TechTargetジャパン

車が空を飛ぶ近未来
Uberの空飛ぶタクシーは2023年に開始予定? 夢のプロジェクトが着々と進行中
未来の象徴として描かれてきた空飛ぶ車が、技術的に実現可能になりつつあるという。Uber Elevateの試みを紹介する。(2017/11/14)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー
なぜ日本企業は「Open Compute Project」仕様のハードに注目し始めたのか?
データセンターで利用されるハードウェアの設計をオープン化する「Open Compute Project」(OCP)に注目する日本企業が増えてきた。拡張性が高くシステムの規模を柔軟に変更可能なOCPを導入するための秘訣とは?(2017/10/26)

その署名、本当に本人ですか
レジストリを2つ編集するだけでWindowsデジタル署名が無意味になる
セキュリティの基本は正しいものを通し悪いものを遮断することだ。「正しさ」はデジタル署名などで証明する。しかしWindows10でとある操作をすることでデジタル署名が無意味になるという。その真相を探る。(2017/10/25)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
ITインフラは長く使うほど高くつく? 費用対効果を最大化する更新サイクルとは
ITインフラは延命して長期間利用する方が効率的と考えがちだが、そんな常識は過去のものとなったようだ。IDCの調査で、サーバを長期利用すると運用コストが指数関数的に増大し、イノベーションの足かせになってしまうことが判明した。(2017/10/13)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー
「第2のFacebook」を狙う企業のために──OCP仕様製品のデータセンター導入
Facebookが主導し、世界で200社近くが参加するエンジニアコミュニティー「Open Compute Project(OCP)」。OCP仕様の製品をデータセンターに導入することで、どのようなメリットを得られるのか、分かりやすく解説する。(2017/9/28)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
標的型攻撃の被害を最小化、感染拡大を防ぐ仮想環境ならではの内部対策とは?
脅威が増す標的型攻撃に対処するには、入り口部分の防御だけでなく、侵入後における感染拡大の最小化も重要だ。仮想マシン単位で設定できる分散ファイアウォールを導入すれば、万が一の侵入にも効果的な対策が行える。(2017/9/1)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
ネットワークの可視化と運用管理を究めて、データセンターの課題に対処する
ネットワーク仮想化環境を導入した最新のデータセンターで運用の可視化を実現すれば、ネットワークのパフォーマンスを最適化し、健全性と可用性を確保できる。セキュリティを高めるマイクロセグメンテーションも実現可能だ。(2017/9/1)

