TechTargetジャパン

データセンター向けの高性能な機能群を紹介
「Windows Server 2012 R2」最強伝説を裏付ける5つの管理機能
米Microsoftの最新サーバOS「Windows Server 2012 R2」は、データセンター向け機能を多く搭載する。これらの高性能な機能によって複数のドメインの管理を容易にしている。(2015/3/9)

トラブルが起きてからでは後の祭り
「Windows Server 2012 R2」へのサーバ移行、最低限の準備はこれだ
OSをアップグレードする際のトラブルを避けるには、作業を開始する前に十分な準備をしておかねばならない。「Windows Server 2012 R2」に移行するに当たって準備すべきことをまとめた。(2014/12/10)

低レイテンシ技術に注目
ネットワーク効率化に効果あり、「Windows Server 2012 R2」の3つの新機能
Windows Serverの最新版には、トラフィック効率の向上を目指す管理者が検討すべき新機能が用意されている。(2014/11/4)

中堅以上の企業でも検討すべきEssentials
知らないとかなりマズい、Windows Server 2012 R2の常識
「Windows Server」には、管理者にとって重要な多くの変化が起こっている。特に新バージョンの「Windows Server 2012 R2」を導入するときは、サーバの管理とライセンス体系がこれまでと異なることに留意されたい。(2014/10/10)

「CPUアフィニティ」の使いどころをチェック
Windows Server 2012 R2の「プログラムが使うCPUを限定する機能」はこう使うべし
米Microsoftの「Windows Server 2012 R2」には、プロセスやスレッドを実行するCPUを指定する機能がある。ただし、この機能の利用を決める前には、幾つかの検討すべき問題がある。(2014/9/9)

基盤技術が肝
ブランドよりも中身が大事、「Windows Server 2012 R2」のサーバ選定
サーバの選択はOSやワークロードのパフォーマンスに深刻な影響を及ぼす可能性がある。「Windows Server 2012 R2」のパフォーマンスが向上するハードウェアの選択肢とは?(2014/9/3)

Windows Server 2003/2008のサポート切れで再注目
“2003/2008信奉者”も心変わりする「Windows Server 2012」のメリット
「Windows Server 2003/2008」のサポート終了が近づく中、「Windows Server 2012 」への移行を真剣に検討する動きが現れてきた。Windows Server 2012への移行で何が変わるのか。その影響を見ていこう。(2014/5/19)

iOS/Android端末に対応
Windows Server 2012 R2新機能徹底レビュー
MicrosoftはWindows Server 2012 R2において、クラウドと仮想化への対応を強化した。また、ユーザーが使っているのはWindowsクライアントだけはないという事実をついに受け入れた。(2013/12/18)

両社の矛盾するコスト試算
Windows Server 2012 R2とVMware、ハイブリッドクラウド向け機能が主戦場
MicrosoftのサーバOS新版がリリースされた。パブリック/プライベートクラウド展開戦略の見直しをCIOに提案したい。(2013/12/4)

失望から一転、喜びの声が上がる
「スタートボタン」以上に重要な「Windows Server 2012 R2」の復活機能
2013年10月に正式リリースされたサーバOS最新版「Windows Server 2012 R2」。多くのユーザーの関心が同日リリースの「Windows 8.1」のスタートメニューボタンの復活に集まる中、ある機能の再登板がひそかに話題を呼んでいる。(2013/11/12)

【お知らせ】Windows 8およびWindows Server 2012に関するアンケート調査
本調査は、IT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、「Windows 8およびWindows Server 2012の導入・検討状況」をお伺いします。(2013/8/19)

強化されたストレージ機能を紹介
Windows Server 2012 R2で必ず押さえたいSSD活用の新機能
クラウドや仮想化を意識して多数の機能強化が図られたWindows Server 2012 R2。本稿では、ストレージ機能にフォーカスし、その機能強化ポイントを紹介する。(2013/8/16)

Windows Server 2008からのアップグレードに値するか?
Windows Server 2012、セキュリティ機能の“見どころ”をチェック
Windows Server 2012はセキュリティ機能だけでなく、ポリシー設定や実装の容易さなど使い勝手も大幅に向上している。アップグレードの判断材料となる幾つかのポイントを紹介する。(2013/2/4)

「Azureユーザー以外には、早期導入を決断させる魅力がない」
「クラウドOS」になれないWindows Server 2012とMicrosoftの焦り
Windows Server 2012には新機能が豊富に搭載されている。中でもWindows Azureとの連携は重要な機能の1つだが、MicrosoftがWindows Server 2012に込める思いはユーザー企業にうまく伝わっていないようだ。(2012/12/25)

アップデートは綿密に計画を
Windows Server 2012のHyper-V、アップグレード計画の考慮点
Windows Server 2012の発売に伴い、Hyper-Vのアップグレードを計画するユーザーは多いことだろう。だが、ハイパーバイザーのアップグレードには多くの考慮点が存在する。(2012/12/18)

2014年には全出荷数の81.3%に到達
Windows Server 2012への移行は2013年が節目
2015年1月、Windows Server 2008のメインストリームサポートが終了する。Windows Server 2003の延長サポートも2015年7月には打ち切られる。Windows Server 2012への移行も、いよいよ秒読みが始まった。(2012/12/10)

Windowsユーザーグループの会長に聞く
IT管理者が知っておくべきWindows Server 2012の4機能
Windows Server 2012には多数の新機能が搭載されている。中でも運用管理面でポイントとなる4つの機能について、ロッキーマウンテンWindowsテクノロジーユーザーグループの会長 デニス・マーティン氏に話を聞いた。(2012/11/27)

冷え込むx86サーバ市場
Windows Server 2012はx86サーバ市場のカンフル剤となるか
出荷数が減少傾向にあるx86サーバ市場において、Windows Server 2012のリリースは福音となるのか。各分野の専門家がみるWindows Server 2012の需要喚起力やいかに。(2012/10/4)

新機能をまとめて紹介
豊富なストレージ機能が使えるWindows Server 2012のHyper-V
Windows Server 2012における注目の改良点は、Hyper-Vの効率的な利用で役立つ各種ストレージ機能だ。中堅・中小企業向けから大企業向けまでの機能を紹介する。(2012/8/7)

Standardエディションは負担増?
Windows Server 2012の新ライセンス体系から見えるMicrosoftの真意
Windows Server 2012のエディションは4種類に再編され、幾つかのエディションが廃止された。これはユーザーにとって得なのか? 損なのか?(2012/7/24)

NTFSはもう古い?
Windows Server 2012のファイルシステムReFSの長所/短所
Windows Server 2012に搭載される新ファイルシステム「ReFS」。ファイルの整合性の確保など、多くの点でNTFSより優れるReFSだが、幾つか制約事項もある。(2012/6/20)

ハイパーバイザー製品紹介:Hyper-V 3.0
【製品紹介】ここまで変わった! Windows Server 2012のHyper-V 3.0の新機能
エバンジェリストが「スペック比較表ではVMwareに劣らない」と豪語するほど進化したWindows Server 2012のHyper-V。大小さまざまな新機能を一挙紹介する。(2012/6/14)