過去記事一覧 (2018 年)

12 月

/tt/news/1812/07/news05.jpg
気になる更改のタイミングは?

第6世代ファイバーチャネルへの切り替えが必要な3つの理由

次世代のファイバーチャネルネットワークを導入することで、データ転送のパフォーマンス向上が期待できる。関連する新しいテクノロジーの能力をうまく引き出せるようになるためだ。

/tt/news/1812/06/news06.jpg
暗号鍵を不正に取得される可能性

Bluetoothの新しい脆弱性 その仕組みと対策方法とは

新しいBluetoothの脆弱性が2018年7月に発見された。この脆弱性には、中間者攻撃によるデータ改ざんやデータ漏えいの危険がある。脆弱性の内容と、暗号鍵の復元や攻撃の仕組み、対策について解説する。

11 月

/tt/news/1811/22/news09.jpg
約半分が5Gをよく知らない

調査で分かった「5G」への期待値 料金、速度、安定性、ユーザーが望んでいるのは?

PwCが「5G」に関する調査を実施した。5Gのサービスプロバイダーが、消費者に現状の通信サービス以上の利用料金支払いを求めるならば、5Gならではのサービスの提供が必須なようだ。

/tt/news/1811/21/news01.jpg
Dockerコンテナとネットワーク(後編)

コンテナ/マイクロサービスが機能する鍵は「DNS」

コンテナを動的に立ち上げてマイクロサービスとして機能させるには、各コンポーネントが相互にリンクしていなければならない。そのために必要なものとは?

/tt/news/1811/21/news08.jpg
出遅れがちな管理ツールの機能拡張

企業が感じるネットワーク管理の課題トップ5 管理ツールへの不満とは

Enterprise Management Associates(EMA)が実施した調査で、ネットワーク管理者が抱える課題と、それに対処するために必要なネットワーク管理ツールに不足している機能が明らかになった。

/tt/news/1811/19/news03.jpg
データを企業価値に転換

ソフトウェア定義ストレージを生かすにはストレージ管理者の変化も必要

データの有効活用にソフトウェア定義ストレージがどのように貢献するのか。何が実現するのか。だがそのためにはストレージ管理者も変わらなければならないという。

/tt/news/1811/18/news01.jpg
新規格WPA3で実現するセキュリティとは

Wi-Fiにありがちな11のセキュリティリスク

Wi-Fiは生産性に恩恵をもたらす半面、深刻なセキュリティ問題を発生させる恐れもある。企業がワイヤレスに関するセキュリティ問題を発見し、対策を強化するためにはどうすればいいのか。

/tt/news/1811/12/news05.jpg
アイ・ティ・アールが指摘

「SD-WAN」はデジタル時代に不可欠なクラウドネットワーキングか

クラウド利用や海外展開が増える中で、企業ネットワークは複雑さを増し、ネットワーク再構築を検討する企業が少なくない。今後、デジタル時代に求められる理想的なネットワークとはどのようなものだろうか。

/tt/news/1811/08/news05.jpg
WPA2に次ぐ新たなプロトコル

無線LANの新プロトコル「WPA3」への移行が必要な理由

新たに策定された無線LANのセキュリティプロトコル「WPA3」には、さまざまな強化点がある。本記事では、企業がWPA3に移行すべき理由を考える。

/tt/news/1811/06/news01.jpg
Dockerとネットワーク(前編)

基礎から分かるコンテナのネットワーク接続性

Dockerでコンテナを作成するのは容易だが、それらがマイクロサービスとして機能するためには、さまざまな要素を考慮したネットワーク接続性が不可欠だ。基本的なところから復習しよう。

10 月

/tt/news/1810/30/news05.jpg
知らぬ間にワークロード急増も

AWS、Azure、GoogleのIoTコストを比較 シミュレーションで分かった課金制度の差異

IoTサービスは、データストリームをエンドレスに生成する可能性がある。巨額の請求を毎月受け取らないようにするには、クラウドに送信するデータ量に注意が必要だ。

/tt/news/1810/24/news06.jpg
自動応答で顧客対応を自動化

クラウドでコンタクトセンターを効率化する「Amazon Connect」が国内で本格展開

「Amazon Connect」は設備投資や人件費の削減、導入期間の短縮につながるコンタクトセンターシステムだ。提供元のアマゾン ウェブ サービス ジャパンは、その東京リージョンにおける提供計画を発表した。

