企業の導入で魅力を発揮
Surface Goがわが社にやって来る日
Microsoftはかつてタブレット市場で失敗した。だが「Surface Go」は同社にとって有望な第2のチャンスになる可能性がある。特徴的な機能や価格を紹介する。(2018/8/11)

このまま使い続けられるはずだが……
無料でアップデートできるWindows 10は“巨大な釣り餌”なのか
Microsoftが提供するWindows 10への無料アップグレードの期限が7月に迫り、この制度を利用する企業が増えている。だがIT管理者にとって、コストやプライバシーに関する不安以外にも疑念が残る。(2016/4/20)

「VAIO Phone Biz」購入予定の人も注意
「Windows 10スマホは超小型PCとして使える」は“都市伝説”だった?
「NuAns NEO」「VAIO Phone Biz」など、UI変換機能「Continuum」を備えた「Windows 10 Mobile」スマートフォンが国内でも登場し始めた。ただしスマートフォンをPCとして使おうと考えている人は注意が必要だ。(2016/3/26)

“キングオブWindowsタブレット”は健在
徹底レビュー:「Surface Pro 4」、“細かすぎて気付かない改善点”と変わらない魅力
Windowsタブレットの“最高峰”との評価もある「Surface Pro 3」。その後継モデルとなる「Surface Pro 4」に、進化の余地はあったのか。ベンチマークを交えて検証する。(2015/12/12)

「Skype for Business」「Office 365」も活用
「iPad」で在宅医療の遠隔会議を実現した武蔵村山市医師会
東京都西部にある武蔵村山市医師会の在宅医療部会は、Web会議システムと「iPad」を活用した遠隔会議の仕組みを構築・運営している。(2015/12/10)

今年のアップグレードは今年のうちに?
そろそろ検討したい「Windows 10」移行、8.1ユーザーが気にすべきは
「Windows 10」へアップグレードする前には、ハードウェア要件、Windows 8.1の更新プログラム、よく使うアプリの動作保証を確認しておこう。そもそも自分のOSが無償アップグレードの対象になっているか、も忘れず確認を。(2015/12/1)

Windows 10 PCも対象
「iPhone」「Android」も管理、Microsoft製とは思えないモバイル管理ツールの“柔らかさ”
米Microsoftの「Microsoft Intune」は、iOS/Android端末といったモバイル端末だけでなく、Windows端末を中心とした幅広い端末を統合管理できる。(2015/10/30)

医療用手書き入力アプリも活用
「iPad」で業務を効率化した徳永薬局が目指す“在宅調剤”の理想像
首都圏西部を中心に在宅医療に注力をしている徳永薬局では、「iPad」を活用した情報共有基盤を整備して在宅調剤の業務効率化を進めている。(2015/10/28)

少々時間がかかるかもしれない
“Windowsスマホ”ユーザーに「Windows 10」はいつ降ってくるのか
所有するモバイル端末が「Windows 10」にアップグレード可能かどうかは、そのWindowsモバイル端末の種類に依存する。もちろん、アップグレードできない場合もある。(2015/9/28)

「ネットブックとは違うんだよ」
「Surface 3」、使って分かった抜群の高性能と“やっぱりな限界”
Microsoftの新型タブレット「Surface 3」は、同シリーズの中でも最高の柔軟性と携帯性を誇っている。Atom x7を搭載する新端末は、果たしてどれほどの実力を備えているのだろうか。(2015/6/17)

価格を超えるプレミアム感
徹底レビュー:「Surface 3」、誰もが購入を検討する“圧倒的な正しさ”とは
人気のSurfaceシリーズに比較的低価格な「Surface 3」が登場した。Atomプロセッサーを搭載するが製品の質感や使い勝手は従来製品と変わらない。「Windows 8.1」搭載のプレミアム端末を見る。(2015/5/23)

ビジネス利用には注意が必要
全ての「Windows 8/8.1」デバイスをあなた色に染める、設定同期機能とは
「Windows 8/8.1」では、PCの設定を複数の端末で同期することができる。だが、個人利用かビジネス利用かでその方法は異なる。また、社内で導入しているIT環境によっても選択肢は変わってくる。(2015/3/3)

