2007年08月28日 20時03分 UPDATE
ニュース

NEWSEMCジャパンなど3社、大容量データの監査証跡維持ソリューションを発表

ネットワーク上に流れるパケットデータの安全で確実な記録や、データ検索と復元、改ざん防止などの機能を備えたデータ保管を実現

[TechTarget]

 EMCジャパン、エム・ティ・フィールド・サービス(MTF)、ソレラ ネットワークス ジャパン(Solera)は8月28日、大容量データの監査証跡維持を目的とした「コンプライアンス対応統合ネットワーク・フォレンジック・ソリューション」を発表した。企業のネットワークに流れるさまざまなパケットデータを安全、確実にキャプチャし、あらゆる時点のデータを復元できる検索・レポート機能を装備することが特長となっている。主にネットワークビジネスを実施している企業、コンプライアンス対応を目指す企業を対象に金融商品取引法対応の施策の1つとして販売していく。

 本ソリューションは、高速大容量のパケットキャプチャを得意とするSoleraのネットワークパケットレコーダー「Solera DS」、検索機能・データ解析・レポート機能を有するMTFのフォレンジックツール「inetSNAPs」、データ格納用一次ストレージとしてEMCのミッドレンジ・ストレージ「CLARiX」およびコンプライアンス対応二次ストレージとしてアーカイブ専用の「Centera」を組み合わせたもの。外部からの不正アクセスや内部からの情報漏えいが発生した場合も同じ環境を再現させてデータを解析するため、システム管理者のデータ検索パフォーマンスを向上。また、キャプチャしたデータを改ざんさせることなく、監査証跡として安全に保管できるとしている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

博報堂DYデジタル、PMPで配信可能なスマートフォン上のプレミアム面を拡充
博報堂DYデジタルは、同社と博報堂DYメディアパートナーズが提供する「HDY PMP_」におい...

news068.jpg

電通とnendo、企業ブランディングなどを行う新会社を合弁で設立
電通とnendoは企業ブランディング、コンセプト立案やビジネスデザイン領域を事業とする合...

news018.jpg

従来のBIが「終わっている」と断言できる2つの理由
テクノロジーの進化により従来ビジネスインテリジェンス(BI)と呼ばれてきたものは程な...