/tt/news/1810/17/news05.jpg
サービス事業者が5Gを提供するB2B2Xモデル

5Gで何が変わるのか? 「品質保証」だからできるIoT時代のサービス

2020年に実用化を目指す「5G」。これまでの移動通信ネットワークとの違いはどこにあるのか、国内の課題と用途を想定して考える。

/tt/news/1810/15/news06.jpg
マイクロサービスや他のシステムにもアクセス制御を提供

マイクロサービス対応「ADC」の新機能 企業のセキュリティ確保が可能に

ADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)は、目新しいネットワークツールではないが、大幅に進化している。最新のADCに加わった幾つかの機能について、セキュリティ面を中心に解説する。

/tt/news/1810/12/news09.jpg
災害など緊急時の対処手段は

VoIPとPSTNを比較 電話サービスを選ぶ際に確認したいチェック項目

PSTN(公衆交換電話網)による電話サービスとVoIP(Voice over IP)ベースのIP電話サービスの議論は何を意味するだろうか? どちらがあなたの組織に適合するのか、機能別に比較してみよう。

/tt/news/1810/08/news02.jpg
多額の投資はいらない

スマートファクトリーの実現のために必要なこととは

スマートファクトリーはゼロから立ち上げる必要はない。既存の産業用機械をデジタルへ接続することで、工場の課題を解決できる可能性がある。今回はその方法やユースケースを紹介する。

9 月

/tt/news/1809/25/news03.jpg
今後は仮想化が進む

ネットワーク管理ツール「ADC」に加わる新機能 柔軟で動的なツールに変化

DevOpsの成熟とマイクロサービスの普及に伴い、アプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)に魅力的な新機能が加わっている。ネットワーク管理者は今こそADCを見直してみよう。

/tt/news/1809/20/news02.jpg
「IEEE 802.11ax」でも採用

無線LANの高速化技術「MU-MIMO」(マルチユーザーMIMO)とは?

「MU-MIMO」は魔法ではないが、そう考えるネットワークエンジニアもいる。MU-MIMOは、無線LANにどのような効果をもたらすのか。

/tt/news/1809/18/news09.jpg
スマートフォン普及で現実味

ワイヤレスオンリー企業の挑戦 社内丸ごとワイヤレス化は可能?

企業の間でワイヤレスファースト戦略を採用する動きが広がっており、さらにワイヤレスオンリーへと進みそうだ。だが、ITスタッフは、キャパシティー、管理、コストの懸念に注意を払わなければならない。

/tt/news/1809/18/news06.jpg
データの公開範囲に変化が

GDPRで変わる「WHOIS」 どう変わるのか? その影響は?

GDPRの施行は、広く活用されているドメイン所有者情報データベース「WHOIS」にも影響を及ぼしている。管理組織のICANNが示すWHOIS変更の内容と、その影響を整理する。

/tt/news/1809/07/news07.jpg
パフォーマンス向上のために

機械学習をネットワーク分析に活用するとどうなる?

企業におけるネットワークのパフォーマンスへの期待とプレッシャーが高まっている。今こそIT担当者は機械学習を用いたネットワーク分析ツールに注目すべきだ。

8 月

/tt/news/1808/24/news03.jpg
「5G」だけでは不十分

スマートカーのデータ通信を失敗させない3つの方法

インターネットに接続する「スマートカー」のメリットを引き出すには、車両が生み出す大量のデータを素早く、かつ確実に送受信する必要がある。「5G」はその有効な手段の一つだが、それだけでは不十分だ。

/tt/news/1808/23/news04.jpg
各国で進む実証実験の現状

2020年東京オリンピックとともに実現する5Gネットワーク

東京オリンピックでは、中継に5G技術が活用される見通しだ。並行して、各国の通信事業者はさまざまな取り組みを行い、5Gの実現に向けて歩み続けている。

/tt/news/1808/16/news05.jpg
「IEEE 802.11ax」「IEEE 802.11ay」に備えて

無線LANを快適に使うための「エッジスイッチ」5大選定ポイント

エッジスイッチのアップグレード時には、さまざまな項目を検討する必要がある。高速化や性能向上が進む無線LANの恩恵を十分に受けるために必要な、エッジスイッチの選定ポイントとは。

/tt/news/1808/15/news04.jpg
セキュリティなど周辺機能に脚光

「コンテンツデリバリーネットワーク」(CDN)が急成長している理由

優れたネットワークパフォーマンスと拡張性を追求する企業は、コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)ベンダーに、これまでとは異なる支援を求め始めている。

