TechTargetジャパン

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
どのベンダーで買っても同じか? キーマンが語るx86サーバの今と未来
もはやx86サーバはコモディティ製品だと見られがちだが、必ずしもそうではない。機能性や信頼性、サポート体制、そして限りなく生まれるニーズに応える新技術の開発など、x86サーバのキーマンによる対談から明らかにする。(2016/12/7)

Lenovoの次の一手は?
IBMのx86サーバ事業を買収したLenovoの対HP、Dell戦略を読む
IBMのPC部門に続き、同社のx86サーバ事業を買収したLenovo。x86サーバ市場の覇権を確立するため、Lenovoは次にどう動くのか? ライバルであるHPやDellを攻略する戦略とは?(2014/3/18)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
サーバのパフォーマンスを大幅に向上させるといわれるNVMe対応SSD。導入することで、実質的にどこまでのパフォーマンスが見込めるのだろうか。高機能x86サーバ環境でシステムやアプリケーションが得られる効果を徹底的に検証した。(2016/9/27)

高度なデータ処理・分析を実現する技術が満載
x86サーバ新アーキテクチャの神髄とは? IBMエバンジェリストが語る3つの特長
IBMが2014年1月に発表したx86サーバの次世代アーキテクチャ「X6」。特に、データ処理向けの新技術を搭載したという。その概要について、日本IBMのエバンジェリストに話を聞いた。(2014/6/4)

サーバの優劣は管理機能が決める
x86サーバ単体の統合的な管理を提供するDell EMC PowerEdge iDRAC(アイドラック)
サーバの使い勝手を左右するのは、性能だけではない。今後のサーバを導入する指針としては、単なるスペックではなく、どれだけ管理性能が優れているかが重要な要素になる。(2017/1/30)

4四半期連続で市場はプラス成長中
x86サーバ新製品を相次ぎ投入、主要ベンダー4社の動きをまとめた
クラウドやモバイルデバイスの普及などを背景に国内x86サーバ市場が活況を呈している。2014年に入り、主要ベンダーが相次いで新製品を発表。その概要をまとめた。(2014/1/31)

日本オラクル株式会社提供Webキャスト
スモールスタートできる統合DB基盤、初期費用はx86サーバとどれだけ違う?
データベースシステムの利用を検討する企業にとって、その導入にかかるコストと時間は大きな負担となる。特に中小企業にとっては、その点が採用を断念する理由にもなる。しかし、最近では高度な機能を備えた統合DB基盤が、エントリー価格で導入できるようになり始めている。(2016/8/9)

x86サーバ事業売却の裏で
Lenovoに継承されるIBMの“最後の技術”、「X6」戦略とは?
2014年1月23日、米IBMが中国Lenovoにx86サーバ事業を売却することで合意した。その1週間ほど前にx86サーバの次世代アーキテクチャを発表したばかりだった。新アーキテクチャはLenovoにどう引き継がれていくのか?(2014/1/28)

Software Defined Storage(SDS)製品紹介:Nexenta Systems
x86サーバとJBODの組み合わせでほぼ無制限にファイル拡張「NexentaStor」
Nexenta Systemsのストレージ専用OS「NexentaStor」は、x86汎用サーバとJBODの組み合わせによって、ほぼ無制限に拡張できるストレージ環境をより低コストで構築、運用できる。(2015/4/23)

冷え込むx86サーバ市場
Windows Server 2012はx86サーバ市場のカンフル剤となるか
出荷数が減少傾向にあるx86サーバ市場において、Windows Server 2012のリリースは福音となるのか。各分野の専門家がみるWindows Server 2012の需要喚起力やいかに。(2012/10/4)

処理性能が前世代比で2倍に
インテルもビッグデータ志向へ、データセンター向け最新CPUの使いどころ
インテルは2014年2月19日、同社のx86サーバ向けプロセッサ最上位製品「インテル Xeon プロセッサー E7 v2」製品ファミリーを発表。ビッグデータ分析用途向けに処理性能や信頼性に関する機能改善を図った。(2014/2/21)

news
日本IBM、ラックマウント型x86サーバ新製品「IBM System x 3620 M3」を発表
日本IBMは内蔵ストレージの最大容量が16Tバイトのラックマウント型x86サーバ新製品を発表した。(2010/6/3)

