TechTargetジャパン

iOS、Androidに次ぐ3位を脱せるか
「Windows Phone 8.1」を徹底分析、MS版「Siri」の“コミュニケーション能力”は?
「iOS」「Android」に次ぐ第3位のモバイルOS「Windows Phone」の最新版「Windows Phone 8.1」が発表された。注目の音声アシスタント「Cortana」をはじめ、主要機能を紹介する。(2014/4/16)

Windows Phoneは第三勢力になり得るか?
BlackBerryの没落で浮上したWindows Phone
将来性のないBlackBerryからの移行先として、社内システムとの親和性が高いWindows Phoneが脚光を浴びている。iPhoneとAndroid端末の2強状態の中で、Windows Phoneが一定のシェアを獲得するのか?(2014/3/28)

客室乗務員全員にスマートフォンを
Windows Phone 8はデルタ航空とともに飛躍するか
米Delta Airlinesは機内販売の決済処理を行う端末としてWindows Phone 8を1万9000台購入し、配備を完了した。米MicrosoftにとってはWindows Phone 8の実力をアピールする、待望の好機である。(2013/9/17)

Windows Phone 8搭載端末リリース遅延か?
「Windows Phone 8いまだ完成せず」内部関係者が証言
内部の関係者によると、Windows Phone 8の開発が遅れているらしい。このため、2012年10月と見られていたWindows Phone 8搭載端末のリリースも11月にずれ込んだ。開発の現場で何が起こっているのか?(2012/9/21)

リリース直前、「Windows Phone 8」の事実と謎【後編】
本当に買いか? 「Windows Phone 8」に残る5つの謎
「Windows Phone 8」の基本的な要素の多くは明らかになっているが、いまだに不明瞭な点もある。Windows Phone 8の命運を左右するかもしれない、こうした「謎」をリストアップする。(2012/10/26)

Windows Mobileとの違いに戸惑いの声
Windows Phoneは仕事に使えるか?
各種の企業向け機能があった「Windows Mobile」に対し、よりコンシューマーを意識したWindows Phoneには制約が多い。果たして、Windows Phoneは仕事にも使えるのだろうか?(2012/5/25)

そして「Windows Phone 8」は?
Windows Phone「Mango」の次バージョンは「Tango」
MicrosoftがついにWindows Phone「Tango」の存在を正式に認めた。同社はTangoで何を狙っているのか? そして「Windows Phone 8」(コードネーム:Apollo)とは?(2011/9/9)

次期モバイルOS「Windows Phone Blue」を前に
今から考えたい「Windows Phone 8」のセキュリティ対策
モバイル端末のセキュリティ対策と言えば、「iOS」や「Android」に注目が集まりがちだが、もう1つ忘れてはならないモバイルOSがある。「Windows Phone 8」だ。同OSのセキュリティ対策を計画する際に検討すべきポイントを紹介する。(2013/12/2)

リマインダーからレストラン検索まで1つのアプリで
珍回答だけではない、Windows 10の音声アシスタント「Cortana」の仕事っぷりを見る
「Cortana」は、Windows Phoneの一部としてかなり長い間存在するが、Windows 10では新しい機能だ。この検索機能は仕事で使える機能なのだろうか。(2015/10/9)

英地方議会がまたiPadを破棄
iPad&BlackBerryの代わりに選ばれたのはSurface Pro&Windows Phone
ノッティンガムシャー州議会に続き、シュロップシャー州議会が導入済みのiPadとBlackBerryを破棄し、Windowsデバイスに移行した。シュロップシャー州議会が選んだのはSurface ProとLumiaだった。(2015/4/8)

「Windows Phone 8.1」から機能を引き継ぐ
もう見逃さない、見逃せない 「Windows 10」の通知機能がお役立ちな理由
Windows Phoneの多くの機能を引き継いぐWindows 10。その1つが、「アクションセンター」だ。アクションセンターが、Windows 10でどう生まれ変わるか紹介する。(2015/7/22)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
転載・再配布OK!「別冊Computer Weekly Windows Phone/タブレットの逆襲」無料ダウンロード
転載・再配布も可能な、Computer Weekly Windows特集号(PDF)を無料ダウンロード提供中!(2014/7/23)

iOS、Androidとどう戦う?
「Windows 10 Mobile」でスマホOSの地殻変動が起きるこれだけの理由
「Windows Phone」の後続として、2015年秋にリリースが予定される「Windows 10 Mobile」。これによって、企業はようやくWindows搭載スマートフォンの採用に動くだろう。(2015/6/28)

リリース直前、「Windows Phone 8」の事実と謎【前編】
Windows Phone 8を買いたくなる5つの事実
2012年10月29日にリリースされるとみられる「Windows Phone 8」。国内販売はさらに先になりそうだが、注目すべき点は多い。今までに分かっている事実を整理しよう。(2012/10/25)

1つのアプリをあらゆるWindowsデバイスで利用
Xbox、Windows PhoneでPCアプリが起動 MS「ユニバーサルアプリ」の破壊力は?
米Microsoftは2014年4月上旬、ユニバーサルアプリ(Universal Windows Apps)の提供を発表するとともに、「Windows 8.1」の新機能を紹介した。(2014/5/9)

