Loading
2007年12月10日 00時00分 UPDATE
PR

「すべてはユーザー次第」のカスタマイズ性がSaaSの魅力CRMを情シス部門の案件管理に活用!? 事例に見るオンデマンドCRMの可能性

不動産専門のデータバンクを運営する東京カンテイは2007年にオラクルの「Siebel CRM On Demand」を導入。目的は顧客情報の管理や分析ではなく情報システム部門の案件管理だった。その意外な活用法から、オンデマンドCRMの可能性が見えてくる。

[提供:日本オラクル株式会社]

 SaaSという新たなソフトウェアの提供形態に、大きな注目が集まっている。SaaSはSoftware as a Serviceの略で、ベンダーがサーバマシンとソフトウェアを用意し、アプリケーションをインターネット越しに提供するというものだ。旧来からあるASP(Application Service Provider)型のサービスと、基本的な提供形態は同じものだ。

 ではSaaSはASPと何が違うかというと、「1つのサーバ、1つのアプリケーションを複数ユーザーで共有して利用する」ということ(「マルチテナンシー」と呼ばれる)。さらに、旧来のASP型ではベンダーが提供するアプリケーションをそのまま利用しなければならなかったが、SaaSではユーザーが利用しやすいようカスタマイズできる点が異なる。

 このSaaS型のサービスは、CRMなどで欧米が先行し本格的な普及が始まっている。日本でも顧客の関心は高いが、その普及は端緒に着いたばかり。そんな中、不動産情報サービスの東京カンテイが、SaaS型で提供されるオラクルの「Siebel CRM On Demand」のカスタマイズ性を活用し、情報システム部門の案件管理システムの「見える化」を実現したという。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「日本オラクル株式会社」に収集される
  • 「日本オラクル株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「日本オラクル株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部