2007年10月12日 20時24分 UPDATE
ニュース

NEWS日本IBM、「Cell/B.E.」搭載のブレードサーバ新製品を発表

ブレードサーバの厚みを2分の1にした、高性能プロセッサ「Cell Broadband Engine」搭載のブレードサーバ新製品「IBM BladeCenter QS21」を発表

[TechTarget]

 日本アイ・ビー・エムは10月12日、高性能プロセッサ「Cell Broadband Engine(Cell/B.E.)」搭載のブレードサーバ新製品「IBM BladeCenter QS21」を発表した。10月26日より出荷開始する。最小構成価格は138万6000円。

 本製品は、3.2GHzのCell/B.E.を2個搭載し、最大ピーク時460Gフロップスを実現する超高速計算に特化したブレードサーバ。従来のCell/B.E.搭載ブレードサーバ「IBM BladeCenter QS20」に比べ、プロセッサ、メモリなどの集積密度を2倍にすることで、ブレードサーバの厚みを2分の1にしている。シャーシ(筐体)1台当たりの最大収容可能台数は2倍になり、1シャーシ当たり最大6.4Tフロップス、標準的な42Uラックでは最大25.8Tフロップスの浮動小数点演算性能を発揮できる。

 Cell/B.E.の特長であるマルチコアアーキテクチャと高速通信機能により、大量の計算処理や高度な三次元画像処理の高速レスポンスを実現。さらに、1ワット当たりおよそ1.05Gフロップスといった少ない消費電力で高いパフォーマンスを実現しているという。HPC(High Performance Computing)を用いた研究開発向けのほか、医療、金融、デジタルメディアなどの企業におけるアプリケーションまで、幅広く利用できるとしている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news136.jpg

Webとリアルでは戦う相手が違うから――正しく知りたい競合分析の進め方
前回は競合分析の必要性について述べました。今回はWebマーケットにおける競合分析の具体...

news040.jpg

Instagramに投稿されたユーザーの写真を広告に利活用、アライドアーキテクツがサービス提供
アライドアーキテクツは、ユーザーがInstagramに投稿した写真や動画などをSNS広告運用に...

news096.jpg

モリサワとさくらインターネットが協業、Webフォント30書体をレンタルサーバ利用者に無料で提供
モリサワとさくらインターネットが協業し、「さくらのレンタルサーバ」利用者に向け、モ...