教育機関のIT製品導入に関する調査リポート
「Windowsタブレット」が「iPad」に肉薄 学校が導入したいタブレットは?
TechTargetジャパン会員を対象に、「教育機関のIT製品導入に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/1/29)

「iPhone 6」も「Surface Pro」も「Nexus」もまとめて管理
iOS 8、Windows 8、Android端末を丸ごと管理できるMDM製品10選
米Googleの「Android」に加え、米Appleの最新OS「iOS 8」や米Microsoftの「Windows 8/8.1」の搭載端末を丸ごと管理可能なMDM製品が充実してきた。その中から、主要な10種を紹介する。(2014/9/26)

対抗馬のAndroidにも弱点あり
企業のiPad導入をめぐる賛否両論
iPadの企業導入が進んでいるが、Androidタブレットに比べてiPadは高価だ。一方でAndroidにも弱点はあり、タブレット市場は混沌としている。今、iPadを取り巻く市場トレンドとは?(2014/9/25)

「iPad Air」との価格差は?
購入のネックは価格だけ――「Surface Pro 3」が高いと思う人に贈る3つの視点
タブレットを評価する場合、ノートPCのようなフォームファクターと米Intelのアーキテクチャを兼ね備えた米Microsoftの「Surface Pro 3」が魅力的に思えるかもしれない。だが、その価格も考慮する必要があるだろう。(2014/9/13)

週間記事ランキング
厳しすぎる私物モバイルの業務使用ルール、そろそろ見直すとき?
私物モバイルも業務で使う以上アクセス制限をすべきなのか。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/8/29)

Windows 9と同時発表の可能性も
“Surface 3”の発表は秒読み? Surface 2の値下げで高まる期待
先日、Windows RT搭載タブレット「Surface 2」が値下がりした。これは、次世代モデルが近々発表される前兆なのだろうか。(2014/8/28)

Windows 8/8.1との違いは?
徹底入門:「Windows RT」の今からでも知っておいた方がいい特徴とは
Windows RTは、ARM系CPUを搭載する軽量タブレットやモバイル端末で動作するように設計されたOSだ。Windows 8/8.1との最大の違いは、利用できるアプリケーションの種類である。(2014/8/25)

教育ITニュースフラッシュ
立命館小学校は夏休み中、児童の「Surface」をどう守るのか?
ペンタブレット機能を備える「Windows 8」タブレットを導入した千代田区立九段中等教育学校の事例から、文字認識で解説動画を表示する浜学園の塾生向けアプリの機能強化まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/8/8)

「Windows RT」の救済にも活用?
無視できない“幻のWindows DaaS”が持つ本当の価値
Microsoftが2014年5月に発表した「Microsoft Azure RemoteApp」は、多くの人が想像していたWindowsデスクトップOSベースのDaaSというよりも、任意のアプリをラッピングしてAzure上で実行する「Microsoft Azure上のApp-V」といわれている。(2014/7/23)

NEWS
Windows 8対応クラウド版「奉行」を販売開始――NECネクサソリューションズ
NECネクサソリューションズは、クラウド型基幹業務サービス「基幹業務SaaS by 奉行i8」を、2014年7月1日に販売開始する。(2014/6/24)

週間記事ランキング
分からなくなってきたiPhoneとAndroidの違い
主要なスマートフォンOSである「iOS」と「Android」には違いがあるのか、ないのか。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/6/13)

「Surface Pro 3」発表の影で考える
不遇のOS「Windows RT」、盛り返しの鍵は“Surface Mini”とユニバーサルアプリ
米Microsoftの新型Windowsタブレット「Surface Pro 3」は、既に一部の企業が導入を決めるなど、一定の評価を得ている。一方、Windows RTベースの「Surface」はますます影が薄くなっている。今後、生き残るすべはあるのだろうか。(2014/6/12)

「Windows RT」の今後は?
Windowsタブレットの本命「Surface Pro 3」が狙う“3度目の正直”
米Microsoftが米国時間5月20日に発表した「Surface Pro 3」は、タブレット端末というよりもPCに近い製品といえるかもしれない。企業向けモバイル端末として、ITプロフェッショナルらの関心を集めている。(2014/5/22)

