2008年02月06日 04時47分 UPDATE
特集/連載

現場の要望をうまく取り込むにはUC戦略を策定する際のポイント

ユニファイドコミュニケーション戦略を策定する上での最初のステップは、現在のビジネスプロセスを十分に理解し、クライアントの意見を戦略に織り込むことだ。

[Bill Trussell,TechTarget]

 ユニファイドコミュニケーション(UC)戦略の主な目的は、コミュニケーションの手段にかかわらず、革新的なビジネスプロセスの実現を促進することだ。この前提に立てば、UC戦略を策定する上での最初のステップは、現在のビジネスプロセスを十分に理解し、クライアントの意見を戦略に織り込むことになる。

 「モバイル化している社員は何人いるのか?」「現時点でコミュニケーションの妨げとなっているのは何か?」といった質問は、あらかじめ現状を把握する上で重要なポイントだ。UC戦略の策定担当者は、クライアントが抱えている問題を把握し、UCの戦略的プランニングでクライアントの業務遂行をどう支援するかを考えるために、クライアントの会社にしばらく常駐することを検討してもいいだろう。最初にしっかり調査を行ってビジネス上のニーズを洗い出せば、時間を節約でき、後で悔やまずに済むだろう。また、ビジネス上の問題を理解すると、アプリケーションやインフラ要素の優先順位も明確になるだろう。

関連ホワイトペーパー

コミュニケーション | IP電話 | Office | SaaS


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...