EoSを契機に
Windows Server 2008のサポート終了――クラウド化に振り切るべき理由とは
Windows Server 2008のサポート終了が迫り、Azure化を検討する企業は多い。しかし、クラウド移行の課題は際限なく湧き上がる。効率的なAzure化を実現する方法とは?(2018/8/31)

知らないでは済まされない
Windows Server 2008のサポート終了はただのサーバ移行問題では終わらない
Windows Serverの延長サポート終了問題。サーバ移行だけを考えていては失敗しかねない。全体を最適化しつつ、コストをかけない方法とは。(2018/7/31)

ファイルサーバを見直す最大のチャンス
Windows Server 2008サポート終了までにやっておきたい、ファイルサーバ移行
「Windows Server 2008/2008 R2」の延長サポート終了が2020年1月14日に迫っている。残された時間を、ファイルサーバを見直す最大のチャンスと捉えよう。(2018/6/13)

ハイパーコンバージドインフラ(S2D Ready Node)で一挙解決
目前に迫るWindows Server 2008サポート終了、「HCI」は解決策になるか
Windows Server 2008延長サポート終了目前。移行計画でチェックしたいのが「ただの置き換え」ではないアイデアを組み込んだ成功事例。成功ユーザーの目の付けどころは。(2018/6/6)

IT担当者不足はクラウドで乗り切る
Windows Server 2008の延長サポート終了はクラウド移行のチャンス
ITへの要求が増す今日、社内でITインフラを構築・管理していくのは大きな負担だ。人員の少ない中小企業ならなおさらだ。そこで考えるべきなのがクラウド移行である。(2017/3/29)

私物端末をサーバに接続させる前にチェック
「BYODは危険」を払拭するWindows Server 2008の6大機能
私物端末の業務利用(BYOD)を進める際に忘れてはならないのがサーバ側の対策だ。Windows Server 2008の機能をうまく使えば、BYOD導入を安全に進められる。(2012/2/3)

すぐにはできないWindows Server 8移行
まだまだ使えるWindows Server 2008 R2再チューニング
Windows Server 8がリリースされてもすぐには移行せず、既存のWindows Server 2008 R2を延命したい人も多いだろう。再チューニングを施せば、まだまだ十分に使い続けることができる。(2012/1/27)

2つの新しいデスクトップ仮想化機能 〜RemoteFXとDynamic Memory
Windows 7 SP1とWindows Server 2008 R2 SP1の目玉となるデスクトップ仮想化最新機能
2011年前半にリリース予定のWindows最新版のSP1では、デスクトップ仮想化技術のRemoteFXとDynamic Memoryを利用できる。(2011/1/19)

オフラインでPCをドメイン参加させるには?
プロビジョニング時間を短縮するWindows Server 2008 R2の「オフラインドメイン参加」
本稿はネットワーク接続なしでPCをWindowsドメインに参加させる方法を説明する。これを使えば、オフラインのままマシンのプロビジョニングができる。(2010/11/26)

トラブルシューティングも容易に
Windows Server 2008 R2におけるDFSの強化点
Windows Server 2008 R2におけるDFSのスケーラビリティ強化機能は、多数のブランチオフィスを持つ組織にうってつけだ。(2010/5/7)

64ビット技術を生かす
Windows Server 2008 R2導入に向けキャパシティープランニングを再考する
Windows Server 2008 R2ではプロセッサ要件がx64とItaniumプラットフォームに限定されている。そのため導入に当たっては、キャパシティープランニングをあらためて検討する必要がある。(2009/10/22)

新しい仮想デスクトップインフラ機能とは?
Windows Server 2008 R2のRDS新機能トップ10(パート3)
Windows Server 2008 R2のリモートデスクトップサービス(RDS)で提供される新機能を取り上げる3回シリーズの最終回。今回は1位を発表する。(2009/10/16)

クライアントレンダリングとマルチモニタが大幅強化
Windows Server 2008 R2のリモートデスクトップサービス機能トップ10(その2)
Windows Server 2008 R2のリモートデスクトップサービス(RDS)で提供される新機能をトップ10形式で3回に分けて紹介する。今回は、2位を発表する。(2009/10/9)

旧ターミナルサービスは大きく進化を遂げる
Windows Server 2008 R2のリモートデスクトップサービス機能トップ10(その1)
Windows Server 2008 R2のリモートデスクトップサービス(RDS)で最も魅力的に進化した機能を、トップ10形式で3回に分けて紹介する。今回は、まず10位から3位までを発表する。(2009/10/6)

NEWS
IBM、Windows Server 2008 Datacenterを搭載したハイエンドx86サーバをリリース
日本IBMが、Windows Server 2008 Datacenterを搭載したx86サーバをリリース。高性能サーバと、仮想化環境下におけるゲストOS数に制限のないOSの組み合わせで、大規模企業でのサーバ統合ニーズに応える。(2009/2/12)

システム停止の“特効薬”となるのか?
Windows Server 2008「フェイルオーバークラスタリング」の効果的な利用法
Windows Server 2008のフェイルオーバークラスタリングを既存の環境に追加するメリットをどう考えるかで悩んでいる人は少なくない。(2008/10/22)

NEWS
シマンテック、Windows Server 2008環境をサポートしたBackup Exec最新版
仮想環境技術を活用してVMware Infrastructure、Windows Server 2008 Hyper-V、従来の物理システムのデータを包括的に保護する「Backup Exec 12.5」を発売。リカバリツールは日本市場向けにエントリー版を投入した。(2008/10/7)

サーバトラブル解決に
Windows Server 2008の新ツールでサーバ履歴を分析
Windows Server 2008のユーティリティ「Reliability and Performance Monitor」は、サーバの履歴をチェックし、問題を引き起こしたイベントを特定するのに役立つ。(2008/7/2)

システム復旧ソリューション「Symantec Backup Exec System Recovery 8」
Windows Server 2008を数分で簡単・確実にリカバリ
Backup Execファミリーのシステム復旧ソリューション「Symantec Backup Exec System Recovery」。いち早くWindows Server 2008に対応した上、より簡単に災害復旧対策が行える最新版が登場した。(2008/5/14)

NEWS
東芝、Windows Server 2008に対応したクアッドコアXeon搭載サーバを発売
IAサーバ「MAGNIA(マグニア)シリーズ」の新製品として、2Uサイズのラックマウントサーバ「MAGNIA3515R」の販売を開始。6月より「Windows Server 2008 Standard」をバンドルしたモデルの販売も予定している。(2008/4/15)

ITマネジャー注目の技術
Windows Server 2008と仮想化が今年の台風の目に
デスクトップ管理問題の解決や物理デバイスの削減を目的に、Microsoftのアプリケーションを使った仮想化の導入を考えるITマネジャーが増えている。(2008/1/28)