/tt/news/1808/10/news09.jpg
DNS応答にデジタル署名を追加

DNSプロトコルを改ざんから守る「DNSSEC」 米国政府が導入を推進

DNSプロトコルのセキュリティを確保することは極めて重要だ。「DNS Security Extensions」(DNSSEC)と、DNSSEC導入を後押しするために米国政府が行っている取り組みを紹介する。

/tt/news/1808/06/news07.jpg
対象地域やネットワーク最大容量で比較

比較表:CDNプロバイダー主要10社の特徴を整理しよう

コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)プロバイダーのネットワーク容量、サービスなどを分析した本稿のCDNプロバイダー比較表を利用して、各プロバイダーが重視するCDNを把握されたい。

7 月

/tt/news/1807/24/news02.jpg
機械学習でシミュレート

AWS、Microsoft、Google、最も低価格なIoTクラウドは?

AWS、Microsoft、Googleの料金体系には一貫性がなく、ユーザー企業が価格を比較するのは不可能だ。調査会社451 Researchは、機械学習を使って3社の価格をシミュレートし、低価格なサービスを発見した。

/tt/news/1807/19/news08.jpg
ベンダーのサポートが進む分離NOS

オープンソースのネットワークオペレーティングシステム、その機能と選び方

オープンソースのネットワーク分離スイッチは、通信事業者と比べて企業での導入が遅れているが、導入の障壁は低くなりつつある。本記事では、スイッチを導入し、分離するための検討と準備に必要なことを紹介する。

/tt/news/1807/17/news11.jpg
最新Wi-Fiセキュリティプロトコルの進化

無線LAN新プロトコル「WPA3」の目玉は認証簡素化、暗号強化、IoT対応

無線LANの最新セキュリティプロトコル「WPA3」は、簡単かつ安全なWi-Fiアクセスを実現する新機能を個人および企業に提供する。

/tt/news/1807/10/news07.jpg
セキュリティ向上と働き方改革を実現

フジテレビのCisco TrustSec導入から1年 何が変わったのか 「ワークスタイルにも変化が」

フジテレビは基幹ネットワークを刷新し、ユーザーベースでアクセスを制御する「Cisco TrustSec」を導入した。この技術は同社にどのような効果をもたらしたのか。安全な移行のために取った対策とは。

/tt/news/1807/06/news01.jpg
最大2000万ユーロ(約26億円)

セキュリティ対策を怠ると罰金──実はGDPR級に重要なEUの「NIS指令」

EU一般データ保護規則(GDPR)に強い関心を向ける企業は多いが、NIS指令(ネットワークと情報システムに関する指令)を意識している企業は少ない。だが、この罰金額は無視できない。

6 月

/tt/news/1806/29/news04.jpg
IoTセキュリティや“脆弱パスワード”問題に対処

無線LANの新プロトコル「WPA3」 「WPA2」との違いは?

「WPA2」の後継となる、無線LANの新たなセキュリティプロトコルが「WPA3」だ。従来のWPA2とは何が違うのか。

/tt/news/1806/28/news01.jpg
ガッカリな未来予想図

5Gが実現しても大していいことはない

かつて画期的な技術と目されていた5Gは、今やすっかり色あせてしまった。5Gが実現しても通信環境は大して変わらないと筆者は主張する。5Gはなぜこんなにも残念な存在になってしまったのか。

/tt/news/1806/24/news03.jpg
ビジネス上の収益性向上にも期待が持たれる

「5G」は単なる次世代通信ではない 5Gに秘められた可能性とは?

各社が第5世代移動通信システム(5G)サービスの開始予定を発表している。だが多くの人にとっては、5Gにどんな意味があり、どう収益に結び付き、どんなスケジュールで展開するのかもよく分からない状況にある。

/tt/news/1806/20/news04.jpg
Arubaなどが製品を開発

ワイヤレスネットワークを分析して問題を特定 始まっているAIによる自動診断

高度なネットワーク分析ツールはパフォーマンスを評価し、ビジネスへの洞察を提供する。だが、分析によってネットワークの全体的視点が得られるのはもう少し先のことだ。

/tt/news/1806/19/news06.jpg
レガシーな情報システムと決別するために

ワイヤレスネットワークが後押しする医療機関のIT刷新

ある長期ケア企業がワイヤレスネットワークテクノロジーと「Microsoft Active Directory」に注目している。ITモダナイゼーション計画を立ち上げ、自社の成長を促すためだ。

