2006年04月12日 10時07分 UPDATE
特集/連載

ColumnID管理/アクセス管理システムの導入ステップ PART2

中堅・中小企業でのID管理/アクセス管理システムの導入ステップを解説する2回シリーズのPART2として、架空のSMBを例にして、実装段階について説明する。PART1はこちら

[TechTarget]

 PART1では、中堅・中小企業(SMB)でアクセス管理システムを導入する際の3つのステップ――評価、計画、実装/プロビジョニング――を紹介した。このPART2では、従業員800人で米国の内外に6つのオフィスを持つ架空の企業を例に、製品の選択から実装について説明しよう。

 このSMBのネットワークの主要部分は、Windows Server 2003で運用されている。その中にはすべてのファイルサーバ、データベースサーバ、電子メールシステム、そのほかのネットワークアプリケーションが含まれる。社員はデスクトップPCかノートPCを持っており、両方を持つことはない。デスクトップPCとノートPCではOSとしてWindows XP Professionalが採用されている。ノートPCを使っているのは外回りの営業担当者、数人の経営幹部、少数の在宅勤務者だ。

 このSMBでは、どんなアクセス管理製品を選択すべきだろうか?

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news006.jpg

第2回 価値の連続性に責任を持つCCO
CRM成功の鍵となるCCO(Chief Customer Officer)。明確な答え、正解がないCRMにおいて何...

news005.jpg

第3回 BtoBにおけるマーケティング活動の設計は「誰に」「何を」「どのように」で考える
BtoBマーケティング成功の鍵は、1)ターゲット企業における購買関与部門の責任者とどのよ...

news119.jpg

日本オラクル、三井住友銀行の顧客管理システムに「Oracle Exadata」など3製品を導入
日本オラクルは10月15日、三井住友銀行の新顧客管理システム構築に向けて、高速データベ...