2006年04月06日 09時13分 UPDATE
特集/連載

ColumnID管理/アクセス管理システムの導入ステップ PART1

中堅・中小企業では、どのようなステップを踏んでIDおよびアクセス管理システムを導入すべきか。2回にわたって解説する。

[TechTarget]

 中堅・中小企業(SMB)でのアクセス管理システムの導入ステップは、大企業の場合と同様だ。違う点は、多くのIT分野について言えることだが、SMBの方がリソースが限られており、予算が少ないことだ。しかし、アプローチは基本的に変わらない。

 ここでは、導入の3つのステップ、評価、計画、実装/プロビジョニングについて、それぞれの段階での注意点を含め紹介していく。

 まず、最初の評価では、セキュリティを確保しなければならないものは何か、それらにアクセスする必要があるのは誰かを綿密に検討する。社内ユーザーがアクセスするシステムの完全な棚卸しを行い、それらを構成するハードウェアとソフトウェアをリストアップする。また、ネットワークを使うユーザーのリストも作成する。

 PART2では、実装段階について解説する。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ソニーマーケティング、顧客満足度の向上につなげるカスタマーサービスのノウハウを外販
ソニーマーケティングは、企業と顧客との円滑なコミュニケーションをサポートし、顧客満...

news122.jpg

BIからAI(拡張知能)への進化、QlikのCTOが語る
さまざまな洞察を得るため、最適化されたビジュアルを提供するツールへ進化するセルフサ...

news024.jpg

Adobe Systems、テレビ広告運用プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud TV」を発表
Adobe Systemsは、データに基づき自動的にテレビ広告のプランニングとバイイングができる...