いまさら聞けないPowerShell入門(前編)
Windows管理者がPowerShellを習得すべきこれだけの理由
PowerShellはWindowsを管理するための強力なツールであり、マスターすべき多くの理由がある。さらに、Linuxユーザーにとっても無視できない存在になるだろう。(2017/8/18)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
ハイパーコンバージド製品を徹底比較、仮想化機能でどれだけ差がつくのか?
仮想化環境の構築法として、主流となりつつあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。そのメリットを引き出すには、仮想化機能が重要になる。本資料では仮想化機能がHCIにもたらす影響を解説する。(2017/8/9)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
ハイパーコンバージドがさらに進化、拡張性とコスト効率を向上させる技術とは?
拡張性やコスト効率の高さ、管理のシンプルさなど、さまざまなメリットを備えたハイパーコンバージドインフラ。その中でも大きく注目されている、ハイパーバイザーをベースとした製品を紹介する。(2017/8/2)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
構築例で学ぶ「ネットワーク仮想化」、導入前に知っておきたいセキュリティ知識
サイバー攻撃から自社のネットワークを守るセキュリティ対策としても導入が進むネットワーク仮想化。関連技術の中でも特に注目されている「分散ファイアウォール」を中心に、ネットワーク仮想化における重要ポイントを解説する。(2017/8/2)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
ビジネスの急速な変化にも対応、次世代型データセンターの構築はどう進める?
ビジネスモデルが急速に変化する中、企業のIT基盤は、インフラやアプリケーションを迅速に導入、拡張できる体制が必須となってきている。ここでは、将来の変化にも柔軟かつ迅速に対応できるデータセンターの構築法を解説する。(2017/8/2)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
調査会社が解説するプライベートクラウドのメリット、取るべき最短ルートは?
グローバル企業が積極的に導入を図るプライベートクラウド。TCOをはじめITインフラの管理性や柔軟性などのメリットが高く評価されている。この環境を効率的に実現するには、どんな選択肢を取ればいいのだろうか?(2017/6/30)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
5年間のTCOを約63%削減、アサヒグループが全社システムに選んだストレージは?
飲料・食品事業を行うアサヒグループは、全社システムの8割以上を占めるプライベートクラウド基盤の統合ストレージを刷新した。同グループの厳しい審査や実機テストをクリアしたオールフラッシュアレイとはどのようなものだろうか。(2017/4/20)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
中小規模企業でもできる、Windows NASによるデータ一元管理と自動バックアップ
製造業にとって作業データの管理は生産性に直結する。それは中小規模事業所でも同様だ。扱いが容易なWindows NASを活用して、高い信頼性を確保しつつ、データを一元管理と自動バックアップを実現するための方法を紹介する。(2017/4/19)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
IoT時代のインフラ戦略、ストレージは「ためる領域」から「使う領域」へ
近年、さまざまな業界で利用が進むIoTデバイス。今後はIoT利用を支える「インフラ」が主要課題となると予想されるが、そのための備えはできているだろうか。インフラ戦略の要となる「ストレージ環境構築」について詳しく解説する。(2017/4/19)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
SSD導入の必勝法──復旧力と拡張性に注目するフラッシュアレイ選択術
基幹部分にもフラッシュストレージの導入が進むITシステムにおいて、「転送速度の速さ」だけで導入製品を評価して選択するのは危うい。業務に耐え得るフラッシュストレージを選ぶために真に重要な検討項目を考える。(2017/4/19)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
TCOで考えるストレージ最適化、SSDなら投資を6カ月以内で回収可能に
導入ストレージの候補として、オールフラッシュが最有力となる時代になりつつある。Gartnerの調査によれば、SSDの投資費用の回収が約5.4カ月で済むほどにTCO削減効果が向上しているという。従来型ストレージとどれほど違うのか。(2017/4/19)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
「ストレージ」調査レポート:フラッシュの利点は本当に享受されているのか?
多様なメリットを持つフラッシュストレージだが、実際の運用現場ではHDDとの差がどれほどあるのか。1000社強の企業を調査し、フラッシュストレージの利用実態とユーザーの評価を探った。(2017/4/19)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
「クラウドありき」から発想を転換、TCOがクラウドの50%以下というIT基盤とは
写真プリントショップを全国展開するプラザクリエイトは、IT基盤の刷新にあたり、パブリッククラウドではなく、ハイパーコンバージドインフラを導入した。この選択により、同社はクラウドを上回るコストパフォーマンスを実現したという。(2017/3/31)

学生の生の声から探る
学生が「Surface Pro 4」を使いたくなる“3つの理由”
今や大学生活の必需品となったノートPCやタブレット。その2つの要素を兼ね備えた「Surface Pro 4」の実力を評価する声は少なくない。学生の声から、その魅力を探っていく。(2017/3/31)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
SAPの次世代クラウドアプリケーションを支えるITインフラとは?
高度なクラウドサービスを提供するには、優れたキャパシティーや堅牢(けんろう)さ、スケーラビリティのあるITインフラが欠かせない。多数の企業が利用するSAPのクラウドアプリケーションを支えるITインフラから、その実現方法を探る。(2017/2/20)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
ERPデータとビッグデータ分析の連携を実現する SAP HANA Vora + MapR
基幹系データを活用しつつ、ビッグデータに備えたシステム構築に必要なシステムアーキテクチャとは。SAP HANA VoraとMapRを連携させ、Lenovoサーバ上で動作させる検証を基に、3社およびCTCの4社が共同でベストプラクティスを提案。(2017/2/21)

校務と教務の両方で活躍
南房総市教育委員会が「Surface Book」の採用で目指したICT教育の理想形とは
南房総市教育委員会は、校務と教務の両方に活用できるデバイスとして「Surface Book」を導入した。タブレットの利用は授業にどのような変化をもたらしたのだろうか。(2017/2/27)

Dell EMC提供ホワイトペーパー
ITも競われる国際ヨットレース、勝利の鍵を握るハイパーコンバージド製品は?
国際ヨットレースではクルーの技術だけでなく、センサーが収集した膨大なデータを分析する能力や、より高速で軽量なボートを開発する能力も競われる。世界最高峰のレースに挑むイギリスのセーリングチームは、その勝利の鍵として「ハイパーコンバージドインフラ」に注目した。(2017/2/16)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
ハイパーコンバージド徹底検証:仮想化導入の容易性と可用性はどこまで高まる?
仮想化環境への高い要求水準を満たすために「ハイパーコンバージドインフラ」を導入する事例が増えている。低コストかつ高パフォーマンスな仮想化環境を求める企業が、いま選ぶべき製品とは何か? ESGが実施した検証結果を基に、その条件を明らかにする。(2017/2/16)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
コスト・運用負荷比較:ハイパーコンバージドインフラと独自構築システム
ハイパーコンバージドアプライアンス「Dell EMC VxRail アプライアンス」とBYO(独自構築)システムのコストや運用管理負荷をEdison Groupが徹底比較。実測可能な数値比較となっているため、ITインフラ構築・刷新の前に一読をお勧めしたい。(2017/2/16)