/tt/news/1806/14/news07.jpg
IT担当者にとって悪いことではないが……

Extreme Networksなどベンダーの巨額買収が企業のネットワーク管理に及ぼす影響

ネットワークベンダー同士の統合が進んでいる。だが、ネットワークの専門家は、こうした統合による変化が企業のネットワーク管理に及ぼす影響を真剣に考えなければならない。

/tt/news/1806/14/news06.jpg
デジタルトランスフォーメーションの広がりに対応

ITインフラへの投資は増加傾向、購入者は急成長するクラウドプロバイダー?

IDCの調査によると、ITインフラ製品への投資額は増加傾向にあり、パブリッククラウドへの支出額は2018年に最高額を更新したという。クラウドへの投資動向とネットワーク管理の技術トレンドについて解説する。

/tt/news/1806/08/news05.jpg
最新動向に遅れてはいけない

Wi-Fiについて私たちが学び続けなくてはいけない理由

企業は、社内のエンジニアがワイヤレスネットワークについて適切なトレーニングを受けることに、注意を向ける必要がある。

/tt/news/1806/06/news05.jpg
従来のネットワーク管理との違いは

ネットワーク管理に機械学習を利用するメリットとは

機械学習をネットワークの分析と監視のツールに関連付けると、ネットワーク管理に必要な労力を減らせる可能性がある。機械学習と他形式の自動分析との違いは何だろうか。

5 月

/tt/news/1805/30/news01.jpg
Webに世代交代は来るのか

時代遅れ?のHTTP/HTTPS vs. 分散ファイルシステム「IPFS」

HTTP/HTTPSの欠点を解決する手段の1つとして、IPFSという分散ファイルシステムが開発された。IPアドレスに依存しないため、確かにデッドリンクの発生を低減できるかもしれない。

/tt/news/1805/09/news01.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

流動的なエコシステム下におけるネットワーク戦略

クラウドの普及がネットワークの要件を変化させている。現代の企業活動の中枢神経を担うネットワークには、新たな戦略が必要だ。

/tt/news/1805/08/news01.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

5G時代のネットワーク戦略

クラウドベースのワークロードには高い柔軟性が要求される。企業がそれに対応するためには、WAN戦略をどう見直すべきなのか。その鍵を握るのが5Gだ。

/tt/news/1805/01/news02.jpg
Computer Weekly製品導入ガイド

次世代ネットワークを巡る通信事業者のSD-WAN戦略

SD-WAN技術の到来で、通信事業者によるWANサービスの囲い込みが実質的に排除された。市場の現状について解説する。

4 月

/tt/news/1804/19/news03.jpg
ネットワークファブリックやアーキテクチャに注目

IDCが選ぶ注目のSDNベンダー4社

調査会社IDCは、注目すべきSDN(ソフトウェア定義ネットワーク)ベンダーとしてApstra、Big Switch Networks,、Plexxi、Pluribus Networksの4社に関するレポートを発表した。

3 月

/tt/news/1803/20/news02.jpg
注目は「ネットワークスライシング」機能

無線技術「5G」とは何か? 先行準備企業が語る「これまでとの革命的な違い」

5Gは、超高速ネットワークと大容量通信の実現を約束する新しい通信技術だ。低レイテンシとスループットの向上を必要とする事業は、このテクノロジーのメリットを真っ先に体感できるだろう。

/tt/news/1803/19/news05.jpg
通説を検証する

IoTについて誤解をしている5つのこと

IoTはB2Cのもの? たくさんの機器がつながるほど成果が出る? セキュリティが確保できないって本当? IoTにまつわる5つの通説を検証する。

/tt/news/1803/13/news04.jpg
IoTとAIは不人気技術?

2018年IT導入優先度調査:ネットワーク、自動化、クラウドが上位に

「IT Priorities 2018 Survey」(2018年のIT優先度調査)では、2018年にITプロが最優先事項に掲げるのはネットワーク、クラウド、自動化であることが分かった。

/tt/news/1803/07/news04.jpg
まずは自社ネットワーク状況を把握すること

最適なネットワーク監視ツールの選び方

ネットワーク管理者の職務上重要になるのは、ネットワークのパフォーマンス、トラフィック使用量、障害、可用性を監視することだ。その上で、問題に素早く対処しなければならない。

2 月

/tt/news/1802/21/news12.jpg
やらない方が安全だった、とならないために

5種類のファイアウォールの違いを解説 みんな違ってみんな良い?