深刻なセキュリティ問題が生じる可能性も
Windows Phone 7のセキュリティ機能には課題が山積み
日本でも搭載端末が発売されて注目が集まるWindows Phone。しかし、同OSには企業のセキュリティインフラを迂回してしまう機能があるなど、セキュリティの確保には注意が必要だ。(2011/8/5)

iPhone/Android携帯の対抗馬はコンシューマー寄り
「Windows Phone 7」は企業市場参入に間に合うか?
スマートフォン市場への参入でAppleやGoogleに大きく後れを取ったMicrosoft。果たしてWindows Phone 7でこのビハインドを挽回できるだろうか?(2010/11/17)

MicrosoftがWindowsアプリ開発支援を強化
「Surface Pro 3」、低価格Windowsタブレットがやっぱり欲しくなる“キラーアプリ”は生まれるか
米Microsoftは、カスタムWindowsアプリが活発に開発されるようになれば、企業のIT部門が「Windows Phone」と「Windows」搭載タブレットを導入できるようになると期待している。(2014/9/18)

激しさを増す3大モバイルOSの戦い
iOS、Android、Windowsでビジネス向けに最適なOSは? 無謀なる問い掛けの結末
「Android」「iOS」「Windows Phone」のうち、あなたの会社に最も適したモバイルOSはどれだろうか。企業向けのモバイルOSを検討する際、各OSの長所と短所を熟知しておくことが重要だ。(2014/8/8)

HTC、Samsungを敵に回すか
Nokia買収でMSの「Windows Phone」はどう変わる?
72億ドルでNokiaのデバイス&サービス部門を買収したMicrosoft。モバイル端末市場でのシェアと収益の拡大を目指す同社だが、今回の買収はバルマー氏の後任となる次期CEO選出にも思わぬ波紋を呼んでいる。(2013/9/27)

iPhone、Windows Phone、Androidが相次ぎ搭載
スマホの中の“仮想執事” 「Siri」「Cortana」をさらに役立たせるには
iPhoneの「Siri」、Windows Phoneの「Cortana」と音声でスマートデバイスを操作できる仮想アシスタントの実装が進んでいる。さらなる活用分野はあるのか?(2014/5/23)

攻撃急増中のAndroidを企業はどう使うべきか
iOSやWindows Phone以上の対策が必要なAndroidセキュリティ
増大し続けるAndroidマルウェアやアプリの審査機構といった状況から、IT業界では、Androidのセキュリティは、iOSやWindows Phoneと同じ対応では不可能という認識が広まっている。(2011/10/6)

余裕か、焦りか
iOS/Androidアプリ開発者を応援するMicrosoftの本心は
スマートデバイス向けOSのツートップである、Appleの「iOS」とGoogleの「Android」。これら2大OSの開発者の目を「Windows Phone」へ向けさせるため、Microsoftが取った秘策とは?(2013/11/28)

今までのiPadを別物に変える
あなたのiPadをキレキレにする、「iOS 7」6つの強化点
従来版と比べて見た目も機能も一新された、米Appleの「iOS 7」。Windows PhoneやAndroid、webOSでおなじみの機能や特徴をも巧みに取り入れたiOS 7は、iPadをどこまで生産的にするのか?(2013/10/18)

Windows RT援護射撃で“出し惜しみ”
iPad/Android版Office、2014年10月登場のうわさ
MicrosoftはWindows Phone/Windows RTタブレット用Officeの新版をリリースしてからでないと、iPad/Android版Officeを販売しない計画だという。タブレット市場にWindows RTの足場を築く戦略のようだ。(2013/5/17)

IT部門を悩ますコンシューマー仕様
気になるセキュリティは? 「Windows Phone 7」のビジネス利用を考える
Windows Phone 7にはMicrosoft OfficeやOutlookなどビジネス利用に向いたアプリが搭載されているが、果たして企業での採用に見合うだろうか?(2011/1/13)

異なるアップデートやアプリ配布方法が悩みの種に
iOSにAndroid、Windows Phone――モバイルOS多様化がもたらす課題
スマートフォンやタブレット向けOSの多様化は、企業の端末管理者に多大な負担をもたらす。OSによって異なる管理方法やアップデート方針にどう対処するかが、大きな課題だ。(2012/7/23)

米Microsoftの成功と失敗を振り返る【中編】
「Surface Phone」は登場するか、問われるMicrosoftのモバイル戦略
米Microsoftにとって2012年は「Surface」でタブレット市場に本格的に参入した年だった。だが「Windows Phone 8」と同様にその成否は不透明だ。ヒットさせる鍵とは。(2013/2/15)

Windows 8やWindows Phoneへの関心は薄い
「Windows 8アプリは開発しない」――米Google、決断の理由
iOSとAndroidの2大モバイルOSを前に、Windowsの存在感が低下――。米GoogleがWindows 8やWindows Phone 8向けアプリを開発しないと決めた背景には、こうした現実がある。(2012/12/28)

スマートフォン管理を効率化する「モバイルデバイス管理(MDM)」
iPhoneにAndroid、Windows Phone……。多種多様なスマートフォンを効率的に管理するのに役立つのが「モバイルデバイス管理(MDM)」だ。MDM製品の導入効果やトレンド、製品比較のポイントを解説する。(2012/5/2)

パートナー支援は約束したが
MicrosoftがWindows Azureを成功させる条件
Windows Phone開発、料金体系、セキュリティ認定……。Windows Azureのロードマップはいまだベールに包まれている。本気でパートナーに参戦してほしいなら、タイムリーな情報開示が必要だ。(2011/9/2)

Loading