TechTargetジャパン

3つのテーマで開発
ここまで分かった! XenServer 6.0の新機能
米Citrix Systemsは2011年7月5日、「XenServer 5.6」の次期バージョン「XenServer 6.0」のβ版を発表した。「クラウド」「デスクトップ」「エンタープライズデータセンター」をテーマに、大幅な機能強化を図る。(2011/7/14)

XenServer Tips
XenServer 5.6 FP1へのアップグレード手順
XenServer 5.6からXenServer 5.6 FP1へのアップグレードを例に、XenServerのバージョンをアップグレードする際の注意点を取り上げる。(2011/3/14)

XenServer Tips
XenServerのコマンドラインインタフェース(CLI)を理解しよう
XenServer管理タスクの6、7割はXenCenterで管理が可能だが、残りはコマンドラインインタフェース(CLI)を使わなければならない。XenServerを使い込めば必ず使うCLIについて解説する。(2011/6/6)

XenServer Tips
XenServerの使い方に関して、ユーザーから多く寄せられた問い合わせを1つずつ取り上げ、専門家が解説する。(2010/12/17)

XenServer Tips
XenAPIを呼び出しXenServerにリモート接続する方法 〜Python編
Pythonを使用してXenServerを管理する方法を解説する。XML-RPCでXenAPIを呼び出すことで、XenServerにリモート接続することができる。(2011/5/23)

XenServer Tips
準仮想化ドライバXenServer toolsのインストール方法
XenServerがサポートするOSの準仮想化ドライバ「XenServer tools」について、機能とインストール方法を解説する。(2011/1/18)

XenServer Tips
XenServerネットワークの構成と設定
XenServerのネットワークについて解説する。後半では、コマンドラインインタフェース(CLI)を使用して、設定情報などを確認する。特にトラブルシューティングの際に役立つと思われる。(2011/8/18)

XenServer Tips
XenServerで仮想環境を設計するためのポイント 〜サーバ統合編
XenServerでサーバ統合を実現する際、設計時に検討すべきポイントを紹介する。システムを構成するCPU、メモリ、ストレージ、ネットワークといった4つのコンポーネントに分けて解説する。(2011/6/20)

VMware vSphere、Hyper-VからXenServerへの移行
VMware vSphereやHyper-Vの仮想マシンをXenServerに移行する方法を説明する。(2011/10/4)

XenServer Tips
XenServerマスター障害時の対応
XenServerでリソースプールを構築している場合のマスター障害時の対応について解説する。(2011/8/24)

XenServer Tips
XenServer HA機能、サービス復旧の制御(再起動優先度)
XenServerのHA機能は、ダウンタイムを最小化するためにプール内の仮想マシンやホストの障害を監視する。HA機能のサービス復旧時に制御すべきポイント(再起動優先順位)とその設定方法を解説する。(2011/7/4)

XenServer Tips
XenServerにおけるスナップショットバックアップの設定
XenServerで仮想マシンをシンプルにバックアップする方法を紹介する。XenServer 5.6 FP1では、XenCenterのGUIを用いて仮想マシンのバックアップポリシーを作成・実行できる。(2011/3/7)

XenServer Tips
XenServerで無償/有償機能ライセンスを取得する
XenServerのライセンスには、無償機能で使用するものと有償機能で使用するものの2種類がある。有償機能用ライセンスでは、別途ライセンスサーバが必要になる。(2011/2/21)

XenServer Tips
XenServerにおけるRole Based Access Control機能の解説
XenServerのEnterpriseおよびPlatinumエディションで利用できる「Role Based Access Control」(RBAC)機能の概要、カスタマイズの方法、XenCenterによる設定手順を解説する。(2011/5/16)

XenServer Tips
XenServerでWindowsのメモリやCPUを拡張する場合の注意点
XenServerで32ビットのWindowsを利用する場合、メモリ割り当ての上限が4Gバイトに制限される。だが、一度作成した仮想マシンに対してコマンドを実行することで、4Gバイトを超えるメモリを割り当てることができる。(2011/7/19)

