2008年01月30日 00時00分 UPDATE
PR

オンデマンド型ビジネスモデル「Oracle On Demand」自社導入型アプリケーションのサービス利用が加速化する

有力ソフトウェアベンダーが次々とSaaS市場への参入を表明する中、オラクルも占有型のマネージド・ホスティングを中心に、オンデマンド型でアプリケーションソフトウェアの提供比率を高めていく。

[提供:日本オラクル株式会社]

 オラクルは、顧客が企業向けソフトウェアのライセンスを購入してシステムを構築し、顧客自身が長年にわたって運用するという従来のオンプレミス(自社内導入)モデルが、今後10〜20年をかけて確実に変わっていくだろうという仮説を示した。

 同社は、SaaS(Software as a Service)による月額会員型アプリケーションの利用サービスが活況を呈しつつある中、同社が提供するソフトウェアをオンデマンド型で提供していくのが大きな戦略の1つになっていると明言。占有型のマネージド・ホスティングというオンデマンド提供形態では、オラクル自身が開発したアプリケーションや買収で取り込んできた技術を、今後すべてオンデマンド型として提供するといった基本方針を固めているという。

 オンプレミス主義の先駆けと思われていたオラクルが、オンデマンド型サービスに傾注した要因とは一体何か。

提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部