Loading
2007年01月23日 00時00分 UPDATE
PR

ハイブリッドデータベースで体験するWeb2.0【第3回】DB2 9にアクセスするサービスAPIの開発

前回まででRDBのデータからXMLを生成したり、XMLデータを操作する方法を紹介した。今回からはその応用編として、DB2 9をWeb2.0時代のアプリケーションで活用する方法を探っていく。まずは公開の動きが広がるサービスAPIを開発してみよう。

[TechTarget]

 第1回第2回では、DB2 9が持つネイティブXML DB機能としてSQL/XML発行関数やXQueryへの対応を紹介した。これらの機能により、RDBに保存されたデータをXML形式に生成したり、XQueryによってカラムに保存されたXMLデータを変換したりすることができた。こうした例を通じて、DB2 9がXML DBとRDBのそれぞれに対して、SQLとXQueryのどちらを用いてもシームレスにアクセス可能なハイブリッドデータベースであることをご理解いただけたのではないだろうか。ここまでは、いわばハイブリッドデータベースの基礎編である。

 今回と次回は応用編として、DB2 9が持つこれらの機能をWeb2.0時代においてどのように活用していけばよいかを探っていくことにしたい。そこで今回は、DB2 9に蓄積された資産にアクセスするサービスAPIの開発に挑戦してみよう。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「日本アイ・ビー・エム株式会社」に収集される。
  • 「日本アイ・ビー・エム株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「日本アイ・ビー・エム株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。