XenServer Tips
XenServerパフォーマンス統計値のグラフ化
ラウンドロビンデータベース(RRD)に保存された各パフォーマンス統計値を、XenServerで取得したXMLファイルからグラフ化する方法について説明する。(2011/4/11)

XenServer Tips
XenServerにおける仮想ディスクとストレージリポジトリの拡張
XenServerにおける仮想ディスクとストレージリポジトリ(SR)の拡張手順を解説する。(2011/7/11)

運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品【第4回】
ライブマイグレーションは無償。最新版XenServer 5.6とXenCenterの機能
オープンソースのハイパーバイザーであるXenをベースにしたXenServerの最新版5.6と、運用管理ツールXenCenterを紹介する。(2010/6/28)

XenServer Tips
Linux物理マシンをXenServerにP2Vする方法
Linux物理マシンをXenServerにP2V(Physical to Virtual)するプロセスについて解説する。(2011/8/30)

XenServer Tips
XenServerにおけるネットワークのトラブルシューティング方法
XenServerでのネットワークのトラブルシューティングに役立つコマンドを紹介する。(2011/5/9)

XenServer Tips
XenServerのHA機能におけるホスト隔離機能の条件
XenServerのHAでは、ハートビート障害などが発生した際にプールの一貫性を維持するためにホストを隔離する。この機能を知らないと、実際に隔離が発生したときにホストが突然停止したように見えるだろう。(2011/4/18)

XenServer Tips
XenServerパフォーマンス統計値の取得
ラウンドロビンデータベースツール(RRDtool)を活用したXenServerのパフォーマンス統計値の取得方法について、具体例を用いて解説する。(2011/4/1)

XenServer Tips
XenDesktop VDI環境のI/O性能をIntelliCacheで改善する方法
XenServer上でVDI環境を構築する際、サーバサイジングだけでなくストレージのI/O性能(IOPS)も重要だ。IOPSを改善するIntelliCache機能について、XenServer側とXenDesktop側それぞれの設定方法を解説する。(2011/10/11)

XenServerに対するユーザーの反響は?
Citrixが「XenServer 6.0」でVMwareへの対抗を強化
XenServer 6.0では、プライベートクラウドとパブリッククラウド間での作業負荷の移動、管理を行いやすくするための機能が追加される見通しだという。(2011/6/1)

XenServer Tips
XenServerの動的メモリ制御を有効化する方法
XenServerの動的メモリ制御の方法を解説する。この機能によって、サーバにホストされる仮想マシンの集約率を向上することができる。(2011/2/7)

XenServer Tips
XenServerにISOライブラリを登録する方法
XenServerにISOライブラリを登録すると、仮想マシンにOSやアプリケーションをインストールするときに非常に便利である。(2011/1/6)

XenServer Tips
XenServer 5.6 FP1での分散仮想スイッチの使用方法
XenServer 5.6 FP1より、Linux Bridgeベースの仮想スイッチから、オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」をベースに開発した分散仮想スイッチに変更できる。(2010/12/17)

サーバ仮想化に関する読者調査結果リポート
今後導入したいハイパーバイザー、Hyper-Vが伸びXenServerは横ばい
既にサーバ仮想化を導入している企業は6割にも上る。今後のハイパーバイザーの導入意向では、Hyper-Vが大きく伸びている。(2012/7/25)

XenServer Tips
XenServerの障害時の情報を取得する方法
シトリックス・システムズ・ジャパンへ障害調査を依頼する際に必要になる「状態レポート」の取得方法とその中身について解説する。(2011/2/14)

どれを選ぶ? サーバ仮想化製品比較【第1回】
比較表で徹底解明! 各サーバ仮想化製品の特徴と違い
VMware vSphere、Citrix XenServer、Hyper-Vといった各ハイパーバイザーについて、製品構成、機能などをなるべく同じ視点で比較。導入したい環境にマッチした製品を選択できるよう、各製品の特徴と違いを理解しよう。(2011/9/28)