メインフレームにまつわる“迷信”に惑わされるな
メインフレームからx86サーバへの移行は本当に正しいのか
古いメインフレームを運用している企業は、x86サーバ用にすべてのアプリケーションを書き直すより、最新のメインフレームにアップグレードする方がコストと時間の節約になるかもしれない。(2009/8/6)

NEWS
IBM、x86サーバおよびブレードサーバ向けNAND型SSDを発表
日本IBMが、同社のx86サーバおよびブレードサーバで使用可能なSSDを発表。1万5000回転SAS HDDの約8倍の入出力性能を持ち、I/O負荷の高いアプリケーションの実行に最適だという。(2009/6/4)

NEWS
IBM、Windows Server 2008 Datacenterを搭載したハイエンドx86サーバをリリース
日本IBMが、Windows Server 2008 Datacenterを搭載したx86サーバをリリース。高性能サーバと、仮想化環境下におけるゲストOS数に制限のないOSの組み合わせで、大規模企業でのサーバ統合ニーズに応える。(2009/2/12)

NEWS
レノボがSMB向けx86サーバ5機種を発表、サーバ市場参入へ
レノボ・ジャパンが同社初のサーバ製品「ThinkServer」シリーズ5機種を発表、SMB向けx86サーバ市場へ参入する。管理ツールやサポートサービスの充実などを武器に、シェア獲得を目指す。(2008/10/30)

仮想化を支えるx86サーバの勘所
ハードウェアの能力を最大化し、高性能・高信頼性を実現したサーバ仮想化の構築と運用
スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、高可用性。IBMの10年の成果である「eX5 アーキテクチャー」は、業界初の試みや数々の記録を残し、究極のx86サーバを実現した。サーバ仮想化に欠かせない技術だ。(2011/3/16)

x86サーバ仮想化の勘所
仮想化の成功にメモリ不足の解消が有効 〜最新アーキテクチャで変革
サーバ仮想化に取り組む企業にとって、CPUの利用率低下は非効率な投資を招く深刻な問題だ。IBMは第5世代のアーキテクチャ「eX5」を開発し、最新の2ソケットx86サーバで変革をもたらそうとしている。(2011/4/1)

NEWS
日本IBM、ミッドレンジ向けx86サーバに3.33GHz Xeonプロセッサ搭載モデルを追加
日本IBMが、ミッドレンジ向けラック型x86サーバ2製品に、動作周波数3.33GHzのIntel Xeonプロセッサを搭載したハイパフォーマンスモデルを追加。仮想化技術によるサーバ集約化のニーズに応えるものだという。(2008/10/31)

news
日本IBM、デジタルハリウッド大学大学院内のコンテンツ制作基盤を構築支援
日本IBMは、デジタルハリウッド大学大学院が事務局となる「コンテンツ制作共有基盤研究会」の高性能デジタルコンテンツ制作基盤が、IBMのx86サーバ「IBM System x」で構築されたことを発表した。(2010/6/2)

NEWS
日本IBM、従来性能比1.6倍のクアッドコアOpteron搭載x86サーバ
AMDのクアッドコアOpteron 8000 Seriesを搭載する「IBM System x 3755」を出荷開始。従来のデュアルコアと比べ、約1.6倍の処理能力を持つという。(2008/6/25)

NEWS
日本IBM、「x86サーバ」のエンタープライズ向け新製品を発表
IBM独自のチップセット技術「x4アーキテクチャー」を実装し、従来製品の3.2倍のパフォーマンスと37%の消費電力削減を実現した「IBM System x3850 M2」を発表(2007/10/18)

キーワードから見るITシステムの要件【第1回】
サーバ統合の実態―最近のサーバ統合案件から―
近年サーバ統合のキーワードを元に、x86サーバの導入が進んでいる。今回は、サーバ統合によるメリット、サーバ統合の3つのパターン、サーバ統合に最適なサーバとは、の3つのセクションに分けてお伝えする。(2006/5/29)