2007年05月08日 20時09分 UPDATE
ニュース

NEWSアーク情報システム、韓国で多くのシェアを誇るスパム対策ソリューションの販売を開始

アーク情報システムは、スパムメール対策ソリューション「SpamSniper」を5月中旬より日本国内で販売開始する。

[TechTarget]

 アーク情報システムは5月8日、スパムメール対策ソリューション「SpamSniper(スパムスナイパー)」を5月中旬より日本国内で本格的に販売開始すると発表した。

 SpamSniperは、韓国のJiransoft社が開発したアンチスパムソリューション。韓国内ではサムスングループ、LGグループ、現代グループをはじめ、ソウル大学、プサン大学など、大手企業や主要機関などで多くの導入実績を誇っている。また、2006年末からアーク情報システム内と同社の提携先である学校法人岩崎学園で試験的に利用・評価を行った結果、同社の計測では95%以上のスパム遮断率を達成したという。

 なお、SpamSnipeは5月16日から東京ビッグサイトで開催される「第4回情報セキュリティEXPO」にて出展、展示される予定。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

ユナイテッド、DSP「Bypass」にアプリ向け「リテンション広告」機能を提供
ユナイテッドは2016年6月27日、自社が提供するDSP「Bypass」に「リテンション広告」機能...

news036.jpg

Viibarがハリウッドのクリエイター団体「Swanky Flicks」と連携
動画マーケティングを支援する「Viibar」は、ハリウッドのクリエイター団体「Swanky Flic...

news072.jpg

ネスレ日本社長 高岡浩三氏、YouTube日本代表 水野有平氏らが「ブランデッドムービー」を語る
「ブランデッドムービー」を用いた企業のマーケティングとは? 識者が語り合ったパネル...