XenServer Tips
完全仮想化のLinux VMを準仮想化対応に変更する
P2VやV2Vによって、XenServer上で稼働している完全仮想化のLinux VM を準仮想化に変更する方法を記載する。(2011/9/6)

XenServer Tips
XenServerでVMの仮想ディスクをVHD形式にする方法
仮想ディスクを保存するストレージを、デフォルトのボリュームベースのLVMからファイルベースのext3に変更する方法を解説する。これにより、シンプロビジョニングやエキスポートのパフォーマンスが向上する。(2010/12/21)

仮想化ライセンス方式に関するFAQまとめ(前編)
プロセッサ単位かVM単位か? 仮想化各社のライセンス方式を知る
VMware vSphere 5でVMware vSphereのライセンスモデルが一新したことを機に、Hyper-V、VMwaer vCenter、VMware vSphere、VMware View、XenServerに関するライセンスの仕組みを整理した。(2011/10/17)

XenServer Tips
XAPIデータベースの取得・確認方法
XenServerでは、仮想マシンやストレージリポジトリといった構成情報をXAPIデータベースで管理している。XAPIデータベースの確認方法について説明する。(2011/6/13)

XenServer Tips
XenServer環境でtcpdumpを使いネットワークパケットを取得する方法
「tcpdump」コマンドを使用し、仮想マシンなどで使用されているNIC(ネットワークインタフェースカード)に流れるパケットを取得する方法を解説する。(2011/3/25)

Citrixによるプライベートクラウド構築6のステップ【後編】
Citrixの仮想化技術と連携しクラウドポータルを実現するCloudStack
CloudStackはXenServerと連携しCitrixベースのクラウド環境の管理性を向上させる。後編では、Citirxのデスクトップ配信とクラウド運用管理に関するコンポーネントを紹介する。(2012/1/17)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第4回】
【徹底比較】サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品 導入コスト比較! 〜本番環境における試算
VMware vSphere、Hyper-V、Citrix XenServer、RHEV for Server。サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品の導入コストを比較。サーバ仮想化を本番環境で導入したケースを想定しコストを試算した。(2011/2/22)

Hyper-V、XenServer、KVMに足りないもの
VMware、仮想化の機能競争でMicrosoft、Citrix、Red Hatを依然リード
仮想化ベンダー各社の技術革新によって、ハイパーバイザー間の違いが薄れつつあるが、Hyper-V、XenServer、KVMには、いまだ機能的に弱い部分が残っている。(2011/4/12)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第3回】
【徹底比較】サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品 導入コスト比較! 〜技術検証用途における試算
VMware vSphere、Hyper-V、Citrix XenServer、RHEV for Server。サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品の導入コストを比較。サーバ仮想化を技術検証用途で導入したケースを想定しコストを試算した。(2011/2/15)

NEWS
さくらインターネット、ホスティング専用サーバサービスにハイエンドモデルを追加
さくらインターネットがホスティング専用サーバサービスにハイエンドモデルを追加するなど、サービス体系を刷新。Citrix XenServerや拠点間VPNなども提供し、仮想プライベートクラウド環境の構築を支援する。(2011/2/9)

「Symantec Backup Exec System Recovery 8.5 Server Edition」
VMware、Hyper-V、XenServer対応の新世代システム復旧ソリューション
ダウンタイムは最小限にとどめたいが、HAクラスタなどを構築する予算はない。そうしたニーズに最適なのが、HDDを丸ごとバックアップする復旧ソリューションだ。仮想化技術への対応も強化し、柔軟な運用が可能だ。(2008/11/20)

NEWS
デル、仮想化ソフトをSDカードに搭載した新PowerEdgeサーバ2機種を発表
デルは、サーバ仮想化に対応した新PowerEdgeサーバ2機種を発表。VMware ESXi 3.5またはCitrix XenServer 4.1をSDメモリーカードに組み込み出荷する。(2008/5/13)