2008年03月31日 00時00分 UPDATE
PR

セキュアな情報共有を実現するDocumentumシリーズ漏えいの危険が潜む社外とも簡単かつ安全に情報共有

情報共有をするに当たって手が掛かるのがアクセス権限の設定やセキュリティ対策だ。社内外で安全に情報共有し、業務を効率化するためにはどのような方法がよいのか?

[提供:EMCジャパン株式会社]

 ビジネスにおいて、自社内のみでやりとりが完結することはほとんどない。関係会社や協力会社、取引先など、さまざまなところとやりとりする必要がある。多数の関係者全員で正しい情報を共有することは、円滑なビジネス運営の観点からも不可欠となっている。こうしたコラボレーションを可能にするシステムを実現するだけでも簡単ではないが、加えてセキュリティ管理や情報統制の要件も高まっているのが現状だ。

 個人情報漏えいはもちろん、企業の知的資産保護に関する意識も高まっており、情報への自由なアクセス許可は企業運営上の深刻なリスクとなり得る。しかし、従来型のセキュリティ対策では正当なユーザーのアクセスも制約してしまい、利便性を損ないがちだ。グローバルなコラボレーションを円滑に実現するという要件と、セキュリティを維持する要件は相反するのが従来のアプローチであったが、この2点を両立させることが新たな課題として浮上してきている。「攻めのIT投資」を成功させるための情報共有/コラボレーションへの新たなステップとは?

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなします。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「EMCジャパン株式会社」に収集される
  • 「EMCジャパン株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

お客様の個人情報は「EMCジャパン株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:EMCジャパン株式会社

提供:EMCジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部