、いわゆるレガシーシステムの移行先としてクラウドを利用する新しいレガシーマイグレーションのサービスが増えてきた。代表的なサービスを紹介する。(2012/9/11)

フィット&ギャップ分析、テンプレートを活用
【技術動向】見えてきた、アドオン開発を抑えERPを早期導入する新技術
高コストで長期間のERP導入はもう許されない――多くの企業がこう考えている。ではコストを掛けずに短期導入するにはどうすればいいか。関連技術の動向をお伝えする。(2012/8/31)

“スマートフォン特需”を取り込むのは高い管理性
【市場動向】2012年、最も選ばれている無線LANベンダーはどこだ?
スマートフォン/タブレットの普及が市場拡大の原動力に。王者シスコシステムズのシェアを専業ベンダーが浸食――。国内無線LAN市場の現状について、ITR甲元氏に聞いた。(2012/8/22)

2014年4月に8%、2015年10月に10%へ
【市場動向】消費税増税へ、改修必至の企業システムは?
消費税増税の可能性が高まってきた。しかもこれまでに例のない2段階での増税で、一部商品に対する軽減税率の適用も検討されている。企業情報システムへの影響を考えてみた。(2012/7/30)

ビッグデータ活用のためのBIシナリオ【前編】
【市場動向】企業システムの変遷に見るビッグデータ潮流の背景
なぜこれほどまでにビッグデータとそれを取り巻くテクノロジーが注目を集めているのか。ビッグデータ潮流の背景と、今現在企業が活用したいデータ、ビッグデータへの期待をガートナーの講演を基にまとめる。(2012/7/27)

ポイントはカスタマイズ、アドオンの抑制
【市場動向】導入100億円は昔の話? ERPを高くする技術、安くする技術
導入や運用保守に多額のコストが掛かると思われているERPパッケージ。かつては100億円規模の導入プロジェクトも走っていたが、現在はコストを抑える方法、技術が生まれている。低コストなERPを選ぶポイントとは。(2012/7/17)

米Gartner調査にみるBI投資動向
【市場動向】2011年はBI、分析、業績管理市場が16.4%成長、トップベンダーはSAP
米Gartnerの調査によると、BIプラットフォーム、分析アプリケーション、業績管理ソフトウェア市場は2011年に122億ドルに達したという。同社アナリストにBI市場の現状、今後の予測を聞いた。(2012/7/10)

グローバルテンプレート活用がポイント
【市場動向】日本の常識が通じない中国拠点へのSAP ERP導入、そのコツは?
中国拠点へのERP導入は分からないことばかりだ。法制度や商慣習、人のマネジメントで戸惑っている日本企業は多い。SAP ERPの中国拠点導入で実績が多いSCSKがポイントを解説する。(2012/7/5)

IT部長さんのための技術トレンド【第7回】
1回で分かる:「SDN」の基本、主要ベンダーの動向をマップで押さえよう
「SDN」って簡単にいうと何? 「OpenFlow」とは何が違うの? どんな規模でもメリットを発揮するの? このような疑問を分かりやすく解説する。主要ベンダーの動向を3つに分類したマップ付き。(2014/12/26)

PACS(医用画像システム)市場調査リポート
【市場動向】マイナス成長が見込まれるPACS市場 今後は遠隔読影などに期待
各種撮影装置の画像データを管理するPACS(医用画像管理システム)。地域医療連携や遠隔診断などでその利用シーンの広がりが予想される。市場調査を基にその現状や今後の動向予測などを紹介する。(2012/6/22)

「ギガビット無線LAN」が目前に
【技術動向】モバイルもギガビットの時代へ、「無線LAN」の高速化技術
1Gbps超のデータ伝送速度を誇る次世代規格の登場が目前に迫る「無線LAN」。本稿は、無線LANの高速化技術の現状や今後の方向性をまとめた。(2012/6/21)

クラウドガバナンス現在進行形【番外編2】
【市場動向】着実に姿を現しつつあるクラウド化したIT市場
オープンで相互に接続されたクラウドの実現に向けて、IT市場では何が起きているのか。単一世界政府が存在しない以上、クラウドにおけるエコシステムの形成は共同規制に寄らざるを得ない。(2012/6/19)

インメモリ技術が過熱するデータベース市場
【市場動向】SAP HANAはデータベース市場でOracleを追い抜けるか?
SAP HANAでデータベース市場への本格参入を宣言したSAP。OracleもOracle TimesTen In-Memory Databaseなどインメモリ技術を積極的に投入している。SAPはデータベース市場におけるOracleの脅威になり得るだろうか。(2012/6/14)