「iPad mini」「Nexus 7」と真っ向勝負
8インチ「Surface Mini」登場の可能性、身構える競合ベンダーの反応は
米Microsoftが8インチの小型タブレット「Surface Mini」を発表するとうわさされている。Windowsを搭載する小型タブレットは人気急騰中だが、Surface Miniはパートナー企業と競合するような製品になりかねない。(2014/5/8)

Windows XP&Windows Server 2003移行の「い・ろ・は」【第7回】
Windows XPのサポート終了後に待ち受ける試練
2014年4月9日(日本時間)をもって「Windows XP」のサポート期間が終了しました。時間やコストなどの理由からOS移行が間に合わなかったケースもあるでしょう。最終回の今回は、Windows XPをめぐる今後の状況についてまとめます。(2014/4/9)

Windows XP&Windows Server 2003移行の「い・ろ・は」【第6回】
捨てるのはもったいない? XP移行後に残ったPCの再利用を考える
Windows XPのサポート終了に伴いクライアント環境を刷新したものの、不要となったPCが残ってしまったというケースがあるでしょう。ハードウェア的にはまだ問題なく動くとしたら、再利用する方法はないものでしょうか。(2014/3/27)

Windows XP&Windows Server 2003移行の「い・ろ・は」【第5回】
Windows XP移行のもう1つの落とし穴「日本語問題」を読み解く
Windows XPからの移行を阻む障害はアプリケーションの互換性だけではありません。Windows Vista時代に実施された日本語対応の大きな変更が、今になって初めて顕在化する可能性があるのです。(2014/3/13)

Nokia製Androidスマートフォンは変化の兆しか
「MSはAndroidを全面的に採用すべき」、新CEOが求められる5つの決断
新CEOの就任で大きな変化フェーズに入った米Microsoft。クラウド事業の好調さの一方で、モバイル事業には課題が多い。新CEOが真っ先にすべきこととは。(2014/3/11)

Computer Weekly製品導入ガイド
Microsoftのクラウド/MDM戦略はユーザーに受け入れられるか?
Microsoftのプラットフォームとツールなら、MDMとクラウドに必要とされる安定性を確保できる――。Microsoftの主張はユーザー企業に受け入れられるか?(2014/3/10)

課題はデバイスか、アプリか
モバイルOSを統合? MicrosoftがAppleに追い付くための秘策を探る
新しいCEOの就任、クラウドの成功など、米Microsoftの変化は順調に進んでいる。ユーザーの関心は同社がモバイル市場でも大きな成功を収められるかだ。先行するApple、Googleに追い付くには?(2014/3/7)

Windows XP&Windows Server 2003移行の「い・ろ・は」【第4回】
絶対に捨てられない「Windows XP」システムをそれでも温存するには?
「Windows XP」を仮想化しても、差し迫ったサポート終了の問題解決にはなりません。一方、システムを丸ごと撤去するのも難しい。セキュリティリスクを最小限に抑えながら、旧システムを温存するにはどうすべきでしょうか。(2014/2/25)

Windows XP&Windows Server 2003移行の「い・ろ・は」【第3回】
簡単なようで難しい Hyper-Vによるサーバ仮想化の意外な落とし穴
Windows Server 2003ベースのシステムでは、長期稼働しているケースもあり、ハードウェアの寿命などさまざまな不安があります。物理サーバを仮想化すれば問題の一部は回避できます。しかし、実際はそう簡単にいかないようです。(2014/2/13)

見えてきた製品、技術の勝敗
モバイル製品、2013年の「勝ち組と負け組」をあえて示す
企業で続々と利用されて始めているコンシューマー発祥の技術。だが、本当に定着しつつある「勝ち組製品」と、ユーザーに見放される「負け組製品」が生まれている。モバイルの勝ち組、負け組を独断で選んでみた。(2014/2/5)

Windows XP&Windows Server 2003移行の「い・ろ・は」【第2回】
今やらないと後で大変 Windows Server 2003からのロール(役割)移行
Windows Serverはさまざまな役割と機能を提供します。今回は、主要な役割や機能をWindows Server 2003からWindows Server 2012 R2に移行する解決策やヒントを紹介します。(2014/1/30)

