2006年04月06日 09時13分 UPDATE
特集/連載

ColumnID管理/アクセス管理システムの導入ステップ PART1

中堅・中小企業では、どのようなステップを踏んでIDおよびアクセス管理システムを導入すべきか。2回にわたって解説する。

[TechTarget]

 中堅・中小企業(SMB)でのアクセス管理システムの導入ステップは、大企業の場合と同様だ。違う点は、多くのIT分野について言えることだが、SMBの方がリソースが限られており、予算が少ないことだ。しかし、アプローチは基本的に変わらない。

 ここでは、導入の3つのステップ、評価、計画、実装/プロビジョニングについて、それぞれの段階での注意点を含め紹介していく。

 まず、最初の評価では、セキュリティを確保しなければならないものは何か、それらにアクセスする必要があるのは誰かを綿密に検討する。社内ユーザーがアクセスするシステムの完全な棚卸しを行い、それらを構成するハードウェアとソフトウェアをリストアップする。また、ネットワークを使うユーザーのリストも作成する。

 PART2では、実装段階について解説する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

アナログなマーケティングをグレードアップ、無料でどこまでできるか
マーケティングオートメーション(MA)とは名ばかりの不完全なツールも少なくない背景に...

news064.jpg

電通とリクルートホールディングス、訪日外国人向けマーケティング領域で協業開始
電通とリクルートホールディングスは、訪日外国人向けマーケティング領域での協業を開始...

news096.jpg

電通パブリックリレーションズが「第2回 企業広報力調査」の結果を発表
電通パブリックリレーションズ内の研究組織である企業広報戦略研究所は、「第2回企業広報...