望遠鏡や顕微鏡のようなパラダイムシフト
【技術動向】韓国LGのCTOが語るビッグデータ分析ツールの4つの特徴
ビッグデータという言葉の流行に伴って、分析ツールも目覚ましい進化を遂げている。ビッグデータ時代に求められる分析ツールはかつてのBIやDWHと何が違うのか。韓国LG CNSのCTO、キム・テグ氏が語る。(2012/6/12)

ITRアナリスト 浅利氏が解説
【技術動向】ERP製品選択で注目したい7つのテクノロジー
ERPを選ぶ上では技術的要素の確認も重要だ。技術はERPの使い勝手やコストに直結する。講演を基に製品選択で参考となる2015年までのERPの技術トレンドを紹介する。(2012/6/5)

今後の医療IT化の4つのポイントを提言
【市場動向】在宅・災害医療を見据えた医療ITの将来像とは?
ガートナージャパンが2012年4月に開催したイベントで、医療ITを推進するキーパーソンである近藤博史氏が在宅・災害医療などを含めた今後の医療のIT化に対する提言を行った。(2012/6/1)

2015年にはテラビット規格も視野に?
【技術動向】100Gbps超えも目前、超高速化が進む「イーサネット」
100Gbpsまで高速化が進んだイーサネット。近い将来、1Tbpsの「テラビットイーサネット」も登場しそうだ。本稿は、イーサネット高速化の現状と今後の方向性を解説する。(2012/5/31)

アビームコンサルティングが調査
【市場動向】一般化しつつあるシェアードサービスセンター、次の課題は「標準化」
大企業中心にシェアードサービスセンターの設立が一般化しつつある。次の課題はコスト削減や業務効率化などの当初の目的の達成だ。アビームコンサルティングでは、「プロセスの標準化」が重要と訴える。(2012/5/28)

市場動向を探る
国内・海外企業でのスマートフォン、タブレット活用動向に関する記事を集めた。(2011/7/10)

1回で分かる:IT部長さんのための技術トレンド
トレンド技術をやさしく解説。(2013/12/11)

2013 Japan IT Week 春リポート(クラウド編)
王者AWSにどう挑むか、主要クラウドサービスの最新動向
さまざまなパートナー企業とタッグを組み、企業システムに浸食する王者AWS。そのAWSに対抗すべく、多数のアップデートで挑む国内クラウド勢。クラウドEXPO 2013の模様をリポートする。(2013/5/16)

総点検: SMBのためのBI活用【第4回】
【製品動向】クラウドとオープンソースで「中堅・中小向けBI」はどう変わる?
企業システムにおけるクラウドやオープンソースの普及は、中堅・中小企業向けのビジネスインテリジェンス(BI)製品を取り巻く状況に変化をもたらしつつある。最新動向を追った。(2013/4/9)

総点検: SMBのためのBI活用【第3回】
【製品動向】分析や可視化をもっと手軽に、「中堅・中小向けBI製品」
中堅・中小企業のビジネスインテリジェンス(BI)製品に対するニーズが変わりつつある。こうした状況を受け、中堅・中小企業向けのBI製品も変化している。最新動向を示す。(2013/1/16)

需給予測機能を強化へ
【製品動向】企業が投資を増やす「SCM製品」の今
製造業を中心に日本企業の間でサプライチェーンを強化する動きが見られる。自然災害などに負けない強固なサプライチェーンマネジメント(SCM)の構築が目的だ。主要なSCM製品、ベンダーの動向を探った。(2012/12/17)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
新たなトレンドが注目されるストレージ、その選択ポイントを解説
企業競争力の源泉であるデータが急増し、「ビッグデータ」「クラウドストレージ」「ストレージ仮想化」などの新たなトレンドも注目されている。これからのストレージ環境を最適化するためのポイントを紹介する。(2012/10/16)

LAN診断の負荷を軽減するサービスも
【製品動向】iOS/Android対応が進む「脆弱性診断サービス」
システムに潜む脆弱性を早期に発見したい。ただし、必要なシステムを自社で用意するのは難しい。そうした企業に最適な「脆弱性診断サービス」の現状や最新動向を示す。(2012/9/7)

クラウドDBの暗号化技術も進化
【製品動向】処理高速化や導入負荷軽減が進む「データベース暗号化製品」
企業情報システムの要であるデータをサイバー攻撃から守るのが「データベース暗号化製品」である。本稿はデータベース暗号化製品の機能トレンドや今後の方向性などをまとめた。(2012/5/30)