「ThinkPad 8」や「Venue 8 Pro」で巻き返し
低価格Windowsタブレットが急増 iPadにはない魅力とは
「ThinkPad 8」「Venue 8 Pro」など、いわゆるミッドレンジクラスのWindowsタブレットが急増している。果たして、米Microsoftはユーザーの心をつかみ、タブレット市場での巻き返しを図ることができるのだろうか。(2014/1/23)

Windows XP&Windows Server 2003移行の「い・ろ・は」【第1回】
Windows XP/Server 2003をすんなり移行できない「不都合な真実」
この連載では、製品サポート終了のタイムリミットが迫る「Windows XP」や「Windows Server 2003」が稼働するシステムの更改を今日まで引き伸ばしてしまった企業向けに、解決策やヒントを提供します。(2014/1/10)

Computer Weekly製品導入ガイド
出遅れたWindows 8タブレットの勝機はiPadの弱点
Microsoftはその中核的な事業において、チャンスを1つか2つ逃した。だがモバイルの業務利用は依然としてタブレット市場全体にとっての問題であり続けている。(2013/12/27)

2013年 記事ランキング(徹底比較編)
「比較記事」で振り返る2013年、読者が最も比べたかった製品は?
TechTargetジャパンでは、特定ジャンルの製品/サービスの機能やコストを比較する記事を公開しています。本稿では2013年公開の比較記事の中から、特に読者の関心が高かった記事をランキング形式で紹介します。(2013/12/25)

もはやライバルはiPadではない
徹底レビュー:異彩タブレット「Surface Pro 2」の斜め上への進化
Microsoftの「Surface Pro 2」はデザイン性に優れた強力なタブレットである。強力で持ち運びに便利なマシンを求めているユーザーは当然一見の価値はあるが、そうでなければその価格の高さから他のマシンを検討すべきだろう。(2013/12/20)

操作感や安全性などが評価の鍵
iPadが学校用タブレットのナンバーワンになった4つの理由
数あるタブレットの中でも、Appleの「iPad」を導入する教育機関は比較的多い。教育機関のタブレット活用に詳しい、KDDIの野本竜哉氏の講演内容を基に、その理由を示す。(2013/11/19)

単なる変わり種ではない生産性の高さ
徹底レビュー: iPadより仕事がさくさく進む? 「Surface 2」はOfficeもUSBも使える
米Microsoftの最新タブレット「Surface 2」は、アプリ不足は否めないものの、Microsoft OfficeやUSBデバイスが使えるなど、生産性を優先するユーザーには最適な端末だ。(2013/11/15)

週間記事ランキング
「Surface Pro 2」の気になるお値段 9万9800円は高いか、安いか?
私物端末を業務に利用するコンシューマーにとって魅力的な機能を備えているMicrosoftの新Surface。だが、その価格が導入の障害に? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2013/11/1)

機能強化やMicrosoft Office標準搭載に注目
価格以外は評判がいい「Surface Pro 2」、9万9800円にユーザーの反応は
2013年9月に米国で発表されたMicrosoftの新Surfaceは、私物端末を業務に利用するコンシューマーにとって魅力的な機能を備えている。だが、企業が採用するには価格が障害になる。(2013/10/25)

週間記事ランキング
「iWork」が引き起こす「Microsoft Office」とのモバイル向けオフィス戦争
全ての新しい「iOS」デバイスに無償提供される「iWork」。MicrosoftのモバイルOffice戦略はいかに変わるか? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2013/10/11)

「国際福祉機器展」イベントリポート【後編】
障害児の気持ちも伝えられる、身近な福祉ツール「iPad」の可能性
高齢者や障害のある人を支える介護・福祉の現場では、よりよいサービスの提供を支援するIT化が進められている。そこで重要な役割を担うようになったのが、iPadやAndroid端末などのスマートデバイスだ。(2013/10/9)

「国際福祉機器展」イベントリポート【前編】
介護・福祉の現場を支えるWindows 8/RTデバイスの強みとは?
介護・福祉の現場でスマートデバイスを利用する動きが進んでいる。iPhone/iPadなどiOS端末が先行している印象もあるが、Windows 8/RTデバイスも充実してきた。その理由とは?(2013/10/4)