Dell EMC提供ホワイトペーパー
ハイパーコンバージドインフラが引き出す「VDIのメリット」ってどんなもの?
エンドユーザーのIT活用範囲が拡大・複雑化し、仮想デスクトップインフラの導入は今まで以上に困難になった。そこで、企業規模にかかわらず容易な導入を可能とするハイパーコンバージドインフラが課題の解決策として期待されている。(2017/2/16)

Dell EMC提供ホワイトペーパー
遠く離れた拠点で、本社と変わらない業務アプリのパフォーマンスを手に入れる
多拠点展開している企業のIT部門にとって、リモートサイトから利用することでITインフラのパフォーマンスが劣化することは避けたい。ではどうやって本社と拠点で変わらないパフォーマンスの管理を難しくせずに実現するのか?(2017/2/16)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
ルネサス エレクトロニクスの大改革:PCをグローバル統一に一斉移行したメリット
さまざまな分野で半導体製品を提供するルネサス エレクトロニクス。同社は、ワークスタイル変革を目指し、国内外の拠点にある約1万7000台のPCをWindows 10搭載モバイルノートPCへと刷新した。同社はどのような製品選びで理想のIT環境を手に入れたのだろうか。(2016/12/28)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
TCOと運用負荷を軽減 HCIとクラウドで作る「VDI2.0」とは?
セキュリティ対策やワークスタイル変革、生産性向上をかなえる一方で、コストや管理性が課題といわれるVDI(仮想デスクトップインフラ)。クラウドとオンプレミスのハイブリッド型でこれらの問題を解決する VDI2.0について、その特長と、検証結果をまとめた。(2016/12/28)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
1台導入でIT化が完了、中小企業に必要な全機能を備えたオールインワンサーバ
マイナンバー制度に見られるように、行政は企業のIT化を前提とする方向に動きつつある。その中で、専任のIT担当者を持たないような企業が取り残されつつある。そこで、たった1台で、中小企業のIT化が全て完了するというユニークなサーバを紹介する。(2016/12/28)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
アサヒグループが「ストレージ基盤の刷新」で性能とコストの課題を解消
ITインフラの性能を左右し、根幹を支えるストレージ。最近ではディスクからフラッシュへの移行や重複排除など、関連技術の発展で飛躍的な性能向上を見せている。その実態をアサヒグループなど導入企業の事例を基に紹介する。(2016/12/19)

アドビシステムズ株式会社提供ホワイトペーパー
PDF活用の極意――全社員が知るとさらに業務効率が上がる機能は?
使いこなしているつもりで意外と知らないことの多いPDF。文書の閲覧や配布ばかりでなく、その編集機能やセキュリティ機能にも注目することで、ビジネスシーンはさらに広がる。そんなPDF活用法の中から、業務効率を向上させる幾つかの方法を紹介する。(2016/12/15)

アドビシステムズ株式会社提供ホワイトペーパー
PDF改ざん被害の背景に「初歩的な誤解」 全社に徹底したい文書セキュリティ
PDFは誰もが使う標準フォーマットだけに小さな誤解が大きなリスクを生む。近年、PDFデータ改ざん被害が相次ぐ背景にも「PDFは書き換えられない」という誤解がある。そこで、今すぐ全社に徹底したいPDFセキュリティの基本を分かりやすく解説する。(2016/12/15)

アドビシステムズ株式会社提供ホワイトペーパー
攻撃者に狙われやすいPDFファイル、今すぐできるセキュリティ対策は?
さまざまなデバイスで閲覧できるPDFファイル。その利便性がサイバー攻撃の狙い目とされていることは意外に知られていない。そこで、PDFを利用する全ての企業がすぐに実行できるセキュリティ対策の重要ポイントを解説する。(2016/12/15)

