Loading
2007年01月30日 00時00分 UPDATE
PR

ハイブリッドデータベースで体験するWeb2.0【最終回】DB2 9によるGoogle Maps APIとの連携

これまで、3回にわたって「DB2 9」というハイブリッドデータベースを紹介してきた。連載の最後となる今回は、Google Maps APIを用いて、Ajaxアプリケーションの構築を試みたい。また、保存されているデータを基にGoogle Earthとも連携させてみよう。

[TechTarget]

 DB2 9のようなハイブリッドデータベースが必要になった背景には、Web2.0時代を迎えた情報技術の利用状況がある。具体的には、ブログサイトに用いられることで普及したRSS/RDFや、Googleマップに端を発するAjaxへの関心の高まりである。これらは、XMLデータの通信にその基盤を支えられている。また最近では、オンライン書店のAmazonをはじめとして、サービスAPIを通じて蓄積したデータ資産を積極的に公開する動きも出てきた。これらの通信基盤も、やはりXMLデータである。

 連載の最後となる今回は、Ajaxへの関心を高めるきっかけとなったGoogle Maps APIを用いて、Ajaxアプリケーションの構築を試みたい。DB2 9とWebブラウザとの通信時にやり取りするXMLデータの形式は、KML2.1とする。こうすれば、地球全体の航空写真が閲覧できるGoogle Earthとも連携できるようになるからだ。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「日本アイ・ビー・エム株式会社」に収集される。
  • 「日本アイ・ビー・エム株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「日本アイ・ビー・エム株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。