パケットフィルタリング、アプリケーションレベルゲートウェイ、次世代型など、ファイアウォールにはさまざまな種類がある。本稿では、5種類の基本的なファイアウォールを取り上げ、その類似点と相違点を解説する。

/tt/news/1802/15/news02.jpg
今理解すべき「CASB」の実力【第4回】

「CASB」(Cloud Access Security Broker)製品の失敗しない選び方 4つのポイント

自社のニーズに合った「CASB」(Cloud Access Security Broker)製品を選定するには、何に注意すればよいのか。選定をうまく進めるためのポイントを紹介する。

/tt/news/1802/13/news05.jpg
医療用コネクテッドデバイス市場も拡大

医療現場のIoT活用が医療の質も病院経営も改善する、5つのメリットとは

医療現場でIoT(モノのインターネット)を利用するメリットは、患者の生体情報を遠隔モニタリングしたり、院内の医療機器の場所を追跡したりと、さまざまだ。特筆すべき5つのメリットについて解説する。

/tt/news/1802/12/news01.jpg
キャッシュレス先進国の現実

キャッシュレス社会に突き進む北欧諸国の光と影

キャッシュレス先進国として知られるスウェーデンやノルウェーなどの北欧諸国。彼らはさらなるキャッシュレス化を目指しているが、国内には反対する人々もいる。

/tt/news/1802/09/news07.jpg
チームコラボレーションツールとも悩む……

中堅企業で人気の「UCaaS」導入ステップ、多機能もしくは無料サービスから検討

中堅企業の間でクラウドのユニファイドコミュニケーション(UC)が人気を集めている。「UCaaS」ベンダーと企業は、導入展開の成功に向けて力を合わせなければならない。

/tt/news/1802/06/news07.jpg
AMI(高度メーターインフラ)を活用

スマートグリッド実現の鍵は無線通信、「IEEE 802.11s」が示す可能性

送電網のスマートグリッド化を実現するにはネットワークが鍵となる。注目されるのが、IEEE 802.11sを活用したワイヤレスメッシュネットワークだ。

/tt/news/1802/05/news06.jpg
AWSやMicrosoft Azureとも比較

VPNはもう古い? Googleの相互接続サービス「Google Cloud Dedicated Interconnect」とは

データセンターをパブリッククラウドにプライベート接続する手段として、VPNに代わる選択肢が充実し始めている。Googleが提供する「Google Cloud Dedicated Interconnect」の主な機能と利用要件を解説する。

1 月

/tt/news/1801/26/news04.jpg
他人のHDDにファイルを保存?

ブロックチェーンによる分散型クラウドストレージの可能性

ブロックチェーンをDropboxやGoogleドライブのようなクラウドストレージに応用するサービスがある。ブロックチェーンを使ったストレージサービスは普及するだろうか。

/tt/news/1801/19/news01.jpg
信頼できるサプライヤーの見つけ方

ネットワークサプライヤーを選ぶためにあなたがすべき5つの質問

今やネットワークはビジネスの根幹をなしており、自社の管理下で十分なユーザーエクスペリエンスを確保する必要がある。必要な能力を備えたサプライヤーかどうかを確認するには、以下の5つの質問をすればいい。

/tt/news/1801/18/news01.jpg
DNSの設定を変更するだけ

不正なサイトをブロックする無償のDNSサービス「Quad9」

「Quad9」は、IBM Security、PCH、GCAなどが共同で提供する無償のDNSサービスだ。このDNSサービスを利用することにより、不正な行為を行うWebサイトへの接続を遮断できる。

/tt/news/1801/11/news05.jpg
「NVMe over Fabrics」に熱視線

東芝が「NVMe」市場にソフトウェアで挑む“本当の理由”

東芝グループが「NVMe over Fabrics」の実現に向けたストレージソフトウェアを販売する。その狙いは何か。

/tt/news/1801/09/news04.jpg
どちらを選ぶべきか

仮想ルーティングソフトvs. 物理ルーター 比較で見えてくる「強みと弱み」

仮想ルーティングソフトウェアは多くのメリットがあるが、セキュリティや接続に潜在的な課題があることを理解する必要がある。一方で、物理ルーターの方が優位性を発揮できる領域もある。