週間記事ランキング
臆測、うわさ、リークを検証! 次期iPhoneの実像を探る
今秋にも登場予定といわれる次期iPhone。さまざまな臆測やリーク情報が伝えられる中、発表前の情報を記事にまとめました。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2013/8/16)

週間記事ランキング
真夏のタブレットOS最強決定戦! 最も評価が高かったOSは?
タブレット端末が市場に数多く存在する中、選定に失敗したくない人は各OSの特徴を熟知しておくことが大事です。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2013/8/9)

「Microsoftの管理戦略は根本的に変化した」
Windows Server担当バイスプレジデントに聞く、米Microsoftのクラウド、BYOD戦略
MicrosoftのWindows ServerおよびSystem Center担当コーポレートバイスプレジデント、ブラッド・アンダーソン氏の独占インタビュー。同社のクラウド、BYOD、OSアップデート戦略を聞いた。(2013/7/19)

正直に言おう。筆者は大して期待していなかった……
徹底レビュー:「Surface Pro」が勝ち取った意外な高評価
日本でも発売されたSurface Pro。ビジネスで使うことを前提にデザインや画面、パフォーマンスなどを詳細にレビューする。強豪ひしめくタブレット市場でSurface Proの評価は?(2013/6/14)

週間記事ランキング
「イノベーションの欠如」こそ、クライアントPC不況“真の戦犯”
縮小傾向が止まらないクライアントPC市場。一体、どうしてこんなことが起こったのか。その真相を新たな視点から考察する記事が関心を集めました。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2013/6/7)

次世代Windows 8タブレット登場
Windows RTタブレットは今後安くなる?
米IntelのBay Trailプロセッサを搭載するWindows 8タブレットが2013年内に登場する。パフォーマンスとバッテリー寿命に優れるこの新しいタブレット群がリリースされれば、Windows RTはますます企業から遠のくだろう。(2013/5/31)

Windows RT援護射撃で“出し惜しみ”
iPad/Android版Office、2014年10月登場のうわさ
MicrosoftはWindows Phone/Windows RTタブレット用Officeの新版をリリースしてからでないと、iPad/Android版Officeを販売しない計画だという。タブレット市場にWindows RTの足場を築く戦略のようだ。(2013/5/17)

VDAとはどう違う? CSLの中身
AndroidやiOSは料金上乗せ、Windows 8のBYODライセンスにユーザーの評判は?
Windows 8で導入された年間ライセンス「Companion Subscription License」(CSL)では、従業員の私物端末をサポートするためのコストを削減できるかもしれない。(2013/4/24)

Windows RT vs. Windows 8(vs. iPad)
Windowsタブレット早分かり――新UI、OSの違い、iPadに対する優位性
Windowsタブレットを選択する上で、OSはWindows 8とWindows RTのどちらを選ぶべきか、企業利用におけるメリット/デメリット、iPadに対するSurfaceの競争力などについて有識者に聞いた。(2013/4/19)

アプリ開発の互換性もWindows 8導入の障害に
Windows Blue登場のうわさ、Windows 8浸透への影響は
移行後のOSでも既存アプリケーションを問題なく実行できることが企業にとっては最も重要だ。アプリ開発の柔軟性に欠けることも、Windows 8の導入が進まない一因となっている。(2013/4/17)

Windows 8との統合を求める声も
Windows RTは「第2のXbox」になれるか
米Microsoftのタブレット用OS「Windows RT」の売り上げが振るわない。米IDCのアナリストは、「Windows 8」との併売による混乱が原因だと指摘する。新規分野に進出した「Xbox」のように市場で定着するためには?(2013/4/15)

7割の企業がWindows 7移行を開始
Windows XPユーザーに贈る、7移行を急ぐべき理由と8の行く末
Windows XPのサポート期間終了が間近に迫っている。企業ではWindows 7移行の動きが活発化すると同時に、Windows 8に対する評価も固まりつつあるようだ。(2013/4/11)

