2008年04月10日 19時29分 UPDATE
ニュース

NEWS日本HPが5万円台の1U/1Pサーバを発売、ProLiant/BladeSystemも最大25%値下げへ

ラックマウント型エントリーサーバ「HP ProLiant DL120 Generation 5」を発売。同時に「ProLiant」「BladeSystem」の主要製品を最大25.4%値下げした。

[TechTargetジャパン]

 日本ヒューレット・パッカードは4月10日、ラックマウント型エントリーサーバ「HP ProLiant DL120 Generation 5」を発売した。

 本製品は1U(高さ4.4センチ)/1Pサーバ(1基のプロセッサを搭載するサーバ)で、同社は商用Webサーバなどコストパフォーマンスを追求したい用途に適した製品と位置付けている。価格は5万9850円(税込み)から。出荷は5月中旬を予定している。

 また、エントリークラスの2U/2Pサーバ「HP ProLiant DL180 G5」、1U/1Pサーバの「HP ProLiant DL320 G5p」、タワー型サーバのフラッグシップモデル「HP ProLiant ML350 G5」の最新プロセッサ対応モデル、ならびにラックマウント型ファイルサーバ専用機のエントリーモデル「HP ProLiant DL160 Storage Server」をそれぞれ発売した。

 さらにLinuxサーバ用管理ソフトウェア「HP Insight Control Environment for Linux」を発表。このソフトウェアは、HP製サーバの統合管理ツール「HP Systems Insight Manager」(以下、HP SIM)と連携し、Linuxサーバの監視・管理、情報表示、異常時の警告や通知、リポートの発行などの機能を提供する。Linux OS上で稼働し、直接HP SIMと連携できる。

 なお同日、「HP ProLiant」「HP BladeSystem」の主要製品に関して、従来比最大25.4%、平均15%の値下げとなる価格改定を実施。同時に「HP StorageWorks」の一部製品も価格改定を行った。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...