TechTargetジャパン

行きつけサイトでウイルスに自動感染
Apple社員も被害、「水飲み場型攻撃」の脅威とは
標的がよく見るWebサイトを改ざんし、待ち伏せてマルウェアに感染させる――。こうした「水飲み場型攻撃」の被害が、2014年に増加する可能性がある。(2014/2/25)

Facebookの「友達」がセキュリティを脅かす
進化するソーシャルエンジニアリング攻撃、標的はSNSで物色される
脅威の進化によってソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の監視方法がどのように変化しているか。本稿ではソーシャルエンジニアリング攻撃の脅威について解説する。(2018/1/9)

米政府機関の大量情報漏えいに関与との疑いも
FBIが中国籍の男を逮捕 “米国史上最悪”の情報漏えい事件との関係を解説
米連邦捜査局(FBI)は、米連邦政府の人事管理局(OPM)の大規模な個人情報流出を引き起こしたマルウェア「Sakula」を使った別のサイバー攻撃に関与した疑いで、中国籍の男を逮捕した。(2017/9/8)

守護神「WAF」を最短1週間で導入、運用は専門家にお任せな手段も
Webサイトの「不正ログイン」「改ざん」はなぜ起こるのか? その有効な対策とは?
「リスト型アカウントハッキング」に「水飲み場型攻撃」――。Webサイトを取り巻く脅威はなぜ減らないのか。有効な対策とは何か。こうした疑問に答えよう。(2014/7/30)

「標的型攻撃対策」の現実解【最終回】
“犯罪者目線”で考える、「標的型攻撃」に役立つセキュリティ対策はこれだ
標的型攻撃には、どのセキュリティ製品をどう生かすべきなのか。標的型攻撃で一般的な攻撃手順に沿って、有効なセキュリティ製品分野を紹介。併せて今後の標的型攻撃対策に求められる方向性を示す。(2016/2/8)

「標的型攻撃対策」の現実解【第2回】
丸分かり「標的型攻撃対策」:未知の攻撃にどう対抗? 「入口対策」基礎の基礎
多層防御が鍵となる標的型攻撃対策。その基本となるのが「入口対策」だ。未知の攻撃にも耐え得る入口対策を進めるために、どのようなセキュリティ製品を導入すべきか。基礎から解説する。(2015/9/11)

従来の対策は役に立たない
打つ手なしの標的型攻撃に「早期警戒型&封じ込め対策」のススメ
標的型攻撃が猛威を振るい、従来のセキュリティ対策の有効性が揺らいでいる。対応が後手にならないための防御システムをどう構築するか。今こそ発想の転換が必要なときだ。(2015/7/21)

巧妙化する標的型攻撃に効率的に対処するポイントとは
「標的型攻撃対策はサンドボックスだけで十分」は大きな誤解だった?
今なお増加を続ける標的型攻撃対策として、“切り札”だと見なされている技術が「サンドボックス」だ。サンドボックスに「死角」はないのか。標的型攻撃の動向とともに確認してみよう。(2014/10/20)

標的型攻撃対策に関する調査リポート
「標的型攻撃に遭遇の可能性」は13.5%、製品導入・運用の負荷が対策を阻む
TechTargetジャパン会員を対象に、「標的型攻撃対策に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2014/10/6)

週間記事ランキング
安いは正義 3万円台Office付きWindowsタブレットの気になる性能
Microsoft Officeが使えて3万円台という話題のDell製品を徹底レビュー。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/2/28)