2007年10月12日 20時20分 UPDATE
ニュース

NEWSチェンジビジョン、内部統制に対応した文書化支援ツールの新版を発表

RCM、業務記述書のフルカスタマイズを実現した「JUDE/Biz 2.0」をリリース。職務分掌表作成やファイルへのパスワード設定、ファイルロック機能などを新たに搭載

[TechTarget]

 チェンジビジョンは10月12日、内部統制に対応した文書化支援ツールの新バージョン「JUDE/Biz 2.0」をリリースしたと発表した。本製品は、内部統制における主要文書である業務フロー、業務記述書およびRCMなどを作成、管理するための文書化支援ツール。RCMや業務記述書を自由にカスタマイズでき、自社の管理指針とすることで内部統制プロジェクトをサポートする。

 新バージョンでは、職務分掌表作成や業務単位での一括印刷、Excel出力に対応。またファイルへのパスワード設定やファイルロック機能などセキュリティも強化された。さらに処理(フロー記号)や業務記述書の表示項目のカスタマイズ、処理番号の表示、編集機能の改善なども行われている。価格は1製品ライセンスで7万3500円。5ライセンス(31万5000円)、10ライセンス(52万5000円)のボリュームパックも用意されている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...