通信障害の多発であらためて脚光
【製品動向】仮想化対応や障害分析の強化が進む「ネットワーク管理製品」
ネットワークの安定運用に欠かせないのが、性能監視や構成管理機能を持つ「ネットワーク管理製品」だ。本稿は、ネットワーク管理製品を取り巻く最新トレンドを紹介する。(2012/5/11)

9つのPaaSの違いが分かる比較表付き!
主要PaaSの機能とユーザーの開発トレンドを解説
PaaSの多くは、複数のプログラミング言語や開発フレームワークなどに対応し、料金体系も多岐にわたる。本稿では、言語やフレームワークのユーザー動向、主要PaaSの機能、料金体系のトレンドを紹介する。(2012/4/26)

BYODは国内で普及するか(後編)
私物スマートフォン業務利用の効果を引き出す製品のトレンド
私物端末の業務利用「BYOD」は国内で本当に普及するのか。BYOD採用に踏み切るために必要な対策は何か。後編は、BYOD採用を支援する製品の動向や採用効果を引き出すポイントを解説する。(2012/4/17)

脆弱性診断やコンサルティングの拡充が進む
最新トレンドが分かる! マネージドセキュリティサービス
セキュリティ製品の導入や運用を外部委託できる「マネージドセキュリティサービス」。その最新トレンドや選定のポイントを紹介する。(2012/2/27)

VDIがPC市場で占める割合は2015年までに8〜12%
安価になり導入進むか? デスクトップ仮想化2012年の動向
アナリストによれば、VDI(仮想デスクトップインフラ)は依然として小規模でニッチな市場ではあるが、2012年にはこれまでよりも多くの大企業がVDIを検討するという。(2012/2/7)

2012年の注目トピックを紹介
市場調査から探る2012年データセンタートレンド
2012年、データセンター関連市場はどうなるのか? 主要調査会社が発表した市場調査や動向予測などから、2012年の方向性を探る。(2012/1/27)

2011年ERP&IFRS記事ランキング【前編】
スマートフォンやクラウド対応に注目 ERP最新トレンドが分かる記事ベスト10
ERPの選択においても、最新トレンドの理解が欠かせない。数多く掲載した記事の中から2011年はどのような記事が読まれたのか。ERP最新トレンドについての記事、ベスト10を紹介する。(2011/12/26)

ホワイトペーパーレビュー
HDD暗号化のトレンドが分かる3つのホワイトペーパー
社外に持ち出したノートPCの情報漏えいを防ぐ有効な手段となるのがHDD暗号化だ。本稿は、HDD暗号化の最新動向をまとめた3つのホワイトペーパーを紹介する。(2011/12/13)

「ERPのグループ利用」に関するアンケート調査リポート
海外グループ展開に統合ERPは必須か――読者調査結果が示す新トレンド
2011年7月に実施したERP利用についてのアンケート。調査結果からはERPのグループ利用に関する新しいトレンドが見えてくる。調査結果の概要を紹介する。(2011/8/30)

識者が語る基幹システムのBCP:JUAS 原田俊彦氏
ユーザー企業調査が伝える「大震災後のIT投資動向」
東日本大震災を受けて緊急に行われたユーザー企業調査。その結果からは災害対策やBCP対策を急ぐ、企業のIT部門の姿が浮かび上がる。調査を行った日本情報システム・ユーザー協会に聞いた。(2011/6/23)

2011年、企業のIT投資はどう動くのか
市場調査から探る2011年データセンタートレンド
2011年、データセンター関連市場はどうなるのか? 主要調査会社が2010年下半期以降に発表した市場調査や動向予測などから2011年の方向性を探る。(2011/1/5)

第18回ソフトウェア開発環境展イベントレポート
SODECに見るプロジェクト管理ツール最新動向
2009年5月13日から15日までの3日間、東京ビッグサイトにて「第18回ソフトウェア開発環境展(SODEC)」が開催された。本稿では、プロジェクト管理(PM)ゾーンに出展されたPM関連製品を紹介する。(2009/5/20)

組み込み向け半導体最新動向
ここでは、組み込み向け半導体の最新動向を追う記事をまとめている。近年、組み込み業界を中心として半導体はどのような傾向をたどっているのか。系統別に追っていく。(2008/10/1)

Column
2006年、ウイルス/ワームをめぐる7つのトレンド、6つの対処法
本記事では、ウイルス作成者たちの今年の動向を知る上で重要な7つのトレンドについて述べるとともに、これらの脅威を回避するための手段を紹介する。(2006/1/31)