2007年07月31日 23時00分 UPDATE
ニュース

NEWSエージーテック、ITIL準拠のITサービスマネジメントツール「Sostenuto ITSM」を販売

多彩な連携機能などにより、内部統制にかかわるITインフラ構築を短期間で実現

[TechTarget]

 エージーテックは7月31日、ITIL準拠のITサービスマネジメントツール「Sostenuto ITSM」Version 3.0を、シーイーシーを販売元として8月1日より販売開始すると発表した。

 Sostenuto ITSMは、複雑化、高度化する情報システムの運用を容易にするために既存の業務システムを見直し、運用コストの低減やサービス品質の可視化、向上を実現するITサービスマネジメントツール。「インシデント管理」「構成管理」「リリース管理」をはじめとする、ITサービス管理の主要プロセスをあらかじめ定義しているため、ITILを短期間で導入できることも大きな特徴となっている。また、「関連付け」機能により、管理項目間の複雑な関連性が分かりやすく、多様な管理業務に対応するという。

 新バージョンであるVersion 3.0では、「Microsoft Exchange Server」のカレンダー機能との統合を実現したほか、Active Directory/LDAP認証に対応。また、タブオーダー設定、画面サイズ設定、フィールドサイズ調整など、Screen Designerを拡張した。アプレット ウィンドウ・サイズの変更機能の追加やMail Processorの機能向上も行われ、新たにJava 6をサポートしている。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...

news047.jpg

Twitter広告におけるオーディエンスプランニングツール、アイレップが提供
アイレップは、Twitter広告のハンドルターゲティングにおける独自のオーディエンスプラン...