Loading
2007年10月30日 00時00分 UPDATE
PR

新たに生じる厳しい要件に対しNonStopサーバが果たす役割とは次世代EDI規格への移行に乗り遅れるな

現在、流通業界などを中心として、次世代EDI標準への対応が大きな流れとなっている。次世代EDIにおいて強く求められる要件は、24時間365日の稼働とリアルタイム処理だ。このEDIの分野で、HP Integrity NonStopサーバは重要な役割を果たす。

[提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社]

 企業間の取引に欠かせない存在であるEDI(Electronic Data Interchange)はいま、次世代標準に向かって大きく変わり始めている。24時間営業のショップが増加し、従来のバッチ処理ではなくリアルタイム処理が求められている。また、通信も公衆回線網ではなく、インターネットの利用が始まっている。

 メインフレームで稼働しているEDIでは、こうした変化に対応するのが難しい。一方で、一気にシステムをオープン系に移行させることが困難であることも確かだ。現在のメインフレームを生かしつつ、次世代EDIに対応したオープンシステムを導入すれば、そうした悩みは解決する。EDI用ソリューション「ACMS」と「HP Integrity NonStopサーバ」を組み合わせれば、メインフレーム環境からオープンシステムへの段階的な移行も可能になる。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「日本ヒューレット・パッカード株式会社」に収集される
  • 「日本ヒューレット・パッカード株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「日本ヒューレット・パッカード株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部