既存SIerとの連携を強みに
クラウド導入の“駆け込み寺”、cloudpackが考えるAWS移行 成功の法則
AWSの導入支援サービスを手掛けるcloudpackは、顧客のあらゆる要望に応える気概と技術力を備えたSIerだ。レガシーからの移行であっても、ユーザー企業に負担を掛けない、長期的なプランを提案してくれるはずだ。(2016/12/15)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
11時間の原価計算がわずか8分に コストも業務も大幅に改善、その秘密とは?
年間5000万ドル(約52.5億円*)のコストを削減した、レノボとSAPによる工場のサプライチェーンシステム刷新事例。11時間かかっていた計算が8分に短縮されたパフォーマンス改善がもたらす成功の詳細を見てみよう。 *1ドル105円換算(2016/12/7)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない
国内でも感染被害が急拡大しているランサムウェアだが、その感染を完全に防ぐことは難しく、予防策と同時に事後策を用意しておくことが望ましい。そこで注目されるのが「バックアップによるデータ保護」だ。なぜバックアップなのか。(2016/11/30)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
どのベンダーで買っても同じか? キーマンが語るx86サーバの今と未来
もはやx86サーバはコモディティ製品だと見られがちだが、必ずしもそうではない。機能性や信頼性、サポート体制、そして限りなく生まれるニーズに応える新技術の開発など、x86サーバのキーマンによる対談から明らかにする。(2016/12/7)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
宇宙誕生の謎に挑む「Belle II実験」、桁違いの負荷を支えるサーバ群の正体は?
宇宙誕生の謎に挑む「Belle II」(ベルツー)実験が2017年秋から開始される。従来とは桁違いの処理能力が求められることから、ハイパフォーマンスコンピューティングにおける過酷な耐久テストとしても注目される。同実験に選ばれたサーバとはどのようなものだろうか。(2016/11/25)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
古川製作所がクラウドではなくハイパーコンバージドを選んだ理由
クラウドサービスは導入や運用が容易というメリットはあるが、従量制課金のため、ある程度のスケールで長期にわたり利用すると費用が高額になる課題がある。そこで最近では、クラウドのような管理性をオンプレミスで実現するハイパーコンバージドインフラが注目されている。(2016/11/10)

ネットワーク機器を仮想化
なぜ今、ネットワーク機能仮想化(NFV)が必要なのか
ルーターやロードバランサーなどのネットワーク機器を仮想化し、通常のサーバ上で実行するネットワーク機能仮想化が注目されている。(2016/11/8)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
サイロ化しない次世代インフラが常に新しいアプリ/サービス開発環境になる理由
俊敏性よりも安定性を重視した従来型インフラが、今、アプリケーションやサービスの開発現場で足かせとなりつつある。そこで、モバイル、ソーシャル、クラウドに向けた開発を迅速に行うための新たなインフラが注目され始めている。(2016/11/4)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
ITインフラの使用効率を最大化する「4つの要件」
次世代アプリケーションに俊敏性をもたらすITインフラが求められるようになってきたが、現場では従来型アプリケーションも必要とされている。このような新旧のアプリケーションが混在する転換期でも、ITインフラの使用効率を最大化するための方法を探る。(2016/11/4)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
全リソースをAPIで統合管理、次世代型ハイブリッドインフラの実力を探る
ITインフラのハイブリッド化が進む中、そのパフォーマンスを最大化する新たな技術が注目され始めている。ITインフラの全てのリソースを統合されたAPIで管理・制御し、「たった1行のコード」で制御可能にするという技術の詳細に迫る。(2016/11/4)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
DevOpsの要求に応えられないIT部門を救う“自由に組み替えられる”インフラ
アプリケーション開発の迅速化を目指すDevOpsの流れにより、安定性・拡張性・パフォーマンスに最適化された従来のIT基盤には、アジリティとスピードを与える組み替えが求められている。そこで今注目されているのが、自由に組み替えられる次世代IT基盤だ。(2016/11/4)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
IT部門を“サービスプロバイダー”に変えるアイデアエコノミー時代のIT基盤とは
アイデアエコノミー時代のIT部門は、事業部門に対してサービスプロバイダーの役割を果たすようになる。そこで求められるデータセンターとはどのようなものか。次世代型IT基盤が生み出す、新たなビジネスの可能性を探る。(2016/11/4)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
リソースの無駄を瞬時に排除、次世代ITインフラはデータ分析をどう変える?
さまざまなデータ分析ワークロードを支援するために、ITインフラ運用はオーバープロビジョニングと容量をより多く確保する形で進んできた。その結果、リソース使用率の低下といった問題が生じ、近年ではリソースの組み立てからITインフラを見直す動きが見られる。(2016/10/31)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
モバイル活用のあらゆる状況に対応、デバイス一括管理で業務負担とコストを削減
モバイル活用が拡大することで、従来のデバイス管理のみを目的とした対策では不十分な状況が生まれつつある。デバイスやOSなどが多様化する中、アプリケーションやコンテンツ、電子メールなどを適切に管理するためには、新たなアプローチが必要だ。(2016/10/26)