“BYODカオス”の救世主となるか
導入企業だけが知っているiPad、AndroidにはないSurface Proのメリット
Apple、Googleが先行するタブレット市場において、Surface Proタブレットはプラットフォーム標準化の切り札となるのだろうか。(2013/4/4)

コンシューマー向けWindows 8ではWindows To Goも使えない
Windows 8 Enterpriseエディションを企業が選ぶべき理由
Windows 8の4つのエディションのうち、「最も安価なコンシューマー向けのWindows 8で十分なのでは」と考えるIT管理担当者もいるかもしれない。だが、企業ユースには向かない複数の理由がある。(2013/3/12)

仮想化、クラウドで求められる要件も変化
失敗しないIT資産管理ツールの選び方
仮想化、クラウドによってシステム構成が柔軟に変化する今、IT資産管理ツールに求められる要件も変わりつつある。今あらためて、IT資産管理ツールを導入する際のチェックポイントを整理する。(2013/2/22)

コンプライアンス、セキュリティへの危機意識が増大
【市場動向】“システムの可視化”と分かりやすさがIT資産管理ツールの鍵に
無駄なコストの削減が主目的だったIT資産管理も、仮想化、クラウドの浸透によってその意義が変化している。IDCジャパンのアナリスト 入谷光浩氏の話から、IT資産管理ツールに対する企業の期待を探る。(2013/2/8)

あらためて見直すWindows RTの利点
Microsoftの“OS統一戦略”がもたらす最大のメリットとは?
Windows 8とWindows RTタブレットを企業で使う場合、管理面でさまざまな問題がある。だが、“エンドユーザー重視”という特性に注目すれば生産性向上につながる大きなメリットが得られる。(2013/2/7)

16ビットアプリはもう安心して使えない?
レガシーアプリ、Windows 8移行の勘所
16ビットアプリケーションを使い続けている企業も多い中、Windows 8にレガシーアプリケーションを移行する際には、どのような点に留意すればよいのだろうか。(2013/2/1)

クラウド版Officeへの移行も進むか
いよいよ発売の「Office 2013」、アップグレードを見送るユーザーの言い分は
企業ユーザーの「Microsoft Office 2013」へのアップグレードには時間がかかる見込みだ。アップグレードにコストが掛かる上に、その他の選択肢としてクラウド版Officeが浮上していることが理由だ。(2013/1/30)

本物のWindowsマシンはどちら?
Surface「RT」と「Pro」をユーザー目線で比較、ITのプロが選ぶべきは
企業のWindows管理者は米Microsoftの「Surface RT」をほとんど利用してこなかったが、間もなく登場する「Surface Pro」はタブレットを導入する企業において「Apple iPad」の有力な対抗馬になるかもしれない。(2013/1/25)

「Windows 7で問題がなければ、8への移行は勧めない」
Microsoftに聞く「Windows 8を導入すべき理由、見送るべき理由」
Windows 8について「発売後1カ月で4000万本を販売した」と発表したMicrosoft。今あらためて、“企業におけるWindows 8の価値”を聞く。(2013/1/22)

UIや操作性だけで選ぶと後悔必至
失敗しないWindowsタブレットの選び方
WindowsタブレットにはWindows 8版とWindows RT版がある。両者の大きな違いと、選択のポイントを紹介する。(2013/1/16)

使い勝手に大きな課題
スマートフォンでデスクトップ仮想化を使うべきでない、これだけの理由
PC向けのアプリケーションを動かすためにスマートフォンやタブレットでデスクトップ仮想化を試す企業が増えている。だが使い勝手は良くない。企業はモバイル向けデスクトップ仮想化をどう考えるべきか。(2013/1/10)

「Windows 8はWindows RTの後にリリースすべきだった」
OfficeとWindowsのリリースサイクル短縮が企業に投げかける波紋
AppleやGoogleのペースに合わせ、Microsoftが計画しているOfficeとWindowsのリリースサイクルの短縮は、企業ユーザーにどのような影響をもたらすのだろうか。(2012/12/17)

米Appleは平凡な会社になるのか
否定できない「iPhone時代の終わり」
米Appleはかつての「魔法の力」を失いつつあるのか。iPhoneの急減速やiOS 6の欠陥、株価の下落など、同社が平凡な会社になりつつある兆候は多数ある。(2012/12/14)

タブレット市場を狙うMicrosoftの勇み足か
64ビットARMプロセッサ対応のWindows RTが登場?
32ビットARMプロセッサ対応のWindows 8であるWindows RT。リリースされて間もない現在、早くも64ビットARMプロセッサ対応版が登場するとのうわさが流れている。MicrosoftとARMの狙いは何なのか。(2012/12/7)

「Windows XPも登場当初は総スカン」
専門家いわく「Windows 8が大失敗する可能性はゼロに近い」
現時点では、「企業ユーザーにとっての魅力は乏しい」という評価が目立つWindows 8。だが中には肯定的な意見もある。アナリストらの声からWindows 8の今後を占った。(2012/12/5)

マルチタッチを今すぐ試せる
既存のPCでWindows 8のマルチタッチ操作を使う3つの方法
Windows 8のハードウェア要件認定を取得した製品はまだ少ないが、既存のPCを使ってもタッチ操作対応ユーザーインタフェースを利用することができる。(2012/11/19)

BYODに最適なタブレットか
「Surface」がセキュリティ担当者の注目を集める理由
「Windows RT」を搭載するMicrosoftの「Surface」で注目されるのはセキュリティ機能だ。これによって企業内での利用も可能になる。Surfaceのセキュリティ機能が他のタブレットに比べて優れている理由を解説する。(2012/11/14)

「BYOD用の最新端末」と考えるべき
Windows RTタブレット、企業導入の勘所
デスクトップPCと同じように管理しようとしなければ、Windows RTタブレットは問題なく業務に利用できるだろう。(2012/10/31)

導入判断の決め手は、タッチスクリーン機能の必要性
あらためて考えたい「Windows 8は本当に必要か?」
Windows 8を早期に導入する企業は、ユーザーインタフェース(UI)が大々的に変更されていることを踏まえて、ユーザーのトレーニング計画を立てる必要があるかもしれない。(2012/10/25)

“Metroスタイル”にユーザーの混乱必至
知らないと後悔するWindows 8アプリのUIと互換性、6つのポイント
Windows 8が一般に公開され、多くの組織が真剣に評価を始めている。Windows 8と従来バージョンの最大の違いは、2012年8月初めまで「Metroインタフェース」と呼ばれていた新しいアプリケーション環境だ。(2012/10/15)

間に合わなかったOffice 2013
詳細が明らかになったOffice 2013 RTの提供方法と機能
Office 2013 for Windows RTの正式版提供予定とx86/x64版との違いについて、Microsoftが一部詳細を明らかにした。(2012/9/28)

各社のWindows RTタブレット発売日は?
米Microsoft、Windows RTタブレットの一部詳細を公開
米MicrosoftがブログでASUS、Lenovo、Samsung、DellのWindows RTタブレット計画を発表。「Surface」「ASUS Tablet 600」に続く製品は?(2012/8/24)

業務アプリは優勢、焦点は管理方法と価格
SurfaceがiPadに勝つための2つの条件
「打倒iPad」を目指し、米Microsoftが満を持して放つタブレット「Surface」。業務用タブレットのスタンダードとしての地位をiPadから奪うために、Surfaceが満たすべき条件とは?(2012/7/30)

導入を考える「気の早い」企業のために
Office 15の新機能と導入時に検討すべき3つのポイント
ようやくOffice 2010に慣れてきたのに……。確かにそう思うが、Office 15の機能は気になる。リークされた情報から分かったこと、現時点で考えられるOffice 15導入時に検討すべきポイントをまとめよう。(2012/7/9)

サードパーティー製はMetroアプリのみサポート
Windows RTタブレット:非対応アプリはデスクトップ仮想化で
Windows RT(Windows on ARM)のデスクトップモードで使えるのはMicrosoftアプリのみ。サードベンダーアプリはMetro版しかサポートされない。この制限を回避する方法とは?(2012/5/2)

会員限定モニター&プレゼント
TechTargetジャパン会員限定のプレゼントコーナーです。会員であればどなたでも応募できます。まだ会員でない方は、この機会にぜひご登